バンテージ・ポイントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バンテージ・ポイント
 > (レビュー・クチコミ)

バンテージ・ポイント

[バンテージポイント]
Vantage Point
2008年【米】 上映時間:90分
平均点:6.43 / 10(Review 161人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-03-01)
アクションドラマサスペンス政治もの
新規登録(2008-01-24)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-12-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピート・トラヴィス
演出スピロ・ラザトス(スタント・コーディネーター)
アンディ・ギル〔スタント〕(第二班スタント・コーディネーター)
キャストデニス・クエイド(男優)トーマス・バーンズ
マシュー・フォックス〔1966年生〕(男優)ケント・テイラー
フォレスト・ウィテカー(男優)ハワード・ルイス
サイード・タグマウイ(男優)スワレス
エドゥアルド・ノリエガ(男優)エンリケ
エドガー・ラミレス(男優)ハビエル
アイェレット・ゾラー(女優)ベロニカ
シガニー・ウィーバー(女優)レックス・ブルックス
ウィリアム・ハート(男優)アシュトン大統領
ゾーイ・サルダナ(女優)アンジー・ジョーンズ
ブルース・マッギル(男優)フィル・マカル
ジェームズ・レグロス(男優)テッド
ショーン・オブライアン(男優)カビック
原康義トーマス・バーンズ(日本語吹き替え版)
井上和彦ケント・テイラー(日本語吹き替え版)
木村雅史ハワード・ルイス(日本語吹き替え版)
志村知幸ハビエル(日本語吹き替え版)
岡寛恵ベロニカ(日本語吹き替え版)
高島雅羅レックス・ブルックス(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦アシュトン大統領(日本語吹き替え版)
東條加那子アンジー・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
音楽アトリ・オーヴァーソン
ハンス・ジマー(音楽コンサルタント)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影アミール・モクリ
製作ニール・H・モリッツ
コロムビア・ピクチャーズ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術ブリジット・ブロシュ(プロダクション・デザイン)
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン)
編集スチュアート・ベアード
ヴァルディス・オスカードゥティル(追加編集)
デヴィッド・カーン〔録音・編集〕(追加編集)(ノンクレジット)
その他ハンス・ジマー(スペシャル・サンクス)
スティーヴ・バーテック(指揮)
ニック・グレニー・スミス(指揮)
あらすじ
テロ撲滅に向けた首脳会議がスペインで開催され、合衆国大統領は地元市長とともに大観衆の見守る演壇に立つ。そこに突然轟く銃声。大統領は倒れ、混乱する会場はさらに大爆発に曝される。シークレットサービスのバーンズは、狙撃犯を追う中、テレビ局のモニターをチェックする。そして彼は、驚愕の事実を目撃するのだった。目撃者たちそれぞれの視点で繰り返し事件が語られていくノンストップ・アクションムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
161.ドラマ的なものが薄くて、カーアクションに頼りすぎている感じ。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 3点(2019-06-30 23:46:37)
160.何度も何度も同じシーンを別の視点でフラッシュバックさせるのは斬新であったが、内容は可もなく不可もなしといったところかな。
SUPISUTAさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-09-24 21:44:27)《更新》
159.《ネタバレ》 面白かった!
普通、同じ場面を何度も繰り返すなんて飽きそうなものだけど
いらない場面はバッサリ省略することでテンポをよくしているし
大統領スピーチ→暗殺→壇上爆破
と起こっているイベントはシンプルなのと
人物がそれぞれ役割を持っているので、名前を全然覚えられなくても問題なく状況を理解できるようになっている。
ストーリーも、反米勢力がスペインとアメリカの同盟に反発して挑発するというシンプルなものになっている。
応援しなければならない人物がバーンズと分かるまではミステリーで、
その後はテロアクションに変わっていく感じだが、スムーズに移行できた感がある。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-22 07:36:44)
158.多角的な視点で大統領狙撃テロを描く。
8人がその時、その場所で何を目にするのか。緊張感の中、個々のドラマ追いストーリーに繋がりを見せる。
見せ方が羅生門モデルらしいが斬新さを感じた。
また、カーチェイスはド派手で見ものだと思う。短い時間で観賞できるし、多少の強引な展開がいきてる。面白かった。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-02-07 21:29:15)
157.《ネタバレ》 なんかあまり時間の逆回しの必要性を感じませんでした。また脚本上しょうがないのでしょうが、ウィテカーが走りながら動画を撮り続けるのを見て、現実だったらあんな切迫した状態でカメラなんて撮ってられないだろうなって思いました。
珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-16 21:33:23)
156.NHK-BSで本当は「太秦ライムライト」を予約録画したつもりだったのですが、いつの間にか本作に変更。まったく記憶も印象もない本作がHDDに入っていて驚きました。どんな裏事情があったんでしょうねぇ。
それはともかく、せっかくなので予備知識ゼロで鑑賞。なるほど黒澤映画の「羅生門」のように視点を変えてそれぞれの主張を語り、中東情勢あたりを鋭くえぐるのかと思いきや、そのような深みはまったくなし。単に前半だけ同時進行的に物語が展開するサスペンスものでした。
で、「テロ」と「米大統領」と「同時進行」がワンセットになると、どうしても連想されるのが「24」。本作でも、敵と味方それぞれにJ・バウワーもどきの活躍をする人物が登場しました。要するに、「24」の「1時間半版」という感じですかね。
それにしても、〝アメリカの殿山泰司〟ことF・ウィッテカーの存在感はさすが。というわけで、バリバリ洋画でありながら、ちょっとだけ邦画を見た気分に浸れました。まさかNHK-BSはそれを狙ったわけではないでしょうけど。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-07-24 23:40:16)
155.《ネタバレ》 これだけの作品でここまでブラッシュアップされていない脚本も珍しいと思います。
設定に説得力は無く、展開はストーリーが何時破綻してもおかしくない位に運や偶然に頼り切っている感じです。
この様な脆弱な脚本ですとあの様に同じシークエンスを違った視点から何度も見せて1つの話に擬似的な厚みと深みを付けていく方法は非常に効果的だったと思います。
また、その見せ方も気を持たせる所でカットをするなど少しあざとすぎる感じもしますが徐々に事件の真相に近づいていく作品のリズムは私には調度良かったです。
そして、各シークエンスの登場人物がそれぞれ繋がり、状況の全貌が明らかになった時点で激しいカーチェイスに突入して事件は収束します。
90分という短尺の中で結局監督はテンポという事に重点を置いていた様に感じますし、幾分強引とも言える展開でしたが、私自身も見終わった時には脚本の不出来さを嘆くよりもこの畳み込むような演出による高揚感の方が勝っていましたし、勢いで押し切られた結果になりましたが心地良い敗北感のような「まぁ、これはこれでいいんじゃないかなぁ…」というものが余韻として残りました。
しってるねこのちさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-16 17:42:47)
154.《ネタバレ》 しつこいぐらいの後出しジャンケン的なネタバレの繰り返しは結構楽しめたのだが、オチで萎えた。あんだけ無差別テロしといて、子供一人ひき殺せないってのはどうなのよ?
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-07-08 11:34:58)
153.《ネタバレ》 結果的に面白かった!ただ確かに前半の時間巻き戻しのくだりは、、、。様々な視点からの同じ時刻を見せてくれるのはよろしいのだが、もう少し上手に重ね合わせる事も出来たのかも。でも後半のカーチェイスあたりからグイグイ気持ちを引っ張ってくれたので結果オーライ。シガニー・ウィーバーがまさかの脇の脇役ってのも騙されたひとつでしたー。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-10-23 21:06:26)
152.《ネタバレ》 時間にしてだいたい2時間くらいの出来事を、約2時間の映画で観せます。視点を変えて何度も同じ時間を繰り返すので、「おいおい、これが最後まで続くんかい」と一抹の不安をおぼえましたが、心配ご無用。途中からぐんぐん加速し、スピード感は120%。目が話せなくなります。犯人側の犯行目的や人物描画、人間関係などを全部切り捨てて、2時間の出来事のみにスコープをあてる潔さ。まあ、ツッコミどころは多々ありますが、第一級のエンターテインメント作品であります。主人公のSPよりも、弟を人質に犯人の片棒を担がされたお兄ちゃんが一番強くてカッコいいと感じました。あと、SONYのハンディカム片手に走りまくっていた人のよいアメリカ人のおっさんがとても頑張っていたので、ハンディカムの映像が決定的な役目を果たすのかな、と期待して観ていたのだけれど、なにもなかった。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-19 00:45:54)(笑:1票)
151.8人の視点での繰り返しストーリーはミステリー&サスペンス十分でなかなか良かったです。後半も期待しましたが結末に至るストーリーに必然性が感じられず今一でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-12 18:47:23)
150.1つの事件を多くの視点から見せるというのは、面白いと思いましたが、90分にしては視点の数が多すぎたかな?テロリストが誰が誰だか途中でわからなくなってしまいました。
東京ロッキーさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-11-06 09:46:13)
149.さっき、テレビでやってたのを何の気無しに観て、ホントに何の気無しに観て、いやもうビックリ、儲けた気分、ニコニコ。ってったって、この映画、構成が構成ですから、それなりに警戒して観ちゃう。同じ事件を、「主役」を入れ替え何度も何度も繰り返し描く、群像劇。こんな同じコト繰り返して、この映画一体何がやりたいんだろう……「主役」が代わり視点が変わると、だんだん真相が明らかになってきて、ああナルホドとも思えば、それなりに味気無かったりもするのだけど。でもこの作品、どうやら、そういう“謎とき”路線にのみ走ろうって訳ではないらしい。むしろ、何かが判明するごとに、それを契機としてアクションが展開される。そして、事件の描写が途中で断ち切られ何度も繰り返される中で、明らかになっていくのは、事件の真相というよりは、事件の終着点。何だかワカランが、一連の事件がどうやらココに収束するらしい、というポイントが徐々に見えてくる。何度も時間を行き来し何度も視点を変えようと、また徐々に真相が明らかになり物語が広がりを見せていこうと、同一の事件である限り、絶対に回避不可能な、ある収束点。クライマックスのカーチェイスは激烈で爆発的なエネルギーを感じさせるけれども、それでも決してその収束点の枠から逃れることができない訳で、お釈迦様の手を超えて先に行けなかった孫悟空のごとし。カーチェイスってのは一般的には「突然のクラッシュ」すなわち必然性の欠落こそが喜ばれるところ、それを本作は、心理的な終着点を設け、必然性を備えたカタストロフを我々の前に突き付けることで、カーチェイスそのものををドラマとしても見せてくれた、いや実に見事です。参りました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-10-21 23:30:50)(良:1票)
148.ただのカーチェイス映画。中身ナシ。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 3点(2013-09-16 23:47:20)
147.《ネタバレ》 キュルルルルと巻き戻して、また正午までのカウントダウンから始まる感じが、なんか新鮮でおもしろかったよ。ただ何回目かの時に「それ、もういいよ。」って、ちょっと過食気味になる感じ。ずっと前に映画館で見て、またCSで見たけど、なかなか最後がわかっていてもよくよく楽しめた。ラストも、「どうだ。人間の性ってこんなもんだろ?」的な考えが伝わり、「うん。そんなもんだね。」と、素直に受け入れるコトが出来た。そして、あそこまでBODYを張って、デニス氏を守ってくれる車なら、小星だってカーチェイスしてみたいと思った。
小星さん [映画館(字幕)] 6点(2013-09-07 21:55:07)
146.《ネタバレ》 なかなかいい感じでスタート。お?シガニーが出てんじゃん、さぁどうストーリーに絡むのかと思いきや、なんも無しかい!存在感ブンブンだっただけに、あーモッタイナイ。前半の巻き戻しは面白いっちゃあ面白いけど、ちーとくどい気が。後半のカーチェイスはすごいけど、デニス・クエイドがカラダ頑丈過ぎでしょ(苦笑)。いろいろな角度からの展開はなかなかだったし、最後はちょっと(かなり?)強引な感はあるけどもうまーくまとめましたね。時間も短くて新鮮でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-04 11:23:49)
145.あえて群像劇に魅せかけて、実は一本道の物語という映画。オムニバス部分と全体ストーリーのバランスを非常に計算している。新しい魅せ方は評価できます。ただ、テロリストの背景が不明な点はダメです。女性テロリストが誘拐動画を見せて脅しているのを、恋人がいちゃついてるのと勘違いして怒るのは笑った

カップリさん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-13 10:36:28)
144.《ネタバレ》 なんとなく覚えていたので初鑑賞と思っていたけど多分再鑑賞だった、スピード感あるオムニバスといった感じですね、ラストに繋がってくるあたりが楽しめる。ほとんど忘れていたので、記憶や印象に残らない作品なのかも。
ないとれいんさん [地上波(吹替)] 7点(2013-06-17 08:09:57)
143.《ネタバレ》 同じ事件を8人の視点で描く、と言っても30分程度の出来事なのでスポットを当てる人物が替わるたびに同じシーンを違うショットで見せられると言うのは、能がなさ過ぎると思います。つまり観客が見せられるのは“違う視点”からは程遠い映像でしかないということです。『パルプ・フィクション』でタランティーノが見せてくれたような世界を期待していたので、かなり失望させられました。タラのテクニックと才能を再認識した次第です。テロリスト側の男たちがみんな同じ様な風貌なので、誰が誰だか途中から判らなくなってしまったのもマイナスです。 でも私が思うにこの映画の最大の失敗は、○○○が×××だったと言う現実には絶対あり得ないバカな設定でしょう。こんな風に不測の事態が起きたらどうやって世界に説明するのでしょうか、全体主義国家の独裁者じゃないんだからね。△△△が犯人の一味だと言うのもミステリーならば禁じ手でしょう、これならもうなんでもありの世界になっちゃいますよ。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-10-31 20:47:21)
142. 複雑な人物の関係がスピード感のある手法で絵が描かれていました。人物の背景が描かれていないのが残念ですが、ないものねだりかもしれません。
海牛大夫さん [地上波(字幕)] 7点(2012-06-23 13:59:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 161人
平均点数 6.43点
000.00%
110.62%
210.62%
342.48%
484.97%
52012.42%
64729.19%
74326.71%
82918.01%
963.73%
1021.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.72点 Review18人
2 ストーリー評価 6.20点 Review25人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review24人
4 音楽評価 5.64点 Review17人
5 感泣評価 3.13点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS