別離(2011)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > 別離(2011)
 > (レビュー・クチコミ)

別離(2011)

[ベツリ]
A Separation/Nader and Simin, a Separation
(Jodaeiye Nader az Simin)
2011年【イラン】 上映時間:123分
平均点:7.84 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-04-07)
ドラマミステリー
新規登録(2012-04-03)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2018-02-22)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アスガー・ファルハディ
キャストペイマン・モアディ(男優)夫 ナデル
レイラ・ハタミ(女優)妻 シミン
シャハブ・ホセイニ(男優)ホッジャト
メリッラ・ザレイ(女優)ギャーライ先生
落合弘治夫 ナデル(日本語吹き替え版)
岡寛恵妻 シミン(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕(日本語吹き替え版)
脚本アスガー・ファルハディ
撮影マームード・カラリ
製作アスガー・ファルハディ
あらすじ
シミンとナデルは結婚して14年になる夫婦。もうすぐ11歳になる娘デルメーとナデルの父親の家族4人で、テヘランのアパートで暮らしている。シミンは、娘の将来を考えて、国外移住の許可を1年半奔走して取った。しかし夫ナデルの父がアルツハイマー病になったことで、計画が狂う。父親介護のため国を出ることはできないという夫、娘のためにはたとえ離婚しても国外移住を望む妻。しかし事態は別方向へと発展する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.余り接することがない中東イランが舞台であり、私には理解できなかった・・・
生活のベースにイスラム教があるのと、無神論ではそりが悪いです。(私の問題であって、本作の問題ではありません)
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2020-06-08 23:13:46)★《新規》★
42.《ネタバレ》 2組の夫婦、計4人のうち、誰か一人でももう少し思慮深く(肝心の場面でより適切に)行動していれば、起こり得なかった悲劇だと思われる。しかし、誰もがある意味スネに瑕持つ身であるが故に(かつ誰もがそれぞれ言い分・言い訳も抱えているという複雑ぶり)、却って皆が冷静になる機会を失い、傷口を致命的に広げてしまった、という輪をかけて悲惨な話である。とは言え、感情に任せて妊婦に手荒な真似を働くようなナデルと、働きもせず身重の妻に食い扶持を稼がせていたというラジエーの旦那は、私個人としては到底許し難い(結局、私はこの話、忍耐強く敬虔なラジエーに一番感情移入して観ていたということだろう)。

メインの内容は確実に普遍的な価値を有する作品だと言えるが、で在りながら、随所に描き込まれるイラン社会の描写もまた非常に興味深い。個人的に面白かったのは、弁護士も何も出て来ずに双方が言いたいことを言いたいだけまくしたて、それを判事がジャッジするという凄まじい裁判風景である(私が判事なら、3日で発狂すると思う)。

本作のラスト、結論を出さない描写については、この話、全員が敗者だ、という点を強調したかったのではないかと感じた。それは結局、両親の離婚を止められなかった娘も含めて、である(中盤、この娘に嘘をつかせたのも、娘までをもこの地獄巡りの当事者に引きずり込むための仕掛けだった、と勘繰るのは、やや穿ち過ぎであろうか)。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 8点(2020-06-04 00:37:11)《新規》
41.《ネタバレ》 誰が悪く、誰に責任があるのか。言葉の応酬が繰り広げられ、家族を守るための嘘が双方の傷口を大きく広げていく。追い出した際に階段まで転げ落ちたのか、それ以前に自動車と接触していたのか、家政婦の流産の原因は明かされることはない。そう、真の主人公は、高度成長で一見普通に生活しているように見えて、イスラム教による厳しい戒律が根底にあるイランだということ。息苦しく閉鎖的で下手に身動きしたら状況を拗らせる複雑な社会構造が垣間見える、ありのままのイランの姿。国外脱出する母親と、イランに残る父親のどちらを娘は選ぶのか。断絶を象徴するラストカットに沈黙する。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 8点(2018-06-20 19:13:53)
40.何処の国でもありがちな家庭の問題に家政婦の流産事件が絡めてある物語。コーランに誓って証言出来ないというシーンはイラン映画らしいが、それなら最初から真実を言えばよいのであって、延々と繰り広げられる口論模様が鬱陶しかった。それにも増して鬱陶しくて吐き気がしたのが己の言い分を吐き散らかすだけの夫婦(特に嫁)の会話。私にとって何の糧にもならない愚作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 4点(2018-02-10 23:41:16)
39.《ネタバレ》 ○あまり触れることのないイラン映画とイラン人の暮らし。なのにテーマがあまりにも身近で、引き込まれる。○主に五者から語られる言葉にはそれぞれの事情があり最後まで目が離せない。強いて言うなら母が海外へ行きたがる理由がもっと納得できるものであればな。○もう少し見せても良いのにというところで次のカットへ行くのが良い伏線となっていた。○最後にどちらの親を選ぶかを描かなかったのは監督の優しさかな。終始、娘がかわいそうだったから。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-01-15 13:25:58)
38.イラン映画は、そう、以前から人間の心理描写が巧かった。今作は、介護、教育、離婚といった洋の東西を問わない問題を抱える銀行マン一家が舞台。観ていると遠い中東の国のこととは思えない近しさを感じる。
誰の立場に最も肩入れできるかで、鑑賞者の感想はそれぞれ違ってくるだろう。登場人物一人一人の考えは、その立場に立ってみると各々ごもっともで、さらに少しずつ嘘も混じるので正悪の判断はにわかにはつけ難い。見せる脚本である。ただ、大人に振り回される中一の長女だけは一貫して可哀想だった。とてもしっかりしているので尚更。こんな年若い子に、親の選択を迫るんだねえ。厳しいなあ。決して楽しい話ではないけれど、イランの人たちの感性や日常がこんなにも我々と近いのだ、と改めて思った。日本のみんなに観てもらいたい。ついでに米国大統領にも。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2017-11-25 00:54:08)
37.良作。誰も救われない、辛かった。ただ、リアル感はある。最後にみんな素直になれたのは唯一の救いだ。
ホットチョコレートさん [DVD(字幕)] 8点(2017-10-24 18:57:23)
36.《ネタバレ》 中盤少しタルかったとしても、9点。「家庭の幸福は諸悪の本(もと)」(by太宰治)。娘同士が憎しみ見つめ合うシーンが恐ろしい。
なたねさん [DVD(字幕)] 9点(2017-10-09 21:37:53)
35.《ネタバレ》 胸が引き裂かれるような作品。
誰も悪くないし、誰も救われない。

夫婦の別れが糸を解いていくように、小さな惨事を積み上げていく。
静かな作品だが、展開が読めず気づけばあっという間に2時間去っていた。


イランという私個人には一生無縁だと思っていた国で、こんな名作が撮られているとは思いもしなかった。
映画の中で提示される文化の描写も興味深いが、それ以前に一つの作品として抜きん出ている。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 9点(2017-08-20 11:12:21)
34.親の介護でのトラブルと、それに相まっての家族間のゴタゴタを実にリアルに表現出来ている。介護の旦那が相当胡散臭くて、面倒くさい。仕事も手に付かない気持ちがよく解る。イラン映画は多分初めてだが、面白かった。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2017-03-07 18:44:58)
33.《ネタバレ》 誰がこの映画の主人公なんだろうって思いながら観てました。単なるヒューマンドラマかと思えばそこで終わらず物語に徐々に惹きつけられていきます。この映画は英語圏でもリメイクできるんじゃないかなと思っていましたが最後らへんのコーランが出てくるシーンでこの映画はこの国だからこその映画だと思いました。主役的な夫婦も、その娘も、家政婦も、その夫も、その娘も、そして主役のおじいさんも、それぞれが脇役を超えた存在になっています。最後の娘のシーンも印象に残ります。このレビューサイトをはじめとして、評判にならなければまずは観ることのなかっただろう映画、良作です。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 8点(2016-10-28 08:45:35)
32.《ネタバレ》 名作。
初視聴?のイラン映画。
14年来の夫婦が一人娘と3人で暮らしている。
妻は海外での生活を望むが旦那である主人公は認知症の父が心配で反対する。
売り言葉に買い言葉で離婚寸前まで行くが裁判所に認められず別居となる。
主人公は父の世話のため女性を雇うが彼女は夫が短気なので内緒で働きに来ていた。
ある日事件が起きる。
主人公が帰宅するとその女性が居なくて父がベッドに縛り付けられ意識不明だった。
なんとか父は無事にすんだものの帰ってきた女性に
主人公は激高して家から放り出し彼女は階段に倒れこむ。
その夜彼女は流産してしまう。
彼女は主人公を告訴する。
問題は主人公が彼女が妊娠していると知りながら押し倒したのか?
主人公は知らない。で押し通そうとし逆に女性を父を放置したことで告訴する。
といった話。
この話にはいくつかの疑問点が仕込まれている。
・なぜ世話係の女性は父を放置したのか?どこへ行っていたのか?
・主人公は女性が妊娠していたことを知っていたのか?
・流産の原因は階段から落ちたのが原因か?短気な夫の暴力か?
この事件を取り巻く人々のドラマもなかなかすばらしい。
引き込まれました。
Dry-manさん [DVD(吹替)] 9点(2015-06-25 00:13:46)(良:1票)
31.《ネタバレ》 我々は一体、イラン出身の傑作を何本見逃し、何本過小評価してきたのだろうか。このアスガル・ファルハーディー(アスガー・ファルハディー)の「別離」は、そんな日本人の意識を変える抜群に面白い傑作の一つになるだろう。

スタートダッシュから言葉で殴り合うような素晴らしい冒頭5分間。
男女の身分証、様々な免許、パスポートをコピー機?が読み取っていく。
頭を覆う布を投げ捨てんが勢いで質問に答える男女。激しい口調で夫婦喧嘩。幾度も交わされる“おはよう”、みぶりてぶりを交え、男は前に出されサイン、女もサインをする。

シリアスな題材ながら何処かユーモラスさえ感じる男女のキリキリしたやり取り。特に女性の撮り方!
アッバス・キアロスタミの傑作群にも参加したマームード・カラリのキャメラワークも功を奏している。
口舌の刃で彼女たちは斬り合い・・・いや鉄の塊で叩き殺して黙らせてやりたい気分だ。口論とは時にそういう感情も無意識に抱かせる瞬間がある。そんな表情をクローズアップで見逃さずに撮っている。その感情は徐々にエスカレートしていく。

荷物を鞄に詰めるが、イライラして中々閉まらない。

老人の介護疲れ、夫は仕事で介護から“逃げている”。あろうことか、それを家族ならまだしも他人の女に“押し付ける”始末。
俺だったら遺書を先に書いて「呆けたらさっさと殺して、保険金にでもしてくれ」とでも言っておくかな。こんな状態見ちゃうと。だってじいさんはされるがまま、口をもごもごさせるのみなんだもの。傍観者さ。その傍観者をめぐって家族に亀裂が入っているのにね。
流通するケータイは他の国の“使い古し”、子供たちは布を自由に取るが、大人の女性たちは頭の布にでも拘束されているかのよう。

ランプの上に隠された鍵が事件を起こす引き金にもなる。

ブラックなやり取りも多い。
女はドアを開けて出ていく、男がドアを閉めるとすぐにインターホンを押して帰ってくる。あるある。締め出しても合鍵で“侵入”。あるある(多分)。
娘と父親の階段での競走、酸素呼吸器で遊ぶ娘。じいさんを殺す気かwww無邪気って怖えー。
腕と脚に鎖をした男、不気味に嘲う、娘は怯える。
駆け出す女、老人の徘徊、車に轢かれないかどうかで冷や汗、 家族は楽しくゲーム、女は介護疲れで汗をぬぐう、バスの中でフラつく、一人黙々とゴミ捨て。

そんな女の苛立ちが積もりに積もり、事件は起きる。
バックミラーで娘を確認しての帰宅、いつもの“鍵”がない衝撃、ドアが開かないのは事件の匂い・・・サスペンスフルに描かれる。

「何故こんな事をしたっ!」
夫たちは娘たちを部屋の奥にやる、夫にとっては大事な父親、でも女には赤の“他人”。確かに介護を引き受けたのは彼女だが、男の無責任さにもハラを立てたくなる。
あれだけ近くにいて、男は本当に何も知らなかったのだろうか。

父を洗いながら一人静かに泣く。
家族が崩壊していく事、父がこうなってしまった事に対して何もしてやれなかった・・・様々な苦しみが男を襲う。

病院では口論の末に拳が飛び交う喧嘩になりかける、窓を叩き挑発、目の痣が生々しく残る女性。冒頭の罵り合いもこうなっておかしくない空気だった。
第三者が“監視する”前では口舌の刃で斬り合う。叩き斬ってやる、叩き殺してやるぞ、と。ドアに頭突きをかますほどの苛立ち。
感情を抑えきれずブチ切れ、女に手を出した事を思い出したかのように、空を切るように拳を振りまくる、女もガードするように拳をバチバチ弾く。
 
娘の車の助手席から見守るような視点。娘たちは傍観者に過ぎない。その傍観するしかなかった娘たちが、クライマックスの突破口を開く。見てしまった真実を、あるいわ嘘を話さずにはいられなかった。

階段でのやり取り、じいさんの窮屈そうなネクタイを取ってやる夫の優しさ。その優しさを妻や娘たちにもっと向けられていたら。

車で女を追う一瞬、クラクションで呼びかけ、女はサングラスをかけて“取り合わない”、他の車に衝突しまいかとハラハラする。

父の元を去っていく娘たち、母親、兄妹、“女”たち。独り寂しくうなだれる父親。
女と男を隔てる壁はない。そこには見えない“心の壁”が二人の間に横たわっているのだろう。エンドロールの“壁”が上がりきるまで、二人はどうなるのかという事が最後まで気になってしまう。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2015-06-07 15:33:38)(良:1票)
30.イランにおいても、同じような心理状態で生活している、それがハッキリと分かることがこの映画鑑賞の最大のポイントだろう。
ただし、「コーラン」に対する思いは道徳的な価値観としてもかなり大きなものだということは初めて知ったかもしれない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-01 17:03:37)
29.宗教的な描写がありますが、イランという国ではそれはごく日常的なものでしょうからそれ自体は特別なことではないように思います。私にはそこが意図的にクローズアップされているようには観えませんでした。個人的な見解ですが。じゃあこの映画は何を描きたかったのか?観終わってしばらくしてふと思ったことですがこれは子供たちの目線で観るべき映画ではないでしょうか?大人の勝手な都合で翻弄される子供たちの葛藤や苦しみ、無力感。そういったものをこの映画は伝えようとしているのではないか?そう考えるといろいろなことが腑に落ちる気がします。
ばかぽんさん [DVD(字幕)] 8点(2015-02-23 05:15:59)
28.夫婦間の話かと思ったら、意外な展開になって結構のめり込んだ。所々でコーランや神がセリフに出てくるあたり、いかにも中東だという雰囲気だった。嘘と誓いとのバランスが絶妙。デルメーが一番かわいそうだった。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-12-15 19:25:40)
27.ちょっと押しただけなのになぁ。
ほんと、ちょっと押しただけなんですよ。
まさにこれ。このちょっと押しただけで果たしてあのような結果になるのか?というのが最大のポイント。しかし、そこの真相は非常に曖昧で観客の想像に委ねているあたりがこの映画の巧い所であり、憎い所でもある。
とにかく、無駄な演出を排し、圧倒的にリアリズムで迫ってくるその構成は非常に見応えがあり、私の想像力を総動員させられたのだった。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 8点(2014-09-26 07:11:10)(良:2票)
26.キアロスタミ、マジティに続く監督が出てきて本当によかった。これからが楽しみな監督。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-10 02:09:04)
25.《ネタバレ》 すばらしい映画です。自分が知っていたか否か。そのことに対する父親と娘のやり取り、父親の葛藤。非常に丁寧に作られています。
cogitoさん [映画館(字幕)] 8点(2014-08-03 15:04:53)
24.《ネタバレ》 イランに旅行したので見てみましたが・・・・。
どこの国でもありそうなお話です。変わってるのは異性に触れないのにどうやって介護するんじゃ!ってとこと、最後のコーランに誓えないところくらいかな。
2時間で結構長いのにあきませんでした。
本当はどうだったのかちょっと謎解きみたいなとこもあり…。でも子供が父のために自分から偽証するとかみんな悪くないのに相手を思いやるあまりすごいわだかまりができ、関係者皆不幸になってしまった…。
しかし原因はちょっと変な人にかかわってしまったから?な気もしますが…。失業中なのに子供ができて、しかも奥さんが働くとおこるとかおいおいって感じ。向こうの人って誇りが高すぎて男の人が介護の仕事なんかできるのかなあ・・・。
主人公の奥さんも出ていかなかったらたぶん奥さんが義父の介護をするんですよね?(着替えはさせられないだろうけど)その辺アジアの感覚だなあと思いました。
日本だって他人事じゃないけど。
流産しちゃった女性も、信心深いのはいいとしても、ベールの扱いがなんか隠れようとしているというか、判断とか責任から逃れようとしているように見えました、
しかし本人たちの主張とかだけで実地検分もあまり重要じゃないみたいだし、審理はほかの人も聞いてるし、なんか大丈夫なのかなあと突っ込みたくなりました。弁護士とかの制度ないのかな?

ぺーこさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-20 12:39:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 7.84点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.33%
524.65%
649.30%
736.98%
82046.51%
91227.91%
1012.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 8.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2011年 84回
脚本賞アスガー・ファルハディ候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2011年 69回
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS