ビッグ・バグズ・パニックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビッグ・バグズ・パニック
 > (レビュー・クチコミ)

ビッグ・バグズ・パニック

[ビッグバグズパニック]
Infestation
2009年【米】 上映時間:91分
平均点:6.11 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-11-28)
アクションモンスター映画
新規登録(2009-11-03)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督カイル・ランキン
キャストクリス・マークエット(男優)クーパー
レイ・ワイズ(男優)イーサン
カイル・ランキン(ノン・クレジット)
小森創介クーパー(日本語吹き替え版)
梅津秀行イーサン(日本語吹き替え版)
宮島依里サラ(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕シンディ(日本語吹き替え版)
石田圭祐(日本語吹き替え版)
飯島肇(日本語吹き替え版)
田中正彦(日本語吹き替え版)
脚本カイル・ランキン
撮影トーマス・E・アッカーマン
配給プレシディオ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》  ちょっと変わった出だし。
 突然大きな音が鳴り響き、気付けばみんな繭の中。
 大きな虫がガサゴソガサゴソ。
 なぜこうなったのか?虫たちはどこから来たのか?警察、軍、国は何をしているのか?主人公だけなぜ目が覚めたのか?
 肝心な部分の説明、一切なしです。この潔さ、嫌いではありません。
 もともと、こーゆーノリのB級モンスター映画は大好きです。昆虫が大きくなるだけでわくわくするってもんです。
 炎のCGはお世辞にも良いとは言えませんが、虫のCGはとてもよく出来ています。こんなB級作品で本格的な巨大昆虫に遭遇できるなんて、期待していなかったぶん、嬉しい誤算です。
 虫に刺された人間が、虫より恐ろしいクリーチャーに変身しちゃうってのも好きなテイスト。
 そんな私好みの映像作品であっても、気に入らない点はあります。
 例えば。『不必要な言い争い。しかも大声』『馬鹿すぎる行動』などのB級あるある。その中でも一番意味不明なのが、繭に入っている人たちを助け出さないこと。結構簡単に助け出せるのに、なぜか数人助け出したら、あとは放置。いやいや、そんな馬鹿な。
 また、パニックムービーの醍醐味と言えば、まさにパニックになるそのプロセスにあると思うのです。
 その一番の見せ場が、本作では全カット。気付けばみーんな繭の中。そのシチュエーションは面白いけれど、逃げ惑う人たちを見られないのは物足りないです。こーゆーシナリオにしたのって、もしかして予算の都合でしょうか?
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2020-05-17 03:22:13)(良:1票)★《新規》★
18.《ネタバレ》 隙だらけの設定、ご都合主義なストーリー、アク強めのキャラクター、やっぱり欠かせぬ家族愛。どれを取ってもB級映画のクオリティです。そう、A級ではありませんが、CやDでもありません。何と言うか、間違いのないB級なのです。サービスヌードも、ちゃんとシリコンおっぱいですし。でもそれが丁度いいのです。楽しく色々突っ込め、最後は何故かほんわかしてしまう、私が求めるB級映画を久々に観た気がします。相席スタートの丁度いいブスとか、B級グルメと同じ。高級より劣るのではなく、魅力が違う別ジャンルの趣です。いやはや、思いの外、満足いたしました。ところでラストについて。吹替版では、主人公の台詞は『無視(虫)しよう』なので、別の巣からきた昆虫あるいは人型ハイブリッド昆虫の大群を見た、なんて理解で宜しいのでしょうが、余韻も余白もある良いオチの付け方だなと思いました。単なるダシャレオチとも言えますけども。
目隠シストさん [インターネット(吹替)] 8点(2020-05-05 18:57:38)(良:1票)
17.《ネタバレ》 深夜の地方局ネットでCM入りのものを字幕無しで日本語吹替で気軽に何気に遭遇して見れていたのならば それなりには楽しめていたのかもしれない。だけど、さあ楽しむぞと身構えて鑑賞したなら 楽しめるどころかすごくドライ 。主演の職無し男子君の小ギャグも冴えない クスリ程度にしか笑エナイ。 挙げ句そのオヤジが登場してきてからが変なモードに切り替わってしまって変なテンションになってきてしまってそこがかなりツライ。余計な事を承知でどうでもいいこと言わせてもらうならば、誰かあの黒虫たちに名前を付けてあげて というか それはホントにどうでもいいことなんだが、そんなことよりも 人は繭の中でも生きている だから女に色目使ってる暇があるなら他に誰か一人でも多くの命を救いだしてあげてとでも言いたい。挙げ句、巣山にこっそりと忍び込んで爆破するとかそんなの要りませんから そんな普通では考えられない無理な茶番は要りませんから なんかどっちつかずのどちらかと言えば楽しくない昆虫パニックやったです。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-04-27 21:53:20)(良:1票)
16.《ネタバレ》 とてもよくできたB級モンスターパニックコメディ映画(長いよ)

世界広しといえども劇場公開されたのは日本とフィリピンだけ、というかなり不遇の映画ですが、見た人のレビューを読むと予想外によくできたB級映画というレビューが多く、で、実際観てみると全くその感想通り、というかB級モンスターパニック物というジャンルの中では最高に近いレベルの1本だったりします。

とにかく脚本が素晴らしく、例えば最後付近のバトルでも「耳聞こえない青年が超音波攻撃の影響を受けない」「最後の父親との別れで例の馬鹿ゲームネタをもってくる」「爆発させようとすると電池がない」といろんな伏線を生かしつつ緩急細かい展開をつないで全く飽きさせないしハラハラさせてくれるわけです。

そこにとぼけた主人公のボケツッコミがはいる事でコメディ要素が終始失われないのも素晴らしく、あの状況で主人公がほとんど変わらないのがいいわけです。
これで変に主人公に成長などされてしまうとこの映画のよさは失われてしまうわけで、最後までとぼけたダメ主人公なのが素晴らしいのです。

ところで私は吹き替え版で観たわけですが、最後のセリフとして「無視しよう」というダジャレで締められていたわけです(無視=虫)
これ日本語だからこのダジャレが成立するわけでオリジナルだったらどういうセリフになってるんだろう?と気になるわけですが、何しろB級映画、その回答は得られそうにありませんし、わざわざ手間をかけて調べようとも思いません。
さすがB級映画!最高だね!
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 7点(2017-10-28 11:34:23)(良:2票)
15.繭にされた周りの人を助けず数人で動きまわる主人公達。極悪人です。低予算バリバリなチープすぎるクリーチャーも不思議な事に後半には目が慣れてきました。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2015-11-14 20:58:34)
14.《ネタバレ》 結構真面目なホラー映画だった。虫はさほど怖くないが、今まで普通に会話していた人物が怪物になって襲ってくるというゾンビ的な怖さを堪能出来る。突然脇腹から長い足が生えてきて、かなりのインパクト。目が見えないというのも個性的で、白目がまた怖い。この虫人間との戦いを軸に展開すればもっと凄い映画になったかも知れない。最後お父さんとの戦いを期待してたんだけどなぁ。バリバリの低予算でセットの安っぽさもコント並だが、虫の安っぽさに目が慣れているのであまり気にならない。
にしきのさん [地上波(吹替)] 6点(2015-09-01 08:15:58)(良:1票)
13.《ネタバレ》 前置き一切無しのスタートから、グイグイ物語の中へ。どういう理由で巨大昆虫が?と思って見続けていると、クライマックスで虫の巣らしきものが出てくる。この巣が、よく見ると巨大な隕石が地面に突き刺さってるように見える。これって、巨大昆虫の巣でもある隕石が地球上に降り注いだと解釈も出来る。主人公達が爆破した巣だけなら、とっくに軍隊が処理してるはずなので、こういう巣の隕石が他にもたくさん降り注いだという事なのかも。その証拠が、別の巨大昆虫の大群を主人公達が見つけたと思わせるラストシーン。コメディ色が強いものの、ラストは救われない暗い終焉を予感させている。なかなか良く出来た作品だ。
へろへろさん [地上波(吹替)] 6点(2015-07-04 23:59:46)
12.《ネタバレ》 ホントなにげなくたまたま観たのだが、意外に面白いね。なんで昆虫が巨大化したのかは一切説明ナシ(笑)そんなすっ飛ばし感がナイス。全然知らない人ばっかりだけど、主人公のキャラはなかなか+サービスシーンもありでした。続きそうなエンディングが気になるんですが、どうなるんでしょうね。ちょっと期待してミタイデス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-07 11:12:49)
11.《ネタバレ》 パッケージを見ると怖いパニック映画に見えますが、コメディ要素が満載でかなり面白かったです。突然の耳鳴りで気絶→目が覚ますと自分は繭の中→巨大昆虫にいきなり襲われる というシーンから始まり、一気に物語に引き込まれます。主人公がお調子者なうえ冴えないダメ人間という、パニック映画の主役にはあまり無かったキャラですが、好きな人の為に奮闘したり、父親との長年のわだかまりにケリをつけたりなど、何気に成長していく姿は好感が持てました。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-02 12:18:37)
10.掘り出し物のB級作品。
過度の期待をせずに鑑賞すれば充分面白い。犬が昆虫化する件は笑えました♪
ただ、昆虫嫌いな人にはちょっとお薦めできないかな??
シネマブルクさん [DVD(字幕)] 5点(2011-11-15 23:42:30)
9.《ネタバレ》 意外に嫌いじゃない。主人公が結構ダメなやつなんだけどなんか憎めないし。父ちゃんのキャラがまたいい。ただ伏線かなぁってのが伏線でなかったり行動的に意味不明だったりすこしジャンルが意味不明だけどラストの何みたんだよって続編に続きそうなのはいい。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-09-25 19:40:32)
8.《ネタバレ》 何の期待もなく、面白くなかったら途中でやめようと思いながら見たのですが、ストーリーの展開やテンポが思ったよりよく、結局最後まで見てしまいました。エンタープライズでホシ・サトウ役を演じていたリンダ・パクが出ていたのが嬉しく、懐かしかったです。また主人公の父親のキャラが私のツボにピッタリハマってくれました。
おやじのバイクさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-07-10 11:37:01)
7.《ネタバレ》 モンスター・パニックものとしてはかなり良く出来ていると思う。主人公のダメっぷりもいいし、その父のいかれっぷりもとてもいい。虫人間になっていくところなんかもなかなか凝ってっていいです。おもしろい!
カエル本舗さん [DVD(字幕)] 7点(2010-11-11 12:05:00)
6.こんなB級映画ばっかり見ていますが、これは大当たりでした。映像もお洒落だし、テンポも良くて面白いです。虫が好きなので不気味さ、怖さは0でした。ヒロインもいいです。
モンチョさん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-08 00:46:40)
5.《ネタバレ》 モンスターものでは、普通そういうものが登場する理由づけが必要とされる。そりゃみんな取って付けたようなもんだけど、いちおう観客への礼儀としてマッド・サイエンティストなり環境汚染なりが動員される。ところがこれは、その点いさぎよい。なんもない。主人公が上司にクビを言い渡されていると、キーンと音がして、気がつくと巨大昆虫の世界になっている。どうせ観客だってそんな発生の理由なんて聞き流してるんだから無くてもいいだろう、という作者の省エネか。内面的には分からなくもない。クビを言い渡されるなど社会的に追いつめられたとき、人は大地震を期待するものだ。そういった逃避的夢の世界と最初から割り切ってしまえばいいのかも知れない。でも意外と観ている間、その発生の無意味さが作品を漂わせていて、まあ重みを期待する種類の映画ではないんだけど、なんか中途半端なゲーム気分のままエンディングに至ってしまった。しょせん映画は夢だけれど、最初から夢レベルのものとして提示されると、つまんなくなってしまう。モンスターものでは、その最初の登場シーンが一つの見せ場になると思っているのだが、これではそれがない。巣で周囲の卵たちがモゾモゾ孵ってくるところが、気持ち悪いと言えば気持ち悪い。
なんのかんのさん [DVD(吹替)] 4点(2010-09-29 10:10:51)(良:1票)
4.《ネタバレ》 シリアスなのかコメディなのか、ヒーローものなのかそうでないのか、最後までよくわからない映画。なぜ巨大な昆虫が発生したのか、昆虫のボスが発するあの音で何が生じたのかは、いっさい説明されない。伏線のように見えていて何も起こらなかったり、あるいはおこったり。が、パニック映画としてはそれなりに楽しめる。
エンボさん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-26 00:40:59)
3.この手のパニック物の中では、比較的良くできているんじゃないですか?人間との融合体が出てきた時は、ちょっとびっくりしました。でも、後半は画面が暗くて何をやっているのかよくわからずストレスが溜まる。予算の関係もあるのだとはおもうけれど残念。最後のボスっぽい昆虫との戦いも何をやっているのかわからなかったよ。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-08 15:12:12)
2.《ネタバレ》 この手の映画はついつい期待して、観てしまいます。「ガール・ネクスト・ドア」のクリス・マークエットが主演ですので、コメディ色が強いのかと思いましたが、意外とシビアな世界観です。ただ、B級感が強く、説明や世界の破滅感をまったく感じないです。
あの程度の虫なら、軍隊で一気に攻めれば、簡単に壊滅させることができそうですし、短時間であそこまでなるのかなぁ~と感じました。全体的に強引で、あっさりと爆弾で巣を爆破しちゃいます。実際に巨大虫の巣に突っ込っこむと、そうは簡単に脱出できないでしょう。ラストは「ゾーン・オブ・ザ・デッド」のようですね。
マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 5点(2010-05-09 00:26:30)
1.《ネタバレ》 意外とマトモ。しっかりとモンスターパニックものとして楽しめるレベルに仕上がっております。主人公がサエない上にウザい男で、最初は映画一本分、このダメ男に付き合わなきゃならないのか?ってウンザリしますが、ちゃんとダメなりに頑張る、ダメなりのドラマを見せる、って感じで。虫が巨大化した理由とか、そこからどうやって逃げ出すか、あるいはどうやって戦うかとか、誰が生き延びて誰が死ぬかとか、基本的にはどうでもいい感じでさっさと先へ進んでゆきますけど、観客置いてけぼりとか、感情移入とかいう以前に、こんな映画ならこの程度で十分でしょ?っていう送り手側と受け手側の意思の疎通が上手く出来ているような感じで。いっそ、もう少しダメとか、もう少しアクが強くてヘンな事になってるとかいう不恰好さがあっても良かったんでない?と思うのは贅沢ですか。もっとも、東銀座の、焼き魚臭と地下鉄サラウンドな映画館にきっちりお似合いなレベルの映画ではあったので、劇場と一緒にそのB級な風情を存分に堪能させて頂きました。最新鋭のシネコンじゃこの味わいは出せませんもんねぇ。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 7点(2009-12-01 19:26:27)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.11点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4210.53%
5526.32%
6421.05%
7526.32%
8315.79%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS