カンフー・パンダ2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カンフー・パンダ2
 > (レビュー・クチコミ)

カンフー・パンダ2

[カンフーパンダツー]
Kung Fu Panda 2
2011年【米】 上映時間:91分
平均点:6.68 / 10(Review 19人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-08-19)
アクションコメディアドベンチャーアニメシリーズもの動物ものCGアニメ3D映画
新規登録(2011-07-01)【+】さん
タイトル情報更新(2017-08-05)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェニファー・ユー・ネルソン
ジャック・ブラックポー
アンジェリーナ・ジョリーマスター・タイガー
ダスティン・ホフマンシーフー老師
ゲイリー・オールドマンシェン大老
ジャッキー・チェンマスター・モンキー
セス・ローゲンマスター・カマキリ
ルーシー・リューマスター・ヘビ
デヴィッド・クロス〔1964年生〕マスター・ツル
ジェームズ・ホンミスター・ピン
ミシェル・ヨー予言おばば
ダニー・マクブライド〔男優〕ウルフ隊長
デニス・ヘイスバートマスター・ウシ
ジャン=クロード・ヴァン・ダムマスター・ワニ
ヴィクター・ガーバーマスター・サイ
ポール・マザースキー
ローレン・トム
山口達也ポー(日本語吹替版)
笹野高史シーフー老師(日本語吹替版)
木村佳乃マスター・タイガー(日本語吹替版)
石丸博也マスター・モンキー(日本語吹替版)
MEGUMIマスター・ヘビ(日本語吹替版)
真殿光昭マスター・ツル(日本語吹替版)
龍田直樹ミスター・ピン(日本語吹替版)
森川智之ウルフ隊長(日本語吹替版)
玄田哲章マスター・ウシ(日本語吹替版)
塩田朋子予言おばば(日本語吹替版)
藤原啓治シェン大老(日本語吹替版)
桐本琢也マスター・カマキリ(日本語吹替版)
立木文彦マスター・サイ(日本語吹き替え版)
木村雅史マスター・ワニ(日本語吹き替え版)
乃村健次ゴリラ衛兵(日本語吹き替え版)
相沢まさきウルフ兵士4(日本語吹き替え版)
さとうあい羊1(日本語吹き替え版)
楠見尚己ポーの父(日本語吹き替え版)
堀越真己ブタ母(日本語吹き替え版)
脚本サイモン・ウェルズ(補足)
ジョナサン・エイベル
グレン・バーガー
音楽ジョン・パウエル
ハンス・ジマー
挿入曲リンキン・パーク"Iridescent"
エリック・セラ"Tricked Pickpocket"
製作ジョナサン・エイベル(共同製作)
グレン・バーガー(共同製作)
製作総指揮ギレルモ・デル・トロ
制作ドリームワークス・アニメーション
東北新社(日本語版制作)
配給パラマウント・ジャパン
編集メリアン・ブランドン
録音アンディ・ネルソン[録音]
イーサン・バン・ダーリン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 とんでもなく自由でデタラメだった前作に比べると今作はぐっとシリアスに。まあパンダもそれなりに偉くなってるのでふざけっぱなしというわけにはいかないのだろう。そして前作で誰もが疑問に思う主役の出生の秘密が話の核になる。

今回の悪役はテクノロジーを駆使する権力者。とにかく「悪いこと」をしたがるという役割的な悪役ではあるが、なんせ声がゲイリー・オールドマンなので心の闇に説得力がある。何もかも否定するしか心の行き場がない哀れな奴。(ところでこのシリーズは役名が安直なのが面白いのだが「シェン」て何だ?「神」か?)

エンドロールでジャン=クロード・ヴァン・ダムの名前を見て驚いたがワニだったのか。ワニとウシの活躍はもうちょっと見たかったな。

名優の声の演技に負けないCGの表情演技、荒唐無稽ながらちゃんと質量感を伴ったアクションは前作からさらに進化している。そして今回は特に音楽が良かった。中国民俗音楽の要素を上手く取り入れて消化していて重くも軽くもなりすぎないのが絶妙。

オープニングとエンドロールのアニメーションも前作からさらにアート感が進歩している。あれだけで一つの作品になりそうじゃない?
tubirdさん [インターネット(字幕)] 9点(2020-06-01 23:00:45)
18.《ネタバレ》  こーゆー頭からっぽにして見られるエンターテイメントは貴重。個人的には前作よりやや好き。なぜならマスター5とポーが力を合わせて活躍するシーンがたくさんあるから。特に今作ではマスタータイガーは準主役的な立ち位置で、かなりかっこいい。
 今作はポーの出生の秘密が明らかになるストーリー。前作よりドラマ性があります。
 ただドラマ部分より、やっぱカンフーシーンが面白いこの作品。動機づけがあったほうがアクションは確かに盛り上がりますが、『故郷、両親を奪った宿敵を成敗』みたいなストーリーではないので、ドラマパートが盛り上がりに一役買っているとは言い難い。
 で、アクション。悪くはないんですが、最大の脅威が『花火大砲』って無機物なのが、どうも興を削ぎます。敵ボス、シェンの登場シーンは、なかなか良いんです。暗器系のシェン、前作のタイランとはタイプの違う強敵。それに今作では隻眼のウルフやゴリラなど、他にも強そうな敵キャラ登場。バラエティに富んでいます。だからこそ、あまりわちゃわちゃせずに、真っ向勝負のチーム戦が見てみたかった気がします。でかい武器や船など、ギミックを多く登場させたことで、ちょっと奇をてらいすぎた演出になっちゃいましたね。
 とは言え、総合点をつければ、カンフーアニメとしては完成度の高い本作。
 シーフー老師、マスターワニ、マスターサイが参戦してからは興奮度MAX。いまいち華のない主役ポーが最後の最後で見せる奥義のシーンなど要所要所でしっかり盛り上げてくれているので、いいんじゃないでしょうか。
たきたてさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2020-01-08 08:13:27)
17.《ネタバレ》 1と比較すると、劣化を感じる。ハラハラして面白い要素が抜け落ち、緊張感がなくてぬるい。前作では、威厳&メッセージ性を感じた中国古風のカンフーという世界も、ただの戦闘の手段となっているように感じた。
対決の相手となる孔雀のシェン大老は、完全なるぽっと出のキャラ。黒幕的なカリスマ性がなくて、ただただ傍若無人の痛いキャラとなってしまっている。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 4点(2018-02-10 07:03:40)
16.《ネタバレ》 前回は師匠のかつての弟子がダークサイドに堕ちて悪役。
今回は、大砲に取り憑かれた悪い孔雀との戦い。しかもその孔雀は
パンダの生い立ちに関わる重要な存在だったとの設定。
まあ1作目での、卵から孵ったガチョウの息子という設定による違和感への
回答のような続編。
1作目は独立したお話の様相でしたが、2作目は続編として始まり
更に・・・3作目へ続くかのようにエンディング。スターウォーズ商法思い出した。
でも、あんなに不快ではありませんでした。
ちゃんとラスボスは倒して、血縁の無い親子の溝は修復されてハッピーエンドです。

気になったのは、暗い夜のシーンが多い事ですか。大砲の火薬の色的インパクトを
際立たせる為でしょうが、当時子供達と見ていたはずが、最近覚えているか確認したら
全く思い出せないと言ってます。見終わった後にあまり印象が残らない作品・・?
もう少し明るいところとか、昼間の戦いにしたらヨカッタのでは?
グルコサミンSさん [DVD(吹替)] 6点(2017-12-26 14:02:38)(良:1票)
15.《ネタバレ》 前作よりもさらにスケールアップしておもしろかったです。ポーは前作よりカンフーが上達しただけでなく、精神的にも成長しましたね。子どもと一緒に安心して見られます(カンフーのまねしそうだけど)。
なぜガチョウがパンダを育てていたのかも明らかになりました。カンフーの達人となったポーが、もうガチョウの父のもとには戻ってこないのか...と思ったら、2人の愛情を確認して終わり...と思ったら、3につながる、びっくりのラスト。早く3を見なきゃ、と思ったら、まだ制作中!
チョコレクターさん [インターネット(字幕)] 7点(2016-04-04 13:05:40)
14.《ネタバレ》 パンダ以外も画面狭しと暴れるようになり、なにをやっているのか観るのに忙しい感じでした。一匹一匹に特徴やらに焦点を当てたシーンがあると良いですね。相変わらずパンダが強そうにみえないなぁ。
とむさん [DVD(吹替)] 6点(2014-10-09 23:25:09)
13.あれれ、1より面白いパターンだった!なかなか渋いストーリー展開。まぁ有りがちな話なんだけど3Dアニメでやってるから新鮮に観れました。苦手なアメリカンジョーク・シーンも控えめでよろしいし、動きも実写にはないスピード感で鑑賞後気分もスッキリ!
movie海馬さん [地上波(吹替)] 7点(2012-08-09 23:31:32)
12.超面白かった!1とやってることはあんまり変わらないが、ひたすらに、ド派手でダイナミックな楽しいCGアクションが堪能できる。90分足らずだが、全編スペクタクル!タイガー超クール!抱かれたい!!
すべからさん [DVD(吹替)] 9点(2012-05-09 23:01:16)
11.相変わらずの豪華なキャスティング、ゲイリー・オールドマンとヴァンダムまで起用とはなんたる贅沢!遊び心満載で言うことなしです。スピンオフや続編もあるようですね、楽しみ楽しみ。あ、しいて言えばなんで3D・字幕の公開がこんなに少ないのかー、もっと私たち大人にも楽しむ機会をください!と言いたいです。
HRM36さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-03-05 10:35:36)
10.う~ん..中身が無い..主役のパンダが、頭悪い、しゃべりすぎ、笑えない...
コナンが一番さん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2012-01-31 12:40:11)
9.この“パンダカンフー映画”シリーズを立て続けに観て思ったことは、最新アニメーション映画において「声優」のキャスティングはこれまでとは少し違った意味で重要になるなということだった。
一昔前までは、客寄せのために著名な俳優を声優としてキャスティングするよりは、本職の声優を起用した方が良いと思っていた。

しかし、アニメーション技術の更なる進化により、造形されるアニメキャラクターの言葉遣いや仕草までもが、声優を担当する人間そのもののキャラクター性に合わせられるようになった。
詰まる所、映画の中で動き回っているのはデブのパンダだけれど、それを演じているのは明らかにジャック・ブラックだと思わずにはいられなくなった。
もし、何らかの事情で、このデブパンダの声をジャック・ブラック以外の人間がやることになってしまったら、その映画はもの凄くチグハグで違和感たっぷりの映画に成り下がってしまうだろうことは容易に想像ができる。

もはやこの映画はアニメーションだけれど、ジャック・ブラック主演でアンジェリーナ・ジョリーやダスティン・ホフマンらが脇を固める映画シリーズだと言わざるを得ない。
アニメーション映画のクオリティーはそういうレベルにまで達しているのだということを改めて感じる質の高い映画であることは間違いない。

ただし、そういったアニメーションの高い技術や、ハリウッドの一流俳優たちが演じるキャラクターの安定感に対して、ストーリーそのものにあまりに意外性がないことも事実。
「王道的」と言えばそうかもしれないが、だからと言って面白味が薄いのであれば、それはやはり問題だろう。
前作に対して、主人公には劇的な成長は無いし、敵役やその他キャラクターとの対立構造も薄い。

更なる続編も企画しているのかもしれないが、ストーリーにひねりや毒っ気がもう少し無ければ、尻つぼみになってしまうことは避けられないだろう。
鉄腕麗人さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-01-29 11:23:24)(良:1票)
8.《ネタバレ》 なかなか良かったと思います~。前作よりもスケールアップして、見事なまでのCGアニメーションを見せてくれます。アクションシーンの軽やかさや滑らかさ、過去の思い出と現在を行き来するモンタージュ表現の見事さなどを見ていると、それこそまるで実写での表現の仕方と遜色ないレベルです。映像を作り込んでいったスタッフの人たちには本当に感服しちゃいます。笑かしてくれるシーンもきっちりあるし、あるいはまた、戦いから帰ってお父さんと抱き合う感動的なシーンなどぐっとくるところもあるし。ドリームワークス製のアニメも凄く頑張ってるな~と関心しました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2012-01-25 02:55:16)
7.2dで見ても3dならここ面白そうだなぁと思う場面が多々ありました。しかしなめらかなカンフーの動きはすごいの一言。アクションシーンもたっぷりあるのでそれだけで楽しめます。ただ、ストーリーが普通すぎるというか、予想がつきすぎるような気も・・・。正当進化しているとも言えますが。出来ればカンフー映画として、最後の戦いはもうちょっと長いカンフーシーンが見たかったかなぁと思いますが、全体として普通に楽しめるアクションアニメでした。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2011-11-07 06:22:44)(良:1票)
6.自分としてはもう少しだけ笑いは抑えていいかなと感じる。ただ全体を通して笑あり泣ありワクワク感ありと贅沢なつくりだしいい仕事してると思う。
3も楽しみにしてます。
とまさん [映画館(吹替)] 8点(2011-09-03 17:17:44)
5.1作目よりは面白いと思いました。でも、期待のしすぎは禁物です。最大の見所は3D映像だと思います。3D眼鏡を掛けなければいけないので、気が進まなかったのですが、この映画の3D映像は本当に凄い。ちなみに、左右ひっくり返して見たら、変な3Dになりました。
shoukanさん [映画館(吹替)] 6点(2011-09-02 22:48:15)
4.カット割りがおしゃれで、カメラワークにスピード感があって、動きにキレがあって、見ていて飽きない最先端のアニメ映画だと思う。パンダ以外のマスターにもう少しスポットを当てて欲しい。カンフーオタクのポーが憧れるマスターファイブがいかにカッコいいか、いかにしてここまでになったか、そのようなエピソードは次回以降なのか。続編が次から次へと作られ、X-MENのようになるとは思えないのだが。前作に比べて敵が見た目弱そうだったのが残念。好きなキャラはシーフー老師とガチョウのお父さん。ポーは幸せ者だ。
ちゃかさん [映画館(吹替)] 7点(2011-08-29 15:09:31)(良:1票)
3.本当は字幕で見たかったのだけれど、現時点で字幕で公開しているのは東京のひとつの映画館だけのようで、こども向けなのかなと思いつつ、大人も楽しめるないようなのでちょっと残念だった。ジャックブラック好きだし字幕版を見るためにもDVDで見てみたいと思った。3Dも迫力があって、よくあっていた。
HKさん [映画館(吹替)] 7点(2011-08-21 18:32:12)(良:1票)
2.《ネタバレ》 前作は擬人化された動物達が、なんだか妙にマジメにカンフー映画してみましたって感じがどうもしっくり来なかったのですが、今回はアクションシーンに高低差やスピード感を駆使した様々なパターンを盛り込んで全く飽きさせません。前作が『酔拳』のアニメ版ならば、今回は『プロジェクトA』のアニメ版みたいな感じで、スケールも大きくなって。ただ、主人公を苛ませる過去の暗い記憶は、映画全体のトーンを重くしてしまっている感じがしますし、そういうドラマを堪能するほどにはキャラクターに魅力があるとは思えないのですよね。それは前作でも感じた事なのですが、今回、前作で既に作られたイメージがあるためか、パンダ以外にキャラクターをもう少し掘り下げてくれるという事は殆どしてくれてなくて。タイガーの過去が思わせぶりに暗示されはしても、それはまた続編で?みたいな状態ですし。元々ジャック・ブラックって人があまり好きではないがゆえに、その人に寄ったキャラクター造形であるって時点で上手く馴染めないのかもしれませんが。一方で映像表現に関してはもはや言う事のないレベルではあります。影絵タッチのオープニングとエンドクレジットの雰囲気もいいですし、本編の描き込まれたCG世界を3Dで駆け抜ける感じも見事。ドリームワークスアニメーションの3Dは効果的な見せ方を判っている感じで常に他より一歩先んじているように思えます。競いあって成長してゆくアメリカのCG業界は凄いなぁ。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 7点(2011-08-21 14:35:18)(良:1票)
1.《ネタバレ》 2Dで鑑賞。一作目と同じく、切り絵や2Dを織り交ぜた映像テクニックは素晴らしく、いくら見ていても全く飽きませんでした。今回の敵が前作のパワーキャラと同じだとマンネリ化すると踏んだのでしょう、暗器使いの達人風になっていた点もグッド。一匹一匹のカンフー・マスター達のキャラが相変わらず立ちまくっていた点にも大いに満足しました。ただ問題点を挙げるとすれば、「2」の宿命である「成長してしまった主人公にどうやって再び逆境を与えるか」ということでしょう。今回のポーについては出生の秘密となるのですが、これがイマイチ乗り切れませんでした。ポーは前作の時点で最強のカンフー使い、ドラゴン・マスターとなっているので、ただ昔の映像がフラッシュバックしただけで弱くなるというのには無茶な設定と言わざるを得ません。思い切ってドラゴン・マスターの力を完全に失ってしまう位にした方が盛り上がった気がしました。あとエンディングを見る限り、当たり様によっては続編を作る気満々な締め方でしたが、3作目の公開の暁には、是非声優の変更をお願いしたいと思います。いくらなんでも酷い部分が多すぎます。モブキャラの声の適当さなどは聞くに堪えませんした。もしくは字幕版も大々的に公開してほしい。
民朗さん [映画館(吹替)] 7点(2011-08-21 00:51:39)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 19人
平均点数 6.68点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4210.53%
500.00%
6526.32%
7947.37%
815.26%
9210.53%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
長編アニメーション賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS