オール・ユー・ニード・イズ・キルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 オ行
 > オール・ユー・ニード・イズ・キルの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

オール・ユー・ニード・イズ・キル

[オールユーニードイズキル]
Edge of Tomorrow
(Live Die Repeat)
2014年カナダ上映時間:113分
平均点:6.67 / 10(Review 123人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-07-04)
アクションサスペンスSF戦争もの小説の映画化3D映画
新規登録(2014-06-08)【しぇんみん】さん
タイトル情報更新(2023-04-09)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダグ・ライマン
助監督サイモン・クレイン(第二班監督)
演出サイモン・クレイン(スタント・コーディネーター)
鍛治谷功(日本語吹き替え版)
キャストトム・クルーズ(男優)ウィリアム・ケイジ少佐
エミリー・ブラント(女優)リタ・ヴラタスキ軍曹
ブレンダン・グリーソン(男優)ブリガム将軍
ビル・パクストン(男優)ファレウ曹長
キック・ガリー(男優)グリフ
ノア・テイラー(男優)カーター博士
ジェレミー・ピヴェン(男優)ウォルター・マークス(ノンクレジット)
森川智之ウィリアム・ケイジ少佐(日本語吹き替え版)
東條加那子リタ・ヴラタスキ軍曹(日本語吹き替え版)
勝部演之ブリガム将軍(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ファレウ曹長(日本語吹き替え版)
西凜太朗スキナー(日本語吹き替え版)
金光宣明キンメル(日本語吹き替え版)
小林優子BBCニュース女(日本語吹き替え版)
間宮康弘(日本語吹き替え版)
脚本クリストファー・マッカリー
ジェズ・バターワース
音楽クリストフ・ベック
撮影ディオン・ビーブ
製作アーウィン・ストフ
ジェフリー・シルヴァー〔製作〕
製作総指揮ダグ・ライマン
ブルース・バーマン
配給ワーナー・ブラザース
美術オリヴァー・スコール(プロダクション・デザイン)
日本語翻訳アンゼたかし
あらすじ
謎の侵略生物「ギタイ」に襲われ、世界は危機に瀕していた。軍の広報官であるケイジ少佐(トム・クルーズ)は、ブリガム将軍(ブレンダン・グリーソン)に翌日の作戦への参加を指示される。ケイジは拒否するが、拘束されて気を失ってしまう。目を覚ますと、そこは前線の訓練基地であった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
123.「時間を遡って、何度もやり直す」という設定に、どうしようもない面倒くささを感じた。
娯楽性皆無と感じたが、他の人はそうでもなかったよう。

ダルすぎた。退屈だった。苦痛だった。今回は、エミリー・ブラントつながりで発見したんで、とりあえず耐えはしたが・・・
これって、面白いか?
おら、はじめちゃんさん [インターネット(字幕)] 3点(2024-05-03 04:41:58)
122.原作小説「All You Need Is Kill」は既読。原作小説が、使い古された退屈な設定を使っても、アイデア次第で、こんなに新鮮な感触が得られるものなのか…という種類の作品なので、原作から設定だけを借りて、キラリと光る核心のアイデアを改変してしまっている本作は、残念ながら、どう頑張っても駄作まっしぐらです。原作を超えるアイデアがあるというわけではなくて、ありきたりで無難なほうへ逃げてしまっているところが何とも残念な感じです。本作のお蔭で改めて認識することができたのですが、原作が成功していた点として、上記アイデアに加えて、読者自体が訳の分からない世界にいきなり放り込まれる臨場感と、不条理感があったのだと思います。敵の正体がわからないことこそが重要なのであり、現実社会のメタファーとも捉えることできるわけですが、ハリウッド作品にしようとすると、そうはいかないようで、スポンサーなり関係者なりに説明できないと企画が通らないのか、とにかく説明を付けようとしてしまうようです。原作には登場しない博士を登場させて、科学的に状況を説明させて、主人公に指南までさせてしまいます。そこまで使い古されたテンプレートで作品を作りたいなら、原作は必要なかろうにと思ってしまいました。
camusonさん [DVD(字幕)] 2点(2023-02-14 19:47:06)
121.《ネタバレ》 昨今個人的ブームのループモノということで視聴。
このトム少佐のなんとも薄っぺらな笑顔がなんともチャーミング。そこからは地獄の始まり。
毎度のことですがなんどもループして攻略法を探していくけれど、仕組みがそこそこちゃんとあるのが今回の良いところ。
しかも今回のループの出発点が最悪な場所なので嫌でも戦うことになるのがいいですよね。
オメガやらアルファやらややこしいですが、ゴールが決まっているわかりやすいです。
敵のギタイもなかなか恐ろしく、こんなの人類が強化骨格如きで勝てるわけないだろと思わせる凶暴さがナイス。
上陸作戦はプライベートライアンを思わせる最悪な状況も良いですね。最悪です。
トムをミスリードさせるオメガもなかなか単純ではないのも良いですね。
しかしルーブル美術館を攻略戦はいただけない。暗い、暗すぎる。一体全体トムたちが何をしているのかマジで把握できない。
おかげで終盤のテンションは落ち気味、ループモノであることも捨ててしまったのでちょっと残念。
しかしラストはまさかの展開で締めたのでびっくり。なんだかんだ最後もトムの笑顔で終わって最高でした。
えすえふさん [インターネット(吹替)] 6点(2022-10-04 00:07:22)
120.《ネタバレ》 一体何作トム・クルーズの出演作を観てきたことだろう。いくつになっても衰えぬ容姿にハリウッドスターの高いプライドを見る思いでしたが、今作はさすがのトムにも年齢を感じました。原作設定の年齢よりも30は年かさなんじゃないのかな。トム・クルーズだからアクションも恋愛場面も見るに堪える仕上がりになってはいますけど。
ストーリーはタイムループものの特性をよく生かしていて、観ている側の納得と驚きを交互に挟んできて巧いです。このジャンルでは最多の戻り数(個人的に)でありました。
E・ブラントも器用な女優であることを証明してますね。目の座り具合に戦場の女丈夫感がみなぎります。
まあ娯楽作だしうまいこといったラストにケチをつける気は無いんですが。トムの人生だけが世界のすべてなの?というもやっと感もあるにはありますね。ケイジ一人だけが世界のすべてを知っている上、これまでに死んでいった人たちは存在自体なかったことになっちゃうのかな。タイムループ設定の宿命なんだけどね。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-03-27 16:39:50)
119.導入部分はループ系なんだけど、全体としてはRPGゲームをプレイしている感覚になる。このプロットはありそうでなかった。
あまり予備知識を入れずに見ると楽しめると思う。
めたもんさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-10-17 13:56:15)
118.《ネタバレ》 この設定ということを知った上で観賞したので、設定に関する驚きは無くて残念。
でも、ネタバレが無かったら、そもそもこの作品を見てなかっただろうから仕方ない。
この設定の作品をいくつか見て来たけど、設定の使い方としてはシンプル。
もっとトラップを仕込んだり、先回りして先手先手で戦うのかと思ったけど、経験値を積み重ねるという正攻法。
武器やバッテリーを事前に送り込んでおくような賢い設定の使い方は無かったものか。
何回目?みたいなやり取りはこの設定の面白味だと思うけど、何百回とか言われるとうんざりする。
もう少し1回1回を大切にするようなシナリオにした方が心に響いたような気がする。
映像がゲームやってるような感覚で、緊迫感が無かったのも勿体なかった。
現代や過去の戦争を舞台にした方がリアリティがあって良かったかも知れない。
設定がこれで、映像がゲーム感覚だと、ほんと恐怖感がゼロになってしまう。
終盤の設定解除もどうかと思う展開で、単なるアクション映画に成り下がってしまった。
いちばんハードルが高いはずのラスボス攻略が1プレイで攻略できてしまうなんて糞ゲーとしか言い様がない。
何回か失敗して、やっと成功するというゲームバランスの方が感動的だったのかも知れない。
ラストのオチもルール違反だと思うけど、ハッピーエンドにするにはこうするしかなかった感じかな。
もとやさん [インターネット(吹替)] 6点(2021-05-11 13:37:47)(笑:1票)
117.《ネタバレ》 エミリーブラントは「メリーポピンズ・リターンズ」とか「プラダを着た悪魔」みたいに、華やかなお洋服も着こなせるのに、今作や「ボーダーライン」みたいに土で薄汚れた女兵士も演じられるのが魅力。

ルーブル美術館での最後の自爆攻撃で、エミリーブラントとトム・クルーズが死んじゃって「ああああ…」ってなったけど
まさかのハッピーエンドでトムの白い歯が輝く笑顔が見られて幸いです笑

調子のよすぎる展開だけど、この主役の二人が輝きすぎて、いろいろ許せてしまう。


ちなみにルーブルでエミリーがトムに「あなたをもっと知りたかった」と言ってチュってするのは、とっさのエミリーのアドリブだったそう。


トムは「キャラ的にキスする女じゃないから撮り直そう」って言ったそうだけど、このままでGOっていうスタッフの意見が多数だったとか。私はGO派だったので、これも幸い。

ライトノベルらしい、ライトなストーリー展開で、ライトに軽く見られる映画ですね。
フィンセントさん [DVD(字幕)] 7点(2021-01-18 17:14:00)
116.《ネタバレ》 キャスティングの勝利。
トム・クルーズはさておき、エミリー・ブラントがハマり役。
でっかいナタ的な刀を振るう姿にしびれた。
ヴェルダンの女神って、言葉も音もカッコいいんだよね。
引っ張って引っ張って、最後の最後で交わすキスも美しい。
オメガとかアルファとかちょっと複雑で、最後もなんであの場面に戻るのかも理解ができてないが、そんなの関係なく楽しめる映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-10-11 21:44:56)
115.全然期待してなかったけど、グイグイ引き込まれました。

のっけから、トムさん(ケイジ)のダメっぷりに拍手。
そんなケイジを、フフンと笑い見下す兵士たちの演技もgood。

コケにされてからのケイジの奮闘ぶり、成長する姿が見どころ。
最初はいやいやながらだったのですけど。
あーダメだった、次はどうする?と次第に工夫して大きくなっていく。
途中からは、成長を楽しんでいるように思えました。
観てる私自身がワクワクだった。

他の方と同意見で、ラストはコレジャナイと思いましたが。
筋がつながるかもなと思う事にしました。
たんぽぽさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2020-07-15 22:17:57)
114.《ネタバレ》 いわゆるループもの、その中でも繰り返しの数が無数の、「ひどいループ」もの。
まず勝てない宇宙生物を相手に戦うが、なぜだかその宇宙生物からループ機能を伝染されてしまう?感じ。
失敗したら即死、という状況で何度も繰り返す様が、いかにも日本のシューティング好きが作ったんだろうなというあらすじ。
このキャストでこのノリはなかなか当たりだったと思う。

ただ、ラストのほうで、もうループは使えない、となってから妙に萎えた。
だって緊張感じゃなくて、絶対勝つのが分かる試合に移行しちゃったからねぇ。
そこをもう少し緊張感ある状態のままで終わらせてくれればとは思うが、全体のまとまりとしてはなかなか良かった。
宇宙生物の描写も、ハリウッドじゃなきゃ無理だろという感じのCGで良かった。
にんじんさん [地上波(吹替)] 8点(2020-03-26 22:27:59)
113.《ネタバレ》 地獄のタイムループ。
発想はおもしろいが,人類に残されたわずかな希望とはいえ毎日毎日300以上を超える戦死を繰り返してたら精神が持たんだろう…。
ケイジのタフすぎる鉄のハートが出来過ぎている。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-03-08 23:28:51)
112.《ネタバレ》 失敗したらリセットしてやり直せる。
最後はやり直せない命をかけて決戦にいどむけれど陳腐だ。
原作者はやっぱり日本人でがっかり。
キャストはいい。
pigeさん [DVD(字幕)] 6点(2020-01-12 22:10:08)
111.《ネタバレ》 ループ。世にも奇妙な物語でもこんなストーリーあったなぁ。どんどん学習して天才的なトムクルーズ に仕上がる。最後のヘリのシーンこらはどーなるんだろうなぁ。またそこからループが始まるのかな?
トメ吉さん [ビデオ(字幕)] 7点(2019-02-16 14:04:19)
110.《ネタバレ》 戦場のイメージはノルマンディーそのもの。何度も死を経験する中で、敵の動きが予測できるようになる点が、リセットを繰り返すゲームに似ている。人生はリスタートがきかない。大切に毎日を生きねば、と思い直した次第。
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 8点(2019-02-09 14:36:08)
109.今はもう当たり前になったループ物だが、地球外生命とも絡まって面白いものになっていた。
ヒロインの描写は薄かったが、最後はめでたしめでたし。
Renさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-11-21 13:51:42)
108.《ネタバレ》 意外と嫌いではなかった、てのが最初の感想。
でもループもので絶対に突っ込まれるところ、、、例えば「呼吸の仕方の違いだけでも違う世界になるのではないか?」という部分が結構気にはなったw
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [インターネット(吹替)] 7点(2018-08-30 17:59:23)
107.《ネタバレ》 娯楽映画としては十分に楽しめました。

良い点
・戦闘物でのタイムループという設定自体
・タイムループを活かした戦闘
 (端折られすぎでしたが)
・何度も愛する人・自分の死を経験して明らかに変わっていく主人公
 (中盤のアルファ戦やヘリの辺りは素晴らしいです)
・トム・クルーズお決まりの笑顔フィニッシュ
 (何度も彼女の死を経験した上でのものと考えるとまた一味違います)
悪い点
・オメガの設定(オメガも時間を操れないとおかしいのでは・・・)
・終盤のご都合主義展開
 1 ループ機能を無くすためだけのごちゃごちゃ
 (そもそもオメガの居場所が分かった時点で死んでいればいいし、輸血だけされて3分で釈放される謎)
 2 ループを失ってからの戦闘はご都合主義もいいとこでイマイチ
 (重要人物だけは死なない・オメガの守りの薄さ・ヘリを迎撃するも襲ってこない敵)
・オメガの居場所を突き止めることができる機械を作った謎の技術者
 (しかも作った時にうまくループを終わらすリタ)

おもしろかったですが終盤はイマイチ!ラストは嫌いじゃないです。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-06-24 19:44:15)
106.タイムループものは繰り返しにイライラするのとご都合主義で何もかも結果オーライになるのが気に入らない。この作品もご多分に漏れずそんな展開。しかもループできる能力を敵の生命体からもらったのだから、人類を救ったのは敵自身ともいえる。トムクルーズは他人の褌で相撲を取ったわけだ。タイムループする度に記憶が蓄積するのも納得できないが、理論上は正しいらしい。
marsplayさん [インターネット(吹替)] 5点(2018-06-06 08:29:46)
105.《ネタバレ》 邦題のセンスが悪すぎ。ビートルズの名曲に絡めて悦に入ったのかも知れませんが、雑駁な感じが否めません。SFものというより、コメディや犯罪ものに合いそう。原題のままのほうが良かった。
で、序盤の軟弱なトム・クルーズに興味をそそられたのですが、何度目かのループのシーンで早々に飽きてしまいました。終盤はいつもの屈強なトム・クルーズだったし。こんな荒唐無稽な話なら、最初から言ってくれよと。やっぱり邦題のセンスが悪すぎます。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-04-12 01:02:59)(笑:1票)
104.《ネタバレ》 この作品の最大の功績は、ビル・パクストン先生に最後の一花を咲かせてあげたことです。一応の前置きが終わって、いよいよ本題に入ったところで、ジャーン!とばかりにアップで登場。よっ!パク先生!その後、世界的スターのトム・クルーズを、いかにも小役人的に上から目線で馬鹿にしまくる描写。よっ!パク先生!で、何か意外に出番多いな、とか、まさかこのままチームトップとして活躍を!?とか思っていたら、トムがタイムリープに突入して以降は、加速度的に出番が減っていく。挙げ句、中盤以降は、「あいつは本当に新入りなのか?」とか、「小隊はどこへ行った!」とか、何とも情けないシーンがごく一部にあるだけ。これぞまさにパク先生。この作品の3年後に彼は天に召されますが、あなたは最後まで偉大でした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-03-22 21:13:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 123人
平均点数 6.67点
000.00%
110.81%
210.81%
310.81%
443.25%
5108.13%
63125.20%
74536.59%
82419.51%
954.07%
1010.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review9人
2 ストーリー評価 6.13点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review15人
4 音楽評価 5.88点 Review9人
5 感泣評価 5.88点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS