ニキータのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ニ行
 > ニキータの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ニキータ

[ニキータ]
Nikita
1990年上映時間:117分
平均点:6.77 / 10(Review 194人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-01-12)
アクションドラマサスペンス犯罪ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2023-09-19)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
演出山田悦司(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
キャストアンヌ・パリロー(女優)ニキータ / マリー・クレマン
ジャン=ユーグ・アングラード(男優)マルコ
チェッキー・カリョ(男優)ボブ
ジャンヌ・モロー(女優)アマンド
ジャン・レノ(男優)掃除屋ヴィクトル
フィリップ・ルロワ(男優)グロスマン
勝生真沙子ニキータ / マリー・クレマン(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
二又一成マルコ(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
玄田哲章ボブ(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
鈴木れい子アマンド(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
小関一掃除屋ヴィクトル(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
森川智之リコ(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
高木渉ザック(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
中庸助(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
安西正弘(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
小形満(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
糸博(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
鈴木清信(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
篠原恵美(日本語吹き替え版【VHS / DVD / BD】)
戸田恵子ニキータ / マリー・クレマン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
井上和彦マルコ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
磯部勉ボブ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
奈良岡朋子アマンド(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
麦人掃除屋ヴィクトル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
大木民夫(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
古田信幸(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
土師孝也(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
辻親八(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小野健一(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千田光男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山口健[声優](日本語吹き替え版【日本テレビ】)
星野充昭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
福田信昭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山野史人(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
渡辺美佐〔声優〕(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
撮影ティエリー・アルボガスト
製作リュック・ベッソン(共同製作)(ノンクレジット)
配給日本ヘラルド
字幕翻訳古田由紀子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
194.《ネタバレ》 マイページにある「好みが近いレビュワーより抜粋したお勧め作品一覧」を眺めてて目に入った作品でレビュー漏れです。
アサシンとどちらを先に観たのかはもはや覚えていません。僕はどちらにも駄目って部分は無いのでキャスト違いで面白いですね。なんとなく僕の中ではハリウッドじゃない外国映画というとこんな雰囲気の印象が強い作品ですね。
ないとれいんさん [ビデオ(字幕)] 7点(2023-08-22 14:10:59)
193.《ネタバレ》 こんなメンタルがピヨピヨな殺し屋に
殺られる人たちが逆に可愛そうだなと思ってしまった(笑)

あらゆる意味で、レオンのプロトタイプという評価は、まさしくその通り。

要所要所では、監督のセンスが発揮されており、印象深いシーンもあるのだが、
荒唐無稽な展開も目立つ。最後の変装は無茶あり過ぎ(笑)。

まあ、そうした粗も含めて6点評価ということで。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2022-05-18 08:32:12)
192.不良少女が逮捕されたことをきっかけに、
工作員(殺し屋)にさせられていくお話。

クライム恋愛映画とでも言うのだろうか。
細部こそ違うけれど「レオン」に通じるものがある。
初見だと、話の主軸が見えにくいのが難点か。

個人的には「レオン」のプロトタイプ版といった印象。
2回目を見たら印象変わるかなぁ
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-06-10 22:37:39)
191.女の生きる世界の厳しさと男のノーテン気な性格のギャップがこの作品の面白さだと思うのだが、もっと過剰にしつこくやってもよかったような。でも、これ男女が逆転してたら男の方は癒されるで済んでしまうだろうなと考えると、女の弱さが出てしまっているとも言えて、警官殺しまでする女がある意味改心したって事になるのかもしれないが、その辺の成長過程・心情変化の描き方が少々弱いので、いつからこんなにヤワになったんだ?という疑問が生じる部分はある。結局、訓練によって身体的には向上しても精神的にはダメになって冷徹さがなくなったという事になるんだろうが、ならメンタルトレーニングに欠陥があったという事だろうな。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 6点(2020-08-28 12:06:22)
190.幸せを手にしたかと思うと、現実に引き戻され、心をズタズタにされる主人公ニキータ。最後くらいはスカッとしたかったけど、なんとも言えない結末だった…。リュック・ベッソンは30そこらでこんな渋い映画を撮ってたんだなー。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-02-28 21:15:55)
189.《ネタバレ》 アクション映画と言えばマッチョ系、という時代でしたから、女性を主人公にしたこの映画、とても新鮮でした。まだ「リュック・ベッソン? 誰それ?」ってな頃だったし。
主人公の成長物語と言えばそうなんだけど・・・最初の方では、不良グループの一員でラリってるだけのどうしようも無い存在、でも、まさか警官を撃たないだろうと思ってたら本当に撃っちゃったり、取り調べの最中に突然相手の手に鉛筆を突きさしたり(そういや『コロンビアーナ』にも少し似た場面があったっけ)、この頃の彼女は何をしでかすかわからない、規格外、自由奔放な存在。それが、訓練を通じ「ちゃんとした」女性となって、ついには外の世界にも出られるようになった彼女は、むしろ、がんじがらめで自由が束縛されてしまってて。
これって何だか、子供が大人に成長していく姿そのものみたいで。なんか切ないのよね。
で最後は、すべてを知ってしまって「いた」男と、ひたすら涙を流しながらひたすら抱き合う。ちょっとセンチ過ぎるかな、甘すぎるかな、と思わんでもないけど、ま、いいじゃないですか。マッチョ系では味わえない甘さ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-11-15 21:01:05)
188.《ネタバレ》 さすが、ハラハラドキドキがいい感じ。あまりにもあっさり終わるのも、好感が持てます。
しかし、フィクションだから別にいいのですが、かなり無理のある展開でした。なぜ政府(警察?)はジャンキーをスナイパーに育てる必要があったのか? マルコはいつ、どうやってニキータの過去を知ったのか? そして何より、もしニキータが裏切ったら、例えば司令電話を録音して週刊誌にでも垂れ込んだら、どうするつもりだったのか? セクハラで辞任・減給どころでは済まされない、大スキャンダルになると思うのですが…。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-04-27 22:24:42)
187.リュック・ベッソン&アンヌ・パリロー最高ですね。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-25 12:54:02)
186.この作品はニキータ=アンヌ・パリローをどう感じるかで大きく評価が変わると思う。
冒頭からどうにも彼女が魅力的に見えず、微妙な感じしかしなかった。
しかし、少しずつ彼女が変わっていく過程はベッソンらしいテンポの良さと共に丁寧に描かれていて、
その過程に登場するチェッキー・カリョが良かった。でも、もっと良かったのが彼女を愛した男、マルコ。
ジャン・レノをもう少しうまく使えなかったかとは思いますが、ラストはCOOLに決まりましたね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-04-23 22:02:43)
185.《ネタバレ》 オススメされましたが、全然ダメでした。
ヤク中女を政府が育て上げる?
なんでこの女は、素質があるって思ったの?
へまちさん [ビデオ(邦画)] 5点(2017-12-06 22:46:01)
184. ひさしぶりに見た。リュック・ベッソンの世界観が出ていて面白い。このリズム感は日本映画にはない。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-09-10 14:59:43)
183.アンヌ・パニロー、いい女優さんですねー。カッコいいし、可愛いし色気もある。シナリオは殺し屋として訓練され、挙句は警察官も殺してしまうのは、ちょっといただけなかったですね。最後のシーンは余韻が残って良かったですけど。映画は「終わり良ければ全て良し」です。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 6点(2017-01-25 12:54:43)
182.《ネタバレ》    
何もなくて空っぽだった女の子が
少しずつ何かを得ていって
失いたくない人と、自分自身を得たのに
かつての自分が故、その全てを捨てるしかない
無常な物語でした

それにしても
JHアングラードは
才能はあるくせに恵まれてないけど
情が深くて、懐のある甘い男性役が似合いますねぇ
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 8点(2016-07-12 17:48:16)
181.所詮は恋もする女の子、人間としてのリアリティなのかもしれないが殺し屋として育てられていく過程、落ちも自分好みではなかった。
警官殺しでしょ?特に同情もありません。
mighty guardさん [地上波(字幕)] 4点(2015-04-27 23:39:01)
180.《ネタバレ》 なかなか。リュック・ベッソンのクールな描写がとてもかっこいい。突然言われる「初仕事」に一変する空気感はお見事。でもジャン・レノの役はちょっとやり過ぎじゃないかな~(苦笑)。独特の余韻が残るエンディングもいい作品でゴザイマシタ







Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-02-28 12:20:36)
179.《ネタバレ》 5人(ひとりはラリって引きずられている)のジャンキーたちがのし歩いてゆくオープニングは、音楽といい構図といい何度観てもそのカッコよさに痺れますね。プロット自体はとうていあり得ない漫画みたいなものなんですが、まだ尖がっていたころのリュック・ベッソンですから全篇ひたすら硬質でスタイリッシュ、今観ても十分通用しますね。アンヌ・パリローはいかにもベッソン好みのガリ痩せ貧乳ですが、これがどんどんイイ女に改造されてゆくところはまさに殺し屋版マイ・フェア・レディとでも言いましょうか。彼女がジャンキーだったころに警察で名前を訊かれてふてくされて「ニキター」と答える口調が、私大好きなんです。対するチェッキー・カリョもいつも凶暴なキャラを演じる役者ですが、本作のようにとことんクールだけど本質はド変態というボブも実にはまっていました。 「これからお互い寂しくなるな」としんみりマルコに語りかけたシーンの後無言で彼を射殺して部屋から出てゆくボブというのが、実は私の妄想の中での本作のエンディングなんです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-13 20:12:41)
178.《ネタバレ》 ストーリーが進むにつれて、主人公ニキータのいろんな魅力が楽しめる。銃撃戦のシーンが最高にかっこいい! 暗殺者ではなく、一人の女性としても魅力的でした。まさに、アンヌ・パリローの映画。
たけたんさん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-07 07:02:47)
177.レオン好きだけど、こっちは微妙だった。
黒ネコさん [地上波(吹替)] 5点(2015-01-05 16:37:15)
176.全然面白くなかった。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-20 00:21:24)
175.話の展開や人物の感情表現に違和感を感じる部分もありますが、結構面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-12 17:59:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 194人
平均点数 6.77点
000.00%
100.00%
210.52%
363.09%
4147.22%
5189.28%
64221.65%
74824.74%
83317.01%
92412.37%
1084.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review7人
4 音楽評価 6.85点 Review7人
5 感泣評価 3.20点 Review5人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1991年 49回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS