ウォーム・ボディーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウォーム・ボディーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ウォーム・ボディーズ

[ウォームボディーズ]
Warm Bodies
2013年【米】 上映時間:98分
平均点:6.28 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-09-21)
ホラー青春ものロマンスゾンビ映画
新規登録(2013-08-08)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-07-27)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・レヴィン〔監督〕
キャストニコラス・ホルト(男優)R
テリーサ・パーマー(女優)ジュリー・グリジオ
アナリー・ティプトン(女優)ノラ
デイヴ・フランコ(男優)ペリー・ケルヴィン
ジョン・マルコヴィッチ(男優)グリジオ大佐
コリー・ハードリクト(男優)ケヴィン
内田夕夜R(日本語吹き替え版)
潘めぐみジュリー・グリジオ(日本語吹き替え版)
石住昭彦M(日本語吹き替え版)
小松史法ペリー・ケルヴィン(日本語吹き替え版)
小林沙苗ノラ(日本語吹き替え版)
樋浦勉グリジオ大佐(日本語吹き替え版)
脚本ジョナサン・レヴィン〔監督〕
音楽マルコ・ベルトラミ
撮影ハビエル・アギーレサロベ
製作デヴィッド・ホバーマン
配給アスミック・エース
衣装ジョージ・L・リトル
あらすじ
近未来。ゾンビのR(ニコラス・ホルト)は、食糧を探しに仲間と街へと繰り出す。戦闘中、彼は自分にショットガンを向けたジュリー(テリーサ・パーマー)に心を奪われる。Rは思わず、他のゾンビたちからジュリーを助ける。やがてジュリーと心を通わせ、Rは人間の体を取り戻していく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.《ネタバレ》  『ゾンビ』から『人間』に戻る話だとは全く知らず、終始興味津々で見ていました。
 『ゾンビの目からみたゾンビの日常とゾンビ社会』『ゾンビとの共同生活』『脳を食べるとその人の人生を追体験』どれをとっても、面白いアイデアばかり。
 舞台も良い。『荒廃した都市や空港』と、『生き残った人たちが生活する街』の対比がとても良い。
 飛行機内で共同生活ってのも、秘密基地みたいで良い。そんで『いつ他のゾンビが機内に入ってきやしないかとハラハラする』、このちょいハラハラ感がクセになります。
 前半のほうではゾンビ映画の世界を堪能できるのがポイント高い。もちろん、コアなゾンビファンを満足させる内容とは言えませんが、私みたいな『ゾンビっぽければなんでもOK』みたいな人種は十分満足できるわけです。
 Rとその友人ゾンビ。この2人?が最初からゾンビよりちょっと人間寄りすぎない?ってのはちょっとマイナス。
 それでもRが少しずつ人間へと近づいていく描写はとても丁寧で、流血するシーンには感動すら覚えます。言葉が少しずつ流暢になっていくなど、ディテールにこだわったプロセスの描き方は素晴らしいんじゃないでしょうか。
 ただ、あえて水を差すなら、R以外のゾンビ達の人間化。さすがにこれは無理があったのではないかと思います。『Rとジュリーの手つなぎ』『看板の手つなぎ』、手をつないでいるところを見ただけで人間に戻れるんだったら、とっくにそうなっていただろうと思えてしまう。
 とはいえ、子供ゾンビが人間の子供たちと遊ぶシーン、友人ゾンビが人間の女性から傘を開いてもらうシーンなど、ゾンビ映画とは思えない素敵なシーンが用意されているラストで、そんなささいなことは許せてしまう。
 これだけでも希望がもてるのに、壁が壊される爽快な結末のおまけつき。良作です。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-05-07 00:53:28)(良:1票)《新規》
24.《ネタバレ》 よくもまぁゾンビと人間が恋をするなんて発想をしたもんだ。最後、ゾンビが生き返るという設定にはご都合主義を感じる。ゾンビ映画は、欧米ではそこそこヒットするようで、様々なゾンビ映画があるが、日本では敬遠されるジャンルである。もっとも中国版ゾンビの霊幻道士はヒットしたが。

※それにしても、欧米人はゾンビが好きだのう・・・
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 5点(2019-02-09 06:39:15)
23.スタートは面白かったけど、後半はパワーダウン。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-02-08 15:28:46)
22.ガイコツの存在とか、2人を追う意味とか、いまいちしっくりこない展開。生前無関係だったゾンビとの恋愛というのは珍しいけど、そういう状況下ならではのシーンがもっと面白ければ。
nojiさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-02-04 21:59:30)
21.《ネタバレ》 コアなゾンビマニアなら激怒ものの描写と展開の数々だが、製作スタッフもそのことは想定内で、あくまで異種恋愛ものファンタジーに徹している姿勢に好感が持てる。「ここまで上手くいかないだろ」とか「ゾンビに殺された人もいるのに切り替え早いな」とか目くじらを立てず、ロミオとジュリエットみたいな初々しい恋愛模様を愛でるのが正しい観賞法。ラストは清々しいまでのハッピーエンド。ここまで行くともう乾杯(完敗)です。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2016-11-26 00:33:34)
20.《ネタバレ》 骸骨が不憫過ぎて、どう考えてもハッピーエンドとは思えないんだけど、いい話でした。
ホラーは苦手で、特にゾンビ系のグロテスクな映像は駄目なんだけど、この作品は許せる範囲のグロさで良かったです。
人間の女の子に恋するゾンビという設定が斬新で、銃で撃たれて血を流してるのに喜ぶというよくわからない状況を作り出したことが素晴らしいと思います。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2016-09-17 12:50:08)
19.《ネタバレ》 俺、どうしちゃったんだ?顔色も悪いし、身体も調子よくないし、姿勢だって猫背になっちゃってるし。それに、俺はもっと人と繋がりたいのに、どうしてまともに接せられないんだろう?あ、そっか、俺って死んだんだ…。ここに居る連中も皆死んでしまってるんだ。あいつもそいつも皆よれよれ。そう、もう気付いていると思うけど、俺ゾンビなんだ。自己紹介したいところだけど、名前も思い出せないんだよ。Rから始まった気がするけど、忘れた――。謎の病原菌の蔓延により、人類の大半がゾンビと化した近未来。人間が主な主食のゾンビたちは、巨大な壁の中に閉じこもって自衛している人間たちが物資調達のためにたまに外に出てくることを涎を垂らしながら待っている。ゾンビと化して間もない青年“R”も、腹が減ったらそんな自衛コロニーまでとろとろ歩き〝食事〟にありつくのだった。ところがその日、いつものように人間たちを襲おうと仲間のゾンビたちと一緒に部屋へと雪崩れ込んだRだったが、そこで彼はその人と出会ってしまったのだった。そう、動かなくなって久しい彼の心臓がもう一度ドクンと脈打つほどの最高に可愛い女の子、ジュリーに…。ゾンビと化した青年ととってもキュートな人間の女の子のそんな禁断の愛をコミカルに描くヘンテコ・ラブストーリー。いやー、まさにアイデア一発勝負な映画でしたな~、これ。ゾンビ男と人間女の恋愛と聞いて、もっとキワモノ系の悪ノリ映画だと思って観始めたのですが、中身は意外にも『ロミオとジュリエット』的プラトニックラブストーリーでありました。最初こそ、主人公が人間の脳ミソ喰うシーンがあるものの、それ以降は「こいつ、ホントにゾンビなんかい!!」と突っ込みたくなるほどフツ~の青春ラブコメなんで、誰でも安心して観ていられると思います。って、これって主人公がゾンビという特異な設定を取り除いたら、後には大して面白くない青春ラブコメしか残らないんじゃ?という疑問が最後まで拭いきれないんですけどね(笑)。個人的には、もっと挑戦的なネタ――たとえばゾンビが人間の女の子と思わずセックスしてみたら、思わずテンション上がって彼女の肉を文字通り食べちゃった!!みたいな(笑)――が欲しかったけど、それは好みの問題。主人公の恋が世界を救うという脚本もそこそこ練られていたし、ゾンビと骸骨と人間の三つ巴の戦いが繰り広げられるクライマックスもけっこう盛り上がったし、ベタではあるけれどぼちぼち面白かったんじゃないでしょうか。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2015-08-21 19:25:06)(良:1票)
18.お遊びの中に映画愛の他にもいろんなオマージュを感じました。ゾンビ=◯◯に置き換えてもいろんな問題をフィーチャーしてる様にも見えたり。コメディだと思って見始めたけど、終わった時にはなんだか不思議な感情が芽生えていました。見る時のメンタルにもよるんでしょうね。懐かしめのサントラも良かったです。R役の人はゾンビの時の方がイケメンでしたね。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2015-04-10 17:17:40)
17.《ネタバレ》 昨今のゾンビ事情についてはあまり詳しく存じ上げないんですが、もはや 半生タイプの半ゾンビ人間が出現する時代となってしまってたのですね(しかも最後は人間様に復帰してしまうという そのですね・・・) 
ジュリーが機内でかけたレコード 一瞬、なんでここで佐野元春(サムデイ♪)なんだ と思いましたが、違いましたね ブルース・スプリングスティーンのほうだった。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-04-04 16:35:36)
16.《ネタバレ》 まぁアリッちゃアリなんですけど、個人的にはゾンビで恋愛と言うのは好みには合わなかったです。ちょっと展開も甘いなぁ。恋人を殺して食ったのは彼なんで、そのことを知った彼女から復讐されて殺されるのかと思ってました。何故人間に戻れたのかも納得の行く説明はなかったし何となく気分で流されてる感じがして今ひとつ乗れなかったです。最後、彼の名前はロミオと名付けるのではと思ったがさすがにそこまではなかったですね。映画の出来そのものは悪くはなかったので6点は付けていいと思います。
ぴのづかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-29 23:21:44)
15.はじめはあまりにも馬鹿馬鹿しいと思いながらも観ていくうちに、これはこれでありな映画だと。ゾンビっていうのは死んでしまった人間ではなく、思考能力が落ちるウィルス感染症だと考えれば、十分に成り立つ病気かもしれない。いずれにしても、ゾンビ映画を楽しみにしてみると、ゾンビがしゃべる事に違和感を凄い感じると思うが、ゾンビベースの恋愛ものというアイデアはなかなか面白かった。それほどグロくないので、女子向きの映画でしょう。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2015-02-17 16:19:25)(良:1票)
14.《ネタバレ》 他レビュアー諸氏も記載されている通り、テリーサ・パーマーの魅力だけで最後まで見せ切る作品。 正統派ゾンビ映画では無いが、これはこれで有りでは無いかと。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-12-17 10:15:15)
13.《ネタバレ》 テリサ・パーマーがとにかくいいです、あの目つき、ボディー、うっとりするくらい、存在感があり、可愛いです。男なので、彼の方に余り興味はないけど、テリサが、カワイので、満点、あの父親役もいいですよね。とにかく場面から、目を離せなかった、最高に面白かったです。
yasutoさん [ビデオ(字幕)] 10点(2014-12-14 01:04:43)
12.「ロミオとジュリエット」→「ウエストサイド物語」→「ウォームボディーズ」、みたいな。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-26 15:37:15)
11.切ないゾンビ映画。
そう、ゾンビ映画なのに切ないんです!

ゾンビだって思考してるし、ゾンビ同士ちゃんとコミュニケーションもとっているという新解釈。傍から見ればただウウ~とか呻いているだけに見えるが、実はちょっと位なら言葉を発する事が出来るというね。
これまでのゾンビ映画ではただ人間を喰ってるだけでしたが、本作ではゾンビが人間の脳を食べるとその人間の人生を体験できるという設定になっており、ここが最大のキーポイントとなっている。

人間の脳を食べた事で、ひょんな事から人間の女の子を助けるという行動に出る主人公(ゾンビです)が、まさかの恋に落ちるというラブストーリー。
それまで誰かと繋がりたいと思ってもゾンビであるが故にその想いは叶う事はなかった。
しかし、運命の時は遂に訪れた。
ゾンビと人間が手を繋ぐという奇跡。その瞬間終末へと向かっていた世界は再生へと導かれる。
「ウォーム・ボディーズ」というタイトルの意味を知った時、なんて温かい物語なのだろうと思いました。

ただ、ゾンビと人間共通の敵として登場するガイコツが都合良すぎる存在だったのがちょっと残念。意外と弱いし。

ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-10-12 20:42:08)(良:2票)
10.《ネタバレ》 主人公が徐々に人間の体を取り戻していく過程で、観ている私たちが生きているありがたみを改めて知るという事ですかね。ヒロインがとても可愛かったので、釘付けになるのはわかります。アイデア先行というか、作り込みが足りない気がして勿体ないです。
DAIMETALさん [DVD(吹替)] 3点(2014-08-30 08:47:59)
9.ゾンビ映画としては、斬新なストーリーでしたなぜか、恋愛するとゾンビから人間に戻る内容だったからです。固定的なゾンビファンからすると緩い設定かもしれませんが時にはよいかも。
SATさん [DVD(字幕)] 5点(2014-07-05 16:30:32)
8.《ネタバレ》 ゾンビをベース?にした新しいラブコメでなかなか斬新な展開。あんまりキツイ描写はないので、そこらへんが苦手な方にも観やすいかもしれませんね。でも彼氏の脳ミソを食べて記憶を得るっつうのは、やっぱりゾンビやね(苦笑)そういえばマルコビッチさん出てましたね。あんまり出番がないのが残念なのですが、それでもさすがの存在感でした。でもなーせっかくだからこの人がゾンビになっちゃうとか?w それはさすがにやり過ぎですかね(笑スミマセンデシタ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-04-20 21:53:04)
7.《ネタバレ》 質問:あなたの恋人を殺したゾンビは、あなたの恋愛対象になりますか?
ゾンビがしゃべったり、共通の敵がいたり、脳を食べるとその人の記憶が流れ込んでくる…と反則ばかり。映画内ルールもさだまっておらず、主人公たちの都合の良いように話は動く。
…でも、まぁいいんじゃないかな、愛こそすべて!で。
ゾンビ界でもトップクラスにポップで、キャッチーなおしゃれ映画。
すべからさん [映画館(字幕)] 6点(2014-03-22 18:43:53)(良:1票)
6.《ネタバレ》 もしかすると正統派ゾンビファンがこの映画を見ると、眉をひそめることになるかもしれません。いわゆる、ゾンビというものに対するセオリーを覆してる。一度ゾンビになっても、まだ人間の心やら感情は残っていて、徐々に進んでいって最後は骸骨になるという設定。そしてその人間性を取り戻せば、ゾンビから人間に戻ることが出来るという。だから厳密に言えば、これはゾンビじゃないですよね。本作はゾンビ映画を装ったラブストーリーといえるでしょう。そんで、そのゾンビという設定を借りて、それをパロディ化し笑いも入れつつ、いわゆる「ロミオとジュリエット」的な身分違いの恋の状況を作り上げる。ありそうでなかった、アイデアの勝利だと思います。そしてこの二人の愛が、やがて人間とゾンビの和解、そして社会の平和へと繋がっていくラストも実に爽快で良かったと思いますね。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-02-20 20:06:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 6.28点
000.00%
100.00%
200.00%
314.00%
414.00%
5416.00%
61040.00%
7416.00%
8416.00%
900.00%
1014.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS