デイズ・オブ・サンダーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デイズ・オブ・サンダー
 > (レビュー・クチコミ)

デイズ・オブ・サンダー

[デイズオブサンダー]
Days of Thunder
1990年【米】 上映時間:108分
平均点:5.39 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-06-29)
アクションドラマスポーツもの青春ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・スコット
助監督ジェームズ・W・スコッチドポール
キャストトム・クルーズ(男優)コール・トリクル
ニコール・キッドマン(女優)脳神経科医 クレア・ルウィキー
ロバート・デュヴァル(男優)ハリー・ホッジ
ランディ・クエイド(男優)ティム・ダランド
ケイリー・エルウィズ(男優)新人カーレーサー ラス・ウィーラー
マイケル・ルーカー(男優)ローディ・バーンズ
フレッド・ダルトン・トンプソン(男優)ビッグ・ジョン
ジョン・C・ライリー(男優)バック・ブレザートン
ドン・シンプソン(男優)アルド
J・C・クイン(男優)ワデル
クリス・エリス[男優・1956年生](男優)
バーバラ・ガリック(女優)ローレン・ダランド
ジェラルド・R・モーレン(男優)神経外科医 ウィルヘアー
ニック・サーシー(男優)ハイウェイパトロール隊員
鈴置洋孝コール・トリクル(日本語吹き替え版【VHS/DVD/TBS】)
土井美加脳神経科医 クレア・ルウィキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中庸助ハリー・ホッジ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林修ティム・ダランド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ハリー・ホッジ(日本語吹き替え版【TBS】)
大塚明夫ローディ・バーンズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
今西正男アルド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八バック・ブレザートン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
戸田恵子脳神経科医 クレア・ルウィキー(日本語吹き替え版【TBS】)
麦人ティム・ダランド(日本語吹き替え版【TBS】)
谷口節ローディ・バーンズ(日本語吹き替え版【TBS】)
原作トム・クルーズ(原案)
ロバート・タウン(原案)
脚本ロバート・タウン
音楽ハンス・ジマー
作詞ボブ・ディラン挿入歌"Knockin' on Heaven's Door"
ハンス・ジマー主題歌"Last Note of Freedom"
ビリー・アイドル主題歌"Last Note of Freedom"
ジョニー・マーサー挿入歌"Moon River"
作曲ジェフ・ベック(Guitar Performance of Instrumental)
ボブ・ディラン挿入歌"Knockin' on Heaven's Door"
ハンス・ジマー主題歌"Last Note of Freedom"
ビリー・アイドル主題歌"Last Note of Freedom"
ヘンリー・マンシーニ挿入歌"Moon River"
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕(追加編曲)
シャーリー・ウォーカー
挿入曲シェール"Trail of Broken Hearts"
ティナ・ターナー"Break Through the Barrier"
エルトン・ジョン" You Gotta Love Someone"
ジョーン・ジェット"Long Live the Night"
ガンズ・アンド・ローゼス"Knockin' on Heaven's Door"
撮影ウォード・ラッセル
製作ジェリー・ブラッカイマー
パラマウント・ピクチャーズ
ドン・シンプソン
製作総指揮ジェラルド・R・モーレン
配給UIP
美術トーマス・E・サンダース
編集ビリー・ウェバー
マイケル・トロニック
クリス・レベンゾン
ロバート・C・ジョーンズ
録音ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
スタントデヴィッド・R・エリス
バディ・ジョー・フッカー
スコット・ワイルダー〔スタント〕トム・クルーズのスタントダブル
その他ジェラルド・R・モーレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
シャーリー・ウォーカー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.トニー・スコットとトム・クルーズのコンビが『トップガン』の次に選んだ題材が、カーレース。飛行機からクルマに変えただけであとは大差なし、おいおい、ジャンボーグAの次はジャンボーグ9かよ、と言いたくなった方も多数おられたかと思いますが(私も当時そう思った)。
しかも「今回もやっぱり、バイクにも乗っておきたいよね」ってんだから、やりたい放題。でも確かにバイク姿がサマになってるのよね。
と、まあ二番煎じっぽい、ってのが第一印象としては当然あるのですが、しかし、トム・クルーズ映画には、ポール・ニューマンやダスティン・ホフマンというお目付け役がつく流れがあって(ブライアン・ブラウンもそこに入れていいか?)、本作はその流れも汲んでます。今回はロバート・デュヴァル、なので、オイシイところを持っていかれる心配は無い(笑)。後年、アウトローで再共演したのもそういう、演じる側・観る側ともに感じられる安心感ゆえ、かしらん。
だけど、そういう年長者が横につく役柄だもんで、トム・クルーズはあくまで「若造」に徹していて、現在のムダにオーラを出しまくっている壮年スターの姿と比べると、ああ、そういやカリスマ・トム・クルーズだって、昔はこういう頼りないところがあったんだよな、なんて思ったり。実際、トム・クルーズのカリスマ性って、「こんなに歳食ったのにここまで若々しいフリを貫いて見せる、なんかブキミだなあ」って感じさせるようになってから、本格的なものになったような気もいたします。
それはともかく、若々しいだけじゃなくって本当に実年齢も若いトム・クルーズが、その当時なりのスター性を映画の中で輝かせてみせ、物語の方はというとレースばかりなのであまりまとまったオハナシにはならないけれど、主人公のライバルには気の毒な目にあってもらうことで、物語の上でも主人公をスターとして輝かせてみせる。
トニー・スコットのチャカチャカした落ち着きのない映像も、本作のレースシーンなどでは良い方向に働いていて、このあたりも作品の魅力になってます。このスピード感、そしてこのメカニックな描写さえあれば、もうストーリーなんてあっても無くってもどっちでもいいてしょ、と。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-12-08 04:47:19)
45.《ネタバレ》 ○レースシーンはそこそこ迫力あったけど…。○他にあまり見どころがないね。もう少し知的なキャラにしても良いのでは。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-07-18 18:26:52)
44.2016.06/12 鑑賞。「トップガン」のレイサー版も全てに劣る。キッドマンはマクギリス より綺麗だから結婚?音楽も記憶に残らない、残念。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-12 18:13:52)
43.『俺たちに明日はない』『チャイナタウン』などで知られる巨匠・ロバート・タウンが脚本を書いたとは思えないほど安っぽい話で驚いてしまいました。天才的な才能を持つ青年の挫折と再生を描いた物語はまんま『トップガン』だし、かつてのライバルと友情を結び、新たなライバルとの対決に向かうというクライマックスは少年ジャンプのノリ。他の映画と差別化できるような新基軸も打ち出せておらず、この脚本では批判を受けて当然だと思います。さらには、『トップガン』『ハスラー2』に続いて横柄な天才役を演じるトム・クルーズはいい加減ハナについてきたし、この頃のニコール・キッドマンは演技がイマイチ。当時、「トム・クルーズの嫁」という以外に売りがなかったことにも妙に納得がいきました。この二人が演じるラブシーンはまさに悪夢であり、ラブシーンの演出を不得意とするトニー・スコットの不手際とも相まって、見ているこっちが気恥ずかしくなる代物となっています。。。
とまぁ内容的にはまったくダメなのですが、レースシーンが突出してかっこよかった点は素直に評価できます。この辺りはマシーンの描写を得意とするトニー・スコットの独壇場だったし、クリス・レベンゾンによるドライブ感溢れる編集も作品に大きく貢献しています。さらに、本作はハンス・ジマーが関与した初のアクション大作となるのですが、やはりこの人の音楽は最高にかっこいいのです。クライマックスのレースでは燃えまくりました。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-06-17 00:50:55)
42.《ネタバレ》  まるでトップガンのようなノリと雰囲気と音楽でしたけど、画的にはこちらのほうが分かりやすくて好きです。ストーリーも、出会い→苦戦→特訓→連勝→事故→挫折→復帰→優勝、とまさに王道サクセスストーリーで深みも何もあったもんじゃないけど、良い感じです。安心して、楽しく見られるのが良いですね。
 ひとつ難を言えば、中盤でレースとは関係のないラブロマンスに力を入れすぎて、せっかくスピード感あった展開が少し中だるみしてしまったこと。確かにトム・クルーズとニコール・キッドマンのやりとりは魅力的だったし、ラブストーリーとして凄く良かったのだけどさ、それがこの映画ではちょっぴりマイナスに作用してしまった感じがしました。もう少しさくっとした感じにして、後はカーレースに力を入れて欲しかったです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-04-16 14:21:28)
41.《ネタバレ》 ニコール・キッドマンのナマ足でスリップ・ストリームの説明をするおバカ映画です。やってみたい。ほとんど「トップガン」と同じ展開で登場人物たちがおバカに見えるところも同じです。不思議と戦闘機よりこちらの方がスピード感がありました。背景の違いなんでしょうね。楽しかったです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-11-29 01:09:56)
40.《ネタバレ》 えらくサクサク進んでいく印象で、展開がスピーディ でもテンポがよすぎて中身が薄い もう少し個々の掘り下げがあってもよさそうだけど、あんまりそうするとくどくなっちゃうか アメリカ人が大好きなオーバルトラックレース その代表格であるNASCAR バンクを疾走するレースカーはやっぱりかっこいい! まぁいろいろあるけどそれだけで満足デス
Kanameさん [DVD(字幕)] 4点(2011-01-29 09:14:00)
39.そこそこは楽しめましたが主人公にあまり感情移入は出来ませんでしたね。レースシーンは迫力がありました。
ギニューさん [DVD(字幕)] 6点(2009-07-13 19:14:28)
38.トム・クルーズ、格好良い! でも、面白くない。傑作ならず。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 4点(2008-11-29 23:58:57)
37.綺麗すぎる女医さんとの出会いシーンが良かった。レース中にあんなに車をぶつけても良いのかな。。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2008-08-24 14:14:00)
36.好きなものは好きなのだから仕方がないという映画です。二コール=キッドマンは居ても居なくても(むしろ居ない方が)映画としてはスッキリしたんじゃないかなとか思ったりもするのですが、音楽、映像、トム様、ロバート=デュバル共にカッコよすぎるので満点です。
AIRSさん [DVD(吹替)] 10点(2007-02-20 19:02:49)
35.しかし盛り上がらんな
Junkerさん [ビデオ(字幕)] 3点(2007-02-02 21:57:27)
34.思わず内容の臭さに身震いがしてしまった。それにしてもレース中に、よく喋ること・・・それもでかい声で、サーキットの狼じゃないんだから、もうチット運転に集中しろよ~
みんてんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-11-07 00:12:15)
33.80~90年代前半に量産されたトム・クルーズ主演の青春映画。カー・レース版「トップガン」といった趣の作品で特に心に残る作品ではないですが、ニコール・キッドマンのモデルばりの美しさが印象に残りました。
MELさん [DVD(字幕)] 6点(2006-06-13 06:57:11)
32.《ネタバレ》 「トップガン」はよくてもこれはだめ。レース中心かと思いきや全体の20%ほど。あとはマイケル・ルーカーとの確執やオーストラリア人に妙に受けが悪いニコール・キッドマンとの関係やロバート・デュヴァルの気まずい関係。うーん、つまらん。トニー・スコットにはもーちょっと頑張ってほしかったなぁ~。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 3点(2006-05-23 11:11:37)
31.ホワイトスネイクのヴォーカル、デイヴィッド・カヴァーデイルのソロ曲"The Last Note Of Freedom"のためだけに存在価値がある作品。いや、内容的にここまでカスとは思わなかったよ。たまたま遭遇した女医をへらへら追いかけながら、都合よく大事なレースだけ勝ってるんじゃありません。オートレースというものがすごく簡単に見えてきます。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2006-01-09 15:56:14)
30.「トップガン」と同じでしょ? 同じベクトルでトップガンを越えようとしたのでしょうか。個人的には、全然超えられていないですが
ようすけさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-10-31 00:28:24)
29.ごく平凡な出来.. 当時、トム・クルーズに釣られて..観てしまったんだけど...
コナンが一番さん [映画館(字幕)] 5点(2005-09-30 19:44:26)
28.トップガンの方が良かったかも。
ゆきむらさん 5点(2004-11-08 09:52:52)
27.カーレースにも疎くて興味はないですが結構面白かった。クラッシュや危険な駆け引きのあるレースシーンは迫力あったし、レース意外でもDrのキッドマンとの恋とかライバルとの友情、レーサーを支える人たちとのドラマ(R・デュバルが渋くていい)もあって退屈しなかった。
ライバルとは病院で車椅子でも競争してしまうというレーサー本能が可笑しい。
皆さんが比較してる「トップガン」は未見だし、同じようなレースものでも「ドリブン」よりはずっと良かったし。
キリコさん 6点(2004-11-06 18:20:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 5.39点
000.00%
100.00%
200.00%
3817.39%
4613.04%
51123.91%
61328.26%
724.35%
836.52%
912.17%
1024.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review3人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1990年 63回
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
音響賞ケヴィン・オコンネル[録音]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS