Menu
 >
 >
 > テルマ&ルイーズ

テルマ&ルイーズ

THELMA & LOUISE
1991年【米】 上映時間:128分
平均点: / 10(Review 159人) (点数分布表示)
ドラマバイオレンスロードムービー
[テルマアンドルイーズ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-08-18)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
助監督ボビー・バス(第二班監督)
演出ボビー・バス(スタント・コーディネーター)
キャストスーザン・サランドン(女優)ルイーズ・ソーヤー
ジーナ・デイビス(女優)テルマ・ディッキンソン
ハーヴェイ・カイテル(男優)ハル
ブラッド・ピット(男優)J.D.
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)ジミー
スティーヴン・トボロウスキー(男優)マックス
クリストファー・マクドナルド(男優)ダリル
ティモシー・カーハート(男優)ハーラン
塩田朋子ルイーズ・ソーヤー(日本語吹き替え版)
佐々木優子テルマ・ディッキンソン(日本語吹き替え版)
菅生隆之ハル(日本語吹き替え版)
川島得愛J.D.(日本語吹き替え版)
西凛太朗ジミー(日本語吹き替え版)
田中正彦ダリル(日本語吹き替え版)
木下浩之(日本語吹き替え版)
脚本カーリー・クーリ
音楽ハンス・ジマー
挿入曲B・B・キング"Better Not Look Down"
撮影エイドリアン・ビドル
アレクサンダー・ウィット(カメラ・オペレーター)
製作リドリー・スコット
ディーン・オブライエン(共同製作)
カーリー・クーリ(共同製作)
配給松竹富士
美術リサ・ディーン
衣装エリザベス・マクブライド
編集トム・ノーブル
録音グラハム・V・ハートストーン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントボビー・バス
バディ・ジョー・フッカー
スティーヴ・ボーヤム
ノーマン・ハウエル
その他ディーン・オブライエン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
満たされない日常生活から解放されるためにルイーズ(スーザン・サランドン)とテルマ(ジーナ・デイヴィス)は2人で旅行に出かけた。しかしバーでテルマをレイプしようとした男をルイーズが射殺したことから楽しい旅行は逃避行へと変わっていく。女をみれば性の対象としか見ないバカな男たち。女であるがゆえの悲哀や潔さのすべてがつまった問題作。映画史に残るラストシーンは必見。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
139.YAHOO知恵袋で女同士の友情を描いた映画は?と質問したところこれが回答されてたので見てみました…申し訳ないですけどやっぱ女同士の友情って映画にはならないですね。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 2点(2011-12-29 23:12:33)

138.大好きなジーナ・デイビスのベストの一本。彼女がうじうじ主婦からどんどん身軽になって生き生きしていく様には本当に胸が躍った。赤い土と青い空。荘厳な景色に飛んだラストシーンは心臓を一掴みされたようだった。良いか悪いかなどの判断を超えて、ただただ彼女たちを想って泣いたものでした。
tottokoさん [映画館(字幕)] 8点(2011-11-08 18:01:35)
137.《ネタバレ》 犯罪のエリートになっていく二人。
主役の二人ももちろん良かったのですが、ハル刑事やジミー、ダリルも脇役のくせにキャラが立ってて良かったです。
特にハル刑事とジミーは良かった。
ハル刑事はだんだん昭和の刑事に見えてきました。
ジミーはかっこいい。あんな男になってみたいです。
登場人物の個性がはっきりしていて、見やすいし、面白い映画だと思います。笑えるところもあります。テルマがダリルに電話するシーンは爆笑しました。
ですが、好きなタイプの話ではありません。
このタイプの話だったら、もう思い切ってハッピーエンドにしてくれたほうが個人的には楽しめました。「ええ!そこからまさかの展開!?」みたいな感じで。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-30 05:18:20)
136.《ネタバレ》 途中は現代の女2人版「俺たちに明日はない」の”ボニー&クライド”のようであり、最後は「明日に向って撃て!」の”ブッチ&サンダンス”のようでしたね。そして本作の2人は”テルマ&ルイーズ”。

しかし本作の2人はこれらのようにならず者じゃないし気晴らしのバカンスの旅に出ただけなのになあ・・・。その旅で前向きに感情を爆発させ、いい出会いもあって、もっと心の底から笑い合って開放されていく2人の姿が見たかった。残念ながらまだまだ人生を再出発できる2人を無理やり破滅に向わせているだけに感じました。

ロードムービーとしての出来は旅のテンポもよく上手くいっていたし、主演の2人も、ハーヴェイ・カイテルの人情刑事ぶりも非常によかった。強烈に印象に残るラストでしたがやりきれない思いだけが残りました・・・。どうしてもニューシネマが撮りたかったのなら仕方がないですけどね。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-06 00:18:48)
135.二人の女性の、自己開放していく様を描いたロードムービー。
監督の術中に見事にハマってしまい、前半は専業主婦のバカっぷりにイライラさせられっぱなし。
後半は普通に面白かったし、演出も良かったのではないかと記憶している。
中盤のキーポイントとなる出来事は、立場を逆にしたほうがよかったような気がするんだけど、
これもあえて狙ったのかな。現代の女性は強く逞しく生きるタイプと、昔ながらの弱いタイプと、
二極化している感じは受けるので、そういった意味でわざと両極端のキャラを配したのかも。
しかし、専業主婦はイラついたなぁ。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-02 03:11:30)
134.重い題材のはずなのに、爽快でスカッとした感じがする。
のははすひさん [DVD(字幕)] 7点(2010-11-14 18:35:25)
133.夫の電話の出方だけで警察を察したところは笑った。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-13 23:00:16)
132.リドリー・スコットにニューシネマの真似事などしてもらいたくはない。彼がこじき王子に身を落としたところで得るものが多いとは思えないし、せっかくいい女優を2人揃えながらこんな安い内容ではどうにもならない。
レインさん [地上波(吹替)] 5点(2009-07-22 00:05:20)
131.《ネタバレ》 世間知らずな主婦と過去に訳ありなウェイトレスの2人が派手ーなオープンカーでアメリカを逃亡するストーリー。こういうのをロードムービーというんでしょうねー。内容的には、う~~ん…なぜかだんだんはっちゃけていくテルマ・なぜかブラピ(若い!)・変に親身な刑事…まあ、あまり深く考えず観たほうがいい映画なのでしょう。車での移動感がよくでてる&景色がいかにもアメリカ!でナイスなのでこんな点数です
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-01-12 10:17:38)
130.《ネタバレ》 ええ私の場合はラストシーンがフリーズした瞬間にですね、あっこれはテルマにハメられたということではないかと思いました。
テルマは単に脳タリンということではすまないのではないか…と、ラストまできてやはり思うのです。
冒頭でテルマが旅支度をしながら自ら銃をつまんで入れる場面を監督は見せています。銃を持ち出したのは偶然でも間違いでもなくテルマの意思…ということでいいのだと思う。
危なそうな男ハーランと散々ダンスしたうえ、二人きりで駐車場へ行ったのは考え無しで無防備だからなのか?
そして、モーテルでJDに大金を持ち逃げされますけど、これは偶然ということで処理できるだろうか。どうみても怪しい青年JDを部屋に招き入れ、翌朝彼を残したままルイーズのいるカフェに来る…これはみんな偶然で、テルマが脳タリン女だからなのか?
そして、テルマが強盗したことで、ルイーズの頭の片隅にまだ残っていたはずの「警察に行ってすべてを話して正当防衛でなんとかする」という選択肢をぶっ壊したのも偶然?
私はテルマがどこかの時点で破滅へ突き進むことに決めていて、恋人の待っているルイーズをハメたのだという気がどうしてもするのだ。
それから…ここではテルマとルイーズが出会うほとんどすべての男性が性的捕食者のように描かれていますが、そういう撮り方こそがやっぱり男性的なのだと…思うのです。
行く先行く先で、エロい視線で見られ、エロいジョークを言われるのはなぜかというと、男がバカだというのはひとまず置くと、まずは彼女たちがそれなりに魅力的であるからです。
本当にセクハラから逃げたいと思っていたら、デブで不細工になれば一応は解決するので、おしゃれをして酒場に行く彼女たちは「セクハラはされたくないけどそれなりにチヤホヤされていたい」という矛盾した欲望を捨てられないということです。
そこのところは全然触れないで、「レイプしようとした。男が悪い。エロジョークを言った。男が悪い。」ということで全部済ませていますが監督は自分が男なので、「デブになれば」などと口が裂けても言えないのです。
ふたりは死ぬことで「もう二度とセクハラされない」という意味での「永遠」になったのだが、そのためにはリドリー的には死んでもらわなければならなかったのだから、やはり彼女たちを罰してバランスを取ったということになるのだろうか…。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-01-05 18:59:04)(良:1票) (笑:1票)
129.「モンスター」にやや似たような感じだなと思ったら、やっぱりアイリーン・ウォーノスをモデルにした映画だったんですね。かなり脚色されて格好良く描かれていますね。テルマの変わり方がとても面白くて好きですね。
茶畑さん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-20 23:54:12)
128.《ネタバレ》 ■ロードムービーの大傑作!クライマックスの辺りで8点か9点かで悩んだが、エンディングで実際に鳥肌が立ってしまったので、9点確定。己の生理現象を信じることにした。■80年代のアメリカ映画に、今に比べればずいぶんと低予算で、それだけにプロットやキャスティングが良く練られていて、かつ爽やかな印象を持たせる良作・佳作が沢山あったと思うけど(似たところでいえば『ミッドナイト・ラン』)、91年公開の本作は、その系譜を見事に昇華させた、いわば集大成的な一作ではないか。■といえば言い過ぎか。■確かに「90年代のアメリカン・ニュー・シネマ」といえるだろうけど、それはストーリーそのものの話で、観賞後の印象にチクチクと作用するストーリー・テリングの面では、80年代的な軽妙さが前面に出ていると思う。■男性の登場人物が、ことごとく哀しい存在に想える。ハーヴェイ・カイテルが「ハッピー・バースデイ」を言うシーンなど、極めて単純で、ともすれば安易な演出ともいえるが、役柄に深みを与える点では充分成功している。それがあるから、追う方の魅力が沸き、結果として、追われる側の魅力も浮き立つ。いや、なんか、映画ってこう作るもんか、というお手本のような気もした。誠に僭越ながら。ジミーは文句なくいいヤツでしょ。テルマの旦那はどこか憎めない哀しさがあるんだよなぁ…。■ハーランとトレーラーの運転手は、「哀しい」のではなくて、「悲しい」。■ブラッド・ピットは…。何のかなしさも沸きませんが。同性としての嫉妬心なら沸く。■これをきっかけにスターダムにのし上がったのも納得。
麦酒男爵さん [DVD(字幕)] 9点(2008-07-25 20:02:09)
127.平凡な女二人が事件を起こし、だんだんと開き直って解き放たれていく姿が爽快です。前
半、中盤はイマイチテンションが低くてあれなんですが、どんどん面白くなっていく展開なので、そこそこ楽しめました。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-18 18:17:59)
126.《ネタバレ》 破滅的なラストなのに、解放された様なハッピーエンドな印象で不思議でした。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-16 01:08:18)
125.同じくアイリーン・ウォーノス事件を基にした「モンスター」とはかなり違うイメージで、事実とも大きくかけ離れているみたいだが、これはこれで軽快な犯罪ロードムービーとなっている。ラストシーンにしてもアンハッピーエンドながらさわやかな印象が残った。
Q兵衛さん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-12 16:12:36)
124.《ネタバレ》 女性版「俺たちに明日はない」+「明日に向って撃て」。ただこの二作に比べても罪を犯したことに対する罪悪感~高揚感~虚無感の描かれ方が薄いような気がする。ヤケになってるだけでは。。。テルマは家庭にいるときに自我を見つけ出すべきだった。金盗まれるのも強盗を習った手順で入るのも見え見え。世界観はノスタルジーで良かっただけに何ともはや。
最後のダイブであんな希望に満ちたイメージの爽やかな曲はないでしょう。後味悪い。
460さん [DVD(吹替)] 4点(2008-05-05 02:01:28)
123.その気があるような素振りをしておいて、いざとなったら拒否して殺す。
どう考えても過剰防衛だし、殺された男には同情する。
しかも、いい男になら体を許すというやりたい放題。
なんだか理不尽な犯罪劇に付き合わされて不愉快な感じだったけど、ラストは少し涙腺が緩みそうになった。
まあ、でも、自業自得だけどね。
もとやさん [DVD(字幕)] 6点(2008-02-26 13:36:12)
122.《ネタバレ》 ロードムービーの傑作!特にスカっとしたい時に見ると最高かも。ラストが爽快だったな。音楽よし!ストーリーよし!現実からの逃避願望ってみんなあると思う。やらかしてしまったから、もうどこまでも逃げちまえ、みたいな。たまにテレビでアメリカのハイウェイを猛スピードで警察の追跡をガンガンかわしながら逃げる車が映し出される。そんな時、ちょっと応援したくなる。もちろん犯人を。公権力からどこまで逃げることができるかって結構面白いのだ。
やぶからスティックさん [DVD(字幕)] 8点(2007-10-18 15:21:02)
121.《ネタバレ》 ラストシーンがほんとうに印象的。最後に死んでいくのに、すごく格好いいんですよね。「明日に向かって撃て」を連想しました。
まいったさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-12 22:11:48)
120.最後の車ジャンプは、なぜだかとても憂鬱になる。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-10 19:59:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 159人
平均点数 6.36点
010.63%
110.63%
253.14%
385.03%
4106.29%
51811.32%
63924.53%
73723.27%
81710.69%
9127.55%
10116.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review12人
2 ストーリー評価 5.82点 Review17人
3 鑑賞後の後味 5.52点 Review17人
4 音楽評価 5.92点 Review14人
5 感泣評価 5.77点 Review9人

【アカデミー賞 情報】

1991年 64回
主演女優賞ジーナ・デイビス候補(ノミネート) 
主演女優賞スーザン・サランドン候補(ノミネート) 
監督賞リドリー・スコット候補(ノミネート) 
脚本賞カーリー・クーリ受賞 
撮影賞エイドリアン・ビドル候補(ノミネート) 
編集賞トム・ノーブル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS