脳男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ノ行
 > 脳男
 > (レビュー・クチコミ)

脳男

[ノウオトコ]
2012年【日】 上映時間:125分
平均点:5.93 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-02-09)
アクションSFミステリー小説の映画化
新規登録(2013-02-01)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2016-06-12)【DAIMETAL】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀧本智行
キャスト生田斗真(男優)鈴木一郎(入陶大威)
松雪泰子(女優)鷲谷真梨子
江口洋介(男優)茶屋刑事
二階堂ふみ(女優)緑川紀子
太田莉菜(女優)水沢ゆりあ
染谷将太(男優)志村
光石研(男優)黒田雄高
甲本雅裕(男優)空身
小澤征悦(男優)伊能
石橋蓮司(男優)藍沢
夏八木勲(男優)入陶倫行
大和田健介(男優)広野
小林颯(男優)入陶大威(幼少期)
脚本真辺克彦
成島出
音楽ガブリエル・ロベルト
主題歌キング・クリムゾン「21世紀のスキッツォイド・マン」(ポニーキャニオン)
撮影栗田豊通(撮影監督)
製作市川南〔製作〕
日本テレビ(映画「脳男」製作委員会)
日活(映画「脳男」製作委員会)
東宝(映画「脳男」製作委員会)
講談社(映画「脳男」製作委員会)
読売テレビ(映画「脳男」製作委員会)
ジェイ・ストーム(映画「脳男」製作委員会)
企画日活
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
美術丸尾知行
衣装宮本まさ江
編集高橋信之〔編集〕
録音藤丸和徳
照明鈴木秀幸〔照明〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.後味が悪い映画は好きじゃない。本作は、あまり後味が良いとは言えないけど、結構好きだなぁ。意外に評価が低いと思ったら、評価が割れれているのか。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 7点(2017-07-02 23:15:00)
28.《ネタバレ》 適度にグロテスクな内容といい、眉目秀麗な俳優起用といい、ダークな世界観に惹かれるティーンエイジャー向けの映画です。いい大人が「ほう」と唸るモノでは決して無いんだけど、漫画が実写化されたかのようなそこそこの安っぽさ~例えば所謂「豪邸」の画ヅラとか、爆弾が大病院のあちこちに配置されているくだりのあまりの手際の良さとか、主人公がキラキラしすぎて目が潰れそうだとか~、そういうのに慣れるとけっこう楽しめます。
冒頭では甚だ怪しい脳男氏の立ち位置が微妙に変わってゆく変化球的な展開は意外だったし、死を裁決することへの逡巡といった問題まではらんで、制作側は大真面目です。ラストの松雪逆転負けのエピソードはぴりっと締まって良かったと思います。
なんといっても生田斗真がこの「実写化」テイストの作品にぴったりです。このキャラクターは演技力は要求されないわけで、つまり容姿のみでキャスティングされたであろう彼。「俺は本格俳優になりたいからこんなのはやりたくない」と生田サイドが言わなくて本当に幸いでした。
「まあ俺は賑やかしだから」と判断しての江口のがちゃがちゃうるさい芝居と、いつでも大河風の本格演技を持ち込んじゃう松雪が、どちらもどうも互いにしっくりこない上、映画からも浮くのが惜しい。ふみちゃんも肩に力入りすぎ。
tottokoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-04-22 23:55:27)
27.《ネタバレ》 内容的には突っ込み所のオンパレードなのですが、結構面白かったですね。
感情の無いロボットと自分と似ていると思い込んでいる人間の少女の
対比も想像をかき立てる部分があるし、
少年法や更正プログラムの是非を問うメッセージも良かったですね。
女医も医師や人権を考えて少年を更生させたと言うのは建前で自分を維持する道具として
少年を更生させていた所もなかなか。それだけに突っ込み所が勿体ないなぁと言う印象。
もっとこの複雑な素材をブラッシュアップさせ今より光らせる事が出来る
監督や脚本家はどれほど居るでしょうかね。私の中ではここまで出来れば及第点以上です。
デミトリさん [インターネット(邦画)] 8点(2017-02-13 12:08:34)
26.エンターテイメント性もあり、どこか濱マイクを彷彿とさせるようないぶし銀な空気感もある映画
最中のくだりは最高にギラギラしていた
 
ほんの少しばかりエロ、ほんの少しばかりグロ
二階堂ふみと生田斗真の怪演があり
 
どっちつかずながら二階堂ふみ好きや生田斗真好き、
はたまた松雪姉さんに暑苦しい江口の兄貴好きには十分に見応えのある映画
 
松雪姉さんに私としたいか、なんて聞かれたら両手を上げてしたいです!と答えるのが武士のたしなみだと思う
おでんの卵さん [DVD(邦画)] 7点(2015-08-19 23:58:59)
25.《ネタバレ》 B級映画としてなら10点満点なんですけど、ね。
生田さんは『脳男』としてよく演じてたと思います。
二階堂さんも然り。
ただ、クルマに轢かれまくっても立ち上がったり、末期ガンで大量の爆弾を仕込んだりと、無茶苦茶です。
まぁそーゆーキャラクターなんだから、いいんですけどね。
染谷さんは、最初から『そうなんだろうな』とゆー意味ではミスキャスト。
魅力的な俳優さんなんだから、起用には気を付けないといけません。
とにもかくにもソリッドなサスペンスアクションとしてカテゴライズできそうなのは演者のおかげ。

でも有望な若手俳優陣にあまり極端な役ばかりやらせないでほしいなぁ。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-08-17 16:13:29)
24.僕は原作も読みましたが、原作はそんなに面白いとはおもいませんでした。評判が良さそうなので、全く期待せずに映画を観たんですが、滅多にない事なんですけど、映画のほうは正直大変面白かったです。生田斗真の演技が凄すぎて、ちゃんと不気味に視覚化してくれたおかげで、小説じゃ荒唐無稽過ぎて全くイメージがわかなかった脳男を、存在感あるものとして感じれて映画の世界にグイグイ入りこめました。映画全体のサイコ的な雰囲気も小説よりあったと思います。爆弾魔の設定が漫画みたいなありえなさですが、原作からしてリアリティーがまったくないので、むしろ役者の演技と演出で、素直に娯楽作品として受け入れられて楽しめました。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 10点(2015-07-12 21:58:03)
23.《ネタバレ》 生田斗真、二階堂ふみ、太田莉菜、染谷将太といった若手がそれぞれ異常人格をハイテンションで演じていて(個人的には染谷将太が最も不気味でよかった)、映像化したらチープになりがちな脚本を引き締めていました。それに比べて松雪泰子、江口洋介、石橋蓮司、夏八木勲のベテラン陣がダメダメ(演技がヘタということではなく、なんか古くさくて画から浮いていた)。小澤征悦は論外。世代交代を強く感じた作品でありました。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 7点(2015-05-16 23:57:13)(良:1票)
22.《ネタバレ》 連続爆破事件の容疑者として捕まった男は優れた能力だが感情が無かった。
調べる内、この男は真犯人を追っていることが分かるが脱走してしまう。
だが真犯人もまたこの男を追っていた。
男の正体と爆破魔を追う話。
ありえなさが目立って興醒めする場面がちらほらありました。
漫画やアニメだったら許されるような演出ですけどね。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 4点(2015-03-14 02:45:09)
21.《ネタバレ》 犯人の少女が本物のモンスターっぽくなく、リアルな不気味さが足りない。
二階堂ふみがエキセントリックなメイクをしているが、逆に見かけは普通っぽいほうが恐いのに。
内面のモンスター性を際立たせる作りこみが足りずに表層的なので、脳男と対峙するには迫力不足。

女医に偽善的なものを感じて鼻につく。
弟を殺した殺人犯をカウンセリングするのもありえないし、再犯も防げなかった。
そのくせ、犠牲者になるところだった少年を救った脳男に、犯人を殺したことは許せないと責める。
自分の無能を棚に上げて責める資格があるのかとイラっとくる。
脳男のキャラは良かったので、至るところに詰めの甘さは感じたものの、最後まで見ていられる。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-20 18:49:53)
20.日本の大作映画特有の不細工なエンターテイメントなんだろうとスルーを決め込んでいたのだが、ドハマリ中の“二階堂ふみ”目当てに鑑賞。
粗や難点は多いけれど、それを補って余りある娯楽性に溢れいていた。江戸川乱歩賞受賞作が原作らしく、想像以上にエキセントリックな物語の世界観は見応えがあった。(二階堂ふみの畜生ぶりも、想像以上にエキセントリックだった!)

原作は未読だが、映画化にあたり生み出されたオリジナルのキャラクター設定が効いていたと思う。
悪役の性別を男性から女性に変えるなんて、普通は失敗しがちなんだけれど、今作に限ってはそれが功を奏し、主人公である“脳男”との合わせ鏡としての対比が際立っていた。

そして何と言っても、主演の生田斗真のパフォーマンスは素晴らしかった。
絞り込まれた肉体と、無機質且つ美しい無表情は、“脳男”という「異質」を表現するに相応しく、彼以上の適役は居なかったろうと思わせる。
一瞬の微笑から再び深い無表情へと移り変わるラストカットは見事だった。

全体的なテンポの悪さと少々あざと過ぎる演出には改善の余地があるとは思うが、メリハリの効いたアクションシーンと、思わず目を背けたくなる程ハードな残酷描写には、日本映画らしからぬ迫力があった。

というわけで、国内の娯楽大作映画としては近年で随一の出来映えと言っても過言ではなく、大いに楽しめたことは間違いない。

個人的には、二階堂ふみと太田莉菜の“糸引きディープキス”が見られただけでも、この映画の価値は揺るがない!
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-08-15 00:50:15)(良:1票)
19.思っていたより面白い。生田が結構いい感じ。松雪、江口のくさい芝居は、なんとかしてほしかった。それにしても、日本映画って、なんでこんなにテンポが悪いのか・・・?
AKiさん [DVD(邦画)] 7点(2014-05-24 00:27:02)
18.《ネタバレ》 なかなか面白かったです。特に脳男こと生田斗真君が熱演していてかっこ良かったです。クライマックスの病院内のシーンは、それまでの不気味な雰囲気が薄れて安っぽいアクションシーンの連続でちょっと残念です。ラストに脳男がニヤッと笑うところもちょっと違うんじゃないかと思いました。続編はあるのでしょうか?
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-01-22 16:30:56)
17.《ネタバレ》 日本映画としては、面白い、コンセプトはいいんだけどね、色々なシーンの設定が甘い。生田さんと、松雪さんん、素晴らしい表情をしていました。ただ、ロボコップ映画ななのか、人間を描いているのか、よくわからない。松雪さんは、医者でありながら、ロボコップ化した彼に、エピソードとして、自分の弟を殺した少年の抹殺指令を与える、あれは、ありかな、よく、怖いお兄さんが、俺はいいんだけど、俺の子分が何かをするかもしれないから、気をつけた方がいいよ、あれをやっちゃうわけで、彼女は人間だ、とか、言いながら、抱きしめもしないし、胸も揉ませてあげない、映画見ながら思いましたね、これがアメリカ映画なら、すぐベッドインだろうとか、病院で、江口さんが、生田さんと戦う必要があるのか、なぜ信用しないのか、シナリオか設定に問題あるんじゃないの。24アワーズみたいに、協力すればいいじゃん、とかさ、松雪さんも医療ベッドに縛られていて、悪役の彼女、ブラウス切るなら、もっとしたの方まで切って色っぽいところ見せてよ、また、駐車場で、生田ロボット、あれだけ跳ね飛ばされて、下腿は骨折しないのか、とか思いますよ。また、江口さんとのバトル、首を絞めて気を失わせる、とかチャンスあったでしょう、久々に、面白い題材なのだが、シーンそれぞれに、踏み込みが足りないのが残念でしたね、でも、思った以上に面白く、感動しました。
yasutoさん [地上波(邦画)] 10点(2014-01-13 05:14:24)
16.《ネタバレ》 生田斗真の相手役に、松雪泰子をキャスティングしたのがお見事でした。カウンセリングで対峙する2人。特徴的に鼻の高い両俳優の横顔は、実に画になります。まるで合わせ鏡のよう。感情が無い男と、感情を理性で封じ込めえる女。2人は外見だけでなく、内面にも共通点がありました。そんな2人が出会った事の効用。女医の涙はロボットの中に眠っていた感情の欠片を掘り起こしましたし、鈴木は女医の過ちを正しました。「善悪の基準を勝手につくって審判を下す権利なんか誰にも無いわ」女医の台詞は、彼女の理性が言わせている模範解答。でも感情は、また別モノです。それが女医自身を苦しめている事に、彼女自身気づいていません。理性と感情、果たしてどちらに従うのが正しいのでしょう。いやこの2つを切り離す事に無理があるのだと感じます。どちらも等しく大切なもの。女医最後のつぶやき「(あなたは)何処へ行くの」は鈴木だけでなく、彼女自身にも向けられていると感じました。一次救護に当る訳でもないのに、ただ「救急車を早く呼んで」と泣き叫ぶ医療関係者や、「死んでも償い切れない」と涙を浮かべる加害者は“うそ臭くって信用できない”が私の持論。案の定、化けの皮が剥がれ落ちる結末は腑に落ちましたが、後味はかなり悪いです。でも因果応報の原則は守られているので不快感は低め。暑いけど湿度は低い、寒いけど乾燥していない、そんな余韻を味わえました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-12-30 18:55:00)(良:1票)
15.《ネタバレ》 とにかく画一的 設定はおもしろいと思うがまったく生かされてない 音楽の使い方も古い&へたでどうしようもない ストーリーがラジオ小説のように、映像が無くても理解出来るくらい時系列で平たい お話が進むにつれて「ああそうだったのか」とか思う所がまったくない ただ淡々と話が進むだけでなんの演出もしていない アクションも激ヌル SPの方が100倍マシだ 爆発シーンのみ派手なのは昔のアクション映画を見てるようだった 爆発シーンも次々起こるがただ爆発をだらだら繋げただけなので緊迫感もない 普通あれだけ爆発シーンが続けばハラハラするはずなのにリズムが悪くて畳込むような感じはまったく無く、光石研が爆死する所など光石の顔が2秒ぐらいアップになってドカン!みたいな激遅演出 とにかくタメすぎる 北野映画のような畳込むようなタメの無い殺陣を勉強したほうがいいとまじめに思った 二階堂ふみが警官の頭を撃つシーンも音だけだし、首に爆弾がついたボウガンの矢が爆発するシーンも無し あそこで引きの絵で頭を弾が貫通したり、首が爆弾で吹き飛んだりしたらあの映画がピリッと締まったのに残念だ わざわざ首にボウガンの矢が刺さった演出なのに意味がないじゃん 脳男のアクションもダンスを見てるみたいで迫力が皆無 ラスト近くで若い刑事が自分で自爆する意味もよくわからない ラストの脳男と二階堂ふみとのバトルもただ脳男が車に轢かれにきてるのかと思わせるぐらい意味不明 おめえは当たり屋だったのか! 唯一良い所が有るならば二階堂ふみと江口洋介がマンガチックだけどなかなかの演技だった 特に江口洋介はけっこういい 二階堂ふみはメイクとか作り込みがウザすぎる 染谷将太ぐらいのサイコな演出がリアルでバランスがいいと思った エンディングにおいては脳男の顔がアップでモノクロになってストップモーション そんで古くさい感じのロックがドン! おもわず笑いがでるぐらい古くさい演出 監督はじじいに違いない(笑)
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2013-12-24 11:50:41)
14.てっきり脳男が爆弾魔で、江口洋介がそれと対決して行く物語かと思ったら違いました。ジャンルにSFとあるが、どこにSF要素が?サスペンスというのが1番当てはまるが、サスペンスにしては緊張感が足りない。爆破シーンしか見せ場が無いので飽きてくるし、殆どの時間が脳男の正体を分析するのに割かれているのでうんざりしてしまう。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 1点(2013-11-06 13:28:03)
13.好みではない
pokobunさん [DVD(邦画)] 3点(2013-11-04 23:11:36)
12.《ネタバレ》 原作のことは知りませんが、個人的にこの「脳男」というキャラクターが結構気に入ってしまったので高得点をつけようと思います。正義の殺人マシーン。完璧な頭脳と身体能力。規則正しさとクールさ。なんだか魅力的です。映像的にもっとあか抜けて作ってくれればという思いもあるのですが、取り立てて酷い絵図らがあったわけでもないのでヴィジュアル的には可もなく不可もなくでしょうか。あ、透明な筒で書類を送る装置を使って爆弾を爆発させるシーンは割と良かったかも。あとはやっぱり松雪泰子の役者としての巧さが光りますね。さすがだなと思います。生田君も難しい役柄の割にはよくやってたと思うし。もし作れるのなら続編も見てみたいです。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-22 20:22:59)
11.《ネタバレ》 実力派俳優をメインに据えているのに、予想外に酷いB級映画でした。
タイトルや宣伝から興味深々だったのですがガッカリです。
テンション高い刑事やイカれた真犯人といった主役そっちのけの濃いキャラが登場。
また、メリハリなく安易に使われる猟奇的シーンや爆破シーン。
これらが全く相乗効果を醸し出していないため、肝心の脳男が霞むばかりか、どこが盛り上がり所なのかよくわかりませんでした。
さらには、警察の間抜け描写が惨すぎ、病院が無防備すぎ、子供向け特撮ヒーロー物のアダルトテイスト版といった印象です。
話が進めば進むほど「迷走」としか思えず、「この辺で勘弁してくれ~」と心の中で叫んでしまいました。
牛若丸さん [DVD(邦画)] 2点(2013-10-13 23:53:46)
10.《ネタバレ》 これは非常にもったいない。絶対に面白くなる設定なのにこの映画は面白くない。
例えるならそのまま焼くだけで美味しいはずだった
高級ステーキ肉があったのに、色々料理してみた結果
できあがった料理はあんまり美味しくなかった、という感じか。
脳男の正体、説明にあまりにも時間を使いすぎているし、
そのぶん描くべきことが描かれてないからダメダメだ。
痛みを感じないだけでダメージはあるわけで、
脅威の身体能力があるなら車は普通に避けろよ、とか
たった一人でこの爆弾の量&計画は無理だろう、とか
余計なことで現実に引き戻されるシーンが多々あるのも減点。
虎王さん [DVD(邦画)] 5点(2013-09-20 13:46:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 5.93点
000.00%
126.90%
213.45%
313.45%
413.45%
5620.69%
6310.34%
71137.93%
826.90%
900.00%
1026.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.20点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS