ピッチ・パーフェクトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ピッチ・パーフェクト
 > (レビュー・クチコミ)

ピッチ・パーフェクト

[ピッチパーフェクト]
Pitch Perfect
2012年【米】 上映時間:112分
平均点:5.67 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-05-29)
コメディシリーズもの青春もの学園もの音楽もの
新規登録(2015-05-05)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2020-01-17)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストアナ・ケンドリック(女優)ベッカ
ブリタニー・スノウ(女優)クロエ
エリザベス・バンクス(女優)ゲイル
アダム・ディヴァイン(男優)バンパー
レベル・ウィルソン(女優)
小林沙苗(日本語吹き替え版【ユニバーサル】)
本名陽子(日本語吹き替え版【ユニバーサル】)
魏涼子(日本語吹き替え版【ユニバーサル】)
青山穣(日本語吹き替え版【ユニバーサル】)
音楽クリストフ・ベック
撮影ジュリオ・マカット
製作ポール・ブルックス〔製作〕
エリザベス・バンクス
その他パルコ(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.歌をもっと聴きたい、映画へのオマージュもキャラ描写も薄い、物足りなさを感じる。
Gleeの歌や深さなどをつい求めてしまう、ちょうどGleeが大流行していたころの撮影か、魅力的なキャストが少ないのも・・・
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2020-06-04 09:54:46)
8.《ネタバレ》 アカペラ・ミュージカル&青春スポコン系?映画。アカペラ・パフォーマンスの質は非常に高く、これを聴いてるだけでもそこそこ満足する所に、話の方もベタベタで序盤は正直退屈だが、終盤は(ベタなのは変わらないが)展開運びがそこそこ巧く、また最後のアカペラが更に群を抜いて良い出来なのでラストが非常に盛り上がってかなり満足。

女子大生サークルにも関わらずブスばかり(主演女優だけはまあまあ可愛いが、常に完璧にメイクバリバリでハッキリ言って不自然だし、残りはコミカルデブ・コミュ障アジアン・面白レズ黒人・その他のブスで、年齢的にも女子大生にゃ見えん)だが、このダイバーシティをラストのアカペラで生かし切る点が、シナリオの工夫&パフォーマンスの勘所として非常に秀逸。一点、ゲロだけは本当に不要(またも白人の謎コメディセンス)。
Yuki2Invyさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-07 17:28:18)★《更新》★
7.歌で男女が争うって、日本の紅白歌合戦だけだと思ってたけど、こんな世界があるなんて。
アカペラでこんなに踊る舞台があるってことも知らなかった。
歌もうまい。日本の学生じゃ、ちょっと真似できないかも。

だけどねえ、全然物語にノレないんだよねえ。
特に、お笑いシーンが全くノレない。
ゲロネタ、下ネタ、人種差別ネタ。どれもギョっとするだけで、全然笑えない。
日本人にアメリカ人のお笑いを理解しろってのが、無理なのかもしれないなあ。
だから、登場人物の誰にも共感できないし。
だから、クライマックスの盛り上がりも、イマイチ共感できないし。

アメリカ映画に共感できないって、自分がトシ取ったような気分になるし、そういう意味でも好きになれない映画だなあ。
まかださん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2018-08-06 23:25:42)
6.《ネタバレ》 お決まりの展開ではあるけど、カッコいいので、つい前のめりに観てしまう。一緒に観た「ストンプ・ザ・ヤード」と展開が全く同じだった(笑)。時代が新しくなっていくたびに、繰り返し創られていくストーリーだよね。でも全然飽きない。ピルドゥンクス(成長)ロマンと言って、一つのジャンルだよね。面白い!若返る!しかし異性受けして同性に友だちの少ない女子が、女子たちのリーダーになっていく話はありそうで、中々見られない素材でした。主役の女性が実にはまり役でねぇ。有名な「トワイライト」(←未見)に出てる女性だったか・・。う~ん、彼女の映画は「ランナウェイ」しか観てないが、どこかでよく見る印象を受ける女性だね。そして歌のシーンが舞台でも練習の場面でも断然カッコいい。やはりアメリカはスゲェなぁと思ってしまう。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2017-09-03 01:28:38)(良:1票)
5.《ネタバレ》 面白いんだけど、ゲロネタは止めて欲しい。
この点は日米の認識の違いを明確に感じる。
(トイレに食べ物を持ち込む描写とか)
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-27 12:59:33)
4.《ネタバレ》 個性的なキャラが集まって一つにまとまり成功を収めるという結構ベタなつくりだがストーリーよりも音楽で楽しめる作品。ひたすらノリがいい。それに向こうの人は音楽に対するノリが自然でかっこいい。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-04-23 19:21:37)
3.《ネタバレ》 「ピッチ・パーフェクト」でしたか。ジャケ写のイメージから「Bitch」と勘違いしていました。。。青春ものですね。音楽映画は大好きです。主人公がイマイチ私好みではなかったのが少し残念。でも極々個人的な感想です。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-04-02 00:01:06)(笑:1票)
2.《ネタバレ》 実質的ライバルはただの一チーム。
そもそも何チームが出場していて、どれだけの難関コンテストなのやら。

リーダー、異性、父親との確執・和解の薄っぺらいドラマも
ただただ尺伸ばしにとってつけたよう。

『友情・努力・勝利』なる、漫画誌の三原則を映画に当てはめるのもなんだが、
友情も努力もない、アカペラパフォーマンスそれだけというこの映画のドラマは実に貧相だ。

その肝心のステージシーンのショット構成もただせわしない。
後ろから前から、下手なアクション映画のように目まぐるしくポジションを変えまくる。

歌唱と身体パフォーマンスの映画で、バストショットばかりというのも致命的欠陥だろう。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 3点(2015-06-20 16:18:28)
1.《ネタバレ》  困ったなぁ。結構良かったんですよ。笑えるし、エキサイティングだし、感動もできるし。でも。

 全体的にはコメディで軽め。結構、描き足りていないエピソードがある感じ。恋愛部分はかなり物足らないですし、父親とのわだかまりも類型的で薄べったい、基本的なキャラ設定レベルの背景があるだけ。メンバーでキャラ立ちしているのは半分程度ですし、寮のルームメイトの韓国人の扱いは殆どどうでもいいレベル。
 それに悪役ポジションの存在に最終的に全く罰を与えていないのが気になりました。ヤツはあのままでいい訳がないのですが。

 それでも、スタイルに固執して退屈なパフォーマンスしかできなかった大学のアカペラ・グループが個性的な新入生を寄せ集め、バラバラでまるで調和していなくて、それぞれ反目しながらも実力を付けて上を目指してゆく、それはそれは熱いドラマを見せてくれます。
 主人公ベッカを演じるアナ・ケンドリックは表情の変化に乏しい気もしますが、『イントゥ・ザ・ウッズ』の冴えないシンデレラよりは血が通っている感じですし、突き抜けたおデブの“ファット”エイミーや、ちいさな声で恐い事を言う東洋人リリーが魅力的。
 ライブ・パフォーマンスシーンは鳥肌モノですし。

 で、だけど最大の問題はゲロネタ。この映画の場合、ちょっとしたお笑いのために出てくるのではなくて、ドラマの中心に存在しちゃってる状態なんですよね。ゲロネタやめて、ってこれまで何度も何度も何度も書いてきてるわけですが、これは他とはレベル違い。かなりヤバめで。映画見てる間に具合悪くなりました。なので、良かったのだけれども、もう二度と見たくない映画になってしまっていて。もう少し他の何かにできなかったんでしょうかねぇ。ゲロで笑い取る映画ってのが苦手なので大減点状態になってしまいました。カンベンして・・・
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2015-05-29 21:32:30)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3111.11%
4111.11%
5222.22%
6111.11%
7444.44%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS