バイオハザードV リトリビューションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バイオハザードV リトリビューション
 > (レビュー・クチコミ)

バイオハザードV リトリビューション

[バイオハザードファイブリトリビューション]
Resident Evil: Retribution
2012年【カナダ・独】 上映時間:95分
平均点:5.08 / 10(Review 65人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-09-14)
公開終了日(2012-12-19)
アクションホラーSFシリーズものゲームの映画化3D映画ゾンビ映画
新規登録(2012-09-18)【ザ・チャンバラ】さん
タイトル情報更新(2016-12-18)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ポール・W・S・アンダーソン
キャストミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)アリス・アバーナシー
シエンナ・ギロリー(女優)ジル・バレンタイン
ミシェル・ロドリゲス(女優)レイン・オカンポ
ケヴィン・デュランド(男優)バリー・バートン
ショーン・ロバーツ〔男優〕(男優)アルバート・ウェスカー
ボリス・コジョー(男優)ルーサー・ウェスト
リー・ビンビン(女優)エイダ・ウォン
コリン・サーモン(男優)ジェームズ・"ワン"・シェイド
オデッド・フェール(男優)カルロス・オリヴェイラ
中島美嘉(女優)第一感染者
アリアーナ・エンジニア(女優)ベッキー
本田貴子アリス・アバーナシー(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
湯屋敦子ジル・バレンタイン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
岡本麻弥エイダ・ウォン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)/ジル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
朴璐美レイン・オカンポ(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
宮内敦士レオン・S・ケネディ(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
立木文彦アルバート・ウェスカー(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
てらそままさきカルロス・オリヴェイラ(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
楠大典ルーサー・ウェスト(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
大友龍三郎ジェームス・ワン・シェイド(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
かないみかレッド・クイーン(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
水内清光アイザックス博士(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
岡寛恵アリス・アバーナシー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高山みなみレイン・オカンポ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
皆川純子エイダ・ウォン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
森川智之レオン・S・ケネディ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江川央生バリー・バートン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚明夫アルバート・ウェスカー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山野井仁ルーサー・ウェスト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
江原正士カルロス・オリヴェイラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
能登麻美子ベッキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
玄田哲章ジェームス・ワン・シェイド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
釘宮理恵レッド・クイーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠アイザックス博士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中尾一貴(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
出演ウェントワース・ミラークリス・レッドフィールド(回想シーン)
スペンサー・ロックKマート(回想シーン)
アリ・ラータークレア・レッドフィールド(回想シーン)
イアン・グレンアイザックス博士(回想シーン)
原作カプコンゲーム「バイオハザード」
脚本ポール・W・S・アンダーソン
音楽トムアンドアンディ
主題歌中島美嘉「明日世界が終わるなら」(日本語版主題歌)
撮影グレン・マクファーソン
製作ポール・W・S・アンダーソン
ドン・カーモディ
サミュエル・ハディダ
制作ACクリエイト(日本語版制作)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクポール・ジョーンズ(メイク)
シェーン・ザンダー
特撮デニス・ベラルディ(視覚効果プロデューサー)
美術デニス・ダヴェンポ-ト(美術監督)
衣装ウェンディ・パートリッジ
編集ニーヴン・ハウィー
あらすじ
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演、ポール・W・S・アンダーソン監督によるシリーズの第5弾。対T-ウィルス人類最後の希望であるアリスとアンブレラ社との戦いがクライマックスへと向かう中、驚愕の秘密が今明かされていく…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
65.《ネタバレ》 終始ドンパチやっております。ゾンビ映画から路線を変更したのか、ゾンビの存在感がシリーズを追うごとに薄くなっていきます。大きな軸としてはアンブレラ社との対決やからそれでいいのかも知れませんが、バイオハザードと名乗る以上はゾンビを前面に押し出して欲しいものです。モスクワのゾンビはもはやゾンビではない。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-02-18 17:03:51)
64.1から5まで見てきてだんだん分かってきた。

バイオシリーズは、ミラジョボの夫でバイオハザード全作に監督なり脚本なり製作なりで必ず関わってきたポールが、
「もし愛しいわが妻をマトリックス風ヒロインにしたら?」「もし美しいわが妻をマッドマックス風ヒロインにしたら?」「ボクの赤ちゃんを産んでくれてママ業もがんばってるわが妻を、母性をテーマにしたエイリアン2風ヒロインにしたら?」という、きわめてパーソナルな願望を莫大な費用とスタッフを投入して実現してきた、壮大な”夫によるミラジョボ映像集”なのである。

彼にとっては、妻の映像をとることが目的なのだから、ストーリーのつじつまなんぞどうでもいいのである。
妻がだんだん劣化していっても、夫にとっては「腐っても鯛」なのである。

そもそもポールは数々の名作を撮影してきた監督というククリではない。
彼の価値は、ミラジョボへの深い愛だけだ。
離婚を2回繰り返し、夫に恵まれなかったミラジョボが、はじめて”おしどり夫婦”となり2人の子供までもうけることができたのも、ポールのおかげだ。

そしてそんな夫婦愛で生まれた”夫婦の共同制作品”であるバイオシリーズは、彼らの子供であると言える。
我々は、ただただ、毎回届けられるたびに、内容どうこうではなく、「そうか、もう○作目なんだね。そうなんだね」と、無感情に受け止めるだけでいいのだ。
それはまるで、友達から送られてくる年賀状に、ぶっちゃけどうでもよい彼らの子供の写真がついていて
「子供はもう○才になりました」と添えられているのを、「そうなんだね」と無感情に受け止めるのと似ている。

もう誰もミラ&ポールの<自己満足型ミラ映像集>の暴走を止めることはできない。

隠れファンの多いレインをつまんない死に方で終了させたり、バイオ3でタバコを一服して笑顔でドカンというせっかくカッコイイ死に方で終了させたカルロスをあえてクローンで復活させておいて即ゾンビに捕らわせて醜いゾンビにさせちゃうのも、ポールに悪気はない。ひとえに「主役はボクの妻だから、他のキャラはどうでもいいし」というポールの妻に対する盲目的で一途な愛のあらわれなのである。

とりあえず、ウェスカーが「人類破滅の危機だ」と言ったその次に「アンブレラ社は、NYでのバイオハザード映像をロシアに売り込み、東京のバイオハザード映像を中国に売り込むのだ」とか言っている時点で、周囲のスタッフが「その設定きつすぎませんか?」と口出ししてミラ&ポールの暴走を止められない危険レベルに達していることは間違いない。

バイオシリーズで一番危険なのは、ゾンビでもなくリッカーなどのクリーチャーでもなく、そう、ミラ&ポールだったのだと気づかされた今作であった。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-18 08:08:52)
63.《ネタバレ》  『3』と同じ。前半はまだ良いのですが、ストーリーが進むにつれ、バイオハザードとはかけ離れた世界へゴー。
 そもそもこのシリーズで、『人間 VS 人間』のドンパチやら格闘やらを期待している人ってどれくらいいるのでしょう。必然性があれば良い。スパイス程度に、ちょっとぐらいなら良い。ですが、クライマックスに向かうにつれ、人間同士の争いばかり。しかも、人間同士が戦う必然性が描かれていないため、気分は盛り下がる一方です。
 3作目から続く『クローン押し』も、もういい加減ウンザリです。しかもアリスだけならまだしも、『1』『2』で凄絶な死を遂げたメンバーを安易にクローンで登場させるとは何事でしょう。なかには『復活怪人軍団』ばりに雑魚扱いされる人までいて、過去作に対する、いや、過去作品を愛する人達に対する冒涜もいいとこです。
 クリーチャーも同じ。『ゾンビ』『触手』『斧男』『リッカー』、その存在がどれも軽い。歴代のクリーチャー達が、コンピューターの制御下に置かれているというシチュエーションがつまらなさに拍車をかけます。
 よって、『1』『2』『4』はまだ良いとして、『3』『5』に関しては、バイオハザードのファンを間違いなく落胆させる内容と言えるでしょう。
 オチもひどい。ウェスカーが『じゃあアリスの能力、元に戻してあーげる♪』なんて、小学生が考えそうな内容です。
 ラストシーンの映像は、センスのかけらもありません。
 まあなんだかんだ言って次も見るわけですが、『やれやれ』という心境です。
 
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2017-07-08 14:02:52)
62.《ネタバレ》 内容が無いのは諦めがつく。それにしても無さ過ぎ。
過去作(特に初代)へのリスペクトすら無い。
ジルが銃を撃つシーンなんて、学芸会以下。
原潜浮上後の格闘シーンも酷いし、脱出後からのラストも歴代最悪レベル。

初代だけで終わればよかったのに、ねぇ
hyamさん [インターネット(字幕)] 1点(2017-03-26 23:55:53)(良:1票)
61.なぜ、こんな映画にお金を出す人がいるのか?なぜ、こんな映画に出たい人がいるのか?
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 4点(2016-12-29 02:53:02)
60.《ネタバレ》 映画の3で原作完全無視展開にしておいて、ゲームのキャラを続編でちょろちょろと入れていく。レオンもバリーもエイダも脈絡なく登場。原作から離れて作りたいのか原作寄りに作りたいのかよくわからない。まぁ作っている方も行き当たりばったりでよくわからなくなっているんでしょう。
そしてアンブレラもそこで働いている人も何をしたいのかさっぱりわからん。世界が崩壊しているのに企業は何を目指すのか。世界が崩壊しているのに人は会社勤めをしたいですかね。やっぱり3で世界が崩壊した展開にしたのは間違いでした。
あと前作ではマトリックスの劣化コピー。今作はエイリアン2の劣化コピー。アリスが急に母性に目覚める展開はかなり不自然でした。
たろささん [地上波(吹替)] 3点(2016-12-26 20:20:07)(良:1票)
59.見事だ。見事に酷い。ここまで大根役者を探してくるのも大変だったろう。まあ、演技も酷いが演出も大概に酷い。安っぽいゲームさながらの戦闘シーンの連続に脱力しっぱなしです。ミラジョって以前はもう少し演技上手じゃなかったですかね??歳もくってきたし特に目立って見たいシーンもなかったです。(途中の女性版ふんどしのシーンは相変わらずエロいが)

時間が有り余っていて、なおかつTVで放送されていれば見てもいいと思います。そもそもこのシリーズってその程度の映画だったはずですし。。
アラジン2014さん [地上波(字幕)] 2点(2016-12-06 00:04:38)
58.クソ映画、クソ映画と知らず知らずのうちにつぶやきながら鑑賞。
ほぼ全編、殺陣とアクションシーンが続くのみ。
心底、クソ映画。
あ。これってネタバレに入るんだっけ?
プラネットさん [DVD(字幕)] 3点(2016-09-01 21:11:19)(良:1票)
57.さすがにミラ・ジョボビッチが年老いてきた…もうそろそろやめたら?とも思うが…
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 2点(2015-09-02 08:28:34)
56.《ネタバレ》 まぁ基本的なノリはこんな感じなわけで・・・ここまで観つづけてくるともう普通になってきた(笑) お色気路線は歓迎なのでこのままいってもらっていいんですが、少々飽きがきてるのも正直あるので何かメリハリがある要素を次作は取り入れて欲しいかな?(希望)。ということで次のも観るとオモイマスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-01-06 08:40:50)
55.ストーリーなんてあってないようなもの。
アクション!アクション!!アクション!!!
ミラ・ジョヴォヴィッチのファンの為の映画と言っても過言ではない。
misoさん [地上波(吹替)] 4点(2014-12-06 15:48:58)
54.《ネタバレ》 前作があまりに酷かったので覚悟をしてみてみたら、案外見られたという作品。とはいうものの、期待値が低かったのでがっかりも少なかったという程度です。冒頭の編集トリックで謎を見せるのは良かったのですが、その後がグダグダでいつものバイオハザード。最後の注射の場面では、あまりのグダグダさにため息が漏れました。テレビでやっていれば暇つぶし程度に見るのがちょうど良いのかと思います。
kirieさん [地上波(吹替)] 4点(2014-11-03 15:18:41)(良:1票)
53.《ネタバレ》 前作から2年。シエンナ・ギロリーの降板騒動があったものの、本人の監督直談判の甲斐あってか、見事現場復帰!これはよかったんだが、余りにもゲームオリジナルのキャラの扱いがひど過ぎ。エイダは無口だし。皮肉めいたことをサラリとクールに言うのが持ち味なのに。オマケに足手まといだし。そのおかげでバリーは死んじゃうし。次回作で死ねばいいと思った。レオンは頼りないし、ウエスカーもただオールバックにしただけのオッサン。Ⅵはいい意味での裏切りを期待。
oifairさん [DVD(吹替)] 2点(2014-07-30 14:37:43)★《更新》★
52.《ネタバレ》 良くも悪くもいつも通りのバイオハザードの映画。今回は過去の登場人物もクローンになって登場してくるので面白いです。てっきり今作で終わると思っていたら“私達の戦いはこれからだ!”と言わんばかりのエンディングでまだまだ続きそう…
nyarameroさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-16 13:49:29)
51.《ネタバレ》 アンブレラ施設の実験シミュレーションの体で、アクションの見せ場連発。
どうせストーリーは破綻してるので割り切ったやり方だと感心しました。
ズタ袋くんや脳ミソくんも出てきて大騒ぎ。
そもそもゲームだってストーリーも何も、ゾンビと戦うアクションゲームだったわけで、この映画シリーズが極めて原作に忠実なのに気付かされたように思いました。
ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-04-13 07:15:22)
50.期待させられた崖の上?に立ってた予告映像がほぼラストシーンだったとは・・・。2と打って変わってほとんどの原作キャラを台無しにしてる辺りこの作品の駄目な部分を体現してるんじゃないでしょうか。
spputnさん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-11 21:53:45)
49.《ネタバレ》 最新作(最終作)公開に合わせて1と合わせて再見。

再見してみて思いましたが1は記憶よりもかなりいい出来だったのですが、それと比べてこの5は…
正直、映画バイオハザードは2まではそこそこがんばっていたものの3以降はかなりひどい出来になっていき、その(悪い意味での)頂点がこの5。
正直あってもなくてもどうでもいいような映画で、例えばここでアリスが必死に助けるベッキー、なんとなくエイリアン2を思い出す展開ですが、なんと!この子は続編である最終作に一切出ないんだとか!
そんなとこまでエイリアンをまねしなくてもいいのに!(話の合間にさらっと死んでるそうです。ひでーw)

てか、ベッキー以外にもこの5で出てきた登場人物の多くが最終作には出ないそうで、そういう意味では本当にあってもなくてもいい映画になっています。

見どころとしては、「ごく普通の近所のお姉さんを演じるミッシェルロドリゲス」という極めてレアな映像を見られる事くらいでしょうか。
まぁこれもあまり長くはないのですが、だからこそレアと言えるでしょう。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-12-21 00:51:34)(良:1票)(笑:1票)
48.暇潰しにはもってこい。
初代プレステでちょろっと遊んだくらいしか知識がない僕にはなんのこっちゃわからんが、まぁなんかよーわからんのとよーわからんのがわちゃわちゃバンバンイチャイチャしてて、気疲れなく楽しい感じ。
シリーズでもうけてんだろうし、コレくらいのなんの主張もない薄味がうまくやるコツだと思ったり。名作。
おでんの卵さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-11 23:23:10)
47.開始20分ぐらいはあれ?今作は意外と面白いかも?と思わせてくれましたが、それ以降はなんともマンネリパターンのたいして新鮮味もないどんちゃん騒ぎをして終わりましたね。まあ少なくても前二作よりは良くなったとは思いましたが、面白かったか?と聞かれればNOですかね。ってまだ続くのかよ・・・もうええかげんにして。 エイダ役の人の服はどうかと思ったけど美人だなと思って検索してみたら反日発言でゲンナリ。日本に来るのも嫌ならなぜ出演したし。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-09-02 17:14:43)
46.《ネタバレ》 これまでのシリーズを観て来たので勢いでレンタルしてきました。映画初登場キャラのレオンが出ているのに、なんでレビューに書く人が少ないんだろう・・?と思っていたが、びっくりするくらいオーラがない。
C・C・バクスターさん [DVD(字幕)] 3点(2013-08-16 19:55:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 65人
平均点数 5.08点
011.54%
111.54%
269.23%
369.23%
4812.31%
51218.46%
62030.77%
746.15%
857.69%
911.54%
1011.54%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.25点 Review8人
2 ストーリー評価 4.00点 Review11人
3 鑑賞後の後味 3.70点 Review10人
4 音楽評価 4.40点 Review10人
5 感泣評価 2.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS