Menu
 >
 >
 > ハート・ロッカー

ハート・ロッカー

The Hurt Locker
2008年【米】 上映時間:131分
平均点: / 10(Review 150人) (点数分布表示)
アクションドラマサスペンス戦争もの
[ハートロッカー]
新規登録(2010-01-29)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2013-12-15)【イニシャルK】さん
公開開始日(2010-03-06
公開終了日(2010-09-02)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督キャスリン・ビグロー
助監督リー・クリアリー
キャストジェレミー・レナー(男優)ウィリアム・ジェームズ二等軍曹
アンソニー・マッキー(男優)J・T・サンボーン軍曹
ブライアン・ジェラティ(男優)オーウェン・エルドリッジ技術兵
レイフ・ファインズ(男優)民間軍事会社分隊長
ガイ・ピアース(男優)マット・トンプソン軍曹
デヴィッド・モース(男優)リード大佐
エヴァンジェリン・リリー(女優)ジェームズ二等軍曹の妻 コニー
クリスチャン・カマルゴ(男優)ジョン・ケンブリッジ大佐
加瀬康之ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(日本語吹き替え版)
坂詰貴之J・T・サンボーン軍曹(日本語吹き替え版)
東地宏樹マット・トンプソン軍曹(日本語吹き替え版)
原康義民間軍事会社分隊長(日本語吹き替え版)
楠見尚己リード大佐(日本語吹き替え版)
竹内順子(日本語吹き替え版)
脚本マーク・ボール
音楽マルコ・ベルトラミ
撮影バリー・アクロイド
ニュートン・トーマス・サイジェル(第二班撮影監督)
製作キャスリン・ビグロー
マーク・ボール
製作総指揮トニー・マーク〔製作〕
配給ブロードメディア・スタジオ
衣装ジョージ・L・リトル
編集ボブ・ムラウスキー
クリス・イニス
録音ポール・N・J・オットソン
その他トニー・マーク〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
2004年のイラク。米陸軍の爆発物処理班にジェームズ二等軍曹が新リーダーとして赴任した。彼らは任務明けまでの残り38日間を爆弾処理に費やすのだ。ジェームズは自らの経験と信念を元に、危険を顧みず任務に没頭するタイプ。仲間たちは、そんな彼の行動に不安と不満を感じることに。それでも理解と信頼を深めていった彼らだったが、ある時ジェームズが感情的な行動に走ってしまったことから思い掛けない事態を招いてしまう…。女性監督キャスリン・ビグローが、死と隣り合わせの戦場に生きる男たちの姿をリアルに描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
90.私にはあまり面白くない映画でした。爆弾処理任務の演出は緊迫感を煽るものだったけど、主人公にあまり感情移入できないので緊張感も半減してしまい退屈に感じられました。戦争やそれに参加する軍人についていろいろなテーマやメッセージがあるのかもしれないが、そんなのは映画自体にのめり込むことができてこそ生きるものだとも思います。それにしても最近のアカデミー賞の作品はどれもあまり面白くないですね。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-03-19 15:41:27)
89.《ネタバレ》 ただのヒーロー大活躍アクション映画だったらどうしようと思っていたのですが、そうではなかったので安心しました。携帯電話をものすごい勢いで警戒するところなどは現実の生々しさを感じさせますし、中盤の砂漠の銃撃戦も、何もないところがかえって緊張感を高めています。前半でさんざん白く乾いた埃っぽい地面を見せ、中盤以降は暗闇中心に移行して、最後に日常のスーパーマーケットを持ってくるのも、ギャップの体感を醸し出しています。これでカメラがもうちょっとまともだったらよかったのですが。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-16 02:29:59)
88.2010年度アカデミー賞受賞作。イラクに駐留するアメリカ軍の爆弾処理チームの奮闘を描く。「仕事」として爆弾処理をする彼らの姿を坦々と映しているだけで、「誰彼を倒す!」「仲間を助ける!」といった明確なゴールは無く、彼らはただただ目の前にある爆弾を任期内に処理し続けて行く。その中で命を落とす者、重傷を負う者が出るが、物語は処理チームは爆弾処理シーンをひたすら追って行きます。終わりの無い・出口の無い戦争が続く様を肌で実感出きる映画。映画を観て色んな人と語りたいという方にオススメ。
カイル・枕クランさん [映画館(字幕)] 8点(2011-03-13 23:31:45)
87.主人公は度胸のよさで戦場を渡り歩いてきた。死と隣り合わせの状況でしか生を実感できないほど、彼は戦場に長くいすぎた。そんな彼も人間味あふれる部分があって、あまり優秀とはいえない同僚たちや現地の子供たちに優しい。戦場という極限の状況のなかで彼なりのバランスの取り方だと思えば親しみがわいてくる。しかし、戦地が泥沼化すればするほど、彼の人間味が空回りする姿は痛々しい。
michellさん [DVD(字幕)] 7点(2011-03-13 22:12:52)
86.《ネタバレ》 面白くない訳ではないが面白い訳でもない。戦場という非日常的な場所で爆弾処理という非日常的な仕事を生業とする主人公たちの話が淡々と進み、これといった山場もなく終わってしまった感じ。魅力的な登場人物も居らず、ラストも「また戦場へ」って感じで新鮮さも面白味もなかった。同じ爆弾処理の場面を延々と見せるにしても、往年の「ジャガーノート」の演出の方がドキドキ感に溢れていて遥かに面白い。何でアカデミー賞とったのか不明。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 5点(2011-03-06 19:15:41)
85.オスカー受賞の箔が無ければスルーしていたであろう作品。確かにテロと戦ってる戦場の雰囲気は伝わってくるが、このストーリー性の薄さは何なのだろう…。これだったら例え爆発のシーンを拝めないとしても、ドキュメンタリーを観たほうが有意義だった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-03-02 21:34:01)
84.《ネタバレ》 あまり期待していなかったかせいか、いい意味で裏切られました。飽きずに観れ、戦争の酷さ、そして人格(戦争中毒)をも変えてしまう空しさが十分伝わりました。ただ他の方も記している通り、最初の爆破シーンは「えーっこれで死んだの?」って感じでした(逆説だったのか?)。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-23 10:09:46)
83.《ネタバレ》 常に緊張感が張り詰めたような雰囲気に圧倒されました。
よくリアリティという言葉を耳にしますが、それは当事者にしか分かり得ないものだと思います。
戦地にいったこともなく平和ボケした日本人の私には
兵士たちの気持ちや戦場のリアルさなんてものは分かりませんが、
少なくとも汲み取ることはできました。
自分の仕事柄、現代戦争の様々な映像素材を大量に見てきました。
勿論、放送できないような映像もなかには数多くあり、そういう目線でみると
この作品の魅力である映像のスゴさが分かる。
こと臨場感を出すのに全編ほぼ手持ちですが、何気ない雑感の切り撮り方がいい。
驚くべきは激しい銃撃戦やテロとの狭間に普通の民間人が暮らしてること。
銃をもった兵士たちが血相かえて市街を抜けるのを普通なら怖くて家に閉じこもる。
けど、ここでは子供でさえも興味本意に姿をみせる。
先進国ではありえない光景が日常となってしまっている現実をしっかり描いている。
また、兵士のクローズアップの使いどころもいい。
そして秀逸なのは、爆発シーン。爆発の衝撃度、恐ろしさというのが
画面狭し、ひしひしと伝わってきた。

この作品にこれといった物語性はなく、ただひたすら人間を描いている。
冒頭の「戦争は中毒である」の一文。監督がみせたかったテーマのひとつ。
ラストの 故郷に戻った時と再び戦地に赴いたジェームズの姿が物語っている。



シネマブルクさん [DVD(字幕)] 8点(2011-01-20 23:13:55)
82.《ネタバレ》 まず、最初のリーダーの爆死にリアリティがない。確かに爆風に押されて倒れこんでいましたが、「あれ、助かったんじゃないの?」と思ってしまうほど。
そして、スローモーション。だいたい爆破シーンにスローモーションを使うのは、演出として古すぎる。
以上、最初に興ざめしたのがまずかった。
主だったストーリーもないし、ドキュメントというわけでもないし…。
結局、中途半端なんですよね、すべてが。
だから、ハラハラドキドキ感がほとんど無かった。戦争映画でこれほど淡白なものは最近、お目にかかったことが無かったです。
loveさん [DVD(吹替)] 5点(2011-01-18 17:37:44)
81.なぜか劇中、主人公に振り回される同僚サンボーンの気持ちになって見てました。こういう狂気スレスレの主人公というのは戦場ではたいへん優秀だったりするわけですが、これまでの戦争映画にありがちだったヒロイズムを徹底して廃した映像から、この主人公が戦場においても極めて迷惑な存在であることが伝わってきます。そんな主人公がヒーロー化しかける後半の展開がお見事。ヒーロー化したって結局は迷惑度倍増で部下に罵られる始末です。このあたりから、僕はひたすらサンボーンの無事の帰還を祈ってました。そんな私は、この作品の「真意」をつかみ損ねていると思いますが、映画的にちゃんと見せ場を作って盛り上げつつ、同じようなテーマを描いていた『地獄の黙示録』やら『プラトーン』のほうが断然よかったんじゃないかなと思いました。
ころりさんさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-16 00:45:52)(良:1票)

80.《ネタバレ》 主人公は英雄気取りの一匹狼として登場します。チームワークなど無視し、爆弾処理係として優秀な自分のかっこよさに酔っているだけの命知らず。そんな主人公ですが、親しくしていた現地の少年が殺されたことでテロに対する怒りに目覚め、次第に積極的な行動をとりはじめます(タバコによって主人公の変化を示している点に注目)。その結果はどうだったか?テロとは無関係の民家に押し入っておばさんに叩き出され、無理な追跡で部下に重傷を負わせ、人間爆弾にされた男を救うことも出来ない。さらには少年が殺されたことすら勘違いだったと判明する始末。ひたすらに自分の無力を思い知らされるのみでした。Hurt Lockerとは「苦痛の極限地帯」という兵隊用語らしいのですが、それは爆弾処理の現場を示していると同時に、倫理観に目覚めても空回りするだけで何も変えることができない主人公のもどかしさも意味しているのでしょう。以上の趣旨は面白いし、イラク戦争の善悪という政治的な話は置いといて一兵士の心理にフォーカスし、より普遍的で誰からも受け入れられやすい作品とした点も評価できます。見せ場の作り込みも良いし、いくらでも高い評価を与えることが可能な作品だと思います。しかし、戦争映画としての面白みに欠けることがどうしても引っ掛かります。説明的なセリフがないため映画の主題を飲み込むのに時間がかかるし、明確な起承転結がなくいくつかの事件がぶつ切り状態で並んでいるだけなので、鑑賞している最中はそれほど楽しめません。映画館を出て、帰りの電車であれこれ考えているうちに「実は凄い映画だったのかも」と気付くタイプの作品なのです。
【2017/3/19コメントを追加しました】
上記の通り、公開時にはそれほど高くは評価しなかったのですが、時期を空けてみると、本作の非凡さがよく分かりました。これは間違いなく傑作です。
製作時点でまったく問題が解決していなかった戦争を題材としながらも、ここまで政治色を排除して客観的な立ち位置に留まってみせた脚本・演出の落ち着きぶりには驚かされます。全体の構成もかなり特殊なもので、主人公が「自分は戦争中毒者である」という事実を認識した上で、それを変えようともせずただ受け入れるという落とし所はかなり斬新でした。また、英雄気取りでイヤな奴だった前半ではあらゆる任務をうまくこなせていたのに、正義や倫理に目覚めた中盤以降では一転して何もかもがうまくいかなくなるという、通常のドラマとは正反対の展開を迎える点も異色でした。ドラマ性というものを大きく否定しているのです。観客の感情移入をここまで拒絶した戦争映画も珍しいのですが、キャスリーン・ビグローによる圧倒的なビジュアルが観客の関心を引き留める役割を果たしており、2時間はちゃんともたせる内容となっています。この匙加減は見事なものでした。
あと、再見するとホークアイとファルコンとワスプが共演した作品であることにも気付きました。低予算ながら、その後の人気俳優に目を付けてたんですね。その辺りの慧眼にも恐れ入りました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2011-01-08 20:31:05)(良:3票)
79.この作品の伝えたい内容は「異常な戦争に一度入り込むと、ドラッグのようにハマってしまう」という事でしょうか?
どうも、「こういう職業があります」「こういう人達がいます」「こういう世界があります」と説明的な気がしました。
sirou92さん [DVD(字幕)] 5点(2011-01-07 23:14:38)
78.《ネタバレ》 つまらない映画とは言わない。実態を知っているわけではないが、米軍が「不正確」と評したのはわかる気がする。【ネタバレ注意】ウィリアムは、結局運がいいだけで無謀な奴なんじゃないか。冷静沈着ですらない。爆弾を仕掛ける側の心理を描かない一方的な内容になっている点には目をつぶるとしても、描写が薄っぺらくて戦争の恐ろしさが伝わってこない。これでアカデミー作品賞なのかと思う。
mohnoさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-29 20:56:16)
77.リアリティもあるし、映像も素晴らしい。だが、つまらん。
イラク戦争という授業、講義を延々と受けている感じがした。
のははすひさん [DVD(吹替)] 4点(2010-12-27 13:24:54)
76.《ネタバレ》 アクション好みの会社の同期が良かったというので名画で観にてきました。本作品だけではさして目新しさを感じない作品だったかもしれませんが、同時上映の『マイブラザー』を観たことにより、戦場に行くことを職業とする人々の感覚が胸に迫ってきました。イラク・バクダッドで爆弾処理班のチーフを務める主人公は、経験と勘にものをいわせて修羅場を乗り切り続けます。彼が死なないのは職業的能力の高さの現れであり優秀な兵士であることが伺えます。舞台となるイラクは、戦争は終結しているとはいえども、米兵は常に狙われているという緊張感と、爆弾がいつ炸裂するかというスリル、そこそこ迫力のあるアクションシーン(中盤の狙撃シーンは良い)で中だるみしません。印象的だったのは帰国し妻と行動を共にする場面です。シリアルを買っておくように伝えられた彼は、数多くのシリアルが並ぶ棚からひとつを選ぶことができません。自宅のキッチンで妻に職場(戦場)での出来事を話している際、にんじんを切るよう頼まれた際、実に不満気に、ぎこちなさそうに包丁を手に取る姿です。知悉している装備からひとつを選ぶこと、訓練と実戦で得た経験から命令を下すことはたやすくできても、日常生活における選択と実践ができない。狙撃シーンで新兵に飲み物を持ってくるよう指示するシーンとの対比が印象的です。命令することに慣れていても、命令されることはなく、職場(戦場)での有能さを軽くあしらう妻への苛立ちのようであり、制服(戦闘服)を着ていないことへの落ち着きの無さの現われのようでありました。再び職場(戦場)へ戻る彼は、仕事中毒でもなんでもなく、煩わしい家庭から遠ざかろうと仕事に逃げるサラリーマンの姿のようであり、某大国の姿と重なるようでもあります。『マイ・ブラザー』と続けて観たことによる+1点で、6点献上。
さめがいさん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-26 23:19:30)(良:1票)
75.うわ。つまらん。と言って済ませる訳にいかないんだろうね、こういう作品がオスカー獲っちゃうんだから。戦場の映像が逐一、これでもかこれでもかと流れてくるようになって、ホンモノの映像の持つリアリティに、すっかり圧倒されちまい、作り込んだ虚構であるところの「映画」に対する懐疑が生じた訳だ。アメリカ映画界が自信を失った訳だ。怖気づいた訳だ、とまで言ったら言い過ぎか? そういう一連の流れにおいて、つまるところ、3Dに挑戦した『アバター』と本作とのオスカーレースってのは、「作る」立場と、「壊す」立場との、一騎討ちだったのね。そして結局、「壊す」方に軍配は上がった。でも、「壊す」だけじゃあしょうがない訳で。それとも、映画をいったん解体した上で、映像美学を再構築してみよう、ってか。「これは実際の映像です」的な映像の持つ力。もっとも、「ホンモノの映像のリアリティ」って、あくまでホントにホンモノであるからこそリアルなんだけど・・・。そういや対抗馬の『アバター』ですら、同様の手法を用いたシーンがあったっけ。でも、それに頼り切らない賢明さを持っていた分、『アバター』には救いがあった。本作は、映画を壊し、壊しただけで評価を受けてしまった。勿論本作にも作為はある、あるけど・・・面白くない(スーパーマーケットで立ち尽くすシーンなど、本気でアホかと思った)。これでいいのか、アメリカ映画。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-20 22:52:07)(良:1票)
74.《ネタバレ》 目も当てられないほどグロいシーンがありました。大枠のストーリーが無いので見ててわくわくしませんでしたね。一人の男を密着しただけのVTRです。エンターテイメント性がありません。
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 0点(2010-12-18 20:32:50)
73.期待以上の内容でした。変に観客に媚びた演出がなく、そういった意味ではリアリティを適度に感じられる作品だったと思います。銃をひたすら撃ちまくっているだけの戦争映画に比べれば観る価値はあると思います。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-25 05:22:14)
72.《ネタバレ》 妻投稿■この映画の主人公は戦争に狂ってしまった・・・・のではなく、戦争に適応したのだと思う。この映画の主人公は決して狂ったわけではない事を私は主張したい。そのうえで評価すると。■私の友達の強姦被害者の言葉を、映画を見て私はずっと思い出していた。「私たちが戦わなければいけない感情は、怒りでも憎しみでもない。無力感だ」という言葉だった。暴力、虐待など圧倒的かつ予想不可能な力による死の恐怖に向かい合わざるを得ない状況下で、人間は無力感に押しつぶされやすい。実は人間の愚行、自分を傷つける、他人を傷つける、人生をダメにするという様々な悲劇のかなりの割合が「無力感」によって生まれているのではないかと私は思う。主人公は人間の生存、自己保護本能によって戦争に適応した。しかしそんな中でも彼は予想だにしない死の恐怖を、その果てにある無力感と戦っているのだ。この映画は、そういう極めて普通の人間の当たり前の姿、しかし平和のなかでは異端視されやすい姿を直視した映画であり、それ以上でも以下でもないのではと私は思う。■ただしそういう映像を表現するのに必要以上のカメラのブレはいただけない。私はカメラのブレは「カメラがその場に存在する」という現実味を与える事は出来ると思うが、「観客がその場の空気を感じる臨場感」を与える事は出来ず、むしろ逆効果だと思う。観客の人間の目って、日常生活でブレを意識したりしないでしょ?
はち-ご=さん [DVD(吹替)] 8点(2010-11-15 22:25:17)(良:1票)
71.《ネタバレ》 劇場で観て、DVDで再鑑賞。評価が真っ二つですね。私はこの映画支持します。爆弾処理の緊迫感、虫がたかり銃声だけが響くスナイパー戦、ベッカム少年の勘違い、救おうとして救えないイラク人…。この映画を「途中が退屈」「長い」と思うのはまさに制作者の意図なのでしょう。戦場というのはそういう場所だと。登場人物もきれいごとを言ってることはなく、ただ任務を遂行するだけ。主人公も決してヒーローとして描かれていない。ただただ、イラクの現状をありのままを描いてるだけだと評価したいです。 爆弾を前には何もためらわず次々とワイヤーを切るジェームズが、大量のシリアルを前に戸惑うシーンと、「もう終わろう」の台詞が大好きです。
テンパーるさん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-11 23:10:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 150人
平均点数 6.17点
032.00%
121.33%
210.67%
374.67%
4117.33%
52114.00%
63221.33%
73120.67%
83624.00%
953.33%
1010.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review8人
2 ストーリー評価 6.26点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.57点 Review14人
4 音楽評価 6.18点 Review11人
5 感泣評価 4.28点 Review7人

【アカデミー賞 情報】

2009年 82回
作品賞 受賞 
主演男優賞ジェレミー・レナー候補(ノミネート) 
監督賞キャスリン・ビグロー受賞 
脚本賞マーク・ボール受賞 
撮影賞バリー・アクロイド候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)マルコ・ベルトラミ候補(ノミネート) 
音響効果賞ポール・N・J・オットソン受賞(音響編集賞として)
音響賞ポール・N・J・オットソン受賞 
編集賞ボブ・ムラウスキー受賞 
編集賞クリス・イニス受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS