ザ・ウォーカーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ウォーカー
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ウォーカー

[ザウォーカー]
The Book of Eli
2010年【米】 上映時間:118分
平均点:5.75 / 10(Review 57人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-06-19)
アクションドラマサスペンスSFアドベンチャー
新規登録(2010-02-07)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2013-11-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレン・ヒューズ
アルバート・ヒューズ
演出ジョン・コヤマ(スタント・コーディネーター助手)
ダン・イノサント(マーシャルアーツ・トレーナー)
キャストデンゼル・ワシントン(男優)イーライ(“ウォーカー”)
ゲイリー・オールドマン(男優)カーネギー
ミラ・クニス(女優)ソラーラ
レイ・スティーヴンソン(男優)レッドリッジ
ジェニファー・ビールス(女優)クローディア
フランシス・デ・ラ・トゥーア(女優)マーサ
マイケル・ガンボン(男優)ジョージ
トム・ウェイツ(男優)ハイジャック・リーダー
スコット・ワイルダー〔スタント〕(男優)中年の男
ジョン・コヤマ(男優)スナイパー
マルコム・マクドウェル(男優)ロンバルディ(ノンクレジット)
大塚明夫イーライ(“ウォーカー”)(日本語吹き替え版)
安原義人カーネギー(日本語吹き替え版)
塚田正昭ジョージ(日本語吹き替え版)
音楽アッティカス・ロス
撮影ドン・バージェス
製作ジョエル・シルヴァー
ブロデリック・ジョンソン
アンドリュー・A・コソーヴ
デヴィッド・ヴァルデス
デンゼル・ワシントン
スティーヴン・P・ウェグナー(共同製作)
製作総指揮スティーヴ・リチャーズ
スーザン・ダウニー
リチャード・D・ザナック
配給松竹
角川ヘラルド・ピクチャーズ
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮ジョン・ファーハット(視覚効果スーパーバイザー)
コリン・ストラウス(視覚効果デザイナー&プロデューサー)
グレッグ・ストラウス(視覚効果デザイナー&プロデューサー)
美術カイル・クーパー(タイトル・デザイン)
衣装シャレン・デイヴィス
録音ゲイリー・A・ヘッカー
スタントツヨシ・アベ[スタント]
スコット・ワイルダー〔スタント〕
その他ニック・イングマン(指揮)
あらすじ
ある一冊の本を持ち、文明社会の滅びた世界をただひたすら西に向かって歩き続ける男イーライ。本を守り、使命を全うするイーライとその本に魅せられ、探し求める者達が無法の世界で交錯する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.《ネタバレ》 世界観がしっかりしていて良かった。
ひたすら西に向かうというストーリーは、「ニンニキニキニキ・・・」を思い出してしまう昭和世代。
三蔵法師が運んだのも宗教的書物でしたね。
また、荒廃化した砂漠はイスラムを思わせる。もしかして世界三大宗教を意識している?
アルカトラズはノアの箱舟?
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 7点(2019-11-08 22:48:45)★《更新》★
56.《ネタバレ》 よくある世紀末ものかと思いきや、かなりまじめな宗教的寓話だったという趣の作品。
この話にはキリスト教的な元ネタとかがありそうな気がするれど、キリスト教的宗教観をもたない人間としてはそのあたりがよくわからない。
全体的に地味な映画でキリスト教的宗教観をもたない人間が観ても説教臭いし鼻もちならない感じでさして面白くないはずなんだけれど、個人的になんかちょっと心に残るものがあったのも確か。

キリスト教信者の人が観たら面白いのかもしれません。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 6点(2016-11-01 14:17:17)
55.《ネタバレ》 ○デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが出てりゃそれなりに見ていられるが、正直なんだこりゃって思った。○誰もがマッドマックス辺りを連想する感じだが、映像的にはもちろんこちらの方が優れていると思うが、1冊の本を巡って繰り広げられるというところにスケールの小ささを感じるし、何よりデンゼル・ワシントンが無敵すぎる。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-05-17 17:15:46)
54.《ネタバレ》 起承結で出来ているような映画でした。オチを最初に思いつき、そこから物語をくみ上げていって、転の部分をどこかに置き忘れてしまったような物足りなさ。ヒロインを救うために本を渡したことで、自分が運ぶべきは本という物ではなく、本の謳う精神性であることに気付き、30年来の放浪から解放される-悟りを開いて目的の地へ誘われれるという転の部分をあまりにもおざなりに描いてしまったために腰砕け。最後のオチはしてやられましたが、映画全体としてはこの点数が良いところです。
kirieさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-05-16 00:08:56)
53.《ネタバレ》 デンゼルワシントンが、西部劇をつくりたかったのでは という感じです。何かを運ぶそして運んだという達成感がよくでています。 最初の壊れた高速にブッシュの看板が見えました。時代精神かな
ガリペロさん [ビデオ(字幕)] 7点(2015-04-14 20:16:41)
52.《ネタバレ》 低評価が多くて意外です。マッドマックス以上のリアルな世紀末感、大ヒットゲームFO3そのまんまの描写、非常に素晴らしい映画でした。

ネタバレすると残念なので前知識無しに観ていただきたいですが、「最後のBOOK」と聞かされたらアレだろうなと想像は容易いです。また、盲目かどうか議論になっていますが、これは全く違うと思います。主人公は対象物にシッカリ視線を送り、そして目を見て話しています。途中から出てくる盲目の母の演技と比較すると主人公が盲目でないのは明らかです。

ラスト付近賛否あるようですが神の啓示のまま西へ歩き、そして主人公がココだと思った場所が到達点なので、それでOKだと思います。そして友は友の意思を引き継いでまた旅立ちます。
いくつか難をいえば主人公がなかなかしぶといのは「何か特別なものの力が働いている」で説得力がありますが、超人的強さの説明が一切無いのは少し残念でした。それから、30年歩いていたわりにラストは車でチョイチョイと到達してみたり・・ 適当な部分も結構目立ったりします。

ROMEのプッロ役の人含め、出演陣が意外と豪華だったのも良かったです。キリスト教に興味がなくても十分に楽しめる、素晴らしい映画です!
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-03-30 00:50:30)
51.《ネタバレ》 とっても宗教色の強い作風でちと我々日本人にはわかりにくい感じかな? まぁこんな世紀末的な設定には意外になじみはあるので違和感はないんだけどもね。でもなー、デンゼル・ワシントンだから見れた部分も大いにある気もしたりして、結局そうきたか的な印象でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-05-29 08:34:36)
50.こういう宗教がらみの映画は,日本人の私にはよくわからない.とりあえず,拳銃でやられた後,地獄の底からよみがえり,敵をやっつけて,そのあとは,別の宗派の男が現れたり,兄弟や数々の強敵(とも)と戦っていく...という感じにした方が良かったと思う.
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2014-02-23 01:24:24)
49.《ネタバレ》 ストイック過ぎる。なんだこれは?こんなもの映画ではない。
センブリーヌさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2013-05-12 02:27:52)
48.《ネタバレ》 日本でリメイクするなら、主演はあの人以外に考えられませんが、オファー不可能により断念。となると、次の候補は巨匠かスマップという事になりますが、どちらもデンゼル・ワシントンのイメージには程遠い。というわけで、消去法により、主演はおっぱいバレーちゃんに決定。網走刑務所まで般若心経でも運んでもらうっていうのはどうでしょう。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-03-24 17:27:31)
47.《ネタバレ》 それなりに面白かったです。マッド・マックス的な世紀末アウトロー映画とはちょっと違いましたね。まあ、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが出てりゃそうはハズレはありませんよ。画面の処理が最初は気になりましたが結果的には良かったと思います。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2013-02-24 21:21:30)
46.《ネタバレ》 まず、ビジュアルに心掴まれてしまった。北斗の拳ともマッドマックスともちょっと違う妙に白っぽい大地と、ほんのちょっと墨をたらしたような微妙な灰色とも桃色ともいうべき空。荒廃しながらもどこか美しい。キリスト教に深くない身としては、聖書を人心を掴む武器とみなすことが面白いなあと思った。社会を一から造ろうとすれば、やはり神の存在なり言葉なり、宗教が必要となるのだなあ。それにしても神の言葉をもってして征服に用いようとする発想が西洋っぽい。万物に八百万の神がいて、人間もまた共存させてもらっているという謙虚な姿勢が全く無いのだな。G・オールドマンは安定して?キレているし、人肉食いの老夫婦はブラックで笑えるしで、なかなか見応えあって面白い映画でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-29 01:22:52)
45.《ネタバレ》 最初は正直、この映像(日光にあたって変色した田舎の看板のような。ゴメン)が最後まで続くとキツイなあと思ったんですけれども、観てるうちに馴染んでくるのは、クローズアップを連発せずむしろ引いた映像でしっかりと“見せて”くれるから。某日本映画の某有名キャラを彷彿とさせる居合抜きのような立ち回りが、見事な見せ場になっていて、しかもこれがオチにも繋がっているというのが、うまいというか、ちょっと腹立つというか(笑)。終末感覚、かなりマッドマックス2的。本を巡る争いだろうと、石油を巡る争いだろうと、何でも結構。後半、一群の自動車で追ってくるあたりからワクワクします。一軒屋の攻防、最高です。で、マッドマックス2で最後に敵の残党が去って行ったように、本作でも「帰りのガソリンが無くなるから」と敵と味方が離れ離れになっていく。敵と味方が出会い、戦い、別れ別れになる、これがいいんですよ(いや、オーソドックスな「敵、全員死亡」という終わり方も好きですけどね)。その後はやや冗長かな、とも思ったのですが、ああこのシーンで終わりたかったのか、とラストシーンを見てちょっと納得。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-08-04 15:10:31)
44.《ネタバレ》 主人公イーライが魅力的に描かれていて、北斗の拳のような退廃的な世界の中、無敵の強さを誇る様はかっこよかったです。なぜ本を西へ運ぶのかという事より、どんな窮地な状況でも見事に打破してしまうイーライの驚異的な身体能力が気になっていましたが、真相を知って思わず「おお~そうだったのか!」と感心してしまいました。マトリックスに続き○○的ですが、世界観が良く楽しめました。見終わった後にもう一度見てみたくなる映画ですね。
nyarameroさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-07 10:50:12)
43.《ネタバレ》 自分のなかの終末絶望3部作で、他の2作「Tomorrow World」「ザ・ロード」より劣ると思いましたし意識しているシーンがあったりしたと思います。あと、妙な説明はいらない(紫外線がどうとか)、晴天があったら絶望映画として成り立たない。最後に、邦題は「イーライの本」でよかったんじゃないでしょうかね。あ、蛇足ですが英語の点字はその気になったら解読早くできそうな気がしません?聖書ある程度理解しているなら、ね!
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2012-02-07 10:18:43)
42.《ネタバレ》 ネタバレますのでご注意。
ふむなんといいますか、「はじめにオチありき」で作られた作品ですね。
オチそれは、イーライはもともとは全盲であったこと、だから点字が読めたということ、神の奇蹟によって突然見えるようになったということ、そして「お告げ」を直接聞くことができるという「預言者」になったということですら。
日本人にはイマイチピンと来ないところですが、これでいいんですよ宗教映画だから。
この映画の主役はデンゼルでもイーライでもなくて決して登場することのない「主」でありますから、それがたまたま「終末」を背景にしているというだけであって、べつにそれがBC時代であっても内容は変わらないのです。「ベン・ハー」と同じような映画と言ってもマチガイではないのである。
まーそーゆー映画を作ってくれても別に私には影響はないからどうでもいいのだが、ちょっと興味があるのは製作にもかかわっているデンゼル55歳が「なぜ今これだったのか」ということかなあ。
これはけっこう低予算だと思います。デンゼル本人のギャラさえ抑えれば、とても安く作れたのではないでしょうか。デンゼルが出る映画としては…ちょっとなあ、かなり違うのではないか。
デンゼルは己のギャラを抑えてでも、このような「神様宣伝映画」を作りたかったのですら。
その心理は私などにはよくわかりません功成り名遂げたデンゼルにして何かの「回帰」現象ということかもしれませぬ。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-10-04 13:24:11)(良:1票)
41.《ネタバレ》 北斗の拳の盲目のシュウが聖書を届けるお話。デンゼルが盲目だったのか、劇中では描写が凄く曖昧だった。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2011-09-01 13:14:19)
40.《ネタバレ》 世界が荒廃した状況に宗教が絡み、本来なら重苦しい作品になりそうですが、本作は良くも悪くもエンターテイメントに徹しています。
良く言えば気軽に楽しめる。悪く言えばノリが軽すぎる。
話は本当にシンプルです。
単純に西へ西へ一直線。
ひたすら西へ向かう直向な姿と異様な強さはまさに「世紀末救世主伝説」かと思わせるような雰囲気。 
ヒロインが暴漢に襲われピンチ→突然暴漢がダウン→その後ろに弓を構えた主人公が・・・まさに某「世紀末救世主伝説」にありそうなシーンではないですか^^;
こういったベタさ加減はけっこう好きです。
その何十年も生き延びてきた主人公が、チンピラ風情の親玉の弾丸に沈むのは意外でしたが・・・  
ラストはプチ・サプライズで特筆すべきものでもありませんし、ヒロインがついてきてからはこれといった見せ場はないし、これといった凄い作品ではないですが、とにかく単純明快なのがいいところ!
牛若丸さん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-26 23:10:24)(良:1票)
39.《ネタバレ》 思ったほどアクションが少なく、テンポが遅くて途中でだれる感じに。ゲイリーオールドマンの役柄を今まで作品みたいなもっといっちゃってるキャラにしてほしかった。
とむさん [DVD(字幕)] 4点(2011-05-13 12:43:03)
38.《ネタバレ》 なかなか話が進まない割に後半は、あっさり目的地に着いてあれよあれよと終わってしまった。神の思し召しということで目的果たすまで死なない(死ねない)という理由も納得出来たので、まあ良しとする。
よりさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2011-05-05 00:07:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 57人
平均点数 5.75点
000.00%
100.00%
211.75%
300.00%
4915.79%
51017.54%
62340.35%
71017.54%
847.02%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review9人
2 ストーリー評価 5.00点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.55点 Review9人
4 音楽評価 6.66点 Review6人
5 感泣評価 4.83点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS