スター・ウォーズ/フォースの覚醒のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スター・ウォーズ/フォースの覚醒
 > (レビュー・クチコミ)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

[スターウォーズフォースノカクセイ]
Star Wars: The Force Awakens
2015年【米】 上映時間:136分
平均点:6.88 / 10(Review 147人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-12-18)
公開終了日(2016-03-25)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものシリーズもの3D映画
新規登録(2015-08-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-11-25)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督J・J・エイブラムス
助監督ロジャー・ガイエット(第2班監督)
キャストデイジー・リドリー(女優)レイ
ジョン・ボイエガ(男優)フィン
アダム・ドライバー(男優)カイロ・レン
オスカー・アイザック(男優)ポー・ダメロン
ドーナル・グリーソン(男優)ハックス将軍
アンディ・サーキス(男優)最高指導者スノーク
マックス・フォン・シドー(男優)ロア・サン・テッカ
グウェンドリン・クリスティー(女優)キャプテン・ファズマ
ルピタ・ニョンゴ(女優)マズ・カナタ
ケン・レオン(男優)スタトゥラ提督
サイモン・ペッグ(男優)アンカー・プルート
ワーウィック・デイヴィス[男優](男優)ウィケット
ヤヤン・ルヒアン(男優)タス・リーチ
イコ・ウワイス(男優)ラズー・クイン=フィー
ハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)ハン・ソロ
マーク・ハミル(男優)ルーク・スカイウォーカー
キャリー・フィッシャー(女優)レイア・オーガナ
ダニエル・クレイグ(男優)ストームトルーパー(クレジットなし)
マイケル・ジアッキノ(男優)
ユアン・マクレガーオビ=ワン・ケノービ
アレック・ギネスオビ=ワン・ケノービ(ライブラリー出演)
フランク・オズヨーダ
小松史法ポー・ダメロン(日本語吹き替え版)
津田健次郎カイロ・レン(日本語吹き替え版)
壤晴彦ギアル・アクバー提督(日本語吹き替え版)
磯部勉ハン・ソロ(日本語吹き替え版)
高島雅羅レイア・オーガナ(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしC-3PO(日本語吹き替え版)
有本欽隆ロア・サン・テッカ(日本語吹き替え版)
藤本譲ギアル・アクバー提督(日本語吹き替え版)
森川智之オビ=ワン・ケノービ(日本語吹き替え版)
多田野曜平ヨーダ(日本語吹き替え版)
辻親八アンカー・プルート(日本語吹き替え版)
島田敏ルーク・スカイウォーカー(日本語吹き替え版)
原作ジョージ・ルーカス(キャラクター創造)
脚本J・J・エイブラムス
ローレンス・カスダン
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
リン=マヌエル・ミランダ(追加音楽)
編曲コンラッド・ポープ
撮影ダニエル・ミンデル〔撮影〕
製作キャスリーン・ケネディ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク〔製作〕
ローレンス・カスダン(共同製作)
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮ILM/Industrial Light & Magic
ロジャー・ガイエット(視覚効果スーパーバイザー)
美術リック・カーター(プロダクション・デザイン)
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
編集メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
録音ゲイリー・ライドストロム
字幕翻訳林完治
スーツアクターアンソニー・ダニエルズC-3PO
ピーター・メイヒューチューバッカ
ケニー・ベイカー〔1934年生〕R2-D2
その他ウィリアム・ロス〔編曲〕(指揮)
ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](指揮)
あらすじ
エンドアの戦い(エピソードVI)から約30年後。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は失踪した。帝国の残党は「ファースト・オーダー」を結成し、再び脅威をもたらしていた。レイア・オーガナ将軍(キャリー・フィッシャー)は「レジスタンス」を結成し、ファースト・オーダーと戦うためにルークを探していた。ある日、レジスタンスのポー・ダメロン(オスカー・アイザック)は砂漠の惑星「ジャクー」でルークの所在が記された地図を手に入れるが、ファースト・オーダーに捕まる直前にドロイドのBB-8に地図を託す。BB-8は廃品回収業を営む少女・レイ(デイジー・リドリー)と出会い、行動を共にする。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
147.スターウォーズがディズ二ーに買収されたのがショックでしたが
エピソード7の凄いのはこれだけ時間が経っているのにソロ、ルーク、レイアの主役三人がエピソード6から代替無しのキャスティング。
スターウォーズブランドが如何に凄いか、そこはディズニーがいい仕事しました。
新ヒロイン・レイに過去を裏付けるストーリーがなく真新しい。そこに挑戦を感じましたね。
ダークサイドのカリスマ・ダースベイダーがいないのは物足りなく感じてしまうこともありますが新シリーズの序章としては十分楽しめました。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-01-26 23:49:14)
146.《ネタバレ》 公開当時、ダース・ベイダーのいないスター・ウォーズなんてスター・ウォーズと言えるのだろうか・・・と少し不安になりながら見に行きましたが、視聴後にはそんな邪念は吹き飛び、様々な重圧と苦悩の中で本作品を完成させてくれたJ・J・エイブラムス監督に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この時点では、カイロ・レンはまだ修行中の身なので、未熟で頼りない後継者の姿をアダム・ドライバーが熱演しています。
怒りをコントロールできなくて何か気に食わないことがあるとすぐにライトセーバーを振り回してみたり、レイの心を読むはずが逆に読み返されてうろたえてみたり、それをまるで言い訳をする子供の様にスノークに訴えてみたりする姿がとてもキュートです。

episode2~3のアナキンもなかなかキュートでしたけど、若いジェダイとは立場と重圧がまるで違いますから、その焦りがよく表現できていると思います。
父であるソロを殺すことで、迷える子羊はオオカミになれるのでしょうか。

終盤、レンとレイとフィンの印象的な戦闘シーンである雪降る森は、なんとセットです。
また、クリーチャーたちはCGをほとんど使わずモーションキャプチャーを使用して撮影されているところも本作品の見どころです。
どこからどこまでが実写でどこからCGなのかまったく見分けがつきません。
THXさん [映画館(字幕)] 9点(2020-01-12 01:52:02)
145.ミレニアムファルコンとチューバッカだな。
すたーちゃいるどさん [DVD(吹替)] 6点(2019-12-31 13:25:00)
144.やっぱり9部作というのは無理があったかなという感じ。ストーリーがどんどん進む訳ではなく、同じ「帝国vs反逆軍」を繰り返しているだけだから「焼き直し感」が強くなってしまう。新要素が新キャラでしかなく、新プロットが少なすぎる。
クオリティは十分なんだけど、食傷気味になってしまったのは否めない。
くろゆりさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-12-24 13:25:59)
143.ご都合主義もいい加減にしろと言いたい。
過去のシリーズで培ってきた「フォース」の意義を台無しにするストーリー。
どこかで見たようなエピソードに、結末まで見えているから面白くもなんともない。
シリーズのファンとしては過去の人物が出てきて良いのかもしれないが、
個人的にはしわくちゃで老けた元ヒーローと元ヒロインを見たかったわけではない。
少なくとも前シリーズまでで完結としておくべきだった。新たな作品ができあがるたびに、失望は大きくなる。
そして歳を重ねるごとにスターウォーズの世界が陳腐になってきているように思えてきてならない。
mhiroさん [地上波(吹替)] 2点(2019-12-21 22:56:10)
142.《ネタバレ》 この内容がスターウォーズのテーマパークなら遊んで楽しい感じ。
あるいは、スターウォーズ温泉に浸かって、いい湯加減でしたって感想。
新作映画、あるいは続編としてはあまりポジティヴな感想がつけられない
今回はリブートするための橋渡しで、過去作のおさらいをした、正直既視感しかない退屈映画だった
リメイク風にしてしまおうという気持ちになるのは3作毎の時間が空きすぎているせいもあるだろうが
エピソード7がエピソード4・5のリメイク風とは。連作とナンバリングについての認識を改める必要を感じた
過去作の再現にこだわりがあり、映像技術の進歩を最低限にとどめている。32年前の流れを継承しようという試みらしい
32年前なら、こういう話にはなってないだろうけれど。
個別に見るとアクションがあんまうまくない。ブラスターを走って避けて、ブラスターを遮蔽物で避ける
お約束だからやらないわけにもいかないが、剣劇もあんまうまくなくて長ったらしい。
スポーツのようなそれは時代劇とは全く違って相手を殺す結末が得られないのも悪い意味で予想通りの展開。
一度立ち合ったなら、どちらかは死なすものだ。シナリオ上殺せないなら、一対一のシチュエーションはおあずけにしてほしい
西部劇だって、1対1の決闘でお互いに怪我をして引き分けバイバイなんて誰も観たくないでしょう?
最初から決着をつける気がない決闘シーンは、演出も芝居も一段格が落ちる。地面が裂けるから決着つかずとか、ないですよ~
山場のフリをするのはよしていただきたいのだ。
でも、ハリソンフォードもマークハミルもキャリーフィッシャーも出演してくれました
レイ、フィン、ダメロン、カイロレンそれなりに立った新キャラが出てきました
キャラクターを売りにします!スターウォーズですから!
キャラの掛け合い漫才もいいが、舞台をもっと独創的にしてほしい
うまシネマさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2019-08-24 14:51:21)
141.《ネタバレ》 これだけの大作、エピソード1~6まで全て見てしまっていては、見ない自分は想像できない、昔程のドキドキワクワクは無いものの(慣れてしまった自分がいけない、要求は際限なくエスカレートする)、見て損だとは絶対思わないし、次のエピソードも絶対見る。他の映画と違って、その存在そのものが稀有なものとなってしまっている感じ。少しだけ昔と違うのは、子供と一緒に見ているところ位。
ラスリープさん [DVD(字幕)] 7点(2019-03-29 22:36:09)
140.《ネタバレ》 昔のストーリーのつぎはぎ。デススターえお今更出さなくても
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-11 22:39:59)
139.《ネタバレ》 初作から年数が経過し、年老いた俳優を使う上での設定、そしてコアなスターウォーズファンをうならせる事には一応成功しているように思える。
しかし・・・ハンソロを殺してはだめでしょう!
炭素冷凍にも耐えた彼は、あんなに簡単に殺されてはいけません。
なんとか死ななかったことにして下さい。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 5点(2018-11-10 22:37:49)(良:1票)
138.《ネタバレ》 続編製作を聞いただけで、ワクワクが止まらなかった。
実際に見てもワクワクしていた。

新キャラクターも登場して、ファンとしては最高の気持ち。
内容云々じゃなく、この評価になってしまう。
バッジョさん [映画館(字幕)] 9点(2018-06-11 21:20:20)(良:1票)
137.《ネタバレ》 ファンではないので普通に見る限りでは面白い方だけど、ヒロインが主役で相棒が黒人というあたり、時代の流れ、多様性を象徴する(オバマからバトンを渡されるヒラリー・クリントンの暗喩か)。ハン・ソロの死はもう歳だし今更という感じで驚かなかった。今後は同性愛要素もあるそうだが、本来のSWとかけ離れていきそうで懸念するオールドファンも少なくないだろう。ルーカスの制御から距離を置くにも行き過ぎは危険。多様性も見方を変えれば、逆差別・価値観の押しつけでしかない要らぬ配慮だ。新しいファンを獲得するためには仕方ないのか。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 5点(2018-03-03 17:56:50)
136.《ネタバレ》 10年ぶりの新作はさすがにちょっと色あせてもいるし、主人公の少女レイもちょっと魅力不足だが、エピソード4~6の3人が顔を揃えたということで星一つオマケ。何より父殺しのカイロ・レンが色悪ともいうべき存在で今後の展開に期待。
Q兵衛さん [映画館(吹替)] 7点(2018-02-21 17:10:13)
135.《ネタバレ》 これだけは言いたい。チューバッカって、ルロロロォーとかアムアムとかしかしゃべらんし、全身毛むくじゃらのモンスターみたいな奴やけど、宇宙船運転するし、機械修理もできるし、銃のウデもあるし、腕力もあるし、度胸もあるし、愛情深いし、長生きやし、コント要員にもなるしで、めちゃめちゃできる奴やねん。この映画でも何気に活躍してて、満足。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 10点(2018-01-11 21:25:58)
134.《ネタバレ》 映画館で2回、インターネットで3回程観ました。JJは456の良い部分である手作り感をしっかり残そうとしていて、それがよく分かったのが良かった。過去作へのオマージュも◎。カイロレン全然強くないしむしろヘボい、それ以前にかっこ悪いというツッコミはまあその通り。フィンが何でライトセーバーあんな簡単に使えるのというツッコミは多分エピソード9で答えが出るんじゃないかなあと(それなりの答えじゃないと承知しない)。最後のルーク出て来るシーンのカメラワークといい音楽といい、何回観ても震える。ソロは死んでほしくなかった。個人的には456に全然匹敵する作品だと考えています。
なすさん [映画館(字幕)] 9点(2017-12-19 23:54:22)
133.《ネタバレ》 新たな物語が始動するということでとても楽しみにしていたし、劇場へは字幕・吹替え・3Dなどで4、5回は通ったと思います。いきなり別物を持ってくるか旧三部作を踏襲するのかは賭けで、後者をとったのはまぁ理解できます。キャラもメカもストーリーも劣化しているのは残念ですが。レンとフィンがブサイクなのも。そしてウィリアムズの音楽も残念な出来でしたね。でもやっぱりドッグファイトはすごくカッコ良くて、クライマックスのレイのセーバー起動シーンとかも今見ても痺れます。
リンさん [映画館(字幕)] 6点(2017-12-16 00:57:45)
132.《ネタバレ》 劇場公開初日に観て今頃のレビューです。「最後のジェダイ」の前にまとめておかないと(笑)。
率直にどうってこと無かったです。まだ見どころじゃない、ってことかな。
「帝国の逆襲」のベイダーのカミングアウト。あれが最初のシリーズの肝でした。世代を跨ぐ作品です。百恵ちゃんの赤いシリーズ(古いw)みたいな、血縁の因縁が物語を転がす強い動機になるのは予想できるところ。本作でもソロとレイアの息子が出て来て、しかもそれがダークサイド側で出て来て、それなりの驚きはありました。でも、これは(期待を込めて)序の口(のはず)です。次にどんな衝撃が来るか、楽しみにします。
全く作品のレビューになっていないので、少しはコメントを残します。ディズニー作品になったけど冒頭でシンデレラ城を見せなかったのは正解です。同時に「a long time ago …」の前にFOXのファンファーレが轟かないことに強い違和感を覚えました。それほどに何度も観てるってことなんですね。レイがいた星の背景が前大戦の残骸をモチーフにしていることにくすぐられました。ベイダーの孫はダメな奴でした。ある意味、ソロの血を継いでいる。そのダメ孫をダメにしたのはルークらしい。何があったのか? あ、また作品のレビューじゃなくて期待感になっている。お後がよろしいようで。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 6点(2017-11-21 13:48:04)
131.スターウォーズは最初の三部作以降は面白いと思えなかった。
でも今回はもしかしたらと期待しましたがダメみたいですね。
残念。
Dry-manさん [映画館(吹替)] 4点(2017-11-11 22:57:53)(良:1票)
130.《ネタバレ》 一番の見どころがハン・ソロの登場シーンではダメなんじゃないかな。映画なんだからオールファンの懐古趣味を満足させるだけじゃ新しいファンの獲得はできないよ。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-08-27 04:17:25)
129.《ネタバレ》 DVDで再鑑賞しました。マニアではないけどSW好きです。旧キャストは存在感有ってワクワクしますね。ダークサイドのベン?レン?が、しょぼい役回りで光側に落ちそうで残念ですね。次回に期待したいですね。
ないとれいんさん [3D(字幕)] 7点(2017-07-27 20:56:26)
128.《ネタバレ》 まぁ正直なとここのシリーズのファンというわけではないので、おそらく製作者側の「狙い」はワタクシにはヒットしなかったものと思われ。こんなこといったら怒られそうだけど、一般人(と思われる)女の子がフォース?に何故目覚めるのかとかね。あーでも、ハリソン・フォードはお歳をとってもカッコいいですね。まぁこんな巨大な作品を任された大任をよく果たしたと思いますよ監督さん。手堅くまとめた感はさすがじゃないですかね? 次作に期待と言ったところでアリマショウハイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2017-06-26 09:57:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 147人
平均点数 6.88点
010.68%
121.36%
221.36%
332.04%
464.08%
5149.52%
63121.09%
73121.09%
82517.01%
92114.29%
10117.48%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.38点 Review13人
2 ストーリー評価 5.05点 Review18人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review17人
4 音楽評価 7.52点 Review17人
5 感泣評価 4.86点 Review15人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
視覚効果賞ロジャー・ガイエット候補(ノミネート) 
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞ゲイリー・ライドストロム候補(ノミネート) 
編集賞メリアン・ブランドン候補(ノミネート) 
編集賞メアリー・ジョー・マーキー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS