殺したい女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 殺したい女
 > (レビュー・クチコミ)

殺したい女

[コロシタイオンナ]
Ruthless People
1986年【米】 上映時間:95分
平均点:7.35 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(1986-12-13)
コメディ犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-07-23)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェリー・ザッカー
ジム・エイブラハムズ
デヴィッド・ザッカー
キャストダニー・デヴィート(男優)サム
ベット・ミドラー(女優)バーバラ
ジャッジ・ラインホルド(男優)ケン
ヘレン・スレーター(女優)サンディ
ビル・プルマン(男優)アール
青野武サム(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中尾ミエバーバラ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鈴置洋孝ケン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐々木優子サンディ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士アール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石森達幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加藤正之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
増岡弘(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本デイル・ローナー
音楽ミシェル・コロンビエ
主題歌ミック・ジャガー”Ruthless People Theme Song"
挿入曲ビリー・ジョエル"Modern Woman"
撮影ヤン・デ・ボン
配給東宝
編集アーサー・シュミット
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
ちょうど女房を殺して欲しいと思っていたサムは、身代金目的の誘拐犯の指示には全く従わずに逆走する一方で・・ 女房のバーバラを助けてあげる気持ちはさらさら無く、身代金だって全然用意してあげる気持ちも無く、逆に誘拐犯に早く女房を殺してくれよと願う始末であって、あひゃひゃひゃひゃ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.《ネタバレ》 芸人アンジャッシュの勘違いコントのような展開が楽しめた。
筋もよく考えられておりラストもハッピーエンド(?)で心地よかった。
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 8点(2019-07-09 12:50:25)★《新規》★
36.作品のテンションはあまりZAZらしくはないのですが、それでもやはり彼らが生み出す笑いは最高に面白いですね。
フクザツな事情を抱えた主人公夫妻に、夫の愛人とその愛人のカレに、誘拐犯カップルに、警察署長に、殺人犯に・・・。
登場人物の複雑なようでそれぞれの人に言えない関係や事情や欲望を、とても分かりやすくテンポよく切り替えながら絡み合わせていく。
犯罪コメディのお手本のような脚本もお見事です。
ダニー・デヴィートという人はやはり名優だと思います。
本作に限らず、どの映画でもこの人が小柄な体で作品の中を縦横無尽にチョコチョコ動き回る姿を見ているだけで本当に面白い。
そんなダニー・デヴィートと対等に渡り合う濃い存在感。ベット・ミドラーもまたお見事。
設定は少々ブラックですがアメリカン・コメディの良さが出まくっている。何度見ても笑えるコメディです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-06-28 15:16:28)
35.気楽に見れるコメディーと思ったら、意外にストーリーや人間関係がゴチャついています。まあ複雑というほどではないですが。
いかにもアメリカンな、下品で大げさでワビサビのカケラもないところがいいですね。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-06-12 23:35:34)
34.《ネタバレ》 冒頭のアニメのオープニングからツカミOKです。
アホな人ばかりだしベタベタな演出と台詞だらけですが、これは80年代コメディの個性と魅力ですね。
懐かしくもその面白さは古くならない。良作でした。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-06-03 19:27:35)
33.いやーこれおっかしいですよね。アメリカのコメディって下ネタだけでしつこく騒いだりとか、あちらの旬ネタが伝わらなくて笑いのツボがずれたりで、作品を選ぶんですけどこれはほんと良くできてます。
コメディだけど伏線張りも丁寧に、騒動が拡散してゆく展開もリズミカル。「違う状況を話しているのに話がかみ合っちゃう」このコント、どれもぴしーっと決まって爽快です。あっぱれ。
署長、気の毒だったなあ笑。家電ショップでビデオ再生すんなやー。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-16 23:04:24)
32.資産家夫妻に誘拐犯夫妻、さらに愛人カップル、警察署長、連続殺人犯と、あまりにも都合のいい感違いと偶然を絡ませ過ぎているので、願ったりかなったりのチャンスを生かしきれなかった主人公の可笑しさがかすんでしまいました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-08-16 16:46:37)
31.なかなか面白い典型的なバカ映画(褒め言葉)。
脚本が凝っていると思う。記憶に残ることは無いけど。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-07-15 13:21:14)
30.この女房役はまさにベット・ミドラーにはハマり役ですよね。後にも先にも当てはまる女優が思い浮かばない。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2013-04-09 21:53:29)
29.面白いね、この映画は。抱腹絶倒したよ。
コメディー映画って単なるドタバタ劇と紙一重の部分があって、
納得できるものが少ないんだけど、そういった意味では、シナリオがとても練られている。
キャスティングも言うことなし。ベット・ミドラーとダニー・デヴィートのコンビは最高だわ。
ラストは逆に爽やかでいい。さすがに今観ると、演出はちょっとヘボいけどね。
「コメディー映画で何が一番面白い?」と聞かれたら、迷わずこの一本をお薦めする。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 9点(2011-08-02 07:12:06)
28.素晴らしい。
確かにB級なムードがなければ成り立たないキャラクターや、それによる展開ですが、実に緻密。

こんな傑作クライム・コメディがマイナーな存在であっていいのでしょうか。
DVD化もされてないなんて・・・。
カラバ侯爵さん [地上波(字幕)] 10点(2007-10-09 05:54:33)
27.傑作ですね!「笑えるコメディ映画」と言って真っ先に思いつくのがこれです。ヘレンスレーターちゃんもメチャメチャかわいい!
コウモリさん [地上波(吹替)] 9点(2007-03-02 21:58:00)
26.こちらでは意外と点数が高いようですが…すみません、自分はまったく笑えませんでした。 「映画館でこんな苦痛な思いをするのははじめて」 という、ある意味思い出深い作品かも。
マイケル・エリスさん [映画館(字幕)] 0点(2006-04-16 16:34:33)
25.《ネタバレ》 楽しい楽しい。んでもってベット・ミドラーにたじたじのスレーターも可愛い可愛い。最初から最後までニコニコしながら観れる傑作コメディーですね。
光路郎さん 8点(2005-01-10 20:49:14)
24.なんか好きです、この話。最初は、サムの肩をもって見ていたけど、最後は断然誘拐犯夫妻とサムの奥さんがんばれーと思って見てしまいました。ツッコミどころもあるけどよく練られた脚本だと思いました。ラストがほんわかして良かったです。
およこさん 7点(2004-09-12 16:09:37)
23.主要キャストのキャラがいい、それよりもいかにも、って位のアメリカンコメディーでいい。
PADさん 7点(2004-09-08 20:03:19)
22.《ネタバレ》 誘拐犯があの優しさをもっているのはどうも?まぁそれが、この映画の面白さでもあるのですが。
ボバンさん 6点(2004-04-26 21:29:38)
21.《ネタバレ》 妻の誘拐を夫が大喜び、というところで出オチの感もあるのですが、その後も、いろいろネタを詰め込んで最後まで一気に引っ張っています。ただ、サイドストーリーの盗撮ビデオ云々のところがやたら凝っていて、その分、本筋が食われてもいます。誘拐犯の若い男女2人とベット・ミドラーの心の通い合い的な部分も、もう少し見たいところでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2004-04-26 02:50:31)
20.《ネタバレ》 ダニー・デビートとベット・ミドラーの組み合わせは良かった(笑)ヘレン・スレーターはとても魅力的だと思う。ストーリー的にもどんでん返しがあり面白かった。ラストの異色を漂わすハッピーエンドの終わり方は最高。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 4点(2004-04-26 02:27:12)
19.コテコテの展開ではまり過ぎ。面白いです。
(ビデオ)
zero828さん 8点(2004-03-27 12:08:46)
18.ズダ袋の中でバタバタ騒ぐわ ギャーギャーわめくわで(笑)余裕かまして煙草ふかすわ 毎日テレビのエアロビ欠かさず見てるわで(笑)(笑)あの腹なんとかしろよって思っていたら いつの間にかスリムになってやがんので(笑)(笑)(笑) なので、もちろんほとんどの笑いはベット・ミドラーだったのですけども、案外ヘレン・スレーター(誘拐犯の嫁)だって良い味出してましたよね。かわいらしかったしね。。 あ、でもさ、ダニー・デビートってなんかキライ><。 ※音楽=ストーンズの主題歌に、エンディングのビリー・ジョエルだってさ、どちらも良い♪
3737さん 8点(2004-01-22 11:50:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 7.35点
012.70%
100.00%
200.00%
300.00%
412.70%
512.70%
6513.51%
71129.73%
8924.32%
9616.22%
1038.11%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1986年 44回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ダニー・デヴィート候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS