僕らのミライへ逆回転のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 僕らのミライへ逆回転
 > (レビュー・クチコミ)

僕らのミライへ逆回転

[ボクラノミライヘギャクカイテン]
Be Kind Rewind
2008年【米・英】 上映時間:101分
平均点:6.84 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-10-11)
コメディ
新規登録(2008-10-29)【あにやん】さん
タイトル情報更新(2010-03-04)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミシェル・ゴンドリー
助監督マイケル・ハウスマン〔製作〕
キャストジャック・ブラック(男優)ジェリー
モス・デフ(男優)マイク
ダニー・グローヴァー(男優)フレッチャー
ミア・ファロー(女優)ファレヴィチ
シガニー・ウィーバー(女優)ミス・ローソン
エリザベス・バークレイ(女優)図書館の少女(ノンクレジット)
クィントン・アーロン(男優)
脚本ミシェル・ゴンドリー
編曲ニコ・ムーリー(追加編集)
撮影エレン・クラス
製作ミシェル・ゴンドリー
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給東北新社
特撮BUFカンパニー(視覚効果)
その他アイヴァン・ライトマン(スペシャル・サンクス)
ウォルター・F・パークス(スペシャル・サンクス)
あらすじ
フレッチャーのレンタルビデオ店は、DVDも置いていない小さなボロ屋。しかし、伝説のジャズピアニストの生家だと豪語している。ある時、店員のマイクに店を任せてでかけるが、マイクはフレッチャーの「ジェリーを店に入れるな!」の注意を理解できないままトラブルメーカーのジェリーを入れてしまう。悪さをして電気人間となっていたジェリーは強烈な電磁波によって店中のビデオを消去してしまい、全く商売にならなくしてしまった。夕方には『ゴーストバスターズ』を貸し出す約束。そこでマイクとジェリーが考えついたのは・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.映画への愛情が感じられる部分は大好きです。でもちょっとドタバタし過ぎなのと、人気が出る展開がコメディとはいえちょっとなあ。ラストはいいシーンでした。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-02 00:09:45)
50.《ネタバレ》 全く期待しないで観たらとっても面白かった! 前半は「お~ジャック・ブラック全開や~w」とか思ってたけど、後半はかなり滅茶苦茶ながら意外や意外の感動方向へ・・・ちょっとホロっときちゃったよ(苦笑)。シガニー・ウィーバーの出演も粋な計らいでGOODな本作、意外にオススメかもしれませんよ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-09-26 12:20:29)
49.《ネタバレ》 これは少々愛とアイディアが空回りしてるような・・・・。
スウェーデン製リメイクと銘打ってるのに、町の人々は思いっきり目の前で手作りしてる光景をスルー、というか喜々として参加。どういうこと。
全員が最初のヤンキーぐらい破格のバカだったというわけではないだろうし、仮にそうだとしても何のリアクションもないというのはさすがにおかしい。
俺が何かを見落としてるんでしょうか。
あと著作権違反の件が片付いてるのかどうかも非常に不安が残った。
ラストシーンとあふれるDIY精神、SWEDEDが一部現実で流行ったというこぼれ話はなかなか素敵。
宇宙の袋さん [DVD(吹替)] 5点(2015-07-06 01:41:09)
48.ジャック・ブラック印のアホコメディかと思いきや、ラストに向けては感動的に作られていて一粒で二度美味しい感じ(?)。まあ色々とありえない&強引な展開はありますが、後味は良いですね。某レンタルチェーンが全国展開していく前によくお世話になった、地元のビデオレンタル専門店を思い出しながら鑑賞しました。
ライヒマンさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-21 22:47:42)
47.《ネタバレ》 リメイクを作成するまでに至る序盤の展開は結構無茶苦茶だし、
あのリメイク作品が1時間待ちの行列になるほど大評判になるのか?
「何だ!?このふざけたビデオは!」と苦情が全く無い?といったツッコミ所は結構あったりします。
でも“映画愛の映画”に弱い僕としてはこの映画、やっぱり好きですねえ…。
次々と作品名が登場する段階になると映画史に残る大作も出てきますが、
初めて製作するリメイクが「ゴーストバスターズ」。
2作目は「ラッシュアワー2」という気軽に見れて笑える映画から登場する流れもいいじゃないですか。
みんな、もっと気軽に映画見ようよ。映画館に行こうよ。そんな単純なメッセージが聞こえてきそうです。
映画のテンションはいつもの典型的ジャック・ブラック映画です。
時代の流れと共に街も変わっていき、愛した建物も取り壊される危機に直面する。
一時代を築いたVHSの時代が終わりを告げようとしている。
何かを守るために、誰かのために必死にがんばる。
少々ダサくもあるんですが、そんな男をコミカルに演じさせると他の誰にも無い、この人ならではの味があります。
そしてラストは感動させてもらえるとは思わなかった。
みんなで同じ映画を見る、その表情が実にいい。
気が付けば、周りには人が一杯。同じ空間で同じ映画を見て一緒に笑ったり感動したり。
映画館で映画を見ることの素晴らしさを感じずにいられない、映画愛にあふれたラストシーンでした。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-08 22:11:09)
46.《ネタバレ》 僕のこよなく愛する『エターナル・サンシャイン』の監督作ということで、ずっと借りたいと思っていたのだけど、毎回ビデオ屋さんに着く度に「あれ、あれってどんなタイトルだっけ?ま、いっか。今度借りよー」というのを繰り返してずっと延び延びになっていた今作、今度こそ忘れないようにとタイトルを書いたメモを手にようやく借りることが出来ました。誰がつけたか知らないけど、この邦題、それっくらいセンスが無いと思うんですけど!(僕の記憶力が悪いだけかもですけどね笑)で、肝心の内容ですが、確かに全編に横溢する映画愛は良いとは思うのだけど、うーん、ちょっと主役のお馬鹿コンビにあんまり魅力を感じなかったかなー。それにストーリーの重要な鍵となるあのジャズシンガーのこともいまいちピンとこなかったし。まあ面白いとは思うんですけど、わざわざビデオ屋さんでメモを手に「あれを借りるぞー!」と意気込んでまで観るほどの作品ではありませんでした。残念っす!エターナル・サンシャインはやっぱり奇跡の一品だったのかなー。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2013-12-19 13:44:16)
45.《ネタバレ》 予備知識ゼロで観ました。まさかこんなに映画への愛を感じさせてくれる映画とは。最後、シガニーが「ゴーストバスターズ」に感化されて諸々撤回、とかにならなくて良かった(笑)。終わり方もこれで良かったと思う。思いっきりコメディ映画なのかと思っていたので、ほっこりと良い映画でした。
ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 7点(2013-09-05 09:52:11)
44.映画愛に溢れていてとても好きです。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-02 15:16:24)
43.《ネタバレ》 ジャック・ブラックが、(「ハイ・フィデリティ」のように)古いお店の店員さん。 リメイクと称して名作映画を自分たち流に作り直すのが、(学園祭ノリでチープなれど)楽し~☆ 「エターナル・サンシャイン」の監督だけど、自主制作映画のパートだけでなく本編も素人っぽくて手際がイマイチなように見え、発端の店内ビデオの中身を全部消す方法もスゴク強引、商売からシネマ愛にいつの間にか移行してるといった弱点もなんのその、最後は急に「シネ・パラ」風に格調高くなり、妙に感動的なフィナーレ。(窓側にスクリーンを張ったのがアイディアでしたね) 前半のインチキっぽさからすると急転直下な感じはするものの、不思議な味がある。 店長ダニー・グローバーも年令を重ねて渋く、ミア・ファローは「カイロ」つながり? シガーニーは久々の悪役。 最後はやっぱりジャックの歌で♪
レインさん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-02 07:00:08)
42.ジャック・ブラックの割には意外と真面目に終わる映画だった。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-04 13:07:46)
41.自分には肌が合わなかった。
そもそもの先入観が邪魔をしてて、
まるっきり話が入ってこなかった。

ナラタージュさん [DVD(字幕)] 3点(2012-02-22 19:46:55)
40.《ネタバレ》 やるじゃないか、ミシェル・ゴンドリー! チャーリー・カウフマンと組んでいるときにはこの監督にこんな素敵な感性があるとは思いもよりませんでした。ジャック・ブラックたちにリメイクされた映画は『欽ちゃんの仮装大賞』を見せられている様な出来ですが、映画ってとことん脱構築してゆけばこういうカタチに因数分解されるのじゃないかな。ある意味、映画というものの本質を提示されたみたいで、けっこう奥が深いところがあります。考えてみればVHSビデオテープは現在のディスクとは違って映画フィルムと形態も似ているところがあり、ゴンドリーはそこにノスタルジーを感じているのが良く判ります。それにしてもアメリカ人が撮った映画で、こういう映画愛とノスタルジーに満ちた作品が見当たらないのが不思議です(『カイロの紫のバラ』くらいですかねえ)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-11-02 23:01:38)
39.《ネタバレ》 面白い。お勧め。

序盤の訳のわからないノリは結構好きだ。ジャック・ブラック的なお約束なんだろうね、ああいう壊れ方は。

中盤の映画リメイクから始まる騒動は、弱小チームモノ系のセオリー通りで安心して観ていられる。結構絶望的な状況のはずだけど、ふしぎな優しさがあって、トゲがない。映画撮影をしていく彼らを見ていて、著作権とか大丈夫なのか?って思っていたらまんまと訴えられるわけだけど、そんな彼らにもやっぱりちょっとした温情を何とか届けたいような気持ちに駆られる。とは言え、重大な犯罪行為だったりもするわけでやっぱりそのやりきれなさは堪える。

そう言う風にして何とか懸命に街を生かそうとする人々になんかスゴい感動してしまった。確かに序盤とそれ以降ではなんか風味が違うようにも思うけど、それが上手く雰囲気を作ってる。やりきれなさを少し和らげてくれる間抜けな主人公たちが居るからこそこの映画はすごく光っているんだと思う。
黒猫クックさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-19 02:51:25)
38.《ネタバレ》 NHKで放送された海外のドキュメンタリー「響け、町の歌声」を思い出す。歌か映画か、媒体は違えど「泥のような町」に活力を与え、最後には住人たちの心を結ぶ。前半の笑える部分がクローズアップされがちだが、これは町の映画だと思う。しかもじんわりと来る感動作だ。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 7点(2010-12-11 19:24:48)
37.《ネタバレ》 なんだか詰め込みすぎてコメディとしても感動モノとしても中途半端になってしまっている。映像もミシェル・ゴンドリーぽくない。
映画を個人でリメイクしてラストの感動上映会につなげるという展開のために、前半ムチャをやってコメディという枠に押し込めたようにすら感じる。
それでも映画に対する愛は感じたし、レンタルビデオのノスタルジーに浸ったりした。そういえばあのころはちゃんと巻き戻したか確認して店に返却してたなあ・・・。DVDじゃその必要はないもんね。
eurekaさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-05 02:00:10)
36.前半ぐだぐだしすぎ・・・。どんな展開になるのか不安でしたが、最後は、まぁ後味のいい終わり方でした。
カルーアさん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-16 21:45:16)
35.《ネタバレ》 「”ストーミー・ウェザー”は?」

「What?」

「映画についての―知識は特に必要なし」

かっこいいよフレッチャー!!
このくらい言えるような映画通になりたい。
そして現代のレンタルショップへの皮肉も込められていてすごく印象に残った。
ばっじおさん [DVD(字幕)] 7点(2010-04-13 01:15:57)
34.《ネタバレ》 最初のうちは、おバカな展開に戸惑いました。その場しのぎとはいえ、映画の中身を自家製のニセモノにすり替えるなんて、常人の発想じゃない。ただのバカじゃない大バカです。でも「人生万事塞翁が馬」。リメイクとして人気を博してしまうぶっ飛び加減が、不思議と心地よかった。ジェリーが言うように、確かにみんな(自分も含めて)、電磁波に脳みそヤラレちゃってるかもしれない。ただし、手始めが『ゴーストバスターズ』というヌルさは絶妙だし、ブレイクのキッカケがチンピラ兄ちゃんってとこは“らしい”と思う。荒唐無稽の中にも説得力が感じられるあたり、抜かりないです。ラスト。自主映画の上映会には映画の素晴らしさが溢れていました。映像や音響の迫力は、劇場鑑賞の魅力のほんの一部。映画の本当の目的は“みんなで観ること”だと知りました。そういう意味では、スポーツ観戦やコンサートと変わらない。ただし、映画はライブじゃありません。演者が目の前にいなくても、それと同等の感動を味わえるのは、製作に携わった人たちの想いがフィルムを通じて伝わってくるからだと思う。ちょっとした魔法です。映画を観た思い出が、自分という物語の1コマに変わるなんて素敵です。すいません。ちょっとキザでした。他人と感動を共有するのが嬉しいのは、人が孤独だから。自分の気持ちは自分にしか分らない。この気持ちを相手に伝える術がない。そんな不安と寂しさをいつも感じているから、周りが自分と同じ気持ちだと“想像”できるだけで、幸せなのだと思う。隣に人がいることが在り難い。そして暖かい。それが、映画がこの世に生まれた意味かもしれないと感じました。映画を観てこんなに優しい気持ちになれたのは初めてです。無性に泣けて仕方がなかった。みなさん、映画館に行きましょう。一緒に笑い、泣きましょう。そして最後に、シガニー・ウィーバー出演してくれてありがとう。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-23 19:19:03)(良:2票)
33.ばかばかしいコメディーだが映画への愛情が感じられる。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-05 20:34:11)
32.《ネタバレ》 ジャック・ブラックを使っている割には設定や展開が回りくどく、各人のキャラも引き立っていない気がする。そもそも、スタートのビデオ全部が駄目になるという問題発生の理由付けからしてかなり強引なので、この種のオタクコメディに必須である「日常生活感」が削がれており、その辺で一貫性のなさが生じてしまっているのです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2010-02-25 04:00:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 6.84点
000.00%
100.00%
200.00%
311.96%
411.96%
5713.73%
6917.65%
72141.18%
859.80%
947.84%
1035.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.28点 Review7人
2 ストーリー評価 7.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.16点 Review6人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS