僕の彼女はサイボーグのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 僕の彼女はサイボーグ
 > (レビュー・クチコミ)

僕の彼女はサイボーグ

[ボクノカノジョハサイボーグ]
Cyborg She
2008年【日】 上映時間:120分
平均点:5.85 / 10(Review 86人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-31)
SFラブストーリーコメディ
新規登録(2008-04-14)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2019-12-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クァク・ジェヨン
キャスト綾瀬はるか(女優)彼女
小出恵介(男優)北村ジロー
桐谷健太(男優)サトーケンタ
吉高由里子(女優)22世紀の高校生
田口浩正(男優)無差別殺人鬼
阿井莉沙(女優)女友達
佐藤めぐみ(女優)女子高教師
斎藤歩(男優)女子高立てこもり犯
遠藤憲一(男優)オークショナー
小日向文世(男優)テレビレポーター
竹中直人(男優)大学教授
吉行和子(女優)ジローの祖母
蛭子能収(男優)駄菓子屋のおやじ
手塚とおる(男優)レストランの店長
納谷六朗(男優)晩年のジロー
六平直政(男優)酔っ払った通行人
松本莉緒(女優)インタビュアー
伊武雅刀(男優)デザイナー
寺泉憲(男優)
鈴之助(男優)
脚本クァク・ジェヨン
根本理恵(脚本翻訳)
作詞MISIA『約束の翼』
主題歌MISIA『約束の翼』
撮影林淳一郎
佐光朗(スティディカム)
相馬大輔(スティディカム)
佐々木原保志(応援撮影)
さのてつろう(応援撮影)
製作ギャガ・コミュニケーションズ(「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ)
電通(「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ)
小学館(「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ)
TBS(「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ)
毎日放送(「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ)
島本雄二(製作委員会総括)
亀井修(製作委員会総括)
プロデューサー山本又一朗
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイク松井祐一
特撮浅野秀二(VFXプロデューサー)
納富貴久男(ガンエフェクト)
美術丸尾知行
バンダイ(小道具協力)
編集掛須秀一
録音小原善哉
柴崎憲治(音響効果)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
照明金沢正夫
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
86.サイボーグを演じた綾瀬はるかを褒めるべきか、サーボーグ役に綾瀬はるかを起用した側を褒めるべきか。いずれにしても彼女のサーボーグは全く違和感がなくお見事でした。それにも増して、彼女の胸が立派でした。でも、それだけでした。演出がどことなく邦画っぽくないのは、皆様ご指摘のとおり、隣国の監督さんだからなのでしょう。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 5点(2017-06-28 21:49:52)
85.《ネタバレ》 もし恋人がターミネーターのようなロボットだったらというSF映画で、日本映画ではあるが、韓国の監督が手掛けているせいか、邦画ではないような雰囲気が独特の印象を残す映画になっている。(ほとんど日本映画しか見ず、とくに韓国映画ってまったく見ないんだけどいつもこんな感じなのか。)サイボーグ彼女(綾瀬はるか)が未来から送られてくるシーンは思いっきりターミネーターのそれを彷彿させているし、その後にチンピラをボコボコにするのも同じであるなど、影響を受けているにしてはただのパクリじゃんと思うような部分が少し気になるものの、その後のストーリー展開は漫画的でありつつもそこそこ楽しめるものになっていて見る前に思っていたほどつまらなくはなかった。彼女を演じる綾瀬はるかはハマリ役で、見ていて本当にロボットに見えてくるほど。このあたり日本人の監督だったら中途半端になってしまうかもしれない。タイムトラベルを扱ったSF作品にありがちな矛盾もあるのだが、それを綾瀬はるかの魅力とロマンチックなラブコメストーリーで押し切った感はあるが、確かに気にはならない。地震のシーンはそれまでとは違いパニック映画のような演出だが、今見るとスペクタクルとして素直に見ることができないのは仕方ないことかもしれない。冒頭に登場した彼女そっくりの女の子の正体が最後に明かされるという構成はうまいのだが、ここがけっこうくどく感じたのがちょっと残念で、もう少しコンパクトに終わってほしかった。未来の自分がロボットを開発して過去の自分に送ってくるというのは見ていて「ターミネーター」よりも「ドラえもん」の都市伝説の最終回を思い出した。彼女を開発する未来の年老いたジローを演じているのが「クレヨンしんちゃん」の園長先生役など声優として知られている納谷六朗だったのは別に不思議なことではないかもしれないが、ちょっとビックリ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2017-03-26 14:06:05)
84.《ネタバレ》 綾瀬はるか好きな方だけ見ればいいと思います。
万人向けではないですね。はい。
あずれもさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-12-13 06:02:36)
83.途中まで、あぁ失敗したハズレだって思って見ていましたが、最後までみた感想は意外と良かった〜!です。序盤から所々に伏線があって、おぉ!って思うところが途中から度々ありした。オタク度満載で、そのあたりが低評価の多さに繋がっているのかな〜。個人的には良かったです。希望としては、もうちょっと「彼女」って感じのシーンがあっても良かったと思います。あと、綾瀬はるかさんの演技、どうなのかな〜。ロボット役だからかな、可愛いと思えませんでした。
ぽぽ☆ぽんた (^-^)vさん [DVD(邦画)] 7点(2016-04-30 03:30:00)
82.《ネタバレ》 可もなく不可もなく。綾瀬はるかは確かに可愛いのだが、彼女の顔を見ているとどうしてもジャイアント・ロボが浮かんでしまう。いくらなんでも2008年現在の日本のビルが、あんな風に地震で跡形もなく崩れ去ることはないと思いたいのだがどうだろう。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2016-04-01 00:00:35)
81.《ネタバレ》 綾瀬はるかの胸をやたら強調している映画ですね(笑

大枠のストーリーがむちゃくちゃなのは目を瞑るとしても、

・2008年綾瀬ロボットの登場後のチンピラとの格闘での流血シーン(アイドル映画なのに)や
・ペットのラウル=イグアナを鍋にしてしまう所とか、 
・カピパラのうんこの話とか
・自宅(ビル屋上)から、空き缶を捨てる所とか
・女子高立てこもり事件について真面目に話している場面なのに、やたら綾瀬の胸を強調させる構図とか

等々、細部にも違和感しか感じない場面が多々あり、なんか気持ち悪い。
さらに、体真っ二つシーンも気持ち悪い。
最後のじじぃの執着心も気持ち悪い。

なのでこの点数です。
はりねずみさん [インターネット(字幕)] 3点(2015-11-15 13:25:25)
80.小出恵介が老人になってから、ロボットに囲まれケーキを顔に埋められるシーン、こわ!

映画自体はなんの共感も得られなかったんだけど、映画監督のキモさとゆーか、中二病的な側面はビンビンに伝わりました。いい意味で。
登場キャラ全員の言動に全くのリアルさもなく、タイムパラドックスものにしても、あらが目立つんですけど、印象的なシーンは多く、特に綾瀬はるかのサイボーグっぷりとおっぱい感にやられてしまい、少なくとも、退屈ではなかったです。

監督は確実に綾瀬はるかが大好き、てゆーか綾瀬はるかのおっぱいが大好きです。

綾瀬はるかの魅力をおもいっきり引き出していることに関して
この映画はある意味
正解です
なにわ君さん [DVD(邦画)] 5点(2015-06-24 17:30:12)
79.綾瀬はるかが凄く可愛いけど本当にサイボーグに観えてきた...ただそれだけ。
違和感と退屈感を未来への興味で何とか抑えて最後まで観たけど、意味は無い。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2014-07-27 12:11:22)
78.猟奇的な彼女とターミネーターをミックスしたような映画だったけど、なかなかおもしろかった。綾瀬はるかはかわいいばかりでなく、サイボーグ的な表情やしぐさも結構良い。タイムトラベルものになるとどうしても矛盾や?が多くなってつまらなくなりがちだけど、ロマンティックでコメディいっぱいのSFでは気にならなくなる。雰囲気も邦画というより韓国映画に近い。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 7点(2014-06-22 07:02:59)
77.綾瀬はるかさんが最高にかわいいですね、コミカルな演技も板についていますし、器用な彼女に驚かされました。この監督さんが撮るのが上手なのかもわかりません。この映画は地震のシーンがあるがためにしばらくTVでは放送できないかもしれないですね。。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 6点(2014-02-05 17:12:13)
76.《ネタバレ》 綾瀬はるかの魅力だけで引っ張っているようにも思えるが、内容的にもよくできてる。女ターミネーターとして過去の事件・事故を解決するという古典的な題材ではあるが楽しめた。犯罪・災害被害者の心情みたいなものがもうちょっと膨らむのかな?と思ったが、ちょっと展開が違った。「記憶」に関しても上手く扱えば面白くなりそうではあったが料理しきれなかった感じで惜しい。
こういう大災害モノは311後に見ると、いろいろと考えさせられる。神戸を東京扱いしてるが、大地震のシーンはちょっと胸が痛い。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 7点(2014-02-05 10:15:37)(良:1票)
75.《ネタバレ》 真面目に観ると、そりゃもう突っ込みどころ満載だが・・・

考えるな・・・

“綾瀬はるか”を感じろ・・・という映画です。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-10-13 03:22:27)
74.《ネタバレ》 くだらない。ほんっとにくだらないけど、最後にちょっと感動した。
全国ロードショーだけあって金がかかってるし、安心して見ていられる。がらくたのシーンなんかこんなくだらない映画に金をかける日本映画ってものに笑った。おもしろい。これぞ日本映画。
 
これはそもそも寓話であって、リアルは求めてない。冒頭の変なイチャイチャシーンもリアルさはまるでなくぷわぷわぷわぷわしてるけど、まぁ、それでいいのだろう。そんなもんに文句いう子はもう観ないでね、ってことだ。だもんで脳ミソをユルくして、ぽわぽわぽわぽわ観ていくと、案外、あー…そうきたか!と、そこそこ楽しめる映画だった。
 
けどまぁ、観た後に僕の理系の脳が違和感に耐えかねてフル回転しだした。
劇中のタイムスリップが変だ。変だけど、整合性を付けたい。答えとして、じじぃのタイムスリップはドラゴンボール型(量子論型)、未来少女のは一回目がバックトゥーザフューチャー型(相対性理論型?)未来少女二回目は量子論型だ!未来の方が発達してて、すんごいタイムスリップ。二回目は未来少女があえて古いタイムスリップを選択。
もしくは全部量子論型で、幸福なあんちゃんの影に、劇中で語られなかった気の利いた自己犠牲型不幸じじいが無限にいる大スペクタクル!!
だが、実際はてきとーに整合性がつかないようにして、寓話として完結させていると思う。
そもそもバックトゥーザフューチャーだって、(いやむしろこれが一番)整合性つかないんだから、寓話で終わらすのはセオリーなんだろう。
とまぁ、しょうもないこと考えて、一粒で二度楽しめた。
 
日常に疲れたときに頭をユルーくして、ワインとかパスタ食べながらぽけーっと観るのに適した映画。頭のユルい人ならば、見終わったとき案外泣いているだろう。僕は泣いた。
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-28 23:19:44)
73.《ネタバレ》 まずは『鑑賞環境』の項目で「はて?これは邦画なのかな?」と感じる程の違和感。
タイムトラベル的展開の話の複雑さが大前提であって、チョコチョコ細かいところで所謂邦画然としない部分が妙な違和感を持って鑑賞の邪魔をします。
しかしその撮り方の違いが、今までにない新しい綾瀬はるかさんの可愛さを引き出しているもんだから無下にもできん!
そんな感じでしょうか?
なもんで綾瀬はるかさんを好きなら許せてしまう映画であり、綾瀬はるかファンでなければ観ないんじゃないの?って内容の映画なので、これでいいのだ!ってところでしょうか。
この評価点のうち何点分が綾瀬はるかの持ち点なのかは、敢えて伏せておく事にします(笑)
ろにまささん [DVD(邦画)] 5点(2013-03-13 19:21:47)
72.登場人物の挙動やストーリー展開に邦画っぽくない違和感を感じると思ったら、やっぱり日本の監督ではなかった。オタク感が強すぎて気持ち悪かったのが楽しめなかった一番の理由だけれど、ロボ綾瀬はるかもあまり魅力的には思えず、さらにところどころで感じる違和感で観ていて苦痛だった。
なこちんさん [地上波(邦画)] 3点(2012-06-17 23:38:13)
71.《ネタバレ》 20歳の誕生日に理想の彼女と最高の時を過ごしたジロー。しかし、突然彼女は姿を消してしまう。1年後、ジローは彼女と再会する。似ているけど、どこか違う、“完璧”な彼女に─。オタクの妄想をそのまま映画にしたような映画です。設定としてはターミネーターをラブストーリーに仕上げたという感じでしょうか?というか登場シーンといいかなりパクッています。突っ込み所もあります。しかしそんなことはどうでもいいくらい面白かったです。ニヤニヤしながら見てました(キモイなぁ)。映画としては7点くらいなんですが、綾瀬はるかさんに+3点で。見れば分かります。
nyarameroさん [DVD(邦画)] 10点(2012-04-27 18:11:27)(良:1票)
70.《ネタバレ》 ターミネーター可愛い版ですね  綾瀬はるかは強烈にかわいい! ホント上手に撮影されている(感心)   独特の雰囲気を感じましたが「猟奇的な彼女」の監督サンだったんですねぇ   いいとこ(違和感のないCGはお見事)もあるけど くどい展開 や  突発的な進行 はちと好みの分かれるところ  かな?  まぁなんだかんだ言って 綾瀬はるかの魅力満載なので 充分許せますネ(笑
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-03-18 09:45:59)
69.《ネタバレ》 なんら予備知識なしで観ててなんか話がぶっとんでるな~と思ったらなるほど猟奇的な彼女の監督さんだったんですね。キャストは日本人ですがこれはもう完璧に韓国映画。ラストのぶっとび具合はもう笑うしかないです。映画として評価するのは難しいけど綾瀬はるかを初めてこんなにかわいいなぁって思えたんで観てよかったです。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-04 17:57:26)
68.《ネタバレ》 「僕の彼女は綾瀬はるか」という名の綾瀬はるかファンのための綾瀬はるかの映画。Good。
Keicyさん [地上波(邦画)] 6点(2012-01-08 16:56:21)
67.タイムパラドクスものとしては矛盾がいくつかあるのですが,それをどうこう言う映画ではないように私には思えました.綾瀬はるかはオッパイだけの女優さんかと思っていたのですが,これを観て好きになってきました.女性とあまり縁のない生活を送っていると,こういった強くてやさしくて力持ちの女性に凄く惹かれるのは何故なんだろう・・・そんなんじゃイカンのは判っているつもりなのですが・・・
マー君さん [地上波(邦画)] 8点(2012-01-04 22:55:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 86人
平均点数 5.85点
000.00%
100.00%
233.49%
366.98%
478.14%
52225.58%
61618.60%
71719.77%
81011.63%
944.65%
1011.16%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.71点 Review7人
2 ストーリー評価 4.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.37点 Review8人
4 音楽評価 5.28点 Review7人
5 感泣評価 4.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS