アパルーサの決闘のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アパルーサの決闘の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アパルーサの決闘

[アパルーサノケットウ]
Appaloosa
2008年上映時間:115分
平均点:5.36 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
アクションドラマウエスタン犯罪もの小説の映画化
新規登録(2009-12-01)【フライボーイ】さん
タイトル情報更新(2023-08-27)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エド・ハリス
キャストエド・ハリス(男優)ヴァージル・コール
ヴィゴ・モーテンセン(男優)エヴェレット・ヒッチ
レネー・ゼルウィガー(女優)アリソン・フレンチ
ジェレミー・アイアンズ(男優)ランダル・ブラッグ
ティモシー・スポール(男優)フィル・オルソン
ランス・ヘンリクセン(男優)リング・シェルトン
アリアドナ・ヒル(女優)ケイティ
ルース・レインズ(男優)ディーン
ジェームス・ギャモン(男優)アール・メイ
トム・バウアー(男優)アブナー・レインズ
レックス・リン(男優)クライド・ストリンガー
佐々木勝彦ヴァージル・コール(日本語吹き替え版)
加藤亮夫エヴェレット・ヒッチ(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕アリソン・フレンチ(日本語吹き替え版)
佐々木梅治ランダル・ブラッグ(日本語吹き替え版)
浦山迅フィル・オルソン(日本語吹き替え版)
谷口節リング・シェルトン(日本語吹き替え版)
藤本譲アール・メイ(日本語吹き替え版)
小島敏彦アブナー・レインズ(日本語吹き替え版)
藤真秀(日本語吹き替え版)
梅津秀行(日本語吹き替え版)
園部啓一(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
乃村健次(日本語吹き替え版)
脚本エド・ハリス
作曲トム・ペティ"Scare Easy"
エド・ハリス"You'll Never Leave My Heart"
挿入曲エド・ハリス"You'll Never Leave My Heart"
撮影ディーン・セムラー
フィリップ・C・ファイファー(第二班撮影監督)
製作エド・ハリス
製作総指揮トビー・エメリッヒ
マイケル・ロンドン
美術ウォルドマー・カリノウスキー(プロダクション・デザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術](美術監督)
衣装デヴィッド・C・ロビンソン[衣装]
その他ダニエル・パナベイカー(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.エド・ハリスが描きたかったのは、きっと「理想の友人」なのかなと。有能で、従順で、融通がきいて、命を賭けるほど友人思いで、けっして裏切らない。こんなヤツいねーよと、ひたすらツッコミを入れたくなります。
一方、モーテンセンの視点でエド・ハリスを見ると、教養が足りず、乱暴で、支配欲が強く、公私混同甚だしく、尻軽女に簡単にひっかかるという、友人としても上司としても疑問符のつく人物です。なぜこんな人物に付き従っているのかと、不思議に思うばかり。
もっとも、そのあたりはあまり強調されませんでしたが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-08-13 01:25:17)
13.《ネタバレ》 辛気臭い、もとい、寡黙な二人組エド・ハリスとヴィゴ・モーテンセン VS 初めて観るウエスタンもののジェレミー・アイアンズ(お目当て)
決闘模様に寄せた大きな期待を木端微塵にぶち壊してくれたのがレネー・ゼルウィガー。見た目も性格も「はぁ? アンタ何なん?・・・以下、悪口」
彼女に振り回されるエド・ハリス同様に脚本(by エド・ハリス)も情けなく、決闘場面に頭の中は「何でやねん?」でいっぱい。もう、いっその事皆死んじゃえばよかったのにと燻っていた憤懣が燃え上がる。
持ち味を十二分に発揮していたヴィゴ・モーテンセンに+2点
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 4点(2018-08-12 13:45:24)
12.邦題に「の決闘」なんてつけるのは、内容にはあまりそぐわないのですが、でも確かにこの邦題なら、一見して西部劇だとわかる便利さ、というものはありますね。
エド・ハリスとヴィゴ・モーテンセン、この二人、何となく顔が似てると思ってたので、キャスティングとしてどうかと思ったのですが、本作ではちゃんと一方にヒゲを生やさせて、区別しやすいようになっております。
で、エド・ハリスが何やらクセのある保安官で、ヴィゴ・モーテンセンがその相棒、というワケですが、口下手な二人(特にエド・ハリス)の二人の間の独特の距離感、みたいなものが、映画の基調となっているんですね。それを言うなら、敵役であるジェレミー・アイアンズとの間にすらも、単なる敵味方ではない独特の距離感があって。
そんな中で、レネー・ゼルウィガーだけが、距離感を図りがたい変則的な存在となって、物語をかき回す。
ラスト、決闘そのものがクライマックスなのではなく、主人公2人の関係の微妙な変化にこそ、物語の頂点があり、だから、まあ、正直、地味なのですが(笑)、ユニークな作品でした。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-07-29 07:05:55)
11.《ネタバレ》 主人公と相棒のタフガイさ、信頼しあっている男の友情、激しいドンパチなど
もっと見せ場を期待していたが、尻軽ヒロインのせいでほとんどスポイルされていると感じた。

ただ相棒は主人公と尻軽のために最後に決闘までやるなどカッコよかったなぁ。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2016-06-13 23:11:00)
10.《ネタバレ》 V.モーテンセン&E.ハリスの西部劇。
この硬派あふれる二人組の西部劇。
そして敵はJ.アイアンズ。
どうしても骨太の西部劇を期待してしまう。

で、で、でも、ズコーーーーーーー

時折はすごいカッコいい西部劇。
でも強いけど、色ボケでなまくらになったとしか思えないコール。
どうしようもなく男好きが止まらないヒロイン。

ただ、一人
エヴェレットだけがひたすらに骨太の西部の男。

その骨太っぷりは、とっても西部の男らしいだけに、
なんか滑稽にも感じてしまって
哀れにも思えてしまいました。

まぁ、権勢や名誉に身体を使ってすりよる女がいるのも事実だし
女の存在で、自分を見失う男がいるのも事実だし
そういう人を描いた映画なのかな、とも。

エヴェレットの誇りある西部の男っぷりは10点です。
でも色ぼけ男と、色情狂女は終始、苦笑いです。

ダメ男女と、誇りある男。
どっちに焦点を当てているのかがわからん映画なので
まぁ、どっちつかずの5点でお願いしますw
こっちゃんさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-05-13 03:36:36)(笑:1票)
9.《ネタバレ》 なんとも風変わりな西部劇で、見ていて「あれ?」の連続。
エド・ハリス演じるガンマンのヴァージルが、ちょっとおバカで言葉を知らない。
酒場で急に切れて一般人をぶちのめすのも、唐突すぎて呆気に取られる。
ボコボコにする理由があったのか?
ヴァージルとラブストーリーを織り成すと思われたアリーが、とんだ尻軽女で強い男にすぐになびいていくというのも変わっている。
てっきりヴァージルが主人公だと思っていたら、最後のおいしいところは相棒のエヴェレットが持っていったので、あれ?実はこっちが主役だったのかと。
変わっているのはユニークでいいんだけど、それが全般的なまとまりにはつながらなかった印象。

エヴェレットの男気がカッコ良く、ヴァージルとの友情はとても良かったが。
敵役を含めてキャラ設定やストーリー展開が、唐突で不自然に感じられる。
なによりアリーに魅力がないのが致命的。
小悪魔的な女を演じきれるほどの魅惑の女優なら全然違っただろうに、あんなパッとしないレニー・ゼルヴィガーではミスキャストもいいところ。
『ブリジット・ジョーンズの日記』の頃はまだ魅力もあったし役にハマってたけど、本作では違和感しか感じない。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 4点(2015-03-14 12:14:34)
8.《ネタバレ》 最後の決闘シーンは良かった。しかしそれまでがず~~~~~っとフラットな感じ。普通~なことを普通~にやってるだけというか。盛り上がる箇所があるわけではなく、真新しいシーンがあるわけでもない。おかげで終盤までこの映画の見どころが不明なまま。アパルーサでの決闘でようやく男の友情ないし「真っ直ぐで尊敬できる友のためならば」的なものがテーマなのかな?と思わせられたが、それもくっきりとせずぼや~っとしている。また、アリーの魅力がまるでないというのも痛いですね。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 4点(2014-04-08 23:23:24)
7. 銃によって生計を立ててきた男二人組。ボス側は相棒に「お前が俺より劣っているのは、情に流される部分だ」と言うが、実は情を捨てきれないのはボス側の方で、相棒の方が仕事に徹していた……という話だと思っていた。が、良く考えると情に流されずにビジネスライクに徹したのはボスの方で、そう出来なかったのは相棒の方だった。その情が仕事上の正義感に発しているのが何とも悲しいし、理不尽な政治圧力に屈したように見えるボスにガッカリ感を感じるのは否めない。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-24 17:30:14)
6.《ネタバレ》 一風変わった西部劇だった。主役と早々に意気投合したヒロインはまさかの天然男好き。主役はちょっとアホなのか、難しい単語が言えない。やれやれこの二人どんなもんかと、途中退屈になる程お話は淡々と進む。4対2の決闘もあっさり膝を砕かれ終了。もしやこの先何事も起こらず終わってしまうのか?と思いきや、今度こそ真の決闘。で、まさかの主役脇役逆転劇です。何だか不思議なものを見た感じ。最初からヴィゴモーテンセン主役と思って見たらまた違う印象なのか。どちらにせよ可も不可も無いだろうが。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-12-27 15:49:19)
5.う~ん..それなりに面白かったかな..不器用な男の恋愛感情や、女の本性みたいなものを盛り込んでいるのは、斬新でした..決闘シーンは、全てがちょっと都合良すぎ(結果ありき)、リアルさが無いです..そこが残念...
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-10 12:48:43)
4.《ネタバレ》 前半は、真面目に作られているとは思いますが、何も逸脱がなくて面白みがない。後半は、目新しいことをしようとはしていますが、結局まとまりがつかなくなって拡散してしまっています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-10-10 02:00:05)
3.《ネタバレ》 この作品、エド・ハリスが主演だけでなく監督もしてたんですね。それなりにちゃんとした、それも正統な西部劇だったと思います。ただ、「変化球のある西部劇」でもあったな、と。主役のヒーローが悪者を倒し、ヒロインと二人でめでたしめでたし、という流れが王道ならば、まずこのヒロインがちょっとくせ者。悪党のブラッグと引き換えに助かったかと思い双眼鏡で確認すると、そこには全裸でもう一人の男と楽しく遊ぶアリソンの姿が、、、(笑)。一人が怖いので、すぐにボス猿についてっちゃうんだとか。この物語のあと、ヴァージル・コールとアリソンはどんな夫婦生活を送っていくんだろうと色々想像しちゃいます。まぁ、ヴァージル・コールが常にボスであり続ければいいんだろうけどね。悪党どもに二人で乗り込んで銃撃戦を繰り広げるシーンがあるけど、あっちは4人ぐらいいて、しかも一階と二階で、あれじゃあ全然フェアじゃない。敵の多勢に無勢っぷりが癪に障ります。そしてブラッグと一騎打ちをするのがなんと相棒のエヴェレットだというのも一つの変化球ですね。ラストの終わり方なんて、「あれ?ひょっとして相棒が主人公だったん?」て思ったし(笑)。敵を逮捕して裁判にかけるまではなかなか面白かったけど、その後はこの変化球を楽しめるかどうかで評価が分かれそう。佳作の6点ということで。
あろえりーなさん [DVD(吹替)] 6点(2012-10-03 22:50:47)
2.無骨に見えるエド・ハリスがレネー・ゼルウィガーと会話した後のニヤニヤ顔がいやらしくて忘れられないです。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-27 00:51:20)
1.《ネタバレ》 無骨なエド・ハリスと寡黙で熱いヴィゴ・モーテンセンの男臭いコンビはかっこいいですし、いくつか良いシーンもあり、望遠鏡で覗くとレネー・ゼルウィガーがスッポンポンだったりするのも笑えますが、次々と男をモノにするレネーはもっと美しくなきゃいけないんじゃないかと…。それはレネーをキャスティングした時点でもう問題だったかもしれませんが、例えば彼女がアパルーサの駅に下り立った初登場シーンなどは、砂埃なんて必要なく(もしかして嵐の前触れってことかもしれないが)美しく撮るべきだったと思います。また何回かある銃撃戦も悪くはないのですが、〝間〟と言いますか開始前の緊張感というものが、どうもあんまりよろしくありません。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-10 18:33:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 5.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4428.57%
5428.57%
6428.57%
717.14%
817.14%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS