ミラーズ(2008)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミラーズ(2008)
 > (レビュー・クチコミ)

ミラーズ(2008)

[ミラーズ]
Mirrors
2008年【米・ルーマニア】 上映時間:110分
平均点:5.14 / 10(Review 50人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-12-26)
ホラーサスペンスシリーズものミステリーリメイク
新規登録(2008-11-25)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-12-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレクサンドル・アジャ
助監督グレゴリー・ルヴァスール(第2班監督)
キャストキーファー・サザーランド(男優)ベン・カーソン
ポーラ・パットン(女優)ベンの妻 エイミー・カーソン
エイミー・スマート(女優)ベンの妹 アンジェラ・カーソン
ジェイソン・フレミング(男優)ラリー・バーン
小山力也ベン・カーソン(日本語吹き替え版)
荘司美代子(日本語吹き替え版)
青野武(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版)
堀越真己(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
田野恵(日本語吹き替え版)
脚本アレクサンドル・アジャ
グレゴリー・ルヴァスール
音楽ハビエル・ナバレテ
撮影マキシム・アレクサンドル
製作アレクサンドル・アジャ
グレゴリー・ルヴァスール
製作総指揮アーノン・ミルチャン
キーファー・サザーランド
マーク・S・フィッシャー
配給20世紀フォックス
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮ジェイミソン・スコット・ゴエイ(視覚効果スーパーバイザー)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術ジョセフ・C・ネメック三世(プロダクション・デザイン)
イアン・ウィッテカー〔美術〕(セット装飾)
衣装エレン・マイロニック
その他マーク・S・フィッシャー(プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
50.《ネタバレ》  鏡の中の自分が勝手に動き出し、刃物で自らの喉を斬ってみせるオープニングが衝撃的。

 その他にも「鏡に映るものは思ったより近くにあります」という注意文の使い方に「ドアノブや水さえも鏡になる為、家に閉じ籠っていても逃げ場は無い」と思い知らされる展開など、印象的な場面が幾つもあって、飽きさせない作りになっていましたね。
 先日ドラマの「24」を全話視聴したばかりという事もあり、キーファー・サザーランド演じる主人公にも、自然と感情移入出来ました。
 
 中盤、鏡の中の顔が歪んでいるのを見て驚く主人公の姿が、妙に滑稽で(怖がらせようとしているのか、笑わせようとしているのか分からない)と戸惑う一幕もありましたし、監督さんの趣味なのか日本製アニメのポスターがやたら目立つのは気になりましたが、まぁ、この辺りは「愛嬌」として、笑って受け流せる範疇でしたね。

 それに対し、見過ごせない「難点」と呼べそうなのは……

・「同僚を誤射で殺してしまった警官」という主人公の背景が、物語の本筋に絡んでこない事。
・「主人公の妹」が序盤でアッサリ殺されてしまう事。

 と、この辺りが挙げられるでしょうか。

 前者に関しては、恐らく元ネタである「Mirror 鏡の中」を意識した設定なのでしょうが「鏡のせいで誤射してしまった」というあちらに比べると、あまり意味の無い設定であったように思えます。
 で、後者に関しては……そもそも本作って「家族を守るべく奔走する主人公」という、王道な筋立てなんですよね。
 だから観客としては「何とか家族を守り抜いてもらいたい」と主人公を応援しながら観賞する形になる訳だけど、本作においては「ずっと昔から一緒で、父親代わりになって育ててきた妹」という、妻や息子以上に結びつきが強いように思えるキャラクターが、真っ先に殺されちゃっているんです。
 それゆえに、観賞中(このまま妻と息子達を守ったとしても、妹は既に死んでいるんだよなぁ……)という事が気になってしまうというか、完全なハッピーエンドにはならない事が分かっているので、今一つ没頭出来なかったように思えます。

 でもって、案の定バッドエンドを迎えちゃう訳だけど、その見せ方も意地が悪いもんだから、ちょっと褒めにくいんですよね。
 主人公も無事に助かった……と思わせておいて、実は鏡の中に囚われてしまったという、捻った形でのバッドエンドなんです。
 一旦希望を与えておいてから落とすという形であり、何とも後味が悪い。

 妹が殺されるシーン自体は、バスタブが血塗れになるインパクト満点な死に様で、中々良かったと思いますし、クライマックスにてガラスが一斉に砕けるシーンは爽快感があったしで、長所も色々あるんですけどね。
 主人公が「鏡」という存在に囚われていき、周りに不気味がられる流れなども、上手く描けていたと思います。
 せめて、ラストシーンにて「自分は鏡の中に閉じ込められてしまったが、何とか妻子は助ける事が出来た」という、主人公の満足感のようなものを描いてくれていたら、印象も違っていたかも。

 なかなか自分好みの光景を映し出してはくれない、ちょっとズレを感じる一品でした。
ゆきさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2018-01-22 20:16:30)
49.《ネタバレ》 暇つぶしに観賞。スーパーナチュラルでシャックバウアーが悪霊退治したらこんな感じでしょうか。。。
AKiさん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-27 18:03:29)
48.《ネタバレ》 鏡ものサイコホラーなのだが、鏡から何か恐ろしいもの(beyond reality)が出るという発想は、お化け屋敷的に怖いことは怖いが、本質的な怖さではない。鏡のほんらいの怖さは、お互いを映し合う相対性の泥沼たる鏡面、鏡の外には出られないことにある。だから例えば『上海から来た女』(ウェルズ)は、凄い。
ひと3さん [DVD(字幕)] 4点(2012-06-18 15:13:14)
47.《ネタバレ》 鏡に住む悪霊とジャック・バウアーが戦う映画です。もちろんキーファー・サザーランドさんが演じる役はジャック・バウアーではないのですが、ひたすら怒鳴り散らしたり、相手が言うことを聞かないと、問答無用で銃で脅して連行するなど、やはりジャック・バウアーにしか見えません…。終盤はドンデモな展開になってきてオイオイと突っ込みたくなってきました。ただしベンの妹の末路は悲惨すぎて若干トラウマに…。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-01 12:09:50)
46.《ネタバレ》 キーファーの演技が、驚き方や泣き方、おばあちゃんを連れ去る時に銃で脅す強引さなど、「24」のジャック・バウアーそのままで、まるでジャックが超常現象に巻き込まれたかのようでファンとしては面白かったです(笑)。廃墟となったメイフラワー・デパートの雰囲気や、聖病院の陰湿な雰囲気など、セットがなかなか凝っていると思うし、妹さんの死に際の恐ろしい表情や、終盤の悪魔?のおぞましい顔などメイクも頑張ってて映像はかなり頑張っています。ストーリーはそれほど目新しさはなく、よくあるパターンだとは思うのですが、ラストの悲しい終わり方は「鏡」という設定を活かした独創性のあるもので良かったです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-04-05 17:28:31)
45.《ネタバレ》 アンジェラの死に方に6点あげます。ただ以降は24です。ラストはなんだかなぁ・・・ 確かに予想はできませんでしたが。 あと鏡に「エシカー」って刻まれるシーン、キーキー音が不快すぎたw
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2011-04-03 11:28:28)
44.《ネタバレ》 怖かったです。キーファーの狼狽っぷりが迫真。鏡にも化物にも銃をぶっぱなす。キーファー&小山力也のジャックっぷりが最高。そしてやっぱり家族に理解されない。理解されても報われない。
にしきのさん [DVD(吹替)] 6点(2011-03-10 13:52:59)
43.《ネタバレ》 ジャック・バウアーVS鏡。二人目の犠牲者のお口パックリシーンは素晴らしかったが、それだけ。雑な脚本に全く魅力がない。最終的にはアクションみたいになっちゃってるし、なんだこりゃ。くそまじめなストーリーなのに非常にバカバカしかった。
すべからさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-11 15:40:02)
42.あの謳い文句のおかげで見ることになったのですが、見事に外されました。ある意味あのラストにかけての展開は予想できないかもしれませんが。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 5点(2010-09-05 15:19:02)
41.みんな意外とからいのね。おおしろかったと思うけど。でも、オチはいらなかったな。
センブリーヌさん [DVD(吹替)] 6点(2010-08-28 02:08:27)
40.《ネタバレ》 24を見終わった流れでジャックバウワーらしさを求めて見てみました。
少しジャックが入っていて好きですが、ただ最後が悲しすぎて夢にまで出てきた。
さん [DVD(字幕)] 8点(2010-08-26 17:08:58)
39.《ネタバレ》 途中までは結構楽しめました。ただ、ベンがアンナに同行を拒否されたあたりで、他の解決方法を探すのかな・・と期待したのに、無理やり連れ去るなんてあまりの身勝手さにホラーの怖さも薄れてがっくり。最後の落ちも、あれはあれでいいにしても、何か説明が欲しかったです。
abbeyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-08-18 19:00:01)
38.《ネタバレ》 なんだ、結局は悪魔か。でも、修道院で余生を送るばあさんに銃を突き付けて連れ出し、悪魔を憑依させることこそ悪魔の所業。例のシリーズはちゃんと観ていないが、あの主人公も今作のように自分勝手な奴だよね。後味悪い。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-05-02 07:08:46)(良:1票)
37.B級サスペンスホラーですね。アイデアは面白いと思います。
主人公キレすぎ。
Yuさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-04-12 16:55:32)
36.前半戦は、古来ある鏡の魔力みたいなものが上手く描かれていたような気はする。
しかし、後半はジャック・バウアーそのもののような振る舞いをする主人公に驚いた(と言うより呆れた)。最も、24は見たことないのでCMでのイメージだが・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 4点(2010-03-02 20:40:00)
35.《ネタバレ》 鏡を題材にした他のホラー映画を観ていたので、これにも興味が沸いて観賞しました。「24」シリーズは知らないのでイメージ固定はなし。予備知識もなし。初めは火事で亡くなった方の亡霊の仕業かと思ってドキドキしてました。「あの名前の人が放火の真犯人?」なんて予測していたら精神病院の患者の少女。わ、悪い予感がするぞ…;すると「やっぱり」な展開に;あの鏡に映った黒焦げの亡霊はなんだったの?炎の幻覚が見えたのは?主人公が精神不安定なのは「信じてもらえず孤立無援で闘う」って伏線であるべきなのに、妻が信じた時点でそれにも意味無くなってるし;「家族を守る為」「すべて悪魔の仕業」とよくある辻褄合わせ(言い訳)の内容になってくる;修道院に訪れ、同行を拒否された時に「おお、一人で闘うのね!どうするんだろ?」ちょっと期待。が、銃を突き付けて無理矢理連行。思わず「あんたね~;」と突っ込む;結局「ご家族を守る為です」って椅子に座るなら、最初から自らの意志で修道院出た事にしてもよかったのでは?ラストのオチは結構怖かったけど「人を犠牲にしたむくいを受けた」という含みなのかな~?面白くはあるので、ハリウッド的ホラー映画を初観賞するにはいいかもしれません。それにしても、ハリウッドホラーには「美女はバスルームで殺され(襲われ)なければならない」って決まりでもあるのかな?エロ要素の為?;B級では無く、高いクオリティ目指して作るなら、まずはそのへんのマニュアル捨てるとこから始めた方がいい気がします;
果月さん [DVD(吹替)] 5点(2010-02-02 09:18:26)(良:1票)
34.うーん、よく出来た映画なんだけどなんか面白くない。それは多分どこかで見たようなプロットをどこかで見たような演出で教科書通り作ってあるからじゃないかな。あと鏡を恐怖の媒体にするんであれば、なんともつかみどころのない薄気味悪い恐怖を描いたほうが効果的なんじゃないでしょうか。この映画の恐怖演出はこれでもかとばかりに見せ付けてくるので却って怖くありません。
54dayoさん [DVD(字幕)] 6点(2010-02-01 22:13:49)
33.《ネタバレ》 ラストは良かった。後半、単調な流れで飽きかけていた所で、鏡の中に・・・。 ただ、怪物の事を考えると、現実の世界に戻ってきた時よりも、よっぽど鏡の中にいた方が実害が大きいような。あの顎裂けシーンはほんと気持ち悪かったー。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2010-01-31 17:06:34)
32.予測不可能(笑)な割には予想できるラストでしたし、やっぱりジャック色は抜けないですね・・・
鏡というアイデアは評価できるけど、それ以外にいい所なかったな~。普通のホラーって感じです

しかしまさかネギま!が出てくるとは思わなかった(どこを見てるのやら・・w)
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 4点(2010-01-10 22:58:06)
31.《ネタバレ》 鏡って平面のはずなのに見ると奥行きを感じられるし、
もう一つの世界を映しているのではないかと想像してしまいます。
さらに言えば姿が同じはずの違う自分自身。
鏡には神秘性と恐怖を感じる何かがあるような気がします。
しかし映画のラスト付近では鏡から手や顔が浮き出るは描写はなんか違うなという印象、
子供が水(鏡)の中に引きずり込まれるのも演出過剰ぎみな気も。
あげくは悪魔が具現化で、鏡は関係ないの?状態に。
せっかく修道院が出てきたので、聖水とか神の力の宿ったアイテムで、
大元の鏡を破壊するという展開のほうがしっくりくるなあなどと思いながら見てました。
できれば最後まで鏡にこだわって欲しかった(ラストの鏡の世界?は悪くはありませんでしたが)。
まあでも主人公の奥さんや妹が綺麗で適度なエロスもありそこそこ楽しめました(結局はそれか?)。
映かったーさん [DVD(吹替)] 6点(2009-12-07 09:17:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 5.14点
000.00%
100.00%
200.00%
3510.00%
4816.00%
51632.00%
61836.00%
724.00%
812.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.80点 Review5人
2 ストーリー評価 5.20点 Review10人
3 鑑賞後の後味 5.44点 Review9人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 3.14点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS