機動戦士ガンダムUC/episode 7 虹の彼方にのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 機動戦士ガンダムUC/episode 7 虹の彼方に
 > (レビュー・クチコミ)

機動戦士ガンダムUC/episode 7 虹の彼方に

[キドウセンシガンダムユニコーンエピソードセブンニジノカナタニ]
Mobile Suit Gundam Unicorn episode 7 Over the Rainbow
2014年【日】 上映時間:90分
平均点:7.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-05-17)
アクションドラマSF戦争ものアニメシリーズもの小説の映画化TVの映画化
新規登録(2015-01-31)【あきぴー@武蔵国】さん
タイトル情報更新(2021-10-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督古橋一浩
内山昂輝バナージ・リンクス
藤村歩ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン)
池田秀一フル・フロンタル
柿原徹也アンジェロ・ザウパー
浪川大輔リディ・マーセナス
甲斐田裕子マリーダ・クルス
手塚秀彰スベロア・ジンネマン
成田剣ブライト・ノア
高木渉アルベルト・ビスト
塩田朋子マーサ・カーバイン
小川真司〔声優・男優〕ローナン・マーセナス
古川登志夫カイ・シデン
内田直哉オットー・ミタス
永井一郎サイアム・ビスト
原作矢立肇
富野由悠季
福井晴敏(ストーリー)
脚本むとうやすゆき
音楽澤野弘之
作詞澤野弘之「StarRingChild」
井荻麟「ビギニング」
作曲澤野弘之「StarRingChild」
井上大輔「ビギニング」
編曲澤野弘之「StarRingChild」/「ビギニング」/「流星のナミダ」
主題歌Aimer「StarRingChild」
制作サンライズ(アニメーション制作)
配給バンダイビジュアル
作画安彦良和(オリジナルキャラクターデザイン)
カトキハジメ(メカニカルデザイン)
佐山善則(メカニカルデザイン)
大河原邦男(モビルスーツ原案)
古橋一浩(コンテ)
村瀬修功(コンテ)
松島晃(原画)
美術池田繁美(美術監督)
録音木村絵理子(音響監督)
あらすじ
バナージ・リンクス(内山昂輝)とリディ・マーセナス少尉(浪川大輔)の二機のユニコーンが激突する中、アンジェロ・ザウパー大尉(柿原徹也)とマリーダ・クルス中尉(甲斐田裕子)もこれに参戦する。ネェル・アーガマはハイパー・メガ粒子砲で「袖付き」(ネオ・ジオン残党軍)の艦隊を崩し撤退させる。バナージとオードリー・バーン(藤村歩)は遂に「ラプラスの箱」が眠るビスト邸の最深部へ到達するが、そこへフル・フロンタル大佐(池田秀一)が立ちはだかる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.ガンダムシリーズ、ここに極まれり。という内容。
逆に言えば、これ以上の物語は作りにくいと思う。それでも多くの物語を産み出していくんだろうけど。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-03-01 20:31:27)
5.《ネタバレ》 最終章なので盛り上げようとする空気は伝わってきます。権力者たちが長年隠してきた「箱」の秘密が全人類に明らかになるという話ですが、ライバルたちはしょうもない理由で襲ってくるし、いつも綺麗事で締めようとする。結局の所これだけ引っ張ってきた「箱」の秘密は大した事がなく往年のJ-RPGのような独り善がりなシナリオで楽しくなかったです。散々生き恥を晒してきた少尉ですが、遂に死に場所すら得られずじまいで男としてこれで良いのでしょうか。
DAIMETALさん [インターネット(字幕)] 2点(2015-12-07 15:38:03)
4.《ネタバレ》 世界の命運をかける大冒険。大人の完璧な答えよりも、例え間違っていても次の世代を担う子供に任せ、その答えを受け入れようというのがこの話の結論でしょうか。絵と音楽の美しさは素晴らしい。その反面で、テレビシリーズの再構成映画のような唐突な展開や、細切れのストーリーが見受けられるのが残念。事態に突き動かされる人や、組織の歯車的な人間を描くのはとてもうまいのですが、どうも人間的な情緒がおざなりになっていてキャラクターが薄っぺらい。主要キャラクターまで薄っぺらいせいでガンダム特有の台詞の応酬が茶番にしか見えないのが残念。技術は進んでも、クリエイターとして退化するものが見受けられたのが残念でした。
kirieさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2015-06-20 17:26:24)
3.《ネタバレ》 35年前にファーストガンダムから始まった宇宙世紀シリーズもこれで完結ですね。(F91とか、Vガンダムがあるけど、ありゃどうでも良い。)
『ラプラスの箱』が「人の可能性を未来に託す条文」であったのが感動的である。状況は違えど、困難な時代である現代を乗り越え、次の時代に受け渡したいですね。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 9点(2015-04-13 00:51:44)
2.《ネタバレ》 ガンプラ一つ持っていない、機体の名前も覚えられない、「F91」や「閃光のハサウェイ」も見ていない、もちろんこの原作も未読。そんな極めてライトなファンとしての感想だが、この出来に感嘆した。ガンダムがテーマに置き続けた「ニュータイプ」、それは「人の可能性」。人類は第二次世界大戦の惨劇を目の当たりにしたにも関わらず、その後も戦争を繰り返してきた。ことに宗教戦争となると、絶対に相容れないのではないかと絶望するときもある。だが、そんな難題をも乗り越えていける者をニュータイプと呼ぶなら。オールドタイプからニュータイプへ、親から子へ。『我々が残した課題も、次の世代ならきっと解決してくれる』 『より良い世界を作ってほしい』 そんな希望、祈りが込められた存在。1st~逆シャア世代の心をくすぐる演出も多い、だが本当は若い世代こそ見るべき作品ではなかったか。「もういいのか?」「あとは彼らに任せよう」「ウフフフフフ」… 富野氏以外の手によって作られたものでありながら、一つの区切りと認められる完成度である。この仕事をやり遂げた後、あの世へ旅立たれた永井一郎氏をはじめとする1stガンダム出演者にとっても35年越しの完結編になったと信じる。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 10点(2015-03-08 21:22:38)
1.結局、ラプラスの箱って何ですのん?と、シリーズ最終章まで謎を謎のままに引っ張った箱の中身。

私的にはサイコなんたら的なトンデモ兵器か何か?もしくは、空けると魑魅魍魎が噴出して、したり顔の年寄りが「最後に残ったのが【希望】なんじゃよ」とかいう痛いアレか?などと、相当にイブカしみ、大いにヒネクレてた上で最終章に挑んだわけですよ。

そして鑑賞…エエエエエエ!?ラプラスの箱って、コレか!!!!!!!すべての謎は、すべて解けました。

福井敏晴、貴様は神か?これまで様々なガンダム・クリエイターたちが、多種多様な「宇宙世紀」を描きましたが、今作はそれらの何段階も高い場所に位置すると言って過言ではないだろう。

そして、その「ラプラスの箱」という優れた謎を肉付けしていた人間群像・相関も、一部の隙すら見あたらない。ほぼほぼパーフェクトである。

子供のころからオッサンになるまで、様々なガンダムシリーズを観てきた私ではあるが、この「ガンダムUC」を観るに至らせてくれた全てのガンダム・クリエイターに、特に富野由悠季、福井敏晴、そしてサンライズに、感謝したい。
aksweetさん [DVD(邦画)] 9点(2015-02-21 02:05:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
2116.67%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7233.33%
800.00%
9233.33%
10116.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS