Menu
 >
 >
 > ハンサム★スーツ

ハンサム★スーツ

2008年【日】 上映時間:115分
平均点: / 10(Review 71人) (点数分布表示)
コメディファンタジー小説の映画化
[ハンサムスーツ]
新規登録(2008-10-29)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2016-12-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-11-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督英勉
演出飯島奈美(フードコーディネーター)
キャスト谷原章介(男優)光山杏仁
塚地武雅(男優)大木琢郎
北川景子(女優)星野寛子
佐田真由美(女優)來香
池内博之(男優)狭間真介
本上まなみ(女優)谷山久恵
佐々木希(女優)玲美
住田隆(男優)山田隆夫
温水洋一(男優)謎の男
中条きよし(男優)白木
伊武雅刀(男優)神山晃
石田純一(男優)変身シーン(特別出演)
デーブ・スペクター(男優)変身シーン
パンツェッタ・ジローラモ(男優)変身シーン
鈴木拓(男優)事故した人
渡辺美里(女優)(友情出演)
黒沢かずこ(女優)
ブラザー・トム(男優)米沢明
大島美幸(女優)橋野本江
山本裕典(男優)大沢勇気
中野裕太(男優)
小林清志
田中真弓
森本レオ
川平慈英
笑福亭鶴光
原作鈴木おさむ「ハンサム★スーツ」
脚本鈴木おさむ
作詞奥田民生「大迷惑」
米米CLUB「Shake Hip!」
久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」
佐野元春「SOME DAY」
作曲小室哲哉「My Revolution」
奥田民生「大迷惑」
米米CLUB「Shake Hip!」
久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」
佐野元春「SOME DAY」
主題歌渡辺美里「My Revolution」
挿入曲久保田利伸久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL名義  「LA・LA・LA LOVE SONG」
ナオミ・キャンベル久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL名義  「LA・LA・LA LOVE SONG」
米米CLUB「Shake Hip!」
プリンセス・プリンセス「M」
SunSet Swish「あすなろ」
EAST END×YURI「DA.YO.NE」
ユニコーン「大迷惑」
佐野元春「SOME DAY」
製作島本雄二
鳥嶋和彦(製作委員)
アスミック・エース(「ハンサム★スーツ」製作委員会/製作プロダクション)
電通(「ハンサム★スーツ」製作委員会)
集英社(「ハンサム★スーツ」製作委員会)
東北新社(製作協力)
WOWOW(「ハンサム★スーツ」製作委員会)
関西テレビ(「ハンサム★スーツ」製作委員会)
配給アスミック・エース
録音北田雅也(フォーリー)
益子宏明
あらすじ
女にモテない琢郎は、定食屋を営んでいる。新しくバイトに入った寛子のことを好きになり、思い切って告白すると、「あたしのどこが好きですか」と聞かれる。琢郎がそれに答えると、寛子は「残念です」という言葉を残して姿を消してしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
71.《ネタバレ》 ベタだけど、北川の正体が大島の方が良かった。
ラストに歯並びが悪かった時代のアのブサメンが出てくるのもいいね。
カワイイは正義!イケメン無罪!残酷だがこれが現実。
山猫さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-09-09 19:52:47)
70.皆さん一所懸命お芝居していると思いますが、わざわざ映画にするほどのことかな、と思ってしまいました。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-01-22 16:41:21)
69.《ネタバレ》 昔のドラマは、「不細工であっても心の良さが花開いて最後にはいい目を見る」というのが、1つの定番であった。しかし、ある時期から、「そんなこと言ったって、実際には、見た目で全部決まっちゃうだろ。ありもしない話をするな」と見る側が変にスレてしまって、その王道パターンはいつしか廃れていった。この作品は、その失われた美徳を、おそらくは批判も嘲笑も覚悟の上で、見事なほどになぞっている。その制作姿勢そのものが、不細工の根性を最後には見せてくれる主人公の歩みそのものである。だから私はこの作品を支持する。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-04-18 00:52:11)
68.《ネタバレ》 自分が美人だから本当の自分を見てもらえない、ブサイクなら本当の自分を見てもらえるって考えるのはただの嫌な女だよね。これ話の方向性からしても北川の正体が大島が正解でしょ。最後のそこの部分は気になったけど全体としてはそこそこ面白かった。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-05-03 23:19:07)
67.《ネタバレ》 ハハハ、なかなか面白かった 80年代してる選曲といろいろな小ネタ (…鶴光懐かしい!今の人は絶対知らないだろうな(笑)) というか「洋服の青山」がドーーン!と出てくるのが一番笑える  内容的に 正直、人は見た目でまず判断しちゃうのは間違いなくて でもある程度歳とってくると その人の中身も見えてきちゃうわけで…  この辺は難しいなぁ、ある意味永遠のテーマかもしれない   でもあんなスーツあったらいいよね!そんな「変身願望」はみーんな持ってると思う  で、そんな「現実無理」なことを出来ることが映画の力  でも最後の「変身」は読めてなくてチョットビックリした  この展開を嫌味ととるか前向きなメッセージととるか  ワタシは後者だな  人それぞれ 好みも違う 抱えてる悩み・コンプレックスも違う  まぁそりゃぁブサイクよりハンサムがいいし 美人はもっといい(笑)  でもやっぱり人間中身で勝負 いつか良いご縁に恵まれるとワタシは信じております☆
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-02-21 08:30:47)
66.笑いを取り入れつつテーマを見失わなかったのは良いと思った。ラストもまずまず。ファッションショーでの気づきが、やや唐突感があったのが残念。
nojiさん [地上波(邦画)] 6点(2012-01-09 11:36:06)
65.《ネタバレ》 …谷原章介でも見て目の保養をしますか~。
やっぱりいいわ谷原。どの角度から見てもハンサム。…まあ塚地と比べるからよりいっそうそう見えるわけだけれども…。
脚本は鈴木おさむでそこそこできていると思うのですが、演出が残念な感じでした。「間」やテンポに問題があるかなあと。別の監督さんで見てみたかったですね。
あと…間宮兄弟なんかもそうでしたけれども、日本映画界はちょっと塚地に期待をしすぎです。
塚地はやっぱり俳優ではありませんので、何に出ようが演技というほどのことをしていないわけですけれども、塚地であるだけで意味があると、塚地を出すだけで数字が取れると、そういう出し方はどうかと思いますね。周囲の俳優さんたちと塚地の演技に差がありすぎます。
私の想像と逆のオチでしたけれども、ちょっと納得がいかないかなあと。
塚地×大島ではグッドエンディングにはならないと、そういうことですよね。
男がブサイクでもいいけれども女がブスだと「終われない」と。
それはないんじゃないでしょうか~。
全体的な質の低さに目をつぶれば、懐メロいっぱいで谷原章介の美しさを楽しめる作品です。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-01-03 21:13:40)
64.《ネタバレ》 原作・脚本が鈴木おさむなので、うまく映画にできているなという感じ。原色系の色の使い方が鮮やかで、コメディの感じを良く出している。不必要なシーンを(東京ガールズコレクションの一部等)削って90分にするともっとテンポが出てよかったと思う。もし115分ならば、北川の思いをもっとたくさん描いた方が良かった気がする。ハリウッドでリメイクされそう。
蝉丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-01-03 17:13:58)
63.《ネタバレ》 さらーっと観るぶんには結構おもしろかったですね。
青山のデカイ看板、笑いました。
あのオチだと、男は中身でも、やっぱり女は外見!みたいな感じがしてちょっぴり違和感が。。。
モテたいって自己主張も、結局は『人からよく思われたい』ってんじゃ自己解決できないところから抜け出せそうにないですもんね。
おもしろいテーマだったんで、もうちょっと掘り下げてあったらよかったかも。
ろにまささん [地上波(邦画)] 6点(2011-12-09 15:02:00)
62.《ネタバレ》 面白いか?って考えると正直微妙ですが、思ったより抵抗なくみれた。でもやっぱり都合良く出来すぎなのとハンサムスーツを着用どきのエピソードが弱めな気もします。
civiさん [地上波(邦画)] 4点(2011-12-08 10:41:56)
61.《ネタバレ》  一見、寛子(北川景子)の「中身を見て」発言は、思い上がった女のわがままに見えるんだけど、よくよく考えてみると実はこれは「顔がどうこう」とか、そういう話ではなくて、「人を好きになること」あるいは「人と人とのコミュニケーション」における「不全感」の問題だから、普遍的な欲求であり悩みなんですね。
 金を持っている人が「こいつ、金が目当てなんじゃね?」、親切な人が「こいつ、優しくされたいだけなんじゃね?」という疑いを持ってしまうのと同じこと。
 「もとえ(大島美幸)の顔をしていても自分に惚れた」というのは、琢郎が自分の中身を見てくれたことの証拠には、実はなっていません。
 この映画の一連の出来事は、寛子の不全感を(あくまで個人的に)解消するスイッチになったわけです。そのスイッチを入れることに成功したから、寛子は琢郎の胸に手放しで飛び込んでいけたのです。そう考えると、どんなカップルにも、似たようなことが思い当たるのではないでしょうか?
コウモリさん [地上波(邦画)] 8点(2011-12-07 15:02:37)
60.楽しいっちゃ楽しいんですが、どうも綺麗事すぎる話でした。クラスにいる、真面目で皆に優しく発言も一見正しいけれど、どこか歪んでそうな優等生みたいな映画です。どうも友達になれそうにないです。池内博之の「オレなんか車椅子だぜえ?」のセリフから始まり、「なにが言いたいんだよ、エ?」ってなシーンばかりです。話のつくりは後半にいくにつれどんどん雑になっていきます。主人公が熱く自分語りをし、がむしゃらに走れば映画になるとでも思っているのでしょうか。コメディとしての見せ場もドラマとしての見せ場も、しっかり作り込まなければいけないところほど「ま、いっか」とか「何、今のあれ?』で済ませてしまういい加減さ。一発ネタだけ考えてあとはなにも思い浮かばなかったんでしょうね。
ゆうろうさん [インターネット(字幕)] 4点(2011-10-11 14:46:28)
59.《ネタバレ》 ほのぼの映画でした。

山ピーに似ているとよく言われる私は、ブサイク★スーツが欲しいです・・・
ウソです。

自分は自分のままで良いとは思っておりますが・・・
一週間だけ、山ピーにさせて(素)
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 6点(2011-03-21 05:32:54)
58.時々見かける期待しないで見ると意外と楽しめる邦画です。
akilaさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-02-21 21:42:05)
57.結構期待していたのですが、完全につまらなかったです。自分では笑いの沸点はかなり低い人間だと認識していたつもりですけど、この作品では最初から最後までピクリとも笑えなかったです。つまり自分には向いていなかったんでしょうね。エンドロールのMy revolutionもかなりゲンナリでした。これは少し使い過ぎというか、しつこいですよね。でも谷原章介はハンサムでした。
sava1100さん [DVD(邦画)] 1点(2011-01-03 23:20:09)
56.期待しないで見たのだが結構面白かった。 先の展開が簡単に思ったとおりに進むので
わかりやすくいい感じ。 いらない場面も多いが感動する部分もあるので全体的に
おすすめ
Jane.Yさん [DVD(邦画)] 7点(2011-01-01 18:58:16)
55.塚地と大島のコンビはよかった。あの緩い恋愛話は観ていて心が和んだ。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 6点(2010-12-24 22:54:33)
54.北川景子ちゃんが実に可愛いです。谷原章介の小憎らしいほどの三枚目ぶりも光ります。
残念なのは、登場人物たちの言動にどこか取って付けた感があり、そこがとても薄っぺらに思える点。
このパターンのハートフルコメディに必要な感情移入ができませんでした。
笑いも悲しみも全体的にインスタントな印象です。
でこうささん [CS・衛星(邦画)] 4点(2010-12-22 22:07:01)
53.《ネタバレ》 現代人はその本質以外の記号にまみれて生活している。ファッション、ブランドアイテム、化粧行為、云々。替えが効かないのが容姿なんだけど、それを着脱可能にしたシミュレーション映画。自分を如何に見せるかと云うことは、演出の意義も含めて深い問題を孕んでいるはずだけど、お決まりの流れに乗せただけでした。結局、大したことは言ってない。「中身が大切」という本質論には賛成だから、本質を無きものにしかねないハンサムスーツはどうかと思う。しかし、本質だけで勝負するというブスーツはもっといただけない。いや、ブスーツじゃなくそれを使った北川景子の理屈かな。好きだと言ってる男に「自分の内面を見て欲しい」という返事はもの凄く傲慢で、容姿に過剰な自信がない限り言えない台詞です。ちょっと脱線するが、そもそも男はDNA的に奇麗な女性に惹かれるように出来ているんだから、もっと中身を見ろなんて大きなお世話だ。美人を愛でることを否定すんじゃねぇ。北川景子も「美人を鼻にかけない気立ての良い子」くらいにしとけよ。あんなのは自意識過剰ってんだ。ということで、私の本質は矮小だということは分かりました。青山にはいつもお世話になってます! あれ、AOKIだったかな?
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-11-22 20:54:19)(良:1票)
52.内容も先が見え見え。あーきて、こーきて、そーなるのね、てな感じ。逆にそのギャクっぽさがウケた。個性的なキャストが脇を揃えていたので、面白いのは当然かもしれない。
西川家さん [試写会(邦画)] 5点(2010-10-16 19:23:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 5.96点
011.41%
111.41%
200.00%
300.00%
479.86%
51622.54%
61926.76%
71825.35%
879.86%
922.82%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.80点 Review5人
2 ストーリー評価 5.55点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review10人
4 音楽評価 6.00点 Review8人
5 感泣評価 3.60点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS