地獄の変異のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 地獄の変異
 > (レビュー・クチコミ)

地獄の変異

[ジゴクノヘンイ]
The Cave
2006年【米・独】 上映時間:97分
平均点:4.95 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-09-30)
アクションホラーアドベンチャーモンスター映画
新規登録(2007-07-04)【えむぁっ。】さん
タイトル情報更新(2007-07-15)【.】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブルース・ハント
キャストコール・ハウザー(男優)ジャック
エディ・シブリアン(男優)タイラー
モリス・チェスナット(男優)トップ
レナ・ヘディ(女優)キャスリン
パイパー・ペラーボ(女優)チャーリー
ダニエル・デイ・キム(男優)アレックス
マーセル・ユーレス(男優)ニコライ博士
脚本マイケル・スタインバーグ〔監督〕
ティーガン・ウェスト
音楽ラインホルト・ハイル
ジョニー・クリメック
製作ゲイリー・ルチェッシ
アンドリュー・メイソン
トム・ローゼンバーグ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクパトリック・タトポロス
辻一弘(造形)
美術パトリック・タトポロス(クリーチャー・デザイン)
衣装ウェンディ・パートリッジ
スーツアクターブライアン・スティール地底人
あらすじ
東欧ルーマニアの奥地で大規模な洞窟が発見された。さっそく最新装備に身を固めた探査チームが乗り込んで調査を開始…した途端に、未知の地下生物や寄生虫が続々と現れ、本隊がベースキャンプに戻れなくなった。進めば奈落、引いても地獄の地下深い洞窟内から、彼らは生きて太陽を見る事ができるのか? プロ魂あふれるメンバーの結束は固かったが、この地の生物たちは度を越して危険だった…『マトリックス』のスタッフが手がけた、古き良き硬派冒険映画の復活。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 全体の印象として、そんなに悪くもないと思うけど、寄生虫云々の設定は別にいらなかったような気もする。
モンスターの一匹々がそんなに強くないので、クライマックスの戦いがクライマックスなのかどうかがよくわからなくて、洞窟からの脱出に成功したとき、「あれ?もう終わり?」っという感じがした。
それと、モンスターが余りにも「エイリアン」に似過ぎで、思いっきりテンションが下がった。
他の映画でもだが、パトリック・タトポロスがデザインしたモンスターは非常に没個性的だと思う。もう少し何とかならなかったのだろうか。
J.J.フォーラムさん [DVD(字幕)] 3点(2019-07-13 11:24:49)★《更新》★
19.《ネタバレ》  某探検隊風の予告編とは異なり、コメディ要素は皆無で、至って真面目に作られた一品ですね。

 洞窟内の映像も美しく、しっかり作り込まれているのが伝わってきます。
 ……ただ、どうも真面目過ぎるというか、強くダメ出しする部分も無いけど、大きく褒める部分も見つからない。
 退屈はしなかったけれど、面白いとも感じなかったという、何とも微妙な印象を受けてしまいました。

 楽しめなかった理由を分析してみるに、まず全編に亘って舞台が洞窟内に絞り込まれており、洞窟外のシーンが僅かしか存在しないので、息苦しい構成になっている事。
 そして「主人公の兄が怪物に変異して敵対するのかと思いきや、最後まで味方のままで終わる」事が大きかったのではないでしょうか。
 この辺りは「徹底して洞窟探検に拘った、潔い映画」「観客の予想を裏切る脚本」と褒める事も出来そうなんですけど、自分としてはマイナス点に感じられましたね。
 前者に関しては、やはりずっと洞窟内のままだと画面が代わり映えしなくて単調になってしまうし、後者に関しては「頼れる兄との対比で情けない弟だった主人公が、最後まで情けないまま成長せずに終わる」という落胆に繋がってしまった気がします。

 終盤の怪物達との戦闘、そして兄が完全に怪物になってしまう前に自己犠牲で相打ちとなる事を選ぶ展開などは良かったと思うのですが、実はヒロインも地底生物に寄生されており「怪物が地上に解き放たれてしまった」という後味の悪いオチが付く辺りも、ちょっと微妙。
 ここの部分、ヒロインが寄生されていると分かった時の音楽や演出などが「えっ、何? まだ終わっていなくて続くの?」と思わせる感じだったもので、その後すぐ音楽が止んで完結を迎えるのが、何かチグハグだったのですよね。
 それなら「実は彼女も寄生されていた」という衝撃と共に映画を終わらせる……具体的に言うと「ヒロインが立ち去る場面」で、そのまま終わらせて「主人公がヒロインを追いかけようとするけど見つからなくて途方にくれる場面」の数十秒はカットした方が、余韻が残って良かったんじゃないかな、と思えました。

 それにしても「カタコンベ」といい「ディセント」といい、地下を舞台としたホラー映画って後味が悪いというか(うわぁ……)と感じさせる終わり方が多いですね。
 これって偶々なのか、それとも「やっぱり地下系ホラーは、こういう終わり方じゃないとな!」という拘りのようなものが存在しているのか、気になるところです。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2017-03-08 11:15:26)(良:2票)
18.いわゆる正統派のB級モンスターパニック。

洞窟内というシチュエーションも上手に使えているし、小道具も上手くあるし
ジャンル映画への愛情がしっかりあって作られているので小気味が良い。

特にラスト。助かったぜ。やったね。だけではなく、
それなりにあとを引くような余韻があり、意気込みが感じられる。

褒めまくったが、B級としてはですので・・・5点です。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 5点(2015-12-19 20:24:59)
17.《ネタバレ》 地中で変異したバケモノが人間を襲ってくる。ラストで感染者が地上に出てしまった事が判る。ぎゃー。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 3点(2014-05-16 01:22:27)
16.B級映画と割り切ればそこそこ観れますが、かといってもう一回観たいとは思いませんでした。
アフロさん [地上波(吹替)] 4点(2012-04-29 00:26:42)
15.大人用のグーニーズ
SINさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-11 16:16:03)(笑:1票)
14.《ネタバレ》 この手の話は仕方ないのかもしれませんが、基本的に薄暗いので何を騒いでるのかわかりずらかかったです。変異した人間がまるで戦隊ものに出てくる怪物とエイリアンの間の子のようで萎えてしまいました。同じ系統なら、断然「ディセント」の方が良いかなという感じです。
civiさん [地上波(吹替)] 4点(2011-11-05 13:23:04)
13.《ネタバレ》 邦題が酷過ぎる。一昔前のC級ホラーじゃないか。内容は、洞窟探検したら地底には色んなのがわんさかいますよって映画。ディセントと比べる気まんまんで鑑賞しましたが、ディセントの方がまだ面白いかな。こっちは映像は明るめなんだけど、なんせ揺れまくりで何がどうなってるのか分からない。誤魔化されてる。でもこちらの方が映像は綺麗(こっちはBD環境だから余計にか)。ラストのあの感じだと、地底生物は地上をのっとるつもりなんでしょうな。 ちなみにメイキングまで見ると、潜水が怖い自分には少々息苦しい映像が続きましたw 撮影に使われた洞窟の「ライト持込禁止」の規則の理由に納得。っつーか死人出すぎな洞窟ですね
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2011-03-26 00:36:46)
12. 《今世紀最大の衝撃!》 《前人未踏の巨大洞窟で独自の進化を遂げた 地底人を見た!》 ここで「ぐあ~ッ」と悲鳴。
《ルーマニア カルパチア山脈》 寄せられた情報をもとに 《集められた精鋭たち》 本当に地底人は存在するのか
《探検隊を待ち受けるのは?》 《決死の地底湖ダイビング》 →「クソ!」「何だ!?」 行く手を阻む恐怖の生命体!
《人喰いウナギの襲来》 ヌメヌメ 《白サソリの大群》 シャカシャカ♪ 《焦りと不安》 《揺れる人間関係》
 だが、その時・・『グアーー~~ッ!!!』 っと熊のような奇声 
「何だ???」 ・・しばし静寂・・  我々はついに!目の当たりにした!!!
 ・・・  一呼吸置いた末に  「たすけてくれ~~」 とまあ、一旦フェイドアウト寸前にしといた上で・・・・・・・ 
 はたして彼らは、、地底で突然変異を遂げた もうひとつの人類なのか・・・ 《《!!地獄の変異!!!!》》 ←←ここでドバーンとタイトルエンディング  しかし・・・
 地球の底は、底知れない・・ 『うおお~~~ッ 』 っとまた熊の奇声/ ここで終わり 
《 9/30(土) 21世紀の大遭遇 銀座シネパトスで近日公開ロードショー 》  
っと、まあ、以上、予告編だけを再現してみたのですが、観てみたくなりますでしょうな こんな予告編を見せつけられてしまっては・・・。 そんなわけで、あたしゃ すっかり騙されちまったうちの一人です。^^; 正直、暗くて 何事か さっぱり分からんかったです。そう思っちまったうちの一人です。楽しめなかったうちの一人です。 以上です。
3737さん [DVD(字幕)] 3点(2009-11-28 19:34:24)(笑:2票)
11.《ネタバレ》 この作品の予告編が藤岡探検隊のパロディだったもんで、どんだけひどいC級ムービーなんだよと思って観てみたら、これがどっこい、とても真面目に作られた結構な大作ではありませんか。見終わって割と得した気分になったのと同時に、あの予告編と邦題は宣伝の仕方が間違ってる!配給会社は何をやっとるかぁ!と思わず怒鳴って(心の中で)しまった。見た感じでは、実際の海底洞窟の映像とセットを織り交ぜて全体を構成してるんでしょう。とても美しいシーンが多いし、あのメインのエイリアンはともかく、途中出てきたうなぎの親戚みたいなやつだったら本当に前人未到のどこかの洞窟にいそうな気がしないでもない。そう思わせるくらいの映画的リアリズムがあったし、閉鎖的でありながらだだっ広い空間の怖さというものがうまく出ていて(博士やチャーリーが襲われるシーンなど)後に印象深く残る。ただ全体的に、音楽含めて過剰演出は控えめなので、その辺の好きずきで賛否別れるかも。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-08 01:24:08)(良:1票)
10.そこそこに優秀だけど冒険しない、いまいちぱっとしない優等生のような映画。

映像・美術への力の入れ方は半端じゃなくて、冒頭を観て間違ってヨーロッパの戦争映画を借りてきたんじゃないかと疑ったほど。洞窟内の映像もドキュメンタリーに劣らないクオリティで、ときどき話の筋と無関係にキレイだなーと見惚れていた。

でもお話としては毒にも薬にもならないというか、クズでもないけどA級でもないという平凡さ。暗闇のなかで怪物の姿がはっきりしないのは『エイリアン』第一作とか意識してるのかもしれないけど、いかんせんデザインが微妙。悪くもないけど、パンチが効いてない。

洞窟という閉塞感のある状況設定は秀逸なんだから、ウォータースライダーみたいな下りやロッククライミングの場面をもっと生かしてもよかったと思う。岩壁でロープを利用して振り子のように逃げるあの場面、演出次第によっては戦慄の名シーンになったはずだけど、そこもなぜか普通だった。全体を通して演出が抑え目なんだけど、それが功を奏しているのはラストぐらいなんじゃないかな。

なんというか、惜しい。何もかもが中途半端で、思い切った部分がない。もっとドラマティックにエンターテインメントできたはずなのに(あるいは、B級風味のない硬質なサスペンスにもできただろう)、地味で大人しいレベルに留まってしまったという感じ。
no oneさん [DVD(字幕)] 5点(2008-02-02 16:32:45)
9.《ネタバレ》 他にも書いている方がいらっしゃいましたが、邦題で損してるのかな。何となくカルト風味な映画なのかと思って敬遠してました。映像キレイ。人間関係も丁寧に書かれていました。ラストがまた意味ありげな感じ。続編できるといいな。
モフラーさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-01-04 18:54:01)
8.《ネタバレ》 同じく洞窟が舞台となる作品「ディセント」とほぼ同じ時期にでた作品ですが、知名度は圧倒的に「ディセント」でしょう。邦題のネーミングは賛否両論あると思うが、セールスがいまいちだったのか人知れず世に出てしまった感がある。しかしながら出来栄えは非常にしっかりしていて好感が持てる。極々普通の怪物パニック映画なのは間違いないが良い意味で裏切ってくれました。
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 5点(2007-12-07 12:42:24)
7.《ネタバレ》 顔はカール・ルイス似。手足は長く均整の取れた幅跳び選手。観客に手拍子を要求し、軽やかにステップを踏み出した。いかにも跳びそう。8mくらい軽い。序盤の印象を例えるならこんな感じ。滑り出しの雰囲気は抜群でした。たぶん洞窟というシチュエーションが良いのだと思います。人類未開の地という意味では、海底や山奥の秘境も同じ。だけどワクワク度では洞窟に軍配が上がります。物理的に密閉されているところにそそられるワケです。アクシデントで閉じ込められ、脱出口を捜す探険が始まります。お約束の展開。序盤30分くらいは大満足でした。クリーチャーが登場してからは、ごく一般的なモンスター系パニック映画へ。寄生虫が原因で生物が変異するという発想は面白いですが、設定が活かされているとは言いがたいと感じます。お兄ちゃんの扱いがもったいないです。寄生されてしまった兄。もはや洞窟で生きていくしかない。彼らを襲った化け物と同じように。その切なさをもっと全面に押し出して良かったと思いました。ややドラマ性が淡白だったかと。でも類似作品数々あれど、出来は良いほうでは。ちゃんと脱出できましたしね。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-24 20:17:20)(良:1票)
6.《ネタバレ》 タイトルがよくない。
もっと普通に付ければいいのにと見終わった後に思ったほど、まじめに作られています。
B級怪物ものが許せる人なら十分以上の出来では?
きいろくまさん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-17 20:50:23)
5.洞窟ものにして、この邦題。いや~そそられます。作品のレベル的には、もっと狭い場所で、濁った水の中、体がやっと通る穴かなんかを逃げ惑うのかなと思ってましたが、以外にスケールは大きかったです。BBC制作のような水中シーンも地底人の描写も見事なんですが変に綺麗すぎてて、もっとドロドロしたモノを期待していた僕としてはちょっと残念。あのウナギの化け物をもっと生かしてほしかったなあ。てっきり、それのでかいのが、電燈の光に照らされた透明な水中の奥から、ずぞぞぞぞ~と襲ってくるのかなと思っていましたが・・。結局は洞窟という設定を除くとラストまでお約束通りの話で、邦題から受ける胡散臭さはあまり感じられませんでした。でも、これだけの映像技術があるのにおしいな~。
カリプソさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-09 00:14:35)
4.期待しすぎたのかも。なんか微妙でした。洞窟内特有の緊迫感がちょっと足らんかったかな~。映像もモンスターのシーンはカメラ揺らしたり、素早いカットでどーなってるのかわかりにくいので欲求不満気味でした。題名から想像するインパクトのある雰囲気はなくて、普通のエイリアン系のB級モンスター映画でした。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-27 18:41:45)(良:1票)
3.う~ん、正直あんまり面白くなかったです。やたらと小物やセットにお金をかけているし、クリィチャーの出来も良いのですが、肝心なストーリー部分がおそまつなので見ていて飽きます。ディセントと非常によくにていますが、前半の洞窟探検部分だけで言えばディセントの方が面白く、後半のクリィチャー部分で言えばこちらの方が上って感じだと思います。ディセントと地獄の変異を足して二で割ればかなり面白い映画になるんじゃないでしょうかね?
映画大好きっ子さん [DVD(字幕)] 4点(2007-08-23 00:40:28)
2.えむあっ。さん偉い! よくぞ登録してくれました(つうかオイラが単なる面倒臭がり)。
確かに後半はあ〜んな展開になりますが、山岳映画・密林映画が腐るほどある中、貴重な洞窟探検モノとして (詳細はブログにて)
エスねこさん [映画館(字幕)] 8点(2007-07-07 01:29:16)
1.《ネタバレ》 映像も綺麗だし、個人的にはかなり良作の印象。誰が死にキャラなのか解りやすいですが、それぞれが主人公並に健闘して死ぬので悲しみを誘います。博士も可哀想だったなぁ… ◇クリーチャーのCGやその合成にも特に不自然さがなく、好みを別にして考えればレベルは高めなんじゃないでしょうか?洞穴もキレイだった。オチも印象的で良いです、ED曲がウタダぽいと感じたのは私だけでしょーか。◇しかしこの映画、やはり何より問題かつ衝撃的なのはその「予告編」でしょう(笑)。シリアスな内容なのに、予告編は完璧に某「探検隊」そのもの。面白かったけど、普通のも観てみたかったなぁ。
えむぁっ。さん [DVD(吹替)] 8点(2007-07-06 05:48:00)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 4.95点
000.00%
100.00%
200.00%
3315.00%
4420.00%
5840.00%
6315.00%
700.00%
8210.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS