センター・オブ・ジ・アース(ブレンダン・フレイザー主演)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > センター・オブ・ジ・アース(ブレンダン・フレイザー主演)
 > (レビュー・クチコミ)

センター・オブ・ジ・アース(ブレンダン・フレイザー主演)

[センターオブジアース]
Journey to the Center of the Earth
2008年【米】 上映時間:92分
平均点:4.62 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-10-25)
アクションサスペンスSFアドベンチャーファンタジーシリーズものファミリー小説の映画化
新規登録(2008-08-26)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2018-06-26)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・ブレヴィグ
キャストブレンダン・フレイザー(男優)トレバー・アンダーソン
ジョシュ・ハッチャーソン(男優)ショーン・アンダーソン
沢村一樹トレバー・アンダーソン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
入江甚儀ショーン・アンダーソン(日本語吹き替え版【DVD】)
矢口真里ハンナ・アスゲリソン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
高宮俊介マックス・アンダーソン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
堀内賢雄トレバー・アンダーソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林沙苗ハンナ・アスゲリソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
古澤徹マックス・アンダーソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊倉一恵エリザベス・アンダーソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中尾隆聖アラン・キツェンズ教授(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ジュール・ヴェルヌ「地底探検」(岩崎書店)/「地底旅行」(偕成社)
脚本ジェニファー・フラケット
編曲ニコラス・ドッド
撮影ロバート・マクラクラン(追加撮影)
製作ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ブレンダン・フレイザー
トビー・エメリッヒ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集スティーヴン・ローゼンブラム
ダーク・ウェスターヴェルト
その他ニコラス・ドッド(指揮)
あらすじ
地質学者のトレバーは、調査中に行方不明になった兄の後を継ぎ、地球内部の研究を行っていた。ある日、彼は兄の息子ショーンの持っていた本から、あるメモを見つける。彼はそれを手がかりに、「地球の中心への入口」を探すべく、ショーンとともにアイスランドのスネフェルス山へと向かうが、そこには想像を絶する世界が待っていたのだった。ジュール・ヴェルヌの名作SF「地底旅行」を3D技術を駆使してリメイク。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.これはこういうものだと思えば楽しめます。見ごたえもそれなりにありましたよ。ロマンがあるじゃないか、地球の中心!
HRM36さん [インターネット(吹替)] 6点(2020-03-30 17:48:52)(良:1票)★《新規》★
44.《ネタバレ》  まさにジェットコースタームービー。いや、アトラクションムービーか。
 ストーリーは単純明快。地球の中へレッツゴー。地底探検?そして脱出。ただそんだけ。
 ショーンの父であり、トレバーの兄であるマックスの存在。それが多少のドラマ性をもたせているものの、やはり添え物程度の扱い。メインストーリーは地底に行ってからで、そっから先はひたすら『間欠泉に乗って地上へ』を合言葉にひたすら突き進むのみ。地底の温度がほっとくと活火山の影響で90℃を超えてしまうので、蒸し焼きになる前に脱出するというタイムリミットつき。ですがこの時間制限も添え物程度の設定で、効果的とは言えません。
 やはりこの作品の見所は『ありえない地下世界』。これにつきます。『地底の海』『巨大磁石の浮かぶ岩』『凶暴な魚』『巨大水棲生物』『巨大食虫植物』『恐竜』これを子供の頃に戻って純粋な気持ちで楽しむ。これはそーゆー映画です。そして私はこーゆー演出、映像が大好き。なのでトロッコに乗ってからエンディングまで、もうこの世界感にどっぷりと浸るのでした。
 この年代の作品にしては映像がチープで作り物感満載なのも逆に味があります。
 無駄なエピソードを一切省き、子供が飽きないように作られているテンポの良さが実に良い。
 ただ、最初の感想に戻りますが、これは『映画』というよりは『アトラクション』でしょう。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2020-01-27 12:20:23)(良:1票)
43.地球内部ではなく別の惑星(でも地球と環境が同じ)を探検している、というのが納得感のある映画。
さすがに、この世界はあり得ないので、単純に映像とかを楽しむために観るならいいか、ぐらい。娯楽として割り切れるかな。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2017-01-15 23:14:52)
42.久しぶりにこんな酷い映画を見た。
映画の基本である序盤の掴みは無。
むしろ、先行きを心配させられたが、案の定といった感じの出来、
いや、それ以下かな。

興味を全く持てない展開で、完全な子供向けの映画。
吹替えも、沢村をはじめ下手くそばかりでした。
はりねずみさん [CS・衛星(吹替)] 2点(2015-12-06 15:51:03)
41.《ネタバレ》 頭を空っぽにして観る映画なので仕方が無いとは思うのですが、いかんせんストーリーが薄すぎるのと緊張感が無さ過ぎなのがいただけなかった。ハムナプトラ並のアクションが欲しかったな~。
とむさん [DVD(字幕)] 4点(2014-06-28 01:23:35)
40.明らかに子供向けで、しかも対象年齢は低いけど、それでも夢や冒険心にあふれた作品ではある。こころどころ勉強になる豆ネタがあるのも微笑ましい。ツッコミどころももちろん満載だけど指摘は野暮。子供向けなのに、胸の谷間はサービス。おっさんはそこに癒される。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 6点(2012-08-21 16:32:36)
39.こういう映画を評価するのは大変難しい。「子供騙し」なのは間違いないのですが、傑作や名作だって「大人騙し」には違いない。ですから上手く子供を騙してくれるなら、それは子供にとって良い映画だと考えます。対象年齢はおそらく小学校低学年。多分イケる気がする。自分は大人なので採点は大人視点であることをお許しください。重苦しい作品を観た後の気分をリセットするには最適です。劇場3D鑑賞ならもう1~2点加算していると思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-06-07 20:07:50)
38.SFと呼んではいけないレベルの子供向け娯楽作品です。序盤があまりにも有りがちな展開でどこかで見た作品かと思いました。また、見て損した感だけが残りました。
クロさん [地上波(吹替)] 2点(2012-04-06 22:02:21)
37.つば付けたい。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 7点(2012-04-02 00:08:30)
36.《ネタバレ》 「インディ」シリーズや「ジュラシック・パーク」やら、その手のアドベンチャー映画の名シーンをいいとこどりして3Dにして再版しちゃいましたっていう映画ですね。あまりにあからさまな、ある意味素直(?)で堂々たるパクリっぷりなので、逆に微笑ましくも感じられ腹も立ちません。春休み中の子供たちは、夕べはさぞかし大喜びしたんじゃないかと。絶対生還出来るっていう保証さえあれば(←人生すっかり守りに入ってしまってるヤツの思考)このアトラクション参加してみてえなあ・・・。あ、でもそれじゃスリルがなくなるかぁ・・・。よく見ると、役者もあんまりカラダ張ってないよね(笑)久しぶりに地上波放映の映画を観ましたが、バラエティ番組と同様に、今や映画もコマーシャルの前の映像を再度繰り返し流して放映時間を水増しするようになってたんですねぇ・・・おやおや。平面2D版鑑賞のためこの点数止まりで。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 5点(2012-03-26 14:24:29)
35.《ネタバレ》 案外面白かったなぁ、と。子どもとあはははははははと笑ったり驚いたりするには最適な、すかっと爽やかな探検モノ。「ベルニアン」って、本当に存在する(した?)のかしら?みんなで車座になってヴェルヌ研究とかやっていたら、それもまた夢がある話だな。
のはらさん [DVD(吹替)] 6点(2012-02-14 22:27:49)
34.内容はないとわかっていても、冒険ものが好きで、つい鑑賞してしまう。
インディージョーンズみたいな展開で、様々な出来事が主人公たちを待ち受けるのだが、
とにかく突っ込み所満載で、完全子供向けの作品に仕上がっている。
小さなお子さん、特に男の子はわくわくしながら、楽しんでくれるんじゃないかと。
家族揃って、安心して鑑賞できる映画ではある。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 3点(2011-07-25 01:33:52)
33.《ネタバレ》 安っぽい映画。お金はかかっていないような気がする。ただ、予想以上に楽しめた。ドキドキワクワクの冒険活劇です。少年の心を持った人には楽しめるはず。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2010-10-23 08:39:26)
32.テレビ放送を録画して、子供と一緒に楽しく観させていただきました。絵本のように、次から次に変わる場面が、実にハッキリしていて、楽しいじゃあないですか。洞窟に閉じ込められたり、トロッコで暴走したり、穴に落ちたり。穴に落下する場面は、「今、落ちてます」と誰にでもわかるように、ひたすら長く落っこちてるし、一方では、「よし、筏を作ろう」と決めたらあっという間に筏が完成しているし。この辺りがいかにも“絵本”っぽい感じ。ブレンダン・フレイザーという役者さん、こういう映画にピッタリですね。ただ、水に落ちたはずなのに、ブレンダン・フレイザーの服が乾いてたり、と思えば汗で濡れてたり、というあたりは何とかならんもんですかねえ。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 7点(2010-10-04 23:31:27)(良:1票)
31.展開が早く気楽に楽しめる作品。ブレンダン・フレイザーは冒険ものが似合いますね。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2010-09-07 23:27:08)
30.《ネタバレ》 妻投稿■「小説の映画化」「ドラマの映画化」「実話の映画化」「アニメの映画化」というのはあったけど、最近は「ブログの映画化」というものがあって、挙句の果てには「ジェットコースターの映画化」かい!!!! どうせだったら「東武伊勢崎・日光線前面展望の映画化」とか出ないかなあ。■それはともかく、私は3Dどころか5Dくらい行っちゃっていると思う東京科学博物館のドーム型立体映像で、「地球の内部とマントル」とかいう映像を見ているので、こんな地底世界はまずあり得んという予備知識を持って見てしまうし、水も岩も化石もいかにもネズミーランドあたりのアトラクションのジオラマっぽくて、要は世界の全てが主人公を殺さないようにうまく仕掛けられている感じがする。■となると、これは「テレビで見るアトラクション」と言う事で、うちら夫婦を登場人物に自己投影して楽しむ事にするけど、それなら出来としては酷くもない。特に磁石岩の場面は「浮遊感」という分野に新たな要素を付け加えたんじゃないだろうか。■だが、そういう楽しみ方をしようにもガイドのお姉さんの服装は許せん。あれはアトラクションゲートをくぐると現れるネズミーランド職員で、「ツンデレ要素」を加えたガイドという設定に見えるんだけど、あの服装、あの谷間のサービスを、夫婦でアトラクションを楽しもうとした私たちの前でやる行為は万死に値する。ホラ、旦那は私とではなくガイドと楽しもうとしているし(-_-;)
はち-ご=さん [地上波(吹替)] 5点(2010-08-23 19:36:08)(笑:1票)
29.3D作品らしいがTV吹き替えで迫力は出ない。気楽に流し観には良い。
ご自由さんさん [地上波(吹替)] 5点(2010-08-05 17:02:41)
28.《ネタバレ》 幼き日に鑑賞した旧作の「地底探検」。そして、その感動を胸にハヤカワSF文庫で読んだヴェルヌの名作。今ほど情報過多でなかった時代には、「地底には別世界がある」という設定は、海中や宇宙と同様、子ども心にとって実にロマンでした。

で、これは別物。皆さんご指摘のとおり、内容云々ではなくてテーマパークの3Dアトラクションそのもの。映画としてはプロトタイプって感じですかね。
なので得点の付けようもなく、かといって小学校低学年ぐらいなら大喜びしそうなので最低レベルとも言えず、5点献上です。
ぽこたさん [地上波(吹替)] 5点(2010-07-11 12:25:27)
27.ツッコミどころ満載だけどアトラクション感覚で楽しめると思います。子供には。そんな僕も半分ガキなのでこの点数(恥)
たいがーさん [インターネット(字幕)] 5点(2010-07-10 18:55:52)
26.愛すべきB級作品。縁あってベルヌの原作を大人になってから読む機会があって、映画にしたらどうなるのだろうと興味本位で観てみたものの、どうやら原作のテイストを再現しようとかそういう気概は微塵もないらしい。対象年齢小学生レベルに徹しているように見受けられた。それはそれでありかな、と思える人は観てみてもいいのでは。冒険ものとして古典的なお約束シーンが多すぎるのが気になるが、本作はそれを初めて3Dで表現したというところに価値があるのだろう。ベルヌの奇抜な発想や、地底に古代の生物相を発見したときの胸躍る感じ等を存分に感じさせる一大SF作品を 期 待 し な い 人 には勧められなくもない。
Mum,theSanChrysさん [地上波(吹替)] 5点(2010-07-10 13:19:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 4.62点
000.00%
100.00%
248.89%
3511.11%
41328.89%
51124.44%
6715.56%
748.89%
812.22%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.60点 Review5人
2 ストーリー評価 4.33点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review8人
4 音楽評価 4.00点 Review7人
5 感泣評価 1.40点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS