仁義なき戦い 広島死闘篇のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 仁義なき戦い 広島死闘篇
 > (レビュー・クチコミ)

仁義なき戦い 広島死闘篇

[ジンギナキタタカイヒロシマシトウヘン]
1973年【日】 上映時間:100分
平均点:7.60 / 10(Review 82人) (点数分布表示)
アクションドラマラブストーリーシリーズもの犯罪もの青春もの実話ものヤクザ・マフィア小説の映画化バイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
助監督清水彰
キャスト菅原文太(男優)広能昌三
北大路欣也(男優)山中正治
千葉真一(男優)大友勝利
梶芽衣子(女優)上原靖子
名和宏(男優)村岡常夫
成田三樹夫(男優)松永弘
山城新伍(男優)江田省三
小池朝雄(男優)高梨国松
加藤嘉(男優)大友長次
遠藤辰雄(男優)時森勘市
前田吟(男優)島田幸一
室田日出男(男優)中原敬助
小松方正(男優)南良坂誠
岩尾正隆(男優)和田
汐路章(男優)お灸をする坊さん
八名信夫(男優)浅野卓也
中村錦司(男優)倉光俊男
志賀勝(男優)寺田啓一
片桐竜次(男優)川口芳夫
福本清三(男優)大友組々員
川谷拓三(男優)岩下光男
宮城幸生(男優)佐野刑事
木谷邦臣(男優)下条章一
国一太郎(男優)浜田隆吉
木村俊恵(女優)山守利香
堀正夫(男優)景浦辰次郎
金子信雄(男優)山守義雄
笹木俊志(男優)友田孝
唐沢民賢(男優)
広瀬義宣(男優)神谷英司
秋山勝俊(男優)
鈴木康弘(男優)
熊谷武(男優)
北村英三(男優)石田栄輔
森源太郎(男優)
矢奈木邦二郎(男優)
浪花五郎(男優)
小田眞士(男優)
大木悟郎(男優)須賀政男
酒井哲ナレーター
原作飯干晃一
脚本笠原和夫
音楽津島利章
撮影吉田貞次
企画日下部五朗
配給東映
美術吉村晟
編集宮本信太郎
録音溝口正義
照明中山治雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
82.前作とは打って変わって、別の意味で半端ない熱量が迸る。菅原文太登場までが長い。女性の描き方が今ひとつだったり、それはドラマという意味での女性の描き方です。男臭さ満載の中での梶芽衣子の美しさ、前作には出てこない千葉真一の暴れぷり、成田三樹夫のスーツ姿の格好良さ、北大路欣也に小池朝雄、そして、そして、ヤクザ映画には違和感しかない前田吟がヤクザ映画に出てるという新鮮さと改めてこのシリーズは役者の演技、熱量が今の日本映画には無いものを感じずにはいられません。荒っぽさ、狂気、前作同様仁義なき戦いの名に偽り無し!改めて広島という街の雰囲気、一作目と同じく感じられてならない広島=ヤクザの街というイメージを決定ずかせてしまった作品ではないだろか!
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2018-12-28 18:12:48)(良:1票)★《新規》★
81.前作よりはストーリー性はでたけど、はっちゃけた清々しさは薄まった気がする。鉄砲玉の悲哀というのがテーマかなあ。梶芽衣子の薄幸な美しさ光る。
タッチッチさん [DVD(邦画)] 7点(2018-05-15 15:54:01)
80.《ネタバレ》 北大路さんと千葉さんの熱演に乾杯。ただ大友という役は言うほどクレイジーか?という感じで、思ったより普通という印象を受けました。あとは無駄に殺された若頭がかわいそう過ぎる笑
なすさん [インターネット(邦画)] 8点(2017-11-06 12:44:45)
79.そもそもショウもない連中のショウもない話なのだが、今回の主人公さらに魅力が薄い。梶芽衣子の美しさに+1点。
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2015-08-29 13:03:35)
78.《ネタバレ》 仁義なき戦いの2作目。
北大路欣也が演じる山中と梶芽衣子が演じる靖子の報われないヤクザの恋の話。
まず、ストーリーが地味。役者も前作より地味。何より、中心人物の山中がカッコ悪いのが楽しくない。
北大路欣也さんの演技は良かったと思うんだけど、そもそもの役の設定が魅力ないんだろう。
2作目が1作品を超える事は、やはり難しいのかな〜。
ぽぽ☆ぽんた (^-^)vさん [DVD(邦画)] 5点(2015-05-01 00:03:41)
77.シリーズ中、主要キャストに女性が含まれる唯一の作品ですね。北大路も梶もいいけれど、印象としては「千葉真一死闘編」という感じ。ヤクザというよりはチンピラ風のチャラい声で、すっかり主役を食っています。後の作品にも「大友勝利」は登場するのに、千葉真一は今回だけ。老成した千葉チャンも見たかったなと。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-01-18 00:15:57)
76.シリーズ2作目だが、1作目のほうが面白かった。
山中に焦点が当たっているので、実質的な主役は北大路欣哉。
ただ、あまりにも簡単に騙されているので、頼りなくて魅力を感じない。
出番は北大路ほど多くないが、狂犬のように暴れまわる大友を演じた千葉真一のほうが印象に残るくらい。
一番印象に残ったのは梶芽衣子で、驚くほどにキレイで魅力的。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 5点(2014-10-12 21:56:17)
75.もっと面白いと思ったんだけどなぁ。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 5点(2014-09-12 01:18:50)
74.このシリーズは個人ではない「組」こそが主役なので、それと無関係に成り立っている北大路欣也の出番が増えるほど勢いが止まってしまい、逆に組織内の立ち位置を踏まえてこそ格好良さが増す成田三樹夫の存在感がじわじわと染みてくるのです。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2014-04-26 01:11:58)
73.《ネタバレ》 本当に偶然なんだけれども、昨晩この映画を見た後今朝、こんな雑誌記事が目に留まりました。ある連続殺人犯の兄弟の手記で彼はこれを記したあと自殺したそうです。(可哀想に)「……自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることをあきらめようと決めました。」
 人一人の命を奪うことってこれくらいの重さがあると思うんですが。
ところがこの映画の主人公の殺人鬼は何人もの命を奪った後でも、全く罪悪感を感じず、手前勝手な自己主張をくりひろげる。ちゃんちゃらおかしいと思う以前に、こんな人間にもほんの少しでも正当性やいい点があるかのように描く製作者の感覚を異常としか思わざるを得ない。山上光治に惨殺された警備員の泉さんの家族は、こんな映画どう感じたでしょうね。
 だけど………、実に面白かった。
仁義などどこにもなく金と利権目当ての薄汚い存在であることがきちんと描写されてる点がよかったし、また神農と博徒の関係なども興味深かった。(自分的には、神農のくせに博徒の領分にちょっかいを出してきた大友がそもそも諸悪の根源としか思えないです)
 こんな倫理的には糞みたいな映画を、面白いと感じるのって自分でもなんだかなあw
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-04-14 11:45:37)
72.群像劇っぽくもあった前作と比べると、今回は北大路欣也が実質的な主役。そういう意味では前作よりも分かりやすいかも。北大路欣也は、現在のザ・大物役者といったイメージしか知らなかったのだけど、こんなにかっこいい男前だったんですね。まるで触れると火傷しちゃいそうなギラギラした雰囲気が凄かったです。クライマックスはシリーズ全体で言っても、もっと言えば歴代邦画の中でも屈指の名シーンでしょうね。前作でさえスター俳優が次々死んでいったのに、新たなヤクザが次々現れ思わずクラクラしてしまうのも、続編ならではの魅力だと思います。菅原文太の出番はその代わり少なくなってしまったけど、その存在感はさすが。表舞台に舞い戻るキッカケも、「金に困った子分たちから、野良犬の肉を食わされた」という現状からなのが憎めません。
ゆうろうさん [映画館(邦画)] 9点(2014-01-22 10:38:00)
71.1作目とは全く異なる魅力を持っていますね。山中とやっちゃんの報われない恋愛に心臓撃ち抜かれたような気分です。梶芽衣子さんへの印象が大きく変わりました。千葉真一の怪演も素晴らしかったですが、出番が少なくて残念ですね。
相変わらずラストシーンは虫酸が走る憎たらしいものでこれまた素晴らしい。観客の感情を上手くコントロールする恐ろしい映画です。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 7点(2013-10-02 17:14:54)
70.《ネタバレ》 他作の誰が死ぬか分からない様なヒリヒリとした雰囲気とは少し異なり、湿っぽい印象を持つ本作。それは誰もが裏切り裏切られ権謀術数が交差する他作とは違い、主人公格の山中正治にスポットを当てたからかも知れません。結構ストレートな恋愛もその印象を強めている。
但し本作には余りに魅力的な奴がいる!千葉真一演じる大友勝利です。彼の演技が特に素晴らしくもう最高。人間的にはクソ以下の様な振る舞いなんですけど、その広島弁の罵倒のリズムの良さ、迸る生命力(お前は何回撃たれたら死ぬんだ)、リアリストとしての人生哲学に惚れ惚れします。勿論、北大路欣也演じる山中正治の寡黙だが仁義を通し続けた生き様にもしびれましたが。
終盤で拳銃の残り一発の弾丸を確認する山中。彼はその一発を自分を裏切った組長に向けるのではなく、自死を選んだ。ある意味一作目と鏡合わせの様な作品であると思います。
民朗さん [DVD(邦画)] 8点(2013-09-15 19:04:38)
69.《ネタバレ》 前回主役の文太さんは脇に回り、本筋の話とは外れた外伝的な立ち位置。今回主役の殺人鬼山中がどう見たって殺人鬼に見えるのが凄い(笑)。相当ヤバイ眼つきしてて、いまにも人殺しそうな顔してます。内容はスカーフェイスみたいにどうしたって破滅するしかない男の物語ですが、女性に一途であったり、仁義に熱かったり人間的な魅力があるのが少し違うところ。ラストはあまりに悲劇的で哀愁を感じさせます。それと主演の女優さんがもの凄く綺麗な方で見惚れてしまいました。タランティーノが惚れ込むのも納得ですね。
キリンさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-05 23:00:17)
68.2013.03/20 鑑賞。梶芽衣子が可憐な感じでビックリ(最近、鬼の平蔵シリーズ鑑賞中)。
ご自由さんさん [DVD(邦画)] 8点(2013-04-24 23:35:17)
67.《ネタバレ》 千葉真一と北大路欣也の怪演っぷりが見事だった。前作と本作を観て思ったのは、トップに君臨する親分の心中が、誰にも増して非道であること(山守組の山守、村岡組の村岡)。山中の死は、前作の坂井鉄也の死を思い出させるが、この2人は全然性格が違う。やれやれっていう表情をする広能昌三を観ると、一層やるせなさ感が漂う。相変わらず、セリフの半分くらいは何言ってるか聞き取れなかった。
VNTSさん [インターネット(字幕)] 8点(2012-08-04 16:17:06)
66.《ネタバレ》 今回は文太さんはお休みですね。北大路欣也さんを中心とした悲劇的なストーリー。まぁまたしても親分さんの人たらしといいますか、タヌキっぷりにマンマとハマっちゃうわけですが、このあたりはなんとも切ないですね。殺し殺され出世のひとつもできないんじゃ、若い衆の搾取ってのは今に始まったもんではないんだなぁ、としみじみ。
ろにまささん [DVD(邦画)] 7点(2012-02-26 22:16:46)
65.《ネタバレ》 まぁなんとも荒っぽい展開ながら、何か底知れぬパワー感がもりもり  大物俳優の若き頃を見れるのも貴重  しかし、千葉真一はスゴイ +菅原文太が軽ーくしか出てこないのはチョットビックリ  梶芽衣子の美しさも特筆すべきところだとオモイマス
Kanameさん [DVD(邦画)] 6点(2012-01-17 08:58:01)
64.千葉真一目当てで見たが、成田三樹夫が艶あって気持ちイイ。梶芽衣子への印象も変わった。お色気女優の印象が強かったがリッパな方なんですねー。千葉真一は見てて心配になる!大したものだー。
reitengoさん [DVD(邦画)] 6点(2012-01-05 10:12:46)
63.実録ものシリーズ二作目。
本作では、昭和20年代後半から30年代前半にかけてが舞台背景。
一応前作の流れは踏襲しているが、完全な続き物というわけではなく、
メインの俳優さんは菅原文太ではなく、北大路欣也のほう。タイトル通り、
今回も仁義もへったくれもない闘争を見せてくれて、悪賢い奴もたくさん出てくる。
主人公の苦悩もよく描かれているんだけど、やっぱり1作目のほうが面白かったかな。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-18 07:20:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 82人
平均点数 7.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
422.44%
589.76%
61214.63%
71315.85%
82125.61%
91619.51%
101012.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.80点 Review5人
2 ストーリー評価 7.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.66点 Review6人
4 音楽評価 8.20点 Review5人
5 感泣評価 4.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS