フェイク シティ ある男のルールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 フ行
 > フェイク シティ ある男のルールの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

フェイク シティ ある男のルール

[フェイクシティアルオトコノルール]
Street Kings
2008年上映時間:109分
平均点:5.71 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-02-14)
アクションドラマサスペンス犯罪ものハードボイルド
新規登録(2009-01-13)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2018-05-05)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・エアー
キャストキアヌ・リーヴス(男優)トム・ラドロー
フォレスト・ウィテカー(男優)ジャック・ワンダー(ロス市警警部、ラドローの上司)
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)ポール・ディスカント(ロス市警刑事、ラドローの新相棒)
ヒュー・ローリー(男優)ジェームズ・ビッグス(ロス市警警部、内部監査部)
セドリック・ジ・エンターテイナー(男優)スクリブル
ジェイ・モーア(男優)マイク・クレイディ
テリー・クルーズ(男優)テレンス・ワシントン(ロス市警刑事、ラドローの元相棒)
ナオミ・ハリス(女優)リンダ・ワシントン(テレンスの妻)
ジョン・コーベット(男優)ダンテ・デミル
アマウリー・ノラスコ(男優)コズモ・サントス
クリフトン・パウエル(男優)グリーン
デヴィッド・エアー(男優)郡刑務所内のNLRメンバー(ノンクレジット)
ノエル・グーリーエミー(男優)
森川智之トム・ラドロー(日本語吹き替え版)
立木文彦ジャック・ワンダー(ロス市警警部、ラドローの上司)(日本語吹き替え版)
土田大ポール・ディスカント(ロス市警刑事、ラドローの新相棒)(日本語吹き替え版)
牛山茂ジェームズ・ビッグス(ロス市警警部、内部監査部)(日本語吹き替え版)
石住昭彦スクリブル(日本語吹き替え版)
乃村健次テレンス・ワシントン(ロス市警刑事、ラドローの元相棒)(日本語吹き替え版)
小林沙苗(日本語吹き替え版)
相沢まさき(日本語吹き替え版)
飯島肇(日本語吹き替え版)
宇垣秀成(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
原作ジェームズ・エルロイ(原案)
脚本ジェームズ・エルロイ
カート・ウィマー
音楽グレーム・レヴェル
編曲グレーム・レヴェル
撮影ガブリエル・ベリスタイン
スティーヴン・バーンスタイン〔撮影〕(第二班撮影監督)
製作アーウィン・ストフ
ルーカス・フォスター
製作総指揮アーノン・ミルチャン
ブルース・バーマン
配給20世紀フォックス
特殊メイクディーン・ジョーンズ[メイク]
特撮カフェFX社(視覚効果)
編集ジェフリー・フォード
スタントスティーヴ・ホラデイ
あらすじ
悪党には遠慮なく銃弾を浴びせるロス市警のラドロー刑事。彼は上司の理解と信頼を得ていた。ある日彼は、今は敵対するかつての相棒ワシントンとの争いにケリをつけようとしていたところ、入店したコンビニで武装強盗の襲撃に巻き込まれてしまう。結果ワシントンは銃撃を浴びて死亡。ラドローは、その場に居合わせたことで窮地に追い込まれてしまう。しかし、そこには巧妙に仕組まれた罠があったのだ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.LAコンフィデンシャルと比べると拍子抜け。
TERUさん [地上波(吹替)] 5点(2024-04-21 19:39:35)
37.《ネタバレ》 なんというか狂気と勢いでできたような映画ですね。フォレストウィテカーを筆頭にキャラが狂気に満ちてます。それでいてキアヌ・リーヴスがまたマッチしてます。そういう意味ではキアヌ・リーヴスはやっぱりハリウッドスターなんだなって思いました。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-04-24 14:33:50)
36.《ネタバレ》  似たような映画が結構ありますから、オチは最初のほうでわかっちゃいます。
 トムは最初出てきたときはクレイジーでダーティーな役かと思ったのですが、意外とまともでした。実は良いやつ。うーん、もっと悪い人間でも良かったかもしれないですね。『毒を以って毒を制す。』みたいな。
 フォレスト・ウィテカーをはじめとして、同僚がみんな悪人顔で善良な刑事には見えません(笑)。もっと善良そうな同僚、気のいい仲間たちってのが伝わるようなキャスティングと演出であれば、最後の裏切りは読めなかったろうし、衝撃的だったかもしれないです。この人たちの悪人顔ったら・・良いやつなわけないじゃんね。
 なのでミステリーとしてはいまいちなわけですが、刑事サスペンスものとしては好きなテイストです。しかも途中からバディものみたいになりますし。ディスカントが死んじゃうのは予想外。案内役の小太りギャングも殺されるとは思わず。
 エンターテイメントアクション特有のノリ。軽めの爽快感。その一方でやたらシリアスでハードボイルドな苦味。この相反する二つのファクターがうまいこと絡み合っていない感じがするんですよね。ですから、意外性よりも違和感を感じてしまいます。
 ですが私はこーゆー映画が好き。『悪い奴は全員死』。これだけでもすっきりします。ワンダーの悪事だってすべて明るみに出ちゃう。もちろん彼と同僚たちは警察内部のガンの一つにすぎませんが、少なくとも一つはなくなったわけです。これが大事。そして私はキアヌが好き。これも大事。よってこの作品は充分楽しめたのであります。以上。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-04-11 03:55:59)
35.《ネタバレ》 警察内部の仕事人、仕置き人と言ったところか、だから問答無用でございます。一気に見るにはきついくらい中だるみがありました。構成か、いやストーリーか、いや、何が問題かは考えない方がいい。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-03-24 07:43:43)
34.胸を張って面白いとは言えないけど、なかなか見応えもあって良かったと思う。
misoさん [地上波(吹替)] 6点(2020-03-03 14:24:00)
33.ストーリーはかなり強引だけど、よかったのではないでしょうか。原作はジェームズ・エルロイだったのね、知らんかった。久々にLAコンフィデンシャル見てみるかな。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-03-13 00:14:31)
32.《ネタバレ》 またまた出ました腐敗したLA市警、という感じでハリウッド映画に於いてここが舞台になるともう必ずと言っていいほど堕落した警察組織という描かれ方ですね、ちょっと食傷気味です。まあ言ってしまえばありきたりのストーリーなんですが、主人公のキレやすい刑事にキアヌ・リーヴスを持ってきたところは良いアイデアではないでしょうか。この人は残念ながら演技力は乏しいのですが、彼の動きが鈍い表情が何を考えているのか判りにくいキャラに良くマッチしていました。チームの中で彼だけが内情を知らなかったという展開はちょっと不自然な感じがしたのはマイナス・ポイントでしょう。内部調査官の“Dr。ハウス”ことヒュー・ローリーの手の内で踊らされていただけだったというオチもちょっと強引過ぎでした。 それにしても、邦題の“ある男のルール”ってなんのことだったんでしょうかね、言葉の響きとしてはカッコ良いですけど。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-02-09 23:33:16)(良:1票)(笑:1票)
31.《ネタバレ》 ○事件や主人公の背景などのダークさこそそれなりに映像化されているが、ストーリーが少しありきたりかな。久々にキアヌの主演作観たが、どういう路線であれ頑張ってほしい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-22 23:32:54)
30.キアヌ映画では久々の当たり。なかなか面白い。
スピードや、マトリックスのようなスマートな正義の味方が似合うキアヌだが、この映画では汚れた汚い警官を好演。本当の私生活では、ハリウッドスターとは思えないような、服装も浮浪者のような汚い格好で金などあまり興味が無いという噂の彼だからこそ、こういった役も見事にはまることが出来るのであろう。
はげしめのバイオレンスと、次々とと起こるストーリー展開で飽きること無く最後まで楽しめました。
シネマファン55号さん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-26 17:37:03)(良:1票)
29.いやあ面白かった。期待をかなり超える面白さだった。『トレーニングデイ』をスッキリさせてエンタテインメントに徹した感じかな。キアヌかっこいいし、ガンアクションは迫力だね。でもディスコの最後は残念だったな。
好きな映画が一本増えました。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-11 20:41:46)
28.単純に主人公のトム・ラドローが好きになれなかった。誰にも感情移入できないまま2時間弱…
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-08-11 19:03:31)
27.《ネタバレ》 他の人も書いてたがウィッテカーが出演してる映画は期待値は上がるがイマイチが多い法則というのは当たってると思う。そのウィッテカー扮するジャックが部長になってレストランでチーム一同祝う場面。どっかで似た場面があったなーと思ったらトレーニングデイの主人公と検事達が食事をする場面に似てる。クレジットを見たらそのトレーニングデイのスタッフがいますね。内容も同映画に似てる。まあ警察はクソというのは世界共通ということですな
カップリさん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-11 10:41:33)
26.《ネタバレ》 テンポ良く話が進んでストレス無く見ることができた。退廃的な刑事をキアヌ・リーブスが好演していたと思う。しかしストーリー自体は結局最後なんにも解決していないし、お前だけが生き残るのかよ!って感じだった。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2010-06-20 22:56:31)
25.なかなか面白かったです。確かにストーリーは予想とおりで意外性なしでしたが。キアヌの無敵ぶりや悪人を撃ちまくるところなんか痛快でした。娯楽映画ならいいんじゃないでしょうか。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-03-11 18:55:51)
24.そこそこに後味の悪い作品。てか、その辺りが制作者の狙いなんだろうけれど…
ストーリーは極めて単純。お約束どおりの警察裏話モノの王道を行く作りです。特にドッキリびっくりもなく、そのくせスピーディに話は進むわけで、豪華なキャスティングがなければTVの2時間ドラマ的なノリとも思えなくもないかな?
とは言え、飽きさせずに楽しませてくれる作品とも言えまして、何を期待するかによって評価は分かれるでしょうね。私はそこそこ楽しかったので6点献上。
タコ太(ぺいぺい)さん [DVD(字幕)] 6点(2010-02-26 02:13:39)(良:1票)
23.なかなか男臭い映画でした。ありきたりって感じだけど面白い。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 7点(2010-01-12 16:56:23)
22.《ネタバレ》 個人的に「マトリックス」、「スピード」のイメージが強く、正義のヒーローだったキアヌが、ダーティーな警察の飼い犬の役だったので少し残念。ストーリーも思ったより薄い感じ。婚約したての刑事がかわいそうでした。実際にもこんな話があるのかなぁ・・・。
とむさん [DVD(字幕)] 4点(2009-11-11 12:26:57)
21.無難な作りで、感想が難しいなぁ。キアヌもかっこよく、ストーリーもテンポよく進むのでストレスなく楽しめたけど、2度見ることは無い。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-03 13:35:34)
20.《ネタバレ》 黒幕の正体は序盤ですぐに分かってしまうほど単純なものだが、問題は、ラストにキアヌが黒幕であるフォレスト・ウィテカーを射殺するところ。これまでキアヌは特捜班の切り込み隊長として、ウィテカーの指揮の下、超法規的措置をとってきたわけだが、ウィテカーに弱みを握られていた大物たちにより、今度はウィテカーがその標的となる。もしキアヌがウィテカーを殺さずに逮捕していたら、ウィテカーは洗いざらい暴露するだろうから、全ては思惑通り。結局ボスが代わっただけで、街がクリーンになったわけではない。可哀相なのは何も知らずに巻き込まれた若い警官だろう。黒幕が死んでも何もすっきりしないダークな展開は、『L.A.コンフィデンシャル』のジェームズ・エルロイと『トレーニング・デイ』のデビッド・エアーによるもの。ハードボイルドが好きな人向けの作品で、能天気なポリス・アクションを期待する人には拍子抜けだろう。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 5点(2009-10-16 11:50:45)
19.《ネタバレ》 なるほど、そういう事か…最後に全てが結実する。アレな人がアレだったり、色々びっくりだ。
にしきのさん [DVD(吹替)] 7点(2009-10-10 15:11:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 5.71点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4821.05%
5615.79%
61334.21%
71128.95%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.70点 Review10人
2 ストーリー評価 6.20点 Review10人
3 鑑賞後の後味 5.81点 Review11人
4 音楽評価 5.50点 Review4人
5 感泣評価 4.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS