トイ・ストーリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トイ・ストーリー
 > (レビュー・クチコミ)

トイ・ストーリー

[トイストーリー]
(トイ・ストーリー 3D)
Toy Story
1995年【米】 上映時間:81分
平均点:7.47 / 10(Review 229人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-03-23)
アクションドラマコメディアドベンチャーファンタジーシリーズものファミリーCGアニメ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-04-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ラセター
トム・ハンクスウッディ
ティム・アレンバズ・ライトイヤー
ドン・リックルズポテトヘッド
ジム・ヴァ-ニースリンキー
ウォーレス・ショーンレックス
ジョン・ラッツェンバーガーハム
アニー・ポッツボー
ジョン・モリス[声]アンディ
エリック・フォン・デットンシド
ローリー・メトカーフアンディのママ
R・リー・アーメイ軍曹
サラ・フリーマンハンナ
ペン・ジレットテレビアナウンサー
ブリタニー・レイヴンブラウンモリー
ジェフ・ピジョンエイリアン
ジョー・ランフトレニー
デビ・デリーベリーエイリアン / トロール ほか
アンドリュー・スタントン補足音声
唐沢寿明ウッディ(日本語吹き替え版)
所ジョージバズ・ライトイヤー(日本語吹き替え版)
名古屋章ポテトヘッド(日本語吹き替え版)
永井一郎スリンキー(日本語吹き替え版)
三ツ矢雄二レックス(日本語吹き替え版)
大塚周夫ハム(日本語吹き替え版)
戸田恵子ボー(日本語吹き替え版)
北尾亘アンディ(日本語吹き替え版)
小宮和枝アンディのママ(日本語吹き替え版)
桜井敏治エイリアン(日本語吹き替え版)
谷口節軍曹(日本語吹き替え版)
落合弘治(日本語吹き替え版)
石井隆夫(日本語吹き替え版)
笠原清美ハンナ(日本語吹き替え版)
石川悦子(日本語吹き替え版)
後藤敦(日本語吹き替え版)
峰恵研(日本語吹き替え版)
木村良平(日本語吹き替え版)
原作アンドリュー・スタントン(原案)
ピート・ドクター(原案)
ジョン・ラセター(原案)
ジョー・ランフト(原案)
脚本アンドリュー・スタントン
ジョス・ウェドン
ジョエル・コーヘン
アレック・ソコロウ
音楽ランディ・ニューマン
作詞ランディ・ニューマン"You've Got a Friend in Me" 「君はともだち」
作曲ランディ・ニューマン"You've Got a Friend in Me" 「君はともだち」
編曲ランディ・ニューマン
主題歌ライル・ラヴェット "You've Got a Friend in Me" 「君はともだち」
製作ボニー・アーノルド
ラルフ・グッジェンハイム
製作総指揮エド・キャットマル
スティーブ・ジョブス
制作ピクサー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
美術ラルフ・エグルストン
アンドリュー・スタントン(キャラクター・デザイン)
編集ロバート・ゴードン[編集]
リー・アンクリッチ
録音トム・マイヤーズ(録音)(アシスタント・サウンド・デザイナー)
ゲイリー・ライドストロム
ゲイリー・サマーズ
東京テレビセンター(日本語吹き替え版 録音スタジオ)
その他カレン・ロバート・ジャクソン(プロダクション・スーパーバイザー)
ウィリアム・ジョイス〔原作〕(concept artwork)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
229.《ネタバレ》 25年も前の作品なのに全然古臭さを感じない。それほどに映像は完成されています。ストーリーも短い尺で必要な要素を全て詰め込み、観るものに揺るぎないメッセージを伝えています。見てない場所でおもちゃが動き出すなんてワクワクします。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-04-27 20:51:18)
228.こういうのは自分に合わないと思っていたが、実は結構面白い...という作品。
何度か観ているが、その都度ストーリーを覚えていないことに気がつく。ということは内容はまあそんなところ。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2020-03-03 20:15:41)
227.バズがね、テレビで自分のコマーシャルを見て自分はオモチャだったんだと衝撃を受けるシーンがあるじゃないですか。でも、これまで人間の前では動かないフリをしていたよね。それってオモチャだと認識してるからだと思ってたんだけど違うの?
↑と、凄くひねくれた見方をしてしまうのだった。

しかしもう20年以上も前の映画なんだなぁ。
映画館で見たりテレビでも何回も見ているが、「4」の前にもう一度おさらいで観た。
ヴレアさん [映画館(吹替)] 7点(2019-07-06 14:43:21)
226.子供と大人、両方楽しめる映画もそうはないだろう。
幼稚な物語に見えて実はおもちゃ事情は繊細。嫉妬、裏切り、そして友情。
モノは粗末にするな。これは子供大人どちらにも言えることなんですよね。意外と深い。
一言でいえば観て良かったとおもえる映画ですよ。
自分は字幕派だけれでも、さることながら吹替え版の出来のよさ。これもウリでしょう。
Mighty Guardさん [地上波(吹替)] 8点(2018-11-26 00:34:59)
225.3の歴史的評価が気になったので1から観賞。

子供向けだけどそれでも大人でも楽しめるという。仲間の絆が感じられる子供に見せたいなと思える映画でした
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 7点(2018-02-25 22:09:30)
224.映画館に観に行ったし、テレビでも何度もみた好きな作品です。
へまちさん [映画館(吹替)] 8点(2018-02-06 22:26:21)
223.子供向けかな。おもちゃだけでなくモノを大切にしないといけないなという気持ちを思い起こされてくれる。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 6点(2016-09-28 15:48:52)
222.多くのことは語らない。世界初の長編フルCGアニメでありながら、画・脚本のクオリティの高さにより、CGアニメ全体のハードルを一気に上げてしまった罪な作品でもある。つまるところ、滅茶苦茶面白かった。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-23 21:09:16)
221.《ネタバレ》 俺は本当こういう映画が好きになってしまう性なんだろうな・・・魂の宿るはずのないものに魂が、心が宿るファンタジー。

「からくりサーカス」のフランシーヌ人形の笑みとか、
「ワンピース」のメリー号とかも大好きだけど、やっぱり使い込んだ道具に心が宿るって話は良いね。

おもちゃが人間と同じように生きているわけよ。

「ピノキオ」みたいに。

ただ「ピノキオ」は人間になれたけど、この世界のおもちゃたちは一生おもちゃ。

おもちゃは道具として、道化として人間と一緒に生活する。

しかし心が宿ったおもちゃにはそれが辛い。
会話をしたくとも出来ない辛さ、訴えたくとも訴えられない辛さ・・・アイコンタクトすら難しい。

母親に踏まれたあの兵隊人形たちだって、潰されても訴えられる相手がいない。

オマケに飽きられればすぐポイという世界。

一時の人気者、光と影、子供だからこそ見せておきたいその世界。

ウッディとバズがその壁を超えた友情を結び、また戻って来る。

それが良いんですよ。
すかあふえいすさん [DVD(吹替)] 9点(2014-12-18 17:40:51)
220.《ネタバレ》 幼いころに何度も見たことあるはずの作品だが、ほとんど曖昧なこともあり、もう一度改めてDVDを購入して鑑賞。
やっぱり面白かった。子どもから大人まで楽しめるアニメーション。
おもちゃという言葉に一括りにはされてるけど、いろんな性格のキャラクターがいて面白い。
最初はバズってこんな嫌なやつだったっけとか、ポテトヘッドの寛大さが見れたり。
シドが出てくるときには、思わずこちらも身構えるほど彼らと同じ目線で人間界を見れた。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-06 18:22:21)
219.子供向けアニメとして作られたのでしょうが、大人でも十分楽しめる映画でした。単純ですがおもちの人間臭いストーリーも面白く、しっかり感動やコメディ・サスペンス感も味わえます。吹替版で観ましたが唐沢と所の声も違和感なかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-09-22 22:07:34)
218.まさかこの時はパート2、パート3と期待を上回る名作が生まれることになるとは思いもしなかった。
この時はまだ、新たなアニメーションの可能性を秘めつつも、普通よりは面白い映画という位置づけ。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 7点(2014-08-31 20:42:03)
217.《ネタバレ》  『面白い』や『かわいい』だけでなく、感動があるのがディズニーですね。CGの技術に頼りきっていないストーリーの面白さが素晴らしいと思います。
 特に今作は、あくまで子供向け子供目線で作られているのでしょうが、台詞の一つ一つを吟味すると、大人目線でも楽しめる妙があります。例えば、現在の職場、『飽きっぽいアンディ』。もっと良い職場があるのではと、再就職先に選んだシド。ところがこの再就職先はとんでもないブラック企業。結局アンディの良さを再認識することになるっていうのは、現実世界でも日常的にありそうです。まあ本作ではウッディ達は再就職したくてしたわけじゃないんですけど。
 また、子供には良い教訓映画になりそうです。『物にも命があると思って大切にしましょう。』『一度失った信頼は簡単には取り戻せない。』子供達に、理屈ではなく感覚で学んで欲しいことを感じてもらえそうですね。
 私は個人的に、バズがCMを見るシーンでアイデンティティーについて考えさせられました。ってゆーか、バズは一瞬落ち込みましたが、じゃあ私達人間のアイデンティティーっていったい?そう考えると人間もおもちゃも大差ないのかもしれないです。
 それにしてもこのアニメとしての安定した面白さはいったい何なんでしょう。オープニングのプレゼント偵察をラストにもう一回もってくるところなんか、お約束中のお約束ですが、こんな演出がたまらなく楽しいです。
 ウッディが前半ちょっと嫌な奴だったり、自分をスペースレンジャーだと信じきっているはずのバズがおもちゃのふりをしたり、まあ正直マイナスな部分もあるっちゃああるんですけど、それでもさすがディズニー、そしてピクサーのアニメは夢があって楽しいですね。
たきたてさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-06-30 01:13:45)(良:1票)
216.《ネタバレ》 ちょっとやっぱりこの頃は、特に人間に“CGのリアルゆえの気色悪さ”を感じてしまって初見当時は苦手でした。3に胸震えるほどの感動を覚えた後で、戻ってきて見直すと、おやウッディがあんまり好青年じゃなかったんだねー、とか周りの仲間もけっこうな厳しさだ、とか再発見できたりします。オモチャが人間の見てないところで自在に動き、誕生日やクリスマスの度に偵察部隊まで出して一喜一憂している、このアイディアの斬新さ。見直してもやっぱり楽しい。ラストシーン、最後のプレゼントは犬ときましたか。良かったねえ、誰ともかぶらなくて。
tottokoさん [DVD(吹替)] 7点(2013-08-04 00:03:36)
215.3を先に見ちゃって、次にこれを見ました。昔の作品ですけど、よくできていますね。1から順に見ればよかったです。
みんな嫌いさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2013-04-21 12:51:27)
214.《ネタバレ》 フルCGアニメという新たなジャンルを確立し定着させたエポックメイキングな作品。やっぱり実写でも普通のアニメでも出来ないCGアニメならではのこの内容、スタッフたちの目の付け所の良さに感服。ウッディやバズといったいかにも正攻法の主人公たちの魅力もさることながら、細かい登場人物たちの遊び心溢れる生き生きとした姿も魅力的。とりわけ、シドの家の無残な姿に改造された玩具たちの、最初はモンスターのように描かれる彼らが実は悲しい被害者たちだったという姿は、子供たちに世界の不条理の片鱗を見せていて秀逸な演出だったと思う。そんな理屈を無視しても、大人でも充分に楽しめる上質のエンタメ作品。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-03 12:15:06)(良:1票)
213.スケールの大きい話ではないけど、人形の視点に変えるだけですごく面白くなるんですね。人形たちはみんな好感の持てるキャラクターでした。凶悪なシドから逃げ出したのはいいけど、アンディも飽きっぽい子供なんですよね。ちょっと切ない。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 8点(2013-03-27 17:54:04)
212.この頃はまだまだ人物CGが怖いですよね。でも当時はその出来に感動したもんだ。私は怖がりで幼い頃から人形が怖くて家におけませんでした。どちらかと言えばチャイルドプレイのチャッキーやパペットマスターのイメージしかなかった。でもこの映画がポジティブさを与えてくれましたよ。しかしシドの部屋の怖さはホラーレベル。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2013-02-19 00:19:57)
211.子どものころは、バズにイライラしたなーと思って大人になって観てみたらやっぱりイライラした。人ってそんなに変わらないですね。安心して観賞できるディズニー映画ですね。
なこちんさん [DVD(吹替)] 5点(2012-11-25 02:51:59)
210.《ネタバレ》 良くも悪くもディズニー的な基本ストーリー。ウッディって結構イヤな奴だったんだなぁ。乱暴な子供のおもちゃ達が意外とホラー。
とむさん [DVD(吹替)] 5点(2012-09-16 08:31:58)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 229人
平均点数 7.47点
000.00%
100.00%
210.44%
341.75%
431.31%
5125.24%
62711.79%
76528.38%
86628.82%
93113.54%
10208.73%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.54点 Review11人
2 ストーリー評価 8.11点 Review17人
3 鑑賞後の後味 8.62点 Review16人
4 音楽評価 7.66点 Review15人
5 感泣評価 7.38点 Review13人
chart

【アカデミー賞 情報】

1995年 68回
脚本賞ジョン・ラセター候補(ノミネート) 
脚本賞ジョス・ウェドン候補(ノミネート) 
脚本賞ジョエル・コーヘン候補(ノミネート) 
脚本賞アレック・ソコロウ候補(ノミネート) 
脚本賞アンドリュー・スタントン候補(ノミネート) 
脚本賞ピート・ドクター候補(ノミネート) 
脚本賞ジョー・ランフト候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌ランディ・ニューマン候補(ノミネート)"You've Got a Friend in Me"
作曲賞(コメディ)ランディ・ニューマン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1995年 53回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主題歌賞ランディ・ニューマン候補(ノミネート)"You've Got a Friend in Me"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS