アマルフィ 女神の報酬のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アマルフィ 女神の報酬
 > (レビュー・クチコミ)

アマルフィ 女神の報酬

[アマルフィメガミノホウシュウ]
Amalfi: Rewards of the Goddess
2009年【日】 上映時間:125分
平均点:4.85 / 10(Review 73人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-07-18)
ドラマサスペンスシリーズもの小説の映画化
新規登録(2009-05-28)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-03-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督西谷弘
キャスト織田裕二(男優)黒田康作(在イタリア日本大使館外交官)
天海祐希(女優)矢上紗江子(旅行者 元看護婦)
戸田恵梨香(女優)安達香苗(イタリア大使館研修生)
佐藤浩市(男優)藤井昌樹(紗江子を支える商社マン)
大塚寧々(女優)羽場良美(在イタリア日本大使館外交官)
伊藤淳史(男優)谷本幹安(在イタリア日本大使館外交官)
小野寺昭(男優)菊原清文(在イタリア日本大使館 大使)
平田満(男優)川越亘(内閣外務大臣)
佐野史郎(男優)西野道生(在イタリア日本大使館参事館)
大森絢音(女優)矢上まどか
サラ・ブライトマン(女優)サラ・ブライトマン
福山雅治(男優)佐伯章悟(フリーライター)(特別出演)
中井貴一片岡博嗣(外務省事務次官)
原作真保裕一「アマルフィ」(扶桑社刊)
脚本真保裕一(ノンクレジット)
西谷弘(ノンクレジット)
音楽菅野祐悟
主題歌サラ・ブライトマン「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロバージョン)」
撮影山本英夫〔撮影〕
製作島谷能成
杉田成道
東宝(「アマルフィ 女神の報酬」製作委員会)
電通(「アマルフィ 女神の報酬」製作委員会)
ポニーキャニオン(「アマルフィ 女神の報酬」製作委員会)
フジテレビ(「アマルフィ 女神の報酬」製作委員会)
企画大多亮
プロデューサー臼井裕詞
亀山千広(エグゼクティブプロデューサー)
大多亮(プロデュース)
配給東宝
特撮大屋哲男(VFXプロデューサー)
美術種田陽平(プロダクションデザイナー)
録音藤丸和徳
照明小野晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
73.《ネタバレ》 外交官黒田シリーズは、テレビを含め、色々抗議があったり、世間的な評価が低く、特にこの映画なんかは映画ファンなんかにボロカス言われていることは知っていました。だから、ものすごーく低い期待で、むしろ文句を言うノリで観たんですけど、どーしよう、そんなに悪くない・・。確かに、ブツッと黒くなる映画ではありえないタイトル表示や場面転換、変な撮り方しちゃってる所、イタリア感の安易な出し方、アクションがほとんどしょぼく迫力不足などなど、気になった所はあります。でも雰囲気で映画を観ちゃうところが功を奏したのか、冒頭からのテンポの良さは悪くなく、途中だれる部分はあるものの、意外な犯人の計画や、クライマックスの説得など、個人的にはそこそこ楽しめました。僕はテレビドラマを先に見ていたんですが、ぶっきらぼうで、頭もきれ、それでいて、心のどっかに正義と国益のバランスもちゃんと持っている、こんな和製スパイ風の織田裕二、好きです。アマルフィ、行ってみたいなー。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 7点(2015-07-02 03:01:08)
72.《ネタバレ》 大きな画面で、素晴らしい景色と素晴らしい音楽を流せば、素晴らしい映画になると思ったのかな…。期待してたよりは、おもしろくなかった。ミネルバ社からの脱走でカーチェイスだいっ!!と思いきや、渋滞に巻き込まれにべもなく終了…。しかも、なんだあの演出。真っ暗になるやつ。趣味わる。。。唯一、泥棒からフォーマルに変身するとこだけ鳥肌がたったよ。
小星さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2013-08-01 14:13:12)
71.黒田がどういう人物なのかさっぱり、魅力も感じられなかった。外交官という役どころもよくわからなかった。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 4点(2013-03-15 16:53:49)
70.他の方も沢山言ってるように、イタリアを舞台にする意味がない映画。異国モノと言えば、日本が舞台なら「ブラック・レイン」とか「ラスト・サムライ」とかがありますね。まったく価値観の違う者同士が、時にぶつかり合いながら、時に協力しながら困難に挑む。しかしこの映画にはそれが全然ありません。イタリア人たちは賑やかしだけで、深く関わることもなく蚊帳の外に追いやられています。日本人の、ハナシが分かる者同士だけでしかやり取りが無いような、とても排他的な映画です。小学生のバス遠足で、後ろのほうで盛り上がってる連中を見てるような気分です(例え合ってる?)。別にそういうバディものにしろとは言いません。しかし、日本人同士のドラマもいい加減。基本的に、みーんな主人公・黒田の言うことを素直に聞いてくれるいい人たちばかり。文句を言ったりビンタしたりもするけど、すぐ「仕方ないナァ~」と動いてくれるツンデレ連中。だもんだから、物語もすべて主人公に都合のいいように動きます。挙げ句、犯人グループでさえ主人公の紋切り型の説得で改心(?)する始末。犯人グループには、「お前らホントに考え抜いて犯行に及んだのか」と小一時間小突き回したい。「話せば分かる」で済めば苦労しないですよ。「話しても分かり合えないことがある」ところからスタートすべき題材だったんじゃないかと思います。先に挙げたハリウッド映画には、アメリカ側の上から目線を感じる点もあったけど、「分かり合いたい」という姿勢があるだけまだ良かったです。この映画は、「自分のことを理解しないやつは存在を許さない」という態度が見え隠れする非常に傲慢な作品でした。 どうせなら、アンディ・マクナブの小説「クライシス・フォア」みたいにして、黒田と母親が信頼関係を作るも、真犯人は実は母親。偽装誘拐で黒田を利用して要人に近づくも、苦悩の末に黒田が射殺!くらいブッとばして欲しかったなあ。それはそれで変な映画だけど。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 1点(2013-01-27 03:21:17)
69.《ネタバレ》 家で100インチの画面で見ました、普段日本映画は見ないのですが、映画としての造り込みの良さ、久々に、日本映画、ちゃんと作ったんだな、とか思いました、イタリアの景色、オリタサンノ久々のお顔、テンカイさんとラブシーンくらいあるのかな、とか思ったっけど、残念、それもない、それでも、音楽、風景の写し方、そして外交官、領事館の会議風景、なるほど、コヤッテ、税金を使い切るんだ、とよくわかりました。適当に予定に合わせて、事務官も同席して、主賓に構わず、自分の妻エノショウタイブンモイレテイクンダ、とかさ。何年も前に、領事館での高級ワイン、何千万円だっけ、騒がれた訳がわかりました、予算を使い切るために、それがありきなんだって。odaで何千億円、ナンチョウエンですか、裏を調べたら、映画みたいなこともしているんだろうな、とよくわかりました、映画としては、久々に、楽しめました、オキタも悪くないな~って。
おりただっけ、天海さんは美人だな、と思いました。とても楽しめました。
yasutoさん [地上波(邦画)] 10点(2012-05-23 05:22:29)
68.《ネタバレ》 織田裕二さんで初めて好きな役です。謎の外交官、黒田。映画1→ドラマで個人的に完全にノックアウト。ただお話は別にアマルフィじゃなくてもいいし、天海祐希さんが不慣れな役での浮いてるし、テーマソングがくどく使用され過ぎだし、そもそもサラ・ブライトマンは本職オペラ歌手ではないはず。日本でいう本田美奈子さん的な。なので点数は個人的に好みな男、黒田観賞点。イカす。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-05-20 16:57:40)
67.《ネタバレ》 あまり評価が良くない映画みたいですが、個人的には楽しめました。おそらく天海祐希の過剰すぎる演技がマイナスの要因だと思うのですが、それを補うほど織田裕二演じる黒田康作が魅力的でした。さらにこの映画には独特の間や演出があり、それがなにか笑いを誘っているようで面白いです。そう思うのは自分だけかもしれませんが…
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-01 12:19:25)
66.《ネタバレ》 文句その1:サラ・ブライトマンの無駄遣い。

文句その2:天海祐希の演技が下手すぎて萎えた。

文句その3:織田裕二は何やっても織田裕二の域を超えない。

お金を払って観たことをひどく後悔した作品。
二度と目にすることはないでしょう。

しかし、此処はさすが「みんシネ」ですね。
レビュワーの皆様が、私の言いたいことはすべて代弁してくれていました。

この映画は、全てにおいて目にアマルフィ。
(勿論ドヤ顔で。多少目はキョロついてますが。)
港のリョーコ横浜横須賀さん [映画館(邦画)] 2点(2012-04-28 22:48:35)
65.《ネタバレ》 まさか、織田裕二主演のフジテレビ映画でこんな感動するとは思わなんだ。いや実際私も、大抵の方と同じ感想、「うわー往年の名レスラー同士のプロレスみたいな“夢の(笑)”キャスティングやなー」とか、「織田裕二の喋り方、だんだん山本高広に似てきたな」とか、「佐藤浩市が出てくると、“どーせアナタが犯人なんでしょ”とツッコミたくなるね、冗談だけど」(←冗談で済まなかった)とか、思いつつ見てたんですけどね。結局、感動しちゃいました。クライマックスの、織田裕二と佐藤浩市が対峙する場面がとにかくシビレちゃったんですが、黒田が、少女の母から犯人に向けた「死なないで」というメッセージを伝えるシーン。この場面って、ベタな映画だったら、“伝言”じゃなくって、黒田と一緒に駆け付けた少女の母が直接、叫んじゃったりするのでは。映画冒頭、まるで不仲の夫婦のように無言でエレベーターに乗り込む二人、意思が通いあわないにも関わらず行動を共にしなければならない二人が、一連の事件を通じ、ついに気持ちを通い合わせた途端、離れ離れになり別行動となる。その最後に、交わし合う視線。結ばれた信頼によってこそ、これまでの迷いはすべてふっきれて、二人は決然と行動する、そしてその一方、信頼すべきパートナーを失ったことで復讐に走り犯罪に手を染めた犯人が、最後に見せる迷い。クライマックスの緊迫感の中、妙に寒がってみせる現地警部のいい味など、脇役陣も忘れがたい面々で、何かと嬉しい驚きのある映画でした。
鱗歌さん [地上波(邦画)] 8点(2012-03-04 17:55:35)(良:1票)
64.《ネタバレ》 えぇ面白かったですよ 織田裕二好きだし 美しいイタリアの映像もいい 異国情緒があってね  でもなぁなんか回りくどい脚本な気がして    タイトルもどうなんすかね(誰が女神なんでしょか?w)  まぁ全体的に 浅く毒気のない無難な出来であったかとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-01-04 11:30:09)
63.続編いりまへん。
Junkerさん [DVD(邦画)] 4点(2011-12-18 02:10:14)
62.《ネタバレ》  面白かったけれど、外交官の仕事じゃないですよね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-07-03 19:35:45)
61.これは外交官の話じゃなく、テロの話じゃないですか。織田裕二のキャラもなんか微妙だったし、天海祐希も母親って感じじゃないよなぁ。ストーリーも穴だらけで観るに堪えないです。
真尋さん [DVD(邦画)] 4点(2011-05-24 17:47:47)
60.誘拐事件からテロへと発展するが、「どうせ何も起こらないんでしょ?」と思ってしまうくらい緊迫感が無かった、とどめは大臣襲撃の茶番・・・。イタリアでロケしていることをアピールするような無意味なカメラワークもうっとうしい、やっちゃった感満載の映画。
のははすひさん [DVD(邦画)] 4点(2011-05-06 16:14:54)
59.《ネタバレ》 TVを見て、見てみようと思った作品。
しいて言えば、サポ-ト役は福山よりビョンホンの方が良かった。
面白くないとは言わないが、途中で犯人が誰だか分かってしまった。
次回作に期待したい所だか。見ないかも。
しかし、黒田。お前は絶対に外交官じゃないぞ?
べるぜさん [DVD(邦画)] 5点(2011-05-02 23:28:27)
58.なにやらワケありな緊迫感を持った男と女が突然映される。すでに物語は動いている。言葉を排しているがゆえに緊張は増してゆく。言葉を排しているがゆえに映される全てのものに目が行く。言葉を排しているがゆえに画面の外からの音が強調される。概要が掴めたところで唐突にタイトルロールと波の音。この映画、ただものではない。と思ったのだが、はたしてこれは私の感想なのか。通常、未見の映画について書かれているものは読まないようにしているのだが、この作品を見るよりもずっと前にこのサイトの卒業生でもある映画研究塾さんの絶賛評をすでに読んでしまっていたのだった。織田裕二をどんどん受け付けなくなってきていて、ゆえにこの作品は一生見ないであろうと思っていたからなのだが。よって私の好評は映画研究塾さんの影響下にある可能性を否定できないのだ。それほどにインパクトのある素晴らしい批評なのでぜひ皆様もご拝読くださいませ。はてさて織田裕二だが、いつもの過剰な表情と台詞まわしを排するだけで全然受け入れられた。単にそういうキャラクターである、ということ以上に演出の成果であることを確信した。サラ・ブライトマンを引っ張り出してきたりとずいぶんと無駄な部分もあるし、ユーモアの少なさも不満ではるけれど、目を見張るシーンも豊富にあるので概ねでは満足感が勝った。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-05 13:44:02)
57.面白くなかった ただそれだけです!
teruruさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2011-03-13 21:47:14)
56.ただ海外ロケしましたって感じ。緊迫感ゼロのサスペンスで
話もめちゃくちゃです。
紫電さん [DVD(邦画)] 2点(2011-03-07 14:52:07)
55.《ネタバレ》 現在放送中のテレビドラマ版は未視聴です。
イタリアでロケした甲斐もあってか、思っていたより映画らしかったです。
誘拐事件から大使館でのテロ事件へと発展しますが、劇中誰一人死にません。
派手なアクションシーンやラブシーンもありません。
そういう意味ではとても清潔な映画ですが、反面どこにこの映画の面白味があるのかよく分かりません。
主人公の「クールさ」や「ダンディさ」の描写が中途半端で、あまり活かされていない気がします。
でこうささん [地上波(邦画)] 5点(2011-02-09 22:37:28)
54.長い、ミスキャスト、配役の時点で犯人がわかるの典型的な日本映画の三重苦、プラス海外旅行のついでに撮影したみたいな。今回は天海が主役で織田はいらないのでは?これは外交官がする仕事なのか?そもそも織田が何か仕事したのだろうか?端的に評すれば、答えが先にあって、そこから話をむりやり広げた感がありありです。こういうのは脚本が弱い人の常とう手段です。
たかちゃんさん [ビデオ(邦画)] 3点(2011-02-07 20:20:35)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 73人
平均点数 4.85点
000.00%
134.11%
245.48%
3810.96%
41621.92%
51824.66%
61216.44%
768.22%
845.48%
911.37%
1011.37%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review6人
2 ストーリー評価 5.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review6人
4 音楽評価 7.14点 Review7人
5 感泣評価 4.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS