赤い文化住宅の初子のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > 赤い文化住宅の初子の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

赤い文化住宅の初子

[アカイブンカジュウタクノハツコ]
2007年上映時間:100分
平均点:5.42 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-05-12)
ドラマ青春ものロマンス漫画の映画化
新規登録(2008-03-13)【TM】さん
タイトル情報更新(2021-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督タナダユキ
キャスト東亜優(女優)初子
塩谷瞬(男優)克人
佐野和真(男優)三島
坂井真紀(女優)田尻
桐谷美玲(女優)山口
鈴木慶一(男優)ラーメン屋店主
鈴木砂羽(女優)初子の母 爽子
諏訪太朗(男優)藤井
江口のりこ(女優)美咲
安藤玉恵(女優)
浅田美代子(女優)栄子
大杉漣(男優)初子の父
中村義洋(男優)教師
脚本タナダユキ
主題歌UA〔歌手〕「Moor」
配給スローラーナー
美術石毛朗
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.よくわからない。全然面白くない。
aimihcimuimさん [DVD(邦画)] 2点(2014-09-30 23:29:46)
11.テンポも悪いし、主役の子はイマイチだし、あまりリアリティーも感じない。
少女は何も悪くないのだが、家族のリスクでどん底生活に陥る辛さは伝わってきたが。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 4点(2014-01-23 12:20:21)
10.《ネタバレ》 漫画が原作とは知りませんでした、東亜優さんに不思議な魅力を感じました。極貧の中、全くと言っていいほど救いが無いのですが、微妙な救いが不思議さを醸し出しています。ダメ兄貴に見えますが、はたから見ると兄弟の関係って結構理不尽な接し方は多いと思います、微妙な救いに見えるあやとりのシーンが良かったです。クラスメイトとの壁の表現も割と好きです。やる気無しの担任もいい味出してましたね。
ないとれいんさん [ビデオ(邦画)] 6点(2012-11-30 10:04:24)
9.真面目な話。
真面目な映画は嫌いではないが、これは何だか不満。
なぜだろうと考えたが、はっきりした答えが自分の中で出てこない。

タナダユキという監督との相性だと言ってしまうのは、早合点かもしれないが、女性の視点で描かれたという部分において、男の私としては、何とも言えない違和感をおぼえた。

話は過不足なく、不幸な境遇に育った女のコの数年間を描いている。
問題はないと思うが、やはりエロい部分がぼかされている、もしくはエロい部分が男性目線からは少しズレた女性目線で描かれいる。
しかし、もちろん、この映画の題材からして、エロさを求めるのは見当違いだということも分かってはいる。

だが、お金もなく身寄りもない女子中高生なら、必ずや、いやらしいオッサンの陰があってもよさそうだ。
そしてそれが、もっと大人的ないやらしさで描かれてこそ、映画そのもののリアリティが増してくるんじゃないかと思う。

そこが結局、普通に楽しめたものの、何か違和感というか不足感を感じた要因なんだろうと思う。

この監督はおそらく、本当に厳しくて、汚らしい大人がとりまく未成年の世界というものを、知らないんじゃないだろうか。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 5点(2012-03-15 01:21:04)
8.《ネタバレ》 主人公の生活状況は極めてきつい。だけど映画にはそのきつさがない。原作漫画を知らないのでなんとも言えないんだけど、このどこかのん気な空気がタナダワールドなのかなと。この状況で全く荒まない女の子が実に不自然で、ちょっぴり荒みぎみの兄に対してかわいらしい声で「おにいちゃん」と呼ぶたびに非現実感が増してゆく。そのわりにロケーションを多く取り入れ屋内の光もけっこうリアル。さらに方言がいい感じにリアル感を出している。かと思ったらやっぱり漫画みたいな学校の先生とか「優しい人は危ない人」というこれまた漫画的な登場人物が出てきてどこまでも嘘っぽい。このギャップをうまくうめているのが初子のキャラ。どこかのん気なタナダワールドを作っているキャラ。最後の父親再会のドラマの抑揚とかが邪魔かな。あとボーイフレンドの純朴さがやりすぎのような気がしなくもない。作風に合ってるから全否定はしないけど。
R&Aさん [DVD(邦画)] 6点(2011-07-29 17:57:38)(良:1票)
7.お兄ちゃんの葛藤がもう少し描かれていると、突然のクビの理由も納得なんだけど。三島くんとの関係、とても良かったです。
nojiさん [地上波(邦画)] 5点(2011-01-17 12:59:16)
6.現実感の無い「貧乏」でした。私が子供の頃には「貧乏」はそこらじゅうに存在していましたので、よく分かります。これは本物じゃありません。  印象に残ったのは兄貴のイケメンぶり。次を期待します。それから、もう一つ。坂井真紀のお尻。次の映画でもよろしくお願いします。
駆けてゆく雲さん [DVD(邦画)] 4点(2009-04-30 00:52:55)
5.《ネタバレ》 悲惨な貧乏環境で健気に生きてる女子中学生のお話。優しいんだか冷たいんだか分かりにくい兄貴との兄妹関係だけど、妙にリアリティがあって、映画全体の骨格を支えてます。教師役の坂井真紀の腐り方も抜けてます。ホームレスになった親父は、ちょっと無理矢理作ったキャラだったかな。子供だけの家庭で極貧を描いた映画が少ないからか、特に感動するってシーンがある訳でもないんだけど、たぶん記憶に残る映画になると思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-01-22 03:40:18)
4.《ネタバレ》 日本版「リリアforever」といった感じか。初子の現実は苦しく、逃げ道も無い。空想の社会にいる時間が増えていく。でもリリアと違うところは王子様がいること。彼の裏切り(心変わり)がいつ来るのかと斜に構えながら怯えて鑑賞する自分がいた。とことんダメ男だと思っていた兄貴が実は泣けるほど妹思いでジワジワくる。現実社会でこのケースの行政対応を詳細に知りたくなった。もしリアルで隣人だったら自分は助けるだろうか?それ以前にこの兄妹にきちんと関心を寄せることができるだろうか。そういえば学生時代に住んでいたワンルームでは、他の住人の顔すら知らない数年間だったっけ・・・。
りんすさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-12-08 11:02:03)
3.ひたすら不幸。とことん不幸。救いなどほぼ、ない。特に終盤の展開にはびっくりした。こんな状況を儚げに、本当にか細い抵抗をする東亜優の演技が素晴らしかったです。「あんた、誰かが助けてくれるとおもってるんでしょ?」という腐れ教師の一言が妙に印象に残りました。ちょこっと優しい&けっこう強い兄貴役の塩谷瞬もいい演技してました。良作。
ふくちゃんさん [DVD(邦画)] 7点(2008-07-16 08:13:02)
2.本当は中学生で保護者がいないなんていうと、福祉の人や教育委員会みたいな人たちの監視というか保護があると思うけど・・公立中学の教師ってこんなにレベル低いのか?・・と突っ込みどころは満載ではありますが・・。中盤から妙に心に染み入ってくる映画でした。彼が心変りしないといいなーっと願うばかりです。
グレースさん [DVD(邦画)] 7点(2008-06-09 00:12:11)
1.《ネタバレ》 ストーリーは非常に過酷で痛々しいのですが、希望と絶望の間を絶えず行き来している主人公役の東亜優の演技に惹き込まれてしまいました。
 それにしても、やるせない話でしたね・・・・・。
TMさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-15 21:28:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 5.42点
000.00%
100.00%
218.33%
300.00%
4216.67%
5216.67%
6433.33%
7325.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS