僕たちのアナ・バナナのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 僕たちのアナ・バナナ
 > (レビュー・クチコミ)

僕たちのアナ・バナナ

[ボクタチノアナバナナ]
Keeping the Faith
2000年【米】 上映時間:129分
平均点:6.65 / 10(Review 77人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-20)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ノートン
キャストベン・スティラー(男優)ジェイク
エドワード・ノートン(男優)ブライアン神父
ジェナ・エルフマン(女優)アナ・バナナ
アン・バンクロフト(女優)ルース
イーライ・ウォラック(男優)ベン
ロン・リフキン(男優)ラリー
ミロス・フォアマン(男優)ハヴェル神父
ホーランド・テイラー(女優)ボニー
リサ・エデルスタイン(女優)アリ
ケン・レオン(男優)ドン
スチュアート・ブルムバーグ(男優)レン
ブライス・オーファース(女優)ティーンエイジのアナ・バナナ
森川智之ジェイク(日本語吹き替え版)
松本保典ブライアン神父(日本語吹き替え版)
五十嵐麗アナ・バナナ(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子ルース(日本語吹き替え版)
渡部猛ハヴェル神父(日本語吹き替え版)
藤本譲ベン(日本語吹き替え版)
寺内よりえアリ(日本語吹き替え版)
定岡小百合ボニー(日本語吹き替え版)
脚本スチュアート・ブルムバーグ
音楽エルマー・バーンスタイン
撮影アナスタス・N・ミコス
製作エドワード・ノートン
スチュアート・ブルムバーグ
ハワード・W・コッチ・Jr
製作総指揮ゲイリー・バーバー
ジョナサン・グリックマン
ロジャー・バーンバウム
配給ブエナビスタ
特撮デニス・ベラルディ(視覚効果スーパーバイザー)
美術ウィン・トーマス(プロダクション・デザイン)
レスリー・E・ロリンズ(セット装飾)
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
編集マルコム・キャンベル[編集]
字幕翻訳松浦美奈
その他デヴィッド・フィンチャー(スペシャル・サンクス)
あらすじ
ニューヨークに住む幼なじみのジェイクとブライアンは、大人になった今でも大親友。そしてお互いの初恋の相手を忘れていなかった。その相手とは、小学6年生の時の同級生、アナ・ライリー、通称"アナ・バナナ"である。ある日、仕事でニューヨークに滞在するというアナにジェイクとブライアンは16年ぶりに再会するのだが・・綺麗になっていたアナにジェイクとブライアンは2人揃って心を躍らせてしまうのだが・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
77.ベン・スティラーのコメディは好きだけど、この作品ではまともな役すぎたかも。
「ダーマとグレッグ」で大好きなジェナ・エルフマンも魅力がうまく出ていなかった。
意外におもしろかったのはエドワード・ノートン。後半は彼の場面だけは笑えた。
ukllさん [地上波(字幕)] 5点(2008-12-10 01:14:18)
76.エドワードノートン監督、頑張ったんだろうけど、やや軽いかな?もちろんコメディだし、これぐらいの軽さの方が多くを考えすぎなくていいんだろうけど、もう少し骨太さがあっても悪くなかったと思う。主観だけど、こういう三角関係、男が2人だからこそ成り立つものだろうね。原題「信頼を保つ」はわかるけど、邦題「僕たちの~」ほど、アナが魅力的には感じなかったのは気のせいだろうか?
Andrejさん [DVD(字幕)] 6点(2008-11-26 03:05:39)
75.エドワード・ノートンはこんなにもラブコメな映画が撮りたかったのかぁ。男目線な割に女の子がいまいちですね。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-11-18 22:50:32)
74.「信仰を守ること」という原題と、ベン・スティラーだから期待したのに、イマイチでした。ヒロインもあまり魅力的ではなかった。
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-01-20 17:19:02)
73.タイトルと設定から大分期待したんですが・・・なんか妙にテンポが悪くてダラダラしているし、誰をどう動かしたいのかも分かりませんでした。期待外れです。ラビと神父という設定は新鮮だったので+1点。
Oliasさん 5点(2005-02-19 18:59:17)
72.そこそこ面白い。コメディとしてはあまり笑えないが、ラブストーリーとしてはなかなかいい感じ。それにしてもいい親友だよなぁ・・
A.O.Dさん 5点(2005-02-16 20:14:10)
71.《ネタバレ》 一番の原因はヒロインがブスな事(スタイルは抜群だけど)。その上淫乱だ。最初、ブライアントやろうとしてたっしょ?どっちでもいいからNYにいる間のセックス相手が欲しかった為に彼らに連絡しました度85%くらい。のこり15%はかろうじて懐かしさ。まぁ、それはそれでいいとして、それがいつの間にか恋にかわってしまうなんて、馬鹿女代表じゃん。キャリアウーマンって役柄だけど仕事に没頭している姿があるわけでもないし、いつでも携帯を離さないところだけでそんなスタンスが感じれるわけない。これは女優さんより監督の力量が低かったからだろうけど。それともアメリカでは「淫乱」の条件の一つに「キャリアウーマン」があるのだろうか?それなら納得。ヒロインの存在そのものには大分問題はあるが、始まりとか、ノートンの演技力、ベンステイラーの居るだけでコメディな存在感は良かった。
cock succer blues leeさん [地上波(字幕)] 5点(2005-01-25 08:32:43)
70.まさに邦題通り、「僕たちのアナ・バナナ」でした。初恋の人が魅力的に育っていて、羨ましい…。3人それぞれが良い人だから、(同性的にみてアナはあんまり好きじゃないけど)嫌味のない作品になったのかな。ベン・スティラー派の私としては、必然的にベンを応援していましたが、ノートンもなんだか愛くるしい感じでした(笑)
西川家さん 7点(2004-12-01 16:40:56)
69.正直、そんなに「面白い」ってわけではないと思うのですが、何故かとても気に入っている映画。なんだか憎めない三角関係がいいのかなぁ。宗教的なことがよくわからなかったので、よくわかっていればもっと楽しめるのかも。
チャコさん [DVD(字幕)] 7点(2004-11-05 20:13:35)
68.宗教のおそらく本質とは違うだろう”形”にこだわることの意味の無さを、極端に立場の違う3人のストーリーにうまくリンクさせている。ラビと神父とキャリアウーマンという設定が面白い。でも3人ともかなりデキル奴等なんですよねぇ。一応ノートンが三枚目ということなんですが、もっとどんくさいキャラで笑わせてほしかった気もします。それぞれの説法(?)は楽しかった。あんなに楽しいんだったら教会に足を運んでもいいかな。
R&Aさん 5点(2004-10-15 12:08:58)
67.切なくてちょっとハッピーになれる作品!
゜。☆゜゜。愛す・ラテ。゜゜。★゜さん 9点(2004-09-27 01:17:12)
66.邦題から想像した内容とちょっと違っていて意外でした、でも、実際の内容の方が良かったです。ほのぼのできた映画でした、あーいう仲ってうらやましい。エドワード・ノートンがいい味出してました。音楽が自分好みで良い感じだったので、プラス1点で7点にしました。
onthefridayさん 7点(2004-07-31 16:35:41)
65.宗教に絡んだ見方はできないので,ラブコメとしての面白さはというと・・・特になにも無いです.エドワード・ノートンは俳優としての独特の存在感にしぼった方が良いんじゃないでしょうか.
マー君さん 5点(2004-06-20 09:50:38)
64.日本人である身としては、宗教観というのがピンとこなかった。それをテーマに映画を作っている以上、三角関係のもつれやそれからの和解についても理解しづらかったように感じる。ダーマでおなじみのジェナ・エルフマンがバリバリのキャリアウーマン役を演じていたのに違和感をおぼえた(笑)。
ライヒマンさん 5点(2004-06-19 23:00:57)
63.よくある三角関係に宗教を重ねることでこんなに重みと深みと真実味が増すなんて!いや、他のラブコメだって深いテーマをはらんでいるのかも知れないのに、その意味に真剣に向き合おうとしてなかっただけか?何にせよ「宗教」を絡めたことで観る側(私)の姿勢を正させたノートンは偉い。ちなみに私は「キリスト教にもいろいろある」という程度の知識(浅っ!!)しかないので理解できていない部分もたくさんあるかと思いますが、それを差し引いても十二分に素敵な作品。今までラブコメもベン・スティラーも嫌いだと思ってたけど、実は好きなのかも・・・なんて思わせるとはたいした奴だよ、ノートン君。
ぽめさん 9点(2004-06-12 14:50:25)
62.ストーリー自体の目新しさはなし。宗教がからみちょっと分りにくい部分もあり。
MSさん 5点(2004-05-30 14:21:11)
61.《ネタバレ》 なんていうか…。ノートンちょっとかわいそうだったけどハッピーエンドだからいいか!
しずくさん 5点(2004-05-27 16:27:52)
60.《ネタバレ》 エドワード・ノートンの人柄が伝わってくるような映画だと思った(実際の人柄は知らないですが)。真面目で頭が良くて周りの人によく気配りをする思いやりも持つ人が作ったラブコメという感じ。すべての登場人物に個性を持たせて印象付けようと気配りがされていて、彼自身の演じる役は主役だけどどこか控えめで遠慮がちになっていると思った。明るい雰囲気で観ていて楽しい映画だけど、ラストを円満にするために、親友とアナの関係が分かって信頼関係がギクシャクしてから、また1人ずつ和解していき親友とアナがよりを戻し三人が仲直りをするまでが、けっこう長くてだれてしまった…。すべてが解決した健全な締めくくりで、そういうところは、ノートン監督の完璧主義な性格が出ているのかなと思った。
kiku☆taroさん 6点(2004-04-06 15:43:35)
59.三角関係のラブコメでベンとノートンが神父だが、ユダヤ教の戒律はむろんキリスト教にも疎いし今ひとつ面白さが分からなかった。肝心の恋模様もアナは魅力的だったけど二人のうち好きになったのがどうしてベンだったのかが分からない。監督のノートンは自らモテるのを遠慮したんでしょうかね。
キリコさん 5点(2004-04-02 20:18:44)
58.神父に「人生って難しいようなあ」って言われた日にゃあどうすりゃいいんでしょう???しまいにはバリーマニロウ歌いだすし。ノートン良かった。
東京50km圏道路地図さん 6点(2004-04-01 23:52:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 77人
平均点数 6.65点
000.00%
100.00%
200.00%
345.19%
411.30%
51823.38%
61012.99%
71823.38%
81722.08%
967.79%
1033.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS