楽園をくださいのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > 楽園をください
 > (レビュー・クチコミ)

楽園をください

[ラクエンヲクダサイ]
Ride with the Devil
ビデオタイトル : シビル・ガン/楽園をください
1999年【米】 上映時間:138分
平均点:6.41 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-02-03)
ドラマウエスタンロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・リー
演出ダグ・コールマン(スタントコーディネーター)
キャストトビー・マグワイア(男優)ジェイク
スキート・ウールリッチ(男優)ジャック
ジム・カヴィーゼル(男優)ブラック・ジョン
ジョナサン・リース・マイヤーズ(男優)ピット
サイモン・ベイカー(男優)ジョージ
ジュエル(女優)スー・リー・シェリー
トム・グイリー(男優)ライリー・クロフォード
ジェフリー・ライト〔男優〕(男優)ダニエル
マーク・ラファロ(男優)アルフ・ボウデン
ザック・グルニエ(男優)Mr. エヴアンス
トム・ウィルキンソン(男優)ブラウン
ジェームズ・アーバニアク(男優)ポーカーをする男
浪川大輔ジェイク(日本語吹き替え版)
森川智之ジャック(日本語吹き替え版)
相沢まさきブラック・ジョン(日本語吹き替え版)
内田直哉ジョージ(日本語吹き替え版)
石塚理恵スー・リー・シェリー(日本語吹き替え版)
辻親八ダニエル(日本語吹き替え版)
西村知道ブラウン(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・シェイマス
音楽マイケル・ダナ
編曲ニコラス・ドッド
撮影フレデリック・エルムズ
製作ジェームズ・シェイマス
ロバート・F・コールズベリー
テッド・ホープ
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
配給アスミック・エース
美術マーク・フリードバーグ(プロダクション・デザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術]
衣装マリット・アレン
編集ティム・スクワイアズ
録音ユージーン・ギーティ(音響効果エディター)
フィリップ・ストックトン
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.《ネタバレ》  『戦争』という大きな枠組みの中で、どちらかと言えば『個人』の戦いやドラマを丁寧に描いた作品ですね。
 それほど派手さはないものの、記憶に残るシーンや台詞が多いです。
 いえ、むしろ多すぎたかもしれません。大事な場面や台詞が多すぎて、焦点がぼやけてしまっている印象です。結局一番言いたかったことやテーマのようなものって、なんだったんでしょうか。
 それに、はじめのうちは誰が誰やらわからなくて、困ります。ジェイク、ジャック、ブラック・ジョン、ピット、ジョージ・・・。覚えられない。誰がメインかもわからない。
 結局最後に残ったのはジェイクとホルト。中心人物たちの中で、もっとも中立に近い存在。ジェイクはドイツ系で、本来ならば父親と同じ北側でしょう。ホルトは元黒人奴隷なわけですから、奴隷解放を訴える北軍と戦うのは違和感を感じます。この二人は、戦争そのものを俯瞰して見ることができる、私達鑑賞者のレンズになっているような気がします。
 だから、時折みせるジェイクの表情、それは猜疑心に満ちているようにも感じるし、迷っているようにも感じるし、鑑賞者の気持ちを代弁しているかのようにも感じます。
 『自分達ゲリラは、結局私怨をはらすため、人によっては私欲を満たすために、戦争を利用しているだけではないのか。』と。
 そこに大義はない、ということに、きっとジェイクたち劇中で気付いています。ですがそれに気付いても、最早一度上がった舞台からは誰も降りられないのが戦争なのでしょう。そう考えると、『Ride with the Devil』という原題は、見事に核心をついています。
 その一方で、『楽園をください』という邦題もまた的を得ているようにも思えますけどね。
 戦渦の中に身を置いた誰もが、最後にはそれぞれの楽園を望んでいたわけですから。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2015-05-07 01:52:59)(良:1票)
21.アン・リー監督の描く南北戦争ものは、良くも悪くもあざとさがなかった。
作りすぎたような不自然さがなく、リアルに響く言葉もある。
その反面、少し盛り上がりに欠ける物足りなさが。
戦争の不条理、憎しみの連鎖、一般人の虐殺、黒人や移民への差別意識、友情、ラブロマンスなど、欲張りすぎた感も。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-01 01:17:48)(良:1票)
20.《ネタバレ》 奴隷制撤廃を大儀に南部の人間を虐殺する北軍と、自分たちの生活(と風習)を守るため戦う南軍ゲリラとの熾烈な戦闘。しかし結局のところやっていることは単なる殺し合いに過ぎず、武器を持たない一般市民までが多数犠牲になるという戦争の不条理。南軍に籍を置きながらも、マイノリティであるドイツ系のジェイクとアフリカ系のダニエル。親友でもある主人を殺され、「自由になった」と語るダニエルの言葉は深い。彼らの目を通して戦争の悲劇が描かれており、名匠アン・リーらしい詩情豊かな映画となっている。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2013-01-06 07:00:08)(良:1票)
19.《ネタバレ》 名匠アン・リーらしい叙情あふれる作品でした。面白いのは脚本で、普通だったら、さあ盛り上がるぞというところが何も起きずに通り過ぎてしまうところで(ジェイクとスー・リーの結婚、ピットと出会う場面、ラストの別れのシーンなど)、下手な監督だと多分相当な駄作になってしまうのでは。脚本を書いたJ・シェイマスはさすがアン・リーとは数々の作品でコンビを組んでいるだけあって、血なまぐさい戦争ものとは思えない味わい映画になっています。ジュエルという人は有名なシンガーだそうですが、結構良い演技していました。女優としてもっとたくさん映画に出て欲しいな。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-03-07 21:35:38)(良:1票)
18.《ネタバレ》 まず、何故こんな題名になったかが不思議です。
元題では、あまりに毒々しいと感じたのでしょうか?
しかし、元題とはイメージを覆して、美しい米国南部の風景が
いっぱい出てきて嬉しくなってしまいました。それにしてもローレンス町襲撃、
その後の北軍との遭遇戦などの戦斗シーンは、中々迫力がありました。
南軍の敗残兵の物語は幾つかあり、「アウトロー」などもその一つでしたが、
多くは強盗団や賞金稼ぎになってしまった経緯も少しわかったような?
エバンス家でのディナーの後に、当主が「北軍の奴等は、教会を立てる前に学校を建て、
そこで読み書きを教えた。そして、その中で、人は皆自由にものを考え、
平等に生きることが出来るという事を教えた。南部では、自分のことだけを考えていた。
これでは南軍は負けてしまう」と言った事が、南軍敗北の大きな理由であったという事は、
初めて知りました。捕獲した北軍兵士の手紙を読むところも中々考えさせられ良かったです。
ジュエルという女優さんは、本当は歌手なんだそうで、付録に入っていたプロモビデオでは、
本当に心に染み込むような歌を歌っていて、御得感満点でした。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 8点(2008-05-07 18:59:43)(良:1票)
17.トビーって10年たっても老けてないですね
マーガレット81さん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-12 01:50:08)
16.この邦題はフィーリングで付けたんでしょうか?でも何となくわかる気はしますが・・・。内容は予想してたよりも地味でしたが、じわじわと染み込んでくるような感じで良かったです。
長毛さん [地上波(字幕)] 8点(2006-06-30 23:39:46)
15.ぎゃ~~~、トビーかわゆいっ(ゲホゲホッ・汗)。うーん、作品としてはもっと踏み込んでほしい感がかなーり。上手く綺麗にお茶を濁してあやふやにもってかれちゃった感があるけど・・・トビーかわゆいから目をつむるっ(笑)。
ジマイマさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-01-30 21:38:05)
14.ジョナサンが・・・カッコよすぎ・・ノ▽`*キャッ
最後は「え、これで終わり?」って思ったけど、
とっても感動した作品でした。
もう一回みたいなぁ~♪
法子さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-05-27 01:00:52)
13.その詩情性への期待もあったんでしょうが、本作のアン・リー起用の理由は、何よりも台湾人であることだと思う。アメリカ人では南軍を描くことに多少の偏見が混ざる可能性があるし、もちろん白人でも黒人でも中立性を保つことが難しいと予想される。そこで実績のあるアジア系の中からチョイスされたのではないでしょうか。想像するに、この映画はドイツ系である主人公とアフリカ系であるホルトが北軍と戦う所に物語のポイントがあったと思うんですけど、部外者のアン・リーでは物語の立脚点が解らなかったらしく、私にもこの映画の伝えたかったことが今一理解できませんでした。ところで“Jewel Kilcher”って、歌手のジュエルだったんですね。向こうでは歌手も映画に出ると、簡単に胸を見せてしまうのが凄い…、4点献上。
sayzinさん [DVD(字幕)] 4点(2005-04-19 00:06:58)(良:2票)
12.良い話だったが特に盛り上がりもなく終わってしまった。トビー・マグワイアは好きなんだけど彼が演じている役はいつも似たタイプの人間に見えてしまうのは俺だけ?
ゆきむらさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-03-30 12:56:05)
11.何てレビューしようかかなり迷いました。自分的には言葉に表せないような映画です、でも一言で言うなら・・・ジョナサン・リース・マイヤーズはかなりカッコいい!!
愛しのエリザさん 7点(2004-11-14 22:48:35)
10.馬が走ってくるときとかはなんかかっこいいと思ったけど、自分の予想していたものとは違いすぎていました。でも、日本語音声で観たら意外に面白かったところもありました。途中で死んでしまったスキート・ウーリッチがちょっと良かった気がします。
Geneさん 3点(2004-11-03 05:24:15)
9.南北戦争のことはよく知らないけど、主人公たちのいるゲリラ部隊って、日本の幕末の新撰組のような、若い人たちが中心で旧体制を守るために組んだ部隊みたいなもの!?歴史的に有名な表立った戦闘がメインじゃなくて、敵側への襲撃や暗殺のシーンが主だった。何となく、壮大で派手な設定じゃないから、映画よりも何回かのドラマになっているほうがより細かい部分まで描けてもっとイイ作品になったんじゃないかな、なんてことも思いました^^;あと、この映画のタイトルは、英語の原題も日本の邦題も意味がよく分からない…。押収した北部兵士の家族宛ての手紙を読み聞かせるシーンが良かったです。「この手紙を書いた奴きっといい奴だ」「戦争じゃなかったら友達になれそうだ」ってセリフもいい(^^もし、太平洋戦争の話で、アメリカ人が敵の日本人兵士のそういう手紙を読んで相手の人柄を知る、みたいなシーンのある映画をアメリカが作ってくれたらうれしいな~、と、ふと思いました。
kiku☆taroさん 7点(2004-09-18 00:49:25)
8.時代系は弱いのでよく分からない部分はあったけど、トビーと一緒にいた黒人の人柄が好き。しかしジョナサンは女の子みたいな美しさですな。
アンナさん 5点(2004-08-30 19:57:28)
7.ジュエルが可愛かった~。でも、途中は眠い・・・。4回目でやっとラストに辿り着けた。ところどころジーンとくる場面はあったけど(人種問題と友情、とか)・・・またトライはしないかも・・・。
桃子さん 5点(2003-10-28 16:07:45)
6.イマイチ時代背景の知識がなくて、最初は俳優さんをメインにみてたけど(笑)、後半は良かった。特にラスト。もう一度、違う視点でみたら点数上がりそう・・・。やっぱりトビーは、髪短いほうがいい!
ポサさん 6点(2003-07-06 21:44:39)
5.最後はどうなるのかとブルーな気持ちで観ていましたが、ハッピーエンドでホッとしました。さすがアン・リー、内面を見事に描いた私にとってはかなりヘビーな作品でした。
イマジンさん 9点(2003-06-17 12:43:38)
4.戦争もの大好き。感動したぁ。
ミーナさん 8点(2002-11-12 14:52:29)
とらねこさん 8点(2002-03-11 02:51:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 6.41点
000.00%
100.00%
200.00%
314.55%
414.55%
5418.18%
6627.27%
7313.64%
8627.27%
914.55%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS