リアル・スティールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リアル・スティール
 > (レビュー・クチコミ)

リアル・スティール

[リアルスティール]
Real Steel
2011年【米・インド】 上映時間:128分
平均点:7.00 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(2011-12-10)
公開終了日(2012-05-16)
アクションドラマSFファミリースポコンもの
新規登録(2011-12-12)【8bit】さん
タイトル情報更新(2017-05-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ショーン・レヴィ
助監督ジョシュ・マクラグレン
キャストヒュー・ジャックマン(男優)チャーリー・ケントン
ダコタ・ゴヨ(男優)マックス・ケントン
エヴァンジェリン・リリー(女優)ベイリー
ケヴィン・デュランド(男優)リッキー
アンソニー・マッキー(男優)フィン
カール・ユーン(男優)タク・マシド
ホープ・デイヴィス(女優)デブラ
ジェームズ・レブホーン(男優)マーヴィン
ジョン・ゲイティンズ(男優)
山路和弘チャーリー・ケントン(日本語吹き替え版)
天海祐希ベイリー(日本語吹き替え版)
堀内賢雄フィン(日本語吹き替え版)
森田順平リッキー(日本語吹き替え版)
手塚秀彰タク・マシド(日本語吹き替え版)
糸博マーヴィン(日本語吹き替え版)
小森創介(日本語吹き替え版)
原作ジェレミー・レヴェン(原案)
ダン・ギルロイ(原案)
脚本ジョン・ゲイティンズ
音楽ダニー・エルフマン
編曲スティーヴ・バーテック
挿入曲エミネム"Till I Collapse"
リンプビズキット"Why Try"
撮影マウロ・フィオーレ
製作ドン・マーフィ〔製作〕
ショーン・レヴィ
タッチストーン・ピクチャーズ
ドリームワークス
製作総指揮ロバート・ゼメキス
スティーヴン・スピルバーグ
ジョシュ・マクラグレン
メアリー・マクラグレン
スティーヴ・スターキー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術セス・リード(美術監督スーパーバイザー)
振付アン・フレッチャー
衣装マルレーネ・スチュワート
その他メアリー・マクラグレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》  技術はない。才能もない。努力もしない。傲慢で謙虚さのかけらもない。金に無責任で借金まみれ。息子の親権を金で売る始末。冒頭1時間そんなエピソードの繰り返し。はっきり言って辟易します。ロボットが負けるエピソード2回も要ります?1回でよくないですか?最初の牛とのバトルなんてまるまるカットしたほうが良いんじゃないですか?
 マックスも最初は良かったのですが、ツインズに勝ったあたりからの増長ぶりが気になります。ゼウスに挑戦状を叩きつける際のマイクパフォーマンスが好きになれないですね。すぐ調子に乗るところが父親といっしょ。だいたい不法侵入した廃品置き場からアトムを勝手に持ち出したことばらしちゃっていいの?
 この作品に出てくる大人はクズかダメ人間ばかり。見ていてイライラします。ウソ。かつあげ。ギャンブル。負の要素が多く、毒気がある。それでいてテイストは子供向け。じゃあこれを子供と一緒に見るかと問われると、自分だったらためらう。子供にはなんとなく見せたくない。
 チャーリーをぼこぼこにして金を巻き上げたチンピラ。こいつへの制裁シーンが何ともしょぼい。勝手に10万$賭けて勝手に自滅。これで溜飲は下がらないですよ。こんな中途半端な懲悪シーンなら無いほうがマシです。
 これだけファンタジーな夢物語を描くのであれば、ラストもスカッとKO勝ちでもさせりゃあいいのに、そこは判定負け。いやいや、そんなリアリティ要ります?
 ダンスでの登場シーン。中盤以降の特訓シーン。動物園。ツインズとのバトル。盛り上がりポイントや好きなシーンも多かっただけに、前半のつまらなさとキャラクターの魅力の無さが本当に残念。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2020-02-23 15:39:12)★《新規》★
79.《ネタバレ》 格闘もののロボットバージョン。子供受けしそうなストーリーですね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-04 16:43:06)
78.《ネタバレ》 知人から勧められ鑑賞。純粋に良かった。
ロボットボクシングという切り口が斬新。格闘シーンは汗握る楽しさ。
それに親子愛。終盤、製作者が意図するところで感動してしまう。
時代設定が2020年というだけあって、近未来の実世界にて本当に開拓されればいいのになと強く願った。
カジノ愛さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-04-07 01:16:52)
77.ベタな親子愛、ベタな過去の栄光から堕落した親父ボクサー、もろにスタローンと被るクライマックス。
でもなんか引き込まれるものはあった。
ヒュージャックマンというよりマックスが良かった。
あどけないけど素直で親父を奮起させるとこなんかはこの映画の魅力でした。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 8点(2015-05-30 14:18:04)
76.好きな人は好きな映画。
特に惹かれるものはなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-07 13:51:52)
75.《ネタバレ》 生活の全てが壊れていた男チャーリー。
自分の息子の存在から逃げ、借金からも逃げて腐っていた。
しかしやがて親子関係が調整されたことで人生の巻き返しが始まるのだった。
父と子の絆を題材とする映画は一般男性(子持ち)には評判が良さそうだ。

ハリウッド映画でオタク臭のする映画の多くは日本リスペクトが凄いなと感じることがある。
この映画を見るとロボットにしてもゲームにしても世界のリーダーは日本であるようだ。
この映画の日本人は悪役であるが、その悪とは技術力であり
これは日本の技術に対する嫉妬やコンプレックスであるかのように思う。
しかしこの日本人がデザインしたロボットの邪悪なデザインといい、
彼の態度のデカさといい、そりゃむしろアメリカ人の方だろという感じもする。

親子の絆を強めた感動の崖のシーン、
そして運命を感じるロボットとの出会いの場面が劇的で良かったです。

近未来ロボットとしょっぱいストリートファイトとの融合。
さらにはロボットアニメとボクシング映画との融合が面白い。
ロボットの試合はゲームとして描かれ、ゲームは現実の問題のすべてを吹き飛ばす。

エミネムやリンプの音楽はバトルの雰囲気を盛り上げる。

今は成功の結果や勝者が描かれる映画の時代ではないときいたことがある。
この映画がそれだった気がする。
結果の勝敗ではなく、そこに至るまでのプロセスだとか達成感といったものが大事らしい。

本当の意味での勝ち負けを観客に示したというところがこの映画のまた素晴らしいところかもしれない。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2013-12-11 22:07:09)
74.《ネタバレ》 脚本がモロにオーバーザトップでしたね。スパート用ロボットとの設定でしたが、すごい打たれ強いのにびっくりでした。
pokobunさん [DVD(吹替)] 7点(2013-08-16 20:35:11)
73.《ネタバレ》 ロボットは使ってはいるものの、完全なボクシングものだった。設定やプロットはかなりベタというか使い古されているもので、展開は読みやすいし、逆に言うと安心して観ることができる。となると演出勝負になるけど、ロボット使ってうまく近未来感だしているし、ATOMのしょぼさとか人間ぽさをうまく演出に利用してる。ま、ロボット使わないで肉弾でもとは思うけど、それなら、ままロッキーになっちゃうし、観客動員には新しめの方がキャッチーだしね。
タッチッチさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-06-25 19:03:51)
72.《ネタバレ》 遅れ馳せながらのレビューです。
最早語り尽くされてますね。多くの皆さんのおっしゃるとおり、見事なまでに「親子愛もの」「スポ根もの」「勧善懲悪もの」などなどを具現化してます。キャスティングもお見事!ディズニーの本領発揮、ファミリーで安心して楽しめる傑作です。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-04 02:09:59)
71.《ネタバレ》 もう、ベッタベタ。冒頭10分で最後の映像まで予想できるような、そんな恥ずかしくなるような王道ストーリー。でも、そんなベタベタな映画って普通は古臭くって最後まで観ていられないんだけど、この作品はロボットボクシングという新しい題材を扱ったせいか最後まで飽きずに面白く観れた。それに、映像の隅々までこだわりを持って作られているところも、そんな古さを感じさせない一助になっているように思う。格闘ゲームで育った世代のお父さんが息子と一緒に観たら最高に盛り上がれるんじゃないかな。そんな王将のラーメンみたいな映画デス。ちゃんとお父さん向けに、出てくるお姉さんはみな巨乳でセクシーだよ(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-04 11:45:51)
70.みなさんがおっしゃてる通りスタローン主演で過去に観たような話ですね。ラストまで安心して観れる水戸黄門のような展開に思わず早送りしたくなりました。私はあまり好ではありませんでした。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-03-13 20:02:29)
69.《ネタバレ》 友人に録画を頼まれて観てしまいましたが、子供のころに観た、スタローン主演の「ロッキー」と「オーヴァー・ザ・トップ」を足して2で割ったような作品です。親子愛とか宣伝してましたが、今はゲームだけで繋がってしまう世の中に自分の価値観のズレを感じずにいられません。 点数が高いけど、どこがいいの?
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2013-03-12 23:33:10)
68. ストーリーは読める展開だったけど、エンディングの清々しさは素晴らしかった。
 オープニングも渋い感じでニクかった。

タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-03-05 01:45:23)
67.《ネタバレ》 点数もいいし期待して観たせいか、思ったよりアレでした。"超悪男子"の出番が少なくてびっくり。てっきりアイツを改造してアトムになるのかと思い込んでた。アトムは従順で可愛らしいけど、所詮は感情の無いただのロボットなので、感情移入のしどころがなかった。最後の展開もこれじゃまるっきり"ロッキー"。ロッキー1&2LOVEの私には向いていなかったようだ。ラストに行くまでのチャーリーパパも子供過ぎる。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-02-19 01:09:06)
66.確かに親子愛を描いた作品ではある。ロボットの格闘シーンも思った以上にかっこいい。しかし、しょせんはロボット。痛みも何も感じないロボットに、「立て!」と言ったからって立つもんじゃない。それはハード的に優れていたからで、根性があったからではない。どうしても感情移入できないのは私だけでしょうか?
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-02-15 23:09:13)
65.《ネタバレ》 判官贔屓という言葉もあるが、旧世代ロボットの快進撃は痛快だ。「超悪男子」なるトンデモデザインも嫌いじゃないけど、ATOMは素朴で愛らしい。ダメ親父の再起、少年の夢… 親子の絆が紡がれ、いよいよ最強ロボットとの最終決戦を迎える。「いいとこ取り」の贅沢な映画ではあるが、それは予定調和と言い換えることもできよう。実はゼウス戦より、動物園での賭け試合の方がリアルで面白かった。リッキーが「ざまー見ろ」状態になるのは一応喜べるか。あと、日本リスペクトはありがたいです。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-02-12 18:31:51)
64.《ネタバレ》 改行表示で読んで下さい
良質なストーリー設定で老若男女楽しめる娯楽作品


・格闘シーンはロボットにやらせる所は良い子はマネしないので良い(プラレス三四郎を思い出す)
・自分の子供を里親に売る所(金銭授受)は現代社会に鋭く突っ込んでいる
・親子愛
・典型的なダメ人間像
・まさかのハリウッドお決まり演説シーンは子供だった

×
・ヒュー・ジャックマンがダメオヤジに見えない
・観客の更なる過激差を要求する方向がロボットに行くと言うはチョット・・・結局ロボット同士で殴る蹴るだし
・こんな感じの映画をシルベスタ・スタローンで観たような・・・
・ロボットでは無くてもう少し違う形で「あきらめない気持ち」を表現して欲しかった。
・1/3程観た所でストーリーが読めてしまった。(スタローンのせい?)
はぶじさん [インターネット(字幕)] 6点(2013-02-06 20:17:20)
63.人間の代わりにロボットが戦うという設定はプラレスみたいで斬新だった。
まるで人間みたいにスムーズに動くので、自分の意志を持って戦ってるように感じられる。
でも、ストーリーに捻りが無くて想像通りに進むので意外性はない。
あと、アトム以外のロボットたちをゴミ扱いするのがちょっと悲しい。
敵のロボットにまで敬意を払えとは言わないけど、せめて自分のロボットにはもうちょっと愛情を注いで欲しかった。
どうしてもこの親父が人間のクズに思えて仕方なかったです。
もとやさん [DVD(吹替)] 5点(2013-01-13 18:29:17)(良:1票)
62.ロボット同士が対決するオハナシで、中心となる小柄なロボットの名前が「アトム」っていうんだから、きっと“手塚先生の「地上最大のロボット」くらいちゃんと読んでますよ”ってことなんですかねえ。しかし内容までそこに寄りかかることなく、一線を画したスポコンものになっています。でもやっぱり、この「小さい者がじっと耐えつつ、巨大な者に立ち向かっていく」構図ってのは、日本人のメンタリティに合いますなぁ。しかも、ただただ戦いに向っていくロボットの愚直さよ。ひたむきで壮絶で、ユーモラスで哀愁がある。思えば渡辺竜王がボナンザを破った時、皆ほっとしつつも「ボナンザありがとう!」と心の中で叫んだはず。ひたすら派手だけど2番煎じの凡作『ターミネーター2』に良いところがあるとすれば、銃が効かない相手にひたすら銃を撃ち続ける事しか知らないシュワ型ロボットの愚直さ、木偶の坊ぶり、ですよね。で、本作ではロボット並みあるいはそれ以上に愚直な「オヤジ」というニンゲンの存在もあったりして。ドン臭くドロ臭いが故に興奮する(興奮しすぎると気恥ずかしくなるけど)、家族そろって楽しめる映画です。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2013-01-05 09:03:46)(良:1票)
61.ストーリーはスタローン主演の「オーバー・ザ・トップ」そっくりだし、オヤジのキャラ設定はいい加減、状況説明もほとんどなしと、ひどい作りの映画なのになぜか感動してしまった。
あまりにもど真ん中の棒球すぎて、呆然と見送ってしまった感じ。
親子の絆、再生というオーソドックスなテーマに、ロボットの動きが見所。
小難しい映画もいいけど、小細工なしのストレートな作品も捨てがたい。お子さんとご一緒にどうぞ。
MAHITOさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2012-12-27 09:24:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
422.50%
51316.25%
6810.00%
72632.50%
82328.75%
978.75%
1011.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.62点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.87点 Review8人
4 音楽評価 7.33点 Review6人
5 感泣評価 6.16点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS