私が、生きる肌のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 私が、生きる肌
 > (レビュー・クチコミ)

私が、生きる肌

[ワタシガイキルハダ]
The Skin I Live in
(La Piel Que Habito)
2011年【スペイン】 上映時間:120分
平均点:6.58 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-05-26)
ドラマサスペンスミステリー
新規登録(2012-06-16)【onomichi】さん
タイトル情報更新(2019-09-07)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ペドロ・アルモドバル
キャストアントニオ・バンデラス(男優)ロベル・レガル
エレナ・アナヤ(女優)ベラ・クルス
マリサ・パレデス(女優)マリリア
ジャン・コルネット(男優)ビセンテ
脚本ペドロ・アルモドバル
音楽アルベルト・イグレシアス
撮影ホセ・ルイス・アルカイネ
配給ブロードメディア・スタジオ
衣装ジャン=ポール・ゴルチエ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 イヤイヤイヤ・・。いろんな映画観てきたけど、このキワモノ感、ちょっと類似品が思い出せないなあ。グロいのかと思ったけど画はきわめて美しく、血は流れてもさほど嫌悪感もなく。
バンデラスは終始どシリアスな演技で「愛」のカタチを大真面目に問うているような気もするが。なんですが。いやいやでもちょっと、と突っ込まずにいられない。亡き妻そっくりの身代わりって男かよ!!!しかも彼あんなに人生破壊されちゃうほど罪深いとは思えないよ。可哀想だしもう。(ちょっとタイプ)そもそも奥さんてサ、浮気してトラ男と逃げてたんだよね?バンデラス先生、そのへんはどう気持ちの整理をつけているわけで?なんかもう必要以上に眉間にしわ寄せてクソ真面目にヘンなことやってるバンデラスの顔見てたらおっかしくなっちゃって。変な息子二人も持っちゃったオカーサンも奇妙だったなあ。キャラクターもコンセプトもいちいち強烈で、そういう意味では忘れ難い作品ではあります。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-12-13 19:27:42)
25.ここまでのアブノーマルな内容はなかなか無いですね。女に作り替えて寝るとは。でも面白さとしてはそうでもない。
nojiさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-10-29 18:52:01)
24.「死霊のはらわた」とか「死霊のえじき」とか「悪魔のいけにえ」とかその手の映画を観ながらでも平気で食事ができる私を、家内は「あんた変態?」と罵ります。そんな私が敢えて言います。この映画は変態です。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-03-22 14:30:49)
23.衝撃作なのは間違いないでしょう。
問題はこの設定を気に入るかどうか。
いや普通の人は気に入らないでしょうね。
それでも自分はうわ~って心かき乱した映画だからそこそこの評価をあげちゃいます。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-10-16 01:09:39)
22.《ネタバレ》 おねーさん(実はお兄さん)がベッピンさん
こんなに完璧に変われるなら、自分もなってみたい!と思う。

話の内容は面白くはない。すごい丈夫な皮膚が役にたつ場面はないのか?
たかしろさん [DVD(字幕)] 4点(2014-07-23 15:11:08)
21.ちょっと不気味な映画。終盤に向かって引きつけられるとこともある。でも、もう一度観たいかというと遠慮したい。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-06-19 23:09:04)
20.《ネタバレ》 【注意!激しくネタバレしています】
『顔のない眼』や『ムカデ人間』みたいなマッドサイエンティストものなのだろうと思ってみていたら、中盤で衝撃のドンデン返し。今までみなさんが女性だと思っていたこのお方、元は男性だったんですよ!これにはさすがに驚かされました。また、このドンデンを単なる一発芸に終わらせず、ドラマ上の重要なパーツとしても機能させているのですから、さすがは巨匠の仕事であると感じました。。。
中身にあるのは殺してやりたいほどの憎悪の対象であるが、その外見が変われば、その人間を受け入れ、愛することができるのか?なかなか興味深い問いかけだと思います。若い方であれば「そんなわけないじゃん」とアッサリ切り捨ててしまうかもしれませんが、長年連れ添った伴侶を失われたような方ならば、また別の回答をなさるかもしれません。人間は他人をどうやって識別し、何に対して愛情を注いでいるのか?非常に難しい命題を、本作はきわめて分かりやすい形で提示しています。。。
また、男性が女性へと改造され、これからは女性として生きていけと命令される。被験者となった男は、当然の如く当惑し、反発しますが、これは性同一性障害を患う人々の苦悩を、一般人にもわかる形で表現したものだと考えられます。荒唐無稽な設定でありながら物語にリアリティを感じさせたのは、こうした人間ドラマとしての完成度が極めて高かったためだろうと思います。。。
以上、ドラマとしての完成度は評価するのですが、展開が少々遅いことと、全体のアクセントとなる目の醒めるような場面がひとつも見当たらなかったことから、鑑賞中に何度か集中力が途切れてしまったという点は残念でした。もっとコンパクトにまとめれば、見違えるような傑作になったかもしれません。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2014-01-02 02:15:42)
19.《ネタバレ》 「禁断の問題作」、ついに観てしまいました。
殊更に荒唐無稽な内容では無く、もしかしたら世界のどこかで似た様な事が実際に起こっているのかも? と思えなくも無い話。
私は全く共感出来なかったが、人は自分が憎むべき相手でも外見が変われば別の感情を抱けてしまうものなのか。
終盤は予想とおりの展開ながら、帰宅を果たすラストシーンのやり取りはそれなりに感動と言うか気持ちが落ち着く良いシーンだと思った。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-11-11 16:27:07)
18.《ネタバレ》 イヤー最高に面白かった。バッンデラスも、その家政婦の母も、最終的には、脇が甘かったが。
あれほどの美人が作れたら、人間おかしくなれるのでは。服がどれも素敵だな、とか思っていたら、ゴルチエとか、やっぱり、素晴らしいものは、伝わるんです。映画見ていて、洋服屋の息子が小柄だな、とか思ったが、、、その予感は的中しました。人間の恨みは、6年位では、薄まらないんだな、とか、ほとほと思いましたよ。とにかく、あのかの女から目が離せない位、うっとりできたし、堪能できました。自分的には、最高に面白かったです。あの、、弟、わざわざ、ウメニイカナクテモ、自分の家で焼いて、埋めれば、手間が省けるのに、とは思いました。銃はやはり、しっかりしまっておくべきでしょう、とは思いました。最高に楽しめました。
yasutoさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2013-08-16 20:51:44)
17.《ネタバレ》 一体、何なんでしょう。
主人公の博士とヒロインの関係はいつから恋愛感情に陥ったのでしょうか。
自分の娘をレイプ(?)しようとした青年を女性に作り替え、その人造人間を亡き妻と同じようにかたどってしまう。
まぁ、そこまではよしとしましょう。でも、6年間監禁した、
その青年をいくら妻に似ているからといって、セックスまでしてしまうとは…。私には理解できません。元男ですよ。
絶対にありえないと思います。
変態が主役の映画です。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-08-16 15:26:24)
16.《ネタバレ》 こう、来たか!の印象ですね。
古~い映画のような感じが、良かったようなサスペンスが物足りなかったような微妙。

最後のほうで、あの美女にブタの遺伝子が現れたら「楳図かずお」のマンガです。
それ、期待してたんですけど(笑)
木村家の娘さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-08-06 13:47:48)
15.そらあ、愛する娘があんな目に遭ってしまえば許せんだろうが、無念やね・・・。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2013-06-26 10:38:21)
14.《ネタバレ》 スペインが生んだ変態映画監督、ペドロ・アルモドバルの待望の新作。期待を裏切らない、もう相変わらずの変態ワールドは今作でも健在。どうやったらそんな発想が湧いてくるんだという、男のフェチ妄想をここまで徹底的に美しく描かれるともう一回り廻って芸術になるという谷崎潤一郎のような映画でありました。自ら創り上げた完璧な女性の肉体美に、最後は復讐心も忘れてひれ伏してしまうという主人公の倒錯ぶり(Mっぷり?笑)は素晴らしい。前半の展開がちょっとタルかったのが気になったけど、とっても綺麗で美しい変態映画でした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-23 11:34:52)
13.情報なしで、「監禁サスペンス」としてDVD借りてみたら違う。後半になるに連れ「えっ?」 「は?」「まじか?」 ってなって行きます。まぁ有りえないけど退屈しない2時間でした。
オヴリッジさん [DVD(吹替)] 8点(2013-04-27 09:20:21)
12.《ネタバレ》 うわーやっぱり、そうなの?ああ…
うわーやっぱり、そうなる?おお…ってな感じでした。
ストーリー自体はわかりやすいし、主要人物も少ないのでお話にはついていけるのですが、
登場人物の行動が逐一自分の理解の範疇を超えていたので、わかるんだけど全然理解できねーよってゆうバランスの映画でした。理解できないのが多数派だと思ってますが、自分も多数派ってことで良いですか?

とにかく印象的なお話だったし、女優さんも素敵だったし、自分にとっては忘れられない作品なのは間違いないです。
sava1100さん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-14 14:13:26)
11.本作をうまく形容できません。
ものすごい「嫌悪感」を、色彩や主演女優の「美」が中和して、妙な感覚になっているからだったと思います。
もし邦画がリメイクしたら衝撃の問題作になる可能性がありますが、如何せんはまり役のキャストが一切想像できません
でも凄く見てみたい・・・でも、狂気とエロスが薄まった陳腐な作品に収まるのが落ちですかね(^^;
牛若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-02 21:43:27)
10.《ネタバレ》 巨匠ペドロ・アルモドバル監督の「女性賛歌」ミステリー。強姦に始まり、性転換手術と遺伝子投入の極秘人体実験、偽りの愛、復讐の惨劇、母の元へ帰還。狂おしいほどに深い愛憎。現代の医学が進歩するとこのような物語が実現してしまうかもしれないですね。なんとエロくてグロくてエグい。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-01 23:18:40)
9.《ネタバレ》 少女を傷つける肉の愛、その代償としての性転換。この監督の作品は女性に人気があると聞く。そうだろうなぁと思う。アルモドバルのセックスへの考察は深い。最後の母のもとに帰還できたこの少年(または少女)。良かったですね・・・。それにしても怖い映画。はぁ・・・(sigh)
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2012-12-01 06:21:13)
8.ペドロ・アルモドバル、このスペイン人監督の映画を観るのには、いつも「覚悟」が要る。
多くの場合、彼の映画を観ていると途中激しい嫌悪感を覚える。「まさか……」と思わせるおぞましい程にショッキングな展開が、現実となり画面に繰り広げられる。
目を背けたい衝動にかられるけれど、実際はその衝動に反するかのようにより食い入るように画面を凝視していることに気付く。

それは、この映画監督が追求し描き出しているものが、“人間”が“人間”として深層心理の奥底で「見てみたい」と思っている“人間”の姿だからだと思う。
だからこそ、自分自身の生半可な倫理観を蹴散らして、画面から目を離すことが出来なくなるのだろう。

この映画で描き出される人間の物語は、もはや「悲劇」などという一言ではおさまらない。
そんなものは早々に超越し、人間の「存在」と「是非」そのものに対して疑問を投げかけてくるような感覚を覚えた。

アントニオ・バンデラス演じる哀しきマッドサイエンティストの倒錯した生き様と死に様には、“鑑賞者”としてあらゆる感情が渦巻く。一体、彼の行動をどう捉えるべきなのか、最終的な部分で自分の答えを導き出すことが出来なかった。

吐き気を覚える程のおぞましさを感じたかと思えば、次の瞬間には息をのむ程の美しさを目の当たりにする。
そんな異様な映画世界に対峙してまともな判断ができるはずはないのかもしれない。

ああ、何とか言葉を尽くそうとする程に、自分の表現力の無さを痛感し、すべての言葉が陳腐に思えてくる……。
手塚治虫の短編集「空気の底」の一編に紛れ込んでいてもおかしくないような世界観に対して、好きか嫌いかの判別もつかぬまま、主人公たちと同様にただただ倒錯する。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 8点(2012-11-27 15:33:24)
7.《ネタバレ》 人工皮膚によって、全くの別人に作り替えることが出来る、それは性別の変更さえも可能ということで、主人公ロベルはいわば神に勝るとも劣らぬ力を得たといってもいい。しかし神の力を持ったとしても、一人の人間であるから、復讐心や所有欲、そして愛に溺れてしまい、その力を誤った方向に使ってしまう。こういうテーマはSFにはよくありがちですが、ゴルチエが衣装を担当していたりと、見た目にエロティックで印象深い。ただ、復讐のために男を去勢したとして、はたしてそいつを亡き妻の代わりにするだろうか、という点に疑問を感じる。服を引きちぎって、速攻で掃除機に吸わせるシーンが印象的。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-13 01:14:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.85%
5311.54%
61038.46%
7623.08%
8519.23%
900.00%
1013.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review4人
4 音楽評価 6.66点 Review3人
5 感泣評価 6.33点 Review3人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2011年 69回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS