Menu
 >
 >
 > ピクセル

ピクセル

Pixels
2015年【米】 上映時間:105分
平均点: / 10(Review 37人) (点数分布表示)
アクションSFファンタジーパニックもの
[ピクセル]
新規登録(2015-08-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-03-24)【3737】さん
公開開始日(2015-09-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・コロンバス
キャストアダム・サンドラー(男優)サム・ブレナー
ケヴィン・ジェームズ(男優・1965生)(男優)ウィル・クーパー
ミシェル・モナハン(女優)ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐
ピーター・ディンクレイジ(男優)エディ・プラント
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)ポーター大将
ダン・エイクロイド(男優)1982年世界大会MC
デニス・アキヤマ(男優)岩谷教授
ショーン・ビーン(男優)ヒル伍長
ジェーン・クラコウスキー(女優)ジェーン夫人
レイニー・カザン(女優)老ミッキー
トーマス・マッカーシー(男優)
柳沢慎吾サム・ブレナー(日本語吹き替え版)
渡辺直美セリーナ・ウィリアムズ(日本語吹き替え版)
本田貴子ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐(日本語吹き替え版)
木村雅史ウィル・クーパー(日本語吹き替え版)
神谷明エディ・プラント(日本語吹き替え版)
沢城みゆきマティ(日本語吹き替え版)
田中正彦ヒル伍長(日本語吹き替え版)
原康義岩谷教授(日本語吹き替え版)
一城みゆ希バグショー首相(日本語吹き替え版)
山寺宏一宇宙人マックス(日本語吹き替え版)
伊藤和晃宇宙人モンタルバン(日本語吹き替え版)
玄田哲章1982年世界大会MC(日本語吹き替え版)
原作ティム・ハーリヒー(原案)
脚本ティム・ハーリヒー
音楽ヘンリー・ジャックマン
撮影アミール・モクリ
製作アダム・サンドラー
クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ[製作]
製作総指揮バリー・ベルナルディ
マイケル・バーナサン
ジャック・ジャラプト
ティム・ハーリヒー
セス・ゴードン
制作グロービジョン(日本語版制作)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
編集ヒューズ・ウィンボーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.アイデアは大好きなのだが、コメディとしては笑えないし
SFとして見るには見応えがない。話に盛り上がりもなく退屈な映画でしたね。
吹替で見たのですが柳沢慎吾の声がキャラにあっておらず残念でしたね。
デミトリさん [DVD(吹替)] 3点(2017-04-02 23:26:10)
36.《ネタバレ》 冴えない日常の元Nerdyなオッサンたち(といっても一人はアメリカ大統領だけど)が宇宙からの侵略者を撃退する単純なストーリー。世代的にど真ん中なので懐かしさ込みで評価は高いですがゲームにのめり込んだ少年ではなかったので知らないゲームも多かった。侵略者のキャラは愛嬌あるし建物や人が破壊されて散らばるキューブの転がる感じとかすごく好き。Qバートかわいい…。侵略者側も元々は平和的な人々で地球から届いたゲームの映像を交戦メッセージと勘違いして受け取ったというウッカリさんなオチ。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-04 00:06:33)
35.ストーリーとかが凝ってるわけでもなく、80年代のアーケードゲームが懐かしいというだけが魅力の作品。
なので、センチピードとか馴染みの薄いゲームが登場してもいまいち盛り上がらない。
でも、やっぱりパックマンとかドンキーコングはテンションが上がったので、個人的には満足です。
あと、ゲームとは関係の無い大統領いじりが妙に面白かった。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2017-03-03 14:18:18)
34.ははは、小気味良いおバカな会話が気持ちいい。見せ場のCGはどうでもいいです。
大統領を小バカにするジョークが何度も笑いのツボに・・。
大御所ブライアンコックスにコメディですか・・ アメリカはやるなあ。
一部オタクのキモイ行動に耐性が必要かも。 自分は慣れました。
日本のコメディも、このくらいテンポがあればねえ。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 7点(2017-01-30 00:20:59)
33.《ネタバレ》 パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、テトリス、アルカノイド…。80年代、テレビゲーム黎明期を彩ったそんな名作ゲームのキャラクターたちが、地球侵略のために空から降ってくる――。原因は、その昔、テレビゲームの世界チャンピオン大会で行われたイベントで宇宙に向けて送信されたゲームデータをエイリアンたちが宣戦布告と勘違いしたから。突然降って湧いた世界の危機を救うために集められたのは、かつてその大会で優勝を競った精鋭ゲーマーたちだった。妻に逃げられたしがない電気技師、デブで童貞の怪しげな陰謀論者、口だけは達者な女好きのチンケな犯罪者…。彼ら人生の負け犬たちが、今までの人生で何の役にも立たなかったゲームテクニックを駆使して、世界を救う英雄になる…。はっきり言ってストーリーなんてあって無きが如し。もう徹底的にバカバカしいこのノリ、僕はけっこう嫌いじゃないです…てかむしろ好きなんですけど。スーパーマリオや悪魔城ドラキュラ辺りからゲームにどっぷりハマッた僕ら世代のちょい上くらいのゲームがメインなんですけど、あのドット絵キャラが大量に攻めて来るシーンなんてやぱもえますもん。CGが如何にリアルに近づけるかを競っている昨今、このカラフルど派手なチープ・キャラクターがピコピコ攻めてくるなんてなかなか新しいかも?!しかも、触れられたものや人が次々とドットになってポコポコ崩れていくなんて…。このポップだけどちょっぴりブラックな世界観に自分は普通にセンスを感じたんですけどね。世間的にはいまいち評判がよくないみたいですけど、僕はけっこう楽しかったですよ、これ。うん、7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2016-10-26 22:04:35)
32.《ネタバレ》 レトロゲームがピコピコと侵略してくる無邪気なSFコメディ

よくあるハリウッドのドタバタ系コメディ。と言えばそてまで(笑)だが、コメディ俳優の芸に頼っていた頃と今ではこうも違うのかと実感した。

〝コメディ〟と〝荒唐無稽〟は相性がいいな。オカルト映画やSF映画がブームになると必ずパロディとしてコメディが生まれてくる。
『ゴーストバスターズ』や『ギャラクシークエスト』等々、ダメ男が自分の価値に目覚め大活躍するサクセスストーリーはそのパターンのひとつ。『ピクセル』も同じフォーマットだが、ゲームとインベーション系SFをミックスしたことがみそ。ストーリー性よりレトロゲームが3Dでキラキラピコピコ現れ、飛び回って砕け散る。そのビジュアル自体が主役といった印象。
随分前に、映画の原案となったパトリック・ジーン作の短編動画『PIXELS』を観ていたので、よくぞまぁ、ここまで派手に長編化したものだと驚いた。短編は有名動画サイトで今でも見ることができる。

日本語吹替えに関しては、アダム・サンドラーの吹替え声優の先入観さえ無ければ普通に観れると思う。むしろ、柳沢真吾や神谷明の世界観を無視したお決まりの悪ノリギャグを笑って許せるかが問題。私は大好きですが(笑)

また、個人的には三戸なつめが歌う日本版エンディング曲が、ドット絵風にストーリーをオールリピートするクレジットの画面と合っていて、オリジナルのヘビメタ曲よりこの映画らしい遊び心を感じて良かった。(一応、字幕版と吹替え版を両方を観ての感想です)
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 6点(2016-10-17 13:30:03)
31.《ネタバレ》 CGの進化によるゲームの映画化が進む中、映画をゲーム化した珍しい作品。幼馴染が大統領という設定も含めて発想は面白いと思うのですが、パックマンとか車に乗ってる時点でゲームのテクニックとは全く関係なくなっています。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-09-19 16:35:37)
30.《ネタバレ》 緊迫感のない侵略ものはなかなか珍しいし、コメディ映画と思えば悪くない。ただ宇宙人の正体を観てみたかった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-08-14 00:12:41)
29.私にはつまらなかったです。世代のゲームではあったけれど、2Dのゲームが巨大な3Dになっても高得点が出せるってのが最後まで腑に落ちなくて、、、最後までコメディーとして消化する事が出来ませんでした。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 3点(2016-08-08 20:33:59)
28.《ネタバレ》 私、80年代オタクなのでポイント高いですよ。
昨年度ワースト作品の一つらしいですが、そもそも真面目に論評する類の作品では無いと思います。
「地球人が宇宙に発したメッセージに対し、異星人が何らかの形で返答する」シチュエーションは劇場版第一作目の「STAR TREK(W シャトナーの方)」や、
「コンタクト」でも使われていましたが、夢が有っていいじゃないですか。
個人的にはドンキーコングのシーンをもっと観たかった。 何せファミコンでハマリまくっていた世代なので・・・
マーサ・スチュワート、まさかCGじゃ無いよね? ご丁寧にケーキ持ってたし笑。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-08-05 13:15:22)
27.80年代オンパレードな映画です。ゲームばかりでなく音楽や「マックス・ヘッドルーム」まで。ストーリーはウルトラマンとかなみにめちゃめちゃなんで、見る人を選ぶ映画です。大人でも、仮面ライダーとかウルトラマンが懐かしく見れる人向けで、なおかつ、80年代の人向けです。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-03 22:37:54)
26.《ネタバレ》 まずこれらのレトロゲームと自分の関わりの深さから紹介させていただくと、ほとんどありません。やったことはあるんですけどね。子どものときちょっと触ったことあるなーとか、親戚の家に行ったらプレイさせてもらったなー、とかその程度です。「ドンキーコング」もスーファミの「スーパードンキーコング」のほうが馴染みがある(笑)

さてそんなレトロゲーム超初級者の私がこの映画を楽しめたかと言うと、かなり楽しめました!上述のようにほとんどのゲームは触った程度なのですが、なんていうんですか、あのドット絵の世界観は大好きです!見てたら急に、「アイスクライマー」とか「ぷーやん」がやりたくなる(笑)
色々突っ込みどころももちろんあるんですけどね。2Dに慣れ親しんだレトロゲーマーが3Dの実世界のシューティングゲームにすぐ対応できるのか、とか。でもこの世界観ならまあどーでもいいかなと良い意味で諦められる(笑)

いきなりセリーナ・ウィリアムズが出演したりとか、小技も効いていて「おっ」となって面白い。良い娯楽映画だと思います。

あ、最後エンドクレジットで本編のストーリーを全てまとめたドット絵ムービーが流れたのは最高でした。あれで+1点。
TANTOさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-07-25 10:59:05)
25.《ネタバレ》 80年代のゲームや音楽満載で
名前も思い出せないゲームキャラがあちこちにw
ニューヨークの街並みを舞台にパックマンなんて
本当に最高に楽しい

ですが
それ以外のヒューマン―パートがひどい
笑えないし、品もないし、工夫もないし

わざとなのか、本気でこうなっちゃたのかw
まぁ80年代のゲームありきで
無理やりシナリオを練った作った結果なのかなw

ゲームや80年代への思いに敬意を表し
テンションが上がるシーンも多かったんですけども
ヒューマンパートのひどすぎて
頑張っても、これが精一杯の点数です
こっちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2016-07-07 21:25:12)
24.《ネタバレ》 今は大人になった80年代のゲーマーに向けたピンポイントターゲットの映画ですが、内容はなかなかふざけた感じではあるもののアーケードゲームに対する愛情とオマージュが感じれて良かったと思います。笑える場面も多くて非常に楽しめました。吹き替えで見たのですが柳沢慎吾には違和感があったものの神谷明の北斗の拳やシティハンターの当時の世代に向けてのセリフを入れたのはよかったと思います。エンディングの日本語の歌はノリが良いのとしんみりと感じる部分もあり結構好きです。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 9点(2016-06-22 01:17:39)
23.《ネタバレ》 想像していたよりも雑な映画だった。まるで思いつきだけで映画化したような作品だ。

予告編で見た時にレトロゲームが街を大暴れする絵はちょっと面白そうとは思いながらも、一方で「でも体を使って戦うならゲーマーである必然性が無いよなあ」とも思った。結局見終わった後もその印象が覆ることはなかった。ストーリーはオタクをヒーローにする方向に動いているのに映画自体がそれを構築できていなくてチグハグだ。戦争がまだ終わっていないのに祝勝会をしたりとテンポがいまいち良くないのも気になった。

レトロゲームを題材にするのは悪くないと思う。が、お気楽に笑って見ていられるレベルくらいにはしてほしかった。
さん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2016-04-08 21:47:23)
22.《ネタバレ》 ツッコミどころは多いですが頭をからっぽにして楽しめました。
Qバード以外にもっとゲームキャラとの絡みが欲しかったですね。
とむさん [DVD(吹替)] 6点(2016-03-30 22:59:51)
21.世代を選ぶとは思うけどジジイゲーマーにはどストライクじゃないですかね。
少なくともシュガーラッシュより楽しめた。
おとばんさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-03-27 10:09:07)
20.《ネタバレ》 そうね ドンキもパックマンもいいんだが、
なんでクレイジー・クライマーが無かったんだろ(レバーの上下運動だけでビルを登っていくやつ) ひょっとして製作者忘れてた??
いやん 鉄骨落としてぇ、鉄アレイ落としてぇ しらけコンドル飛んできてえ~ 
3737さん [DVD(吹替)] 5点(2016-03-20 23:19:26)
19.《ネタバレ》 極めて質の高い悪ふざけですね。1分間に1つはギャグが入ってきます。マイフェイバリットは「オバマの次に好きな大統領です」。だから映画と言うより、ものスゴくお金のかかったコント。だとしても、これは、大好きだ。Tears For Fears のくだりでは鳥肌が立ちました。
なたねさん [DVD(字幕)] 9点(2016-02-21 13:59:07)
18.笑える部分もあったし、映画でゲームをこういう形で使ったと言うアイデアは良かったと思う。全体的にはそこそこ面白く見ることが出来た。でも、正直なところ、ストーリーは雑だし、終盤での盛り上がり度合いももう一歩足りないというところ。それと、出てくるゲームにより詳しい方がもう少し面白く見ることが出来たのかな?とも思った。
スワローマンさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-02-11 11:36:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 5.81点
000.00%
100.00%
212.70%
3410.81%
4410.81%
5513.51%
6924.32%
7924.32%
825.41%
938.11%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review4人
2 ストーリー評価 3.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.60点 Review5人
4 音楽評価 6.40点 Review5人
5 感泣評価 2.75点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS