踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
 > (レビュー・クチコミ)

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

[オドルダイソウサセンザムービースリーヤツラヲカイホウセヨ]
2010年【日】 上映時間:141分
平均点:4.32 / 10(Review 72人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-07-03)
アクションサスペンスコメディシリーズもの犯罪もの刑事ものTVの映画化
新規登録(2010-04-07)【ドラりん】さん
タイトル情報更新(2017-03-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本広克行
キャスト織田裕二(男優)青島俊作(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係係長警部補)
柳葉敏郎(男優)室井慎次(警察庁長官官房審議官警視監)
深津絵里(女優)恩田すみれ(警視庁湾岸警察署刑事課盗犯係巡査部長)
ユースケ・サンタマリア(男優)真下正義(警視庁警視)
内田有紀(女優)篠原夏美(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係巡査部長)
伊藤淳史(男優)和久伸次郎(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係巡査部長)
佐戸井けん太(男優)魚住二郎(警視庁湾岸警察署警務課課長警部)
小林すすむ(男優)中西修(警視庁湾岸警察署盗犯係係長警部補)
甲本雅裕(男優)緒方薫(警視庁湾岸警察署刑事課強行犯係巡査部長)
遠山俊也(男優)森下孝治(警視庁湾岸警察署盗犯係巡査部長)
小泉孝太郎(男優)小池茂(警視庁刑事部交渉課課長警視)
ムロツヨシ(男優)倉橋大助(警視庁刑事部捜査一課付(交渉人補)警部補)
寺島進(男優)木島丈一郎(警視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査係警視)
小木茂光(男優)一倉正和(警視庁刑事部捜査第一課管理官警視正)
松重豊(男優)眉田克重(警視庁警備部爆発物処理班班長警視)
北村総一朗(男優)神田総一朗(湾岸署署長警視正)
斉藤暁(男優)秋山春海(湾岸署副署長警視)
小野武彦(男優)袴田健吾(湾岸署刑事課課長警部)
滝藤賢一(男優)王明才(湾岸署刑事課強行犯係研修生)
小栗旬(男優)鳥飼誠一(警視庁刑事部捜査一課管理補佐官警視)
高杉亘(男優)草壁中(警視庁警備部特殊急襲部隊警視正)
岡村隆史(男優)増田喜一
伊集院光(男優)野口達夫
稲垣吾郎(男優)鏡恭一
小泉今日子(女優)日向真奈美
津嘉山正種(男優)池神(警察庁長官)
辻萬長(男優)町屋忠正(警察庁次長警視監)
阿部秀司〔製作〕(男優)東京都知事
森廉(男優)須川圭一
三上市朗(男優)三井一郎
黒田大輔(男優)
いかりや長介和久平八郎(ライブラリー出演)(ノンクレジット)
出演宮藤官九郎柏田郁夫(写真)
北山雅康坂下始(写真)
近藤芳正田中文夫(写真)
布川敏和岩瀬修(写真)
古田新太現金輸送車強奪事件犯人(写真)
脚本君塚良一
金沢達也(脚本協力)
音楽菅野祐悟
松本晃彦(オリジナルテーマ曲)
作詞織田裕二『Love Somebody [CINEMA Version ⅲ]』
編曲松本晃彦『Love Somebody [CINEMA Version ⅲ]』
主題歌織田裕二『Love Somebody [CINEMA Version ⅲ]』
製作亀山千広
フジテレビ
プロデューサー臼井裕詞
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮石井教雄(VFXスーパーバイザー)
美術梅田正則(美術監督)
編集田口拓也
照明加瀬弘行
その他吉川威史(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.《ネタバレ》 試写会で見たために出演者が見られたことから当時の高揚感で点数をつけた感が否めないが許して欲しい。
登場人物が多すぎであることは紛れもない事実でそのために収集がつかない状況は前作から更にパワーアップした感が拭えない。さらにはこの人誰?的な登場人物(セキュリティを解除するために呼んだのは「弾丸くん?」)までだして思わせぶりながら幻滅的な演出を見せてくれた。
出演者自身が「もう少し出番が欲しかった」(舞台あいさつ時の寺島進)と言うほど本筋にかかわれない登場をする人物が多すぎた。
電源切ったら開いちゃうセキュリティってなに?  分厚い扉叩くのって引いたんだけど(頭大丈夫??やっぱ病気??)
突っ込みどころ満載だけど 冒頭の通り舞台あいさつの高揚感を加味して 7点(なかったら4点だなぁ)
だだくまさん [試写会(邦画)] 7点(2015-09-23 11:38:13)
71.私の中での「踊る大捜査線」は劇場版第1作で完結していた、ということを実感させてくれた作品。同窓会的な「2」、さらに悪ノリを強めた「3」と、作品を重ねる度に評価が落ちていくのが悲しいです。角材のアレはギャグのつもりなのか?
ライヒマンさん [地上波(邦画)] 4点(2014-08-03 23:03:54)
70.《ネタバレ》 「踊る大捜査線」の基本といえば序盤で散りばめられた下らない要素が、終盤に回収されていくのは、基本的に大嫌いなこのシリーズで唯一好きな部分なのですが、それすら消え失せた本作。散りばめた要素を最後まで回収しないのは、「定番からの外し」でば無く単なる「不誠実」だと思います。
また長い上映時間の中で話にまとまりが無く、そして脚本が酷すぎてキャラクターの言動に意味が通らず、観ていて非常に混乱しました。「なんでコイツがこうするの?こうなるの?」という気持ちが頻出します。
撮影の仕方もカメラを署内の通路に沿わせてあっちへ行ったりこっちへ行ったり動きに意味がなく単に見辛いだけ。お偉方が暗い会議室の中の円卓で会議してる様は最早ギャグでしかありません。普通に電気つければいいのにね。
不満点を挙げていって感じたことは、こんな映画の基本を蔑ろにする監督や脚本家がビッグバジェットの映画に携われる、日本の映画界の異様さです。
民朗さん [DVD(邦画)] 1点(2013-11-20 22:19:16)
69.《ネタバレ》 一風変わった事件が発生し、所轄の下っ端刑事たちが、横柄で独善的な警視庁本庁の面々の鼻をあかして事件解決、というのがお約束の筋立て。そこにカタルシス(感情浄化)があるわけだが、本作品ではその点なおざりにされ、対立や軋轢があいまいのまま終始する。多くの人物を描くのに熱心のあまり、基本を忘れてしまったようだ。以前の作品では、青島刑事の活躍が物語の中核にあるが、驚いたことに、今回ほとんど活躍しない。鋼鉄シャッターに木製杭を打ちつけ、穴を開けようとする奇妙な行動が目立つのみ。内容は、12年前に公開された劇場版第一作の続編で、何をいまさらの感がある。脚本はチグハグが目立つ。
最も疑問に感じたのは次の部分。実行犯達は新湾岸署ビルを人質ごと封鎖し、猟奇殺人犯の日向真奈美の釈放を要求した。電源をオフにすることで新湾岸署ビルの封鎖は解かれ、実行犯が確保され、事件は解決しているのに、何故青島は目の前にいる日向を確保しないのか。一緒に旧湾岸署ビルに入って、時限爆弾が炸裂、ガラスが全て割れるも何故か二人は無傷という不思議な展開。他に目についたものを上げると。
①釈放した囚人を理由なく射殺するという安易な決定。
②肺がんが濃厚なエックス線画像を単なる撮影ミスでしたで片づける。
③亡くなった和久刑事の親族を安易に登場させる。
④拳銃の管理があんないい加減な筈がない。
⑤銀行の金庫を開錠したが何も取らなかった。バスジャックを起こして乗客から財布を集めたが結局奪わなかった。この理由がはっきりと説明されていない。
⑥毒ガスがフェイクであったのはわかるが、スカンクやワニを登場させるのはおちゃらけが過ぎる。
よしのぶさん [DVD(邦画)] 5点(2013-09-10 21:09:49)
68.《ネタバレ》 こういうのって「思っていたよりも面白かった」っていうのが個人的な感想として多い。
この”踊る大捜査線奴らを解放せ”よもそんな感じだ。
観る前は見る気もしないようなホントつまらなそうな印象だった。
でも”踊る大捜査線レインボーブリッジを封鎖せよ”も以前に見ていたので、
なんだか登場人物のキャラに思い入れができていたのですんなりと世界観に入れた。
警察署内部からみた視点がなんとも面白くて、上司など滑稽に描かれているところも楽しめる。
当時の流行や文化も微妙に取り入れているので
ちょっとした懐かしさもあって楽しめる。
ギャグは微妙に癖になるところがある。
たとえば主人公が死ぬ気で頑張ろうとしたときの部下との温度差とか個人的には面白かった。

ただ映画などを見るときには通常のテレビドラマ以上のものを期待してみる事が多い。
ドラマの映画化なんかを見るといつも思うことだけど、
テレビドラマと同等のものを2時間も映画として見せられて満足する客はドラマの熱狂ファンだけだろうと思ってしまう。
ハンニバルレクターの女性版みたいな人物が出てくるがまったく内容がないみたいなのでシラケる。
真犯人の思想は突拍子もないので頭悪い人だとしか思えなかった。中二かもしれない。
そもそもなぜ観る気がしないかって究極的に僕は織田裕二が何故か好きじゃないから。
ゴシックヘッドさん [DVD(邦画)] 5点(2013-04-04 23:40:45)
67.《ネタバレ》 なんか、このシリーズも見切りを付けて集大成かと思わせた。ドラマはいいんだけどね、映画は作る力量がなかったなあ。結局。
minさん [地上波(邦画)] 5点(2013-03-03 19:48:16)
66.引っ越し♪引っ越し♪と新湾岸署への引越しと犯人達との同窓会がテーマか。王明才役の人はの中国人じゃなかったんですねぇ。
健康診断ネタ(胸部に腫瘍があるかも)は先日の健康診断で医師から指摘されたので、笑えなかったり。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 6点(2013-03-03 11:55:20)
65.シャッターあたりのアイディアは、「閉じ込められたら面白いだろう」そのためにはどうしよう、みたいに逆算してつくった感じで、リアリティがあまりになさすぎる。小泉今日子のキャラクターもここまで重い役は彼女には無理だろう。まあそれでもそれなりに楽しくは見られました。
小原一馬さん [地上波(邦画)] 5点(2013-01-01 23:22:54)
64.《ネタバレ》 もう10年もたったし、志に対してとかの批判はよそうと思う。娯楽作としては十分面白いんじゃないかな。脱獄の大ネタとかセキュリティ高度すぎや政治とかのネタは面白かった。でも射殺とかファンタジーに過ぎる部分やスベリ気味の元作品ネタも多くて辟易するとこもあった。オマージュというか稲垣吾郎ちゃんや伊集院さんが出てる場面はおっ!と思った。元ネタでは好演だったし。嬉しかったね。ただ小泉今日子さんがねえ。元ネタキャストがあるんで仕方はないけど大事な役どころだから演技派女優だったらなあとの残念さは拭えない。全般的な感想は「スベる大捜査線」
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2012-10-29 15:41:37)
63.《ネタバレ》 踊る大捜査線もここまで落ちぶれたというかという作品。ストーリの破綻や突っ込みどころ満載なんていうのは、どうでもいい程酷い。具体的に酷さを書くのもバカバカしくて書く気もなくなるが。ただ、それを象徴的に表しているのが、踊る大捜査線特有の笑わせるシーンやギャグがことごとく滑っており、製作者の意図として笑わそうというシーンで笑えないところ(自分で劇場で見たが、実際笑いを取るシーンでシーンとしてしまった)。この作品を見て本当に病んでいるのは、この作品の犯罪者達ではなく、監督・脚本を担当した製作者側だと思ってしまった。彼らは休養した方がいいのでは?
rosebudさん [映画館(邦画)] 1点(2012-10-21 18:35:02)
62.やはりテレビシリーズの延長上の惰性としか思えないデキで、新キャラもたくさんいるが魅力的ではないです。
しっぽりさん [地上波(邦画)] 5点(2012-10-07 16:59:40)
61.主要レギュラーだけでも、青島、すみれ、真下、雪乃、スリーアミーゴに室井、そして和久さん。野球チームが作れます。サブレギュラーも含めたらサッカーの試合が出来る。それが『踊る大捜査線』。映画やTVスペシャルで、これだけ多くのスピンオフを生み出したドラマシリーズは類を見ないでしょう。際立つキャラクターが『踊る』の大きな魅力のひとつ。そして彼ら一人ひとりが掛け替えの無い存在でした。大切な2人が抜けた劇場版第3作。代わりに多くの新キャラを投入し、それでは足りずと過去の犯人たちまで呼び寄せます。その判断は妥当だったのかもしれませんが、本作には秀逸なキャラクターを活かす脚本が欠けていたと思います。青島は向こう見ずな所はありますが、馬鹿ではありません。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-10-03 19:41:22)
60.《ネタバレ》 よかった点。このシリーズ前2作も含め、テレビドラマでは定番の「死ぬ死ぬ詐欺」をパロディにしたこと。青島が重病かも?という冗談としか思えないシチュエーションのおかげで(しかも途中でネタバラシ有)、観客の感情移入を許さず「この映画そのものがパロディだよ」というメッセージを届けることに成功。以上。他にみるべき部分はなし。テレビシリーズの重要人物である水野美紀がいない以上、同窓会としても成立していない。
ころりさんさん [地上波(邦画)] 3点(2012-09-16 16:36:00)
59.《ネタバレ》 つっこみどころが多すぎてやばい。シャットダウンした壁を青島が木材で壊そうとするシーンはぶっちゃけしらける。すみれさんのスピーチ的なとこで「~だから青島君に捜査させてあげて」ってのもよくわからん。あと他のレビュワーさんが言ってるように最後は死ねばよかったのに、ってのももっと他にいいセリフがあった気がする。なんてゆーか団扇で盛り上がってる感がある気がする。…とこんだけ文句は言ったけど、見終わった後「時間無駄にした~泣」とも思わない映画。まあ、TVでやってると2回に1回は見ちゃうんですよね、このシリーズ。笑  あとすみれさんの髪があいかわらず美しすぎてうらやましいです。
CEDFさん [地上波(邦画)] 3点(2012-09-15 23:54:55)
58.最後まで早送りせず観られたのでつまらなくはなかったみたい。ただしシリーズ物としてキャラに愛着が出来たおかげだろうと思う。邦画コメディエンターテイメント映画。2と同点にしておきます。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2012-07-23 01:55:45)
57.すごくと力を込めて作っているというのは伝わってきましたが、正直、同じ事の繰り返しで完全にマンネリでした。唯一良かったのは成長した森君がみれたところです。それだけ。
アフロさん [地上波(邦画)] 4点(2012-04-18 18:34:53)
56.“2”よりはマシ、その程度の映画だった。
 もちろん、マシと言っても2より面白かったという意味ではない。明らかにおかしいワケの分からない屁理屈を、大上段に振りかざすようなことがなかった分、いくらかストレスなく観られたという程度のマシ。
 今回再び小泉今日子を事件の中心に据え、過去のSPや映画に出演したキャストたちまでを一堂に会した同窓会的な作りでファンサービスしたつもりかもしれないが、肝心のお話が寒すぎる。あまりにリアリティの欠片もない設定と展開にツッコむ気すら失せた。(ツッコミ処はほぼ全編!www)
 君塚良一は、20年前には、この手のスラップスティックを書かせたら上手い脚本家だと思っていたのだが、いつの頃からか勘違いの目立つお寒い3流のホン屋になってしまった。
 ともあれ、このシリーズ、この3で過去の登場人物を総出演させてシリーズ最終のつもりだったようだが、'12年の秋には4がホントのFinalとして公開されるのだそうな。何か、カッコ悪いね。w ってか、もう止めとかない?www
 映画化してから3連続、評価がフリーフォール並みに急落下してるんだけど……。
TERRAさん [DVD(邦画)] 3点(2012-02-21 12:32:56)(良:2票)
55.はっきり言って、面白くない..ストーリーも意味不明、お粗末...
コナンが一番さん [地上波(邦画)] 3点(2012-01-24 12:46:20)
54.前作よりは、ましだったと思う。まあ面白かったよ。しかし、この映画、出演料にいくらかけてるんだろ?
フラミンゴさん [地上波(邦画)] 4点(2012-01-05 11:26:35)
53.途中まではよかったと思う。
途中からサイコパスの奥行がなく、動機もしょうもない。
2時間にまとめてコンパクトにすればよかったのに。
まったく残念。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 6点(2012-01-02 17:39:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 4.32点
011.39%
134.17%
234.17%
32129.17%
41216.67%
51318.06%
61013.89%
7811.11%
800.00%
900.00%
1011.39%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review6人
2 ストーリー評価 2.90点 Review11人
3 鑑賞後の後味 3.60点 Review10人
4 音楽評価 4.62点 Review8人
5 感泣評価 1.88点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS