Menu
 >
 >
 > 名探偵ポワロ マギンティ夫人は死んだ(TVM)

名探偵ポワロ マギンティ夫人は死んだ(TVM)

AGATHA CHRISTIE: POIROT Mrs McGinty's Dead
2008年【英】
平均点: / 10(Review 1人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスTV映画シリーズものミステリー
[メイタンテイポワロマギンティフジンハシンダ]
新規登録(2010-10-15)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2011-06-22)【S&S】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
キャストデヴィッド・スーシェ(男優)ポワロ
ゾー・ワナメイカー(女優)オリヴァ夫人
リチャード・リンターン(男優)ガイ・カーペンター
シアン・フィリップス(女優)ローラ・アップワード
熊倉一雄ポワロ(日本語吹き替え版)
山本陽子オリヴァ(日本語吹き替え版)
原作アガサ・クリスティ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.このひと月ほどの間で、「オリエント急行殺人事件」と「ナイル殺人事件」を続けて観た。
両作品とも、アガサ・クリスティが生み出した名探偵エルキュール・ポワロが登場するミステリー映画の秀作だった。

ただし、両作品共においてどうしても物足りない点があった。
それは、ポワロの存在感が“薄い”と感じたことだ。

「オリエント急行殺人事件」も「ナイル殺人事件」も原作はアガサ・クリスティのエルキュール・ポワロシリーズの代表作なのだろうと思う。
それだけ描かれる事件の内容には深い面白味があり、だからこそ映画化もされたのだろう。

ただ「事件」そのものがあまりに魅力に溢れている分、その場に居合わせた”名探偵”に魅力が感じられなかった。
“名探偵”は、起こってしまった事件の顛末を追うための”狂言回し”的な印象が強かった。

そして、二つの映画作品の“ポワロ”に魅力を感じられなかった最大の理由は、彼を演じる俳優がデヴィッド・スーシェでは無かったことだ。映画作品でポワロを演じたアルバート・フィニー、ピーター・ユスティノフという2人の名優の演技が悪かったというわけでは決してない。

が、テレビシリーズで「名探偵ポワロ」シリーズを見慣れていた者にとっては、英国人俳優デヴィッド・スーシェの演じるポワロこそがエルキュール・ポワロであり、更に言えば日本語吹替え版を担当し続けている熊倉一雄の声で、事件を解き明かしていく様にこそ、安心感にも似た爽快感を得られるのだ。

と、大部分が映画作品の評になってしまったが、相当久しぶりに観たデヴィッド・スーシェ版ポワロのテレビ映画に大変満足したという話。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2010-10-15 20:45:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS