ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー
 > (レビュー・クチコミ)

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー

[ペンギンズフロムマダガスカルザムービー]
Penguins of Madagascar
2014年【米】 上映時間:92分
平均点:4.75 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-11-14)
コメディアドベンチャーファンタジーシリーズものファミリー動物もの
新規登録(2016-01-09)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2017-03-26)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・ダーネル
トム・マクグラス隊長
クリス・ミラー 〔男優・監督〕コワルスキー
ベネディクト・カンバーバッチシークレット
ジョン・マルコヴィッチオクト博士
ケン・チョン
ピーター・ストーメア
飛田展男隊長(日本語吹き替え版)
手塚秀彰コワルスキー(日本語吹き替え版)
成田剣シークレット(日本語吹き替え版)
楠見尚己オクト博士(日本語吹き替え版)
音楽ローン・バルフェ
配給20世紀フォックス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.マダガスカルシリーズを全部観て、ペンギンズが好きになったので鑑賞してみた。ん~別につまらなくはないんだけれど、格別面白いということもない。やはり彼らペンギンズは、マダガスカルの主要キャラたちをサポート&振り回すからこそ、その存在感が引き立つんだな~と実感した。TVシリーズは観ていないけど、そっちの方がしっくりくるのかも。

タコとのボート?チェイスシーンはアイデア満載でめちゃくちゃ面白かった!がしかし、結局クライマックスまでそれを越えるようなシーンが出てこなかったのが残念。
Dream kerokeroさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2019-04-25 11:58:29)
3.《ネタバレ》  ドリームワークスアニメーション作品としては久々に日本で劇場公開された作品。もっともDVD発売と同時に限定的に上映された状態だったのですが(シネコンで見る前にシネコンのあるモールのCDショップで先にブルーレイ買うって有様)。それでも有難かった、その後の作品はまたビデオスルーパターンに陥ってますからねぇ。20世紀フォックスジャパンのやる気の無さときたら。

 でも、アメリカ本国でコケて『マダガスカル4』の製作中止にも繋がったこの映画、ドリームワークスアニメーションの問題点が垣間見えてしまう作品だったりしました。
 映画は『マダガスカル3』のエンディングから繋がっていますが、テレビシリーズ『ペンギンズ FROM マダガスカル』とは一切話が繋がっていません。基本設定からして異なるパラレルワールドとなっていて、タイトルこそテレビシリーズの映画化のように思えながら、実は無関係な状態。そこにどんな事情があったのかは不明ですが、受け手側が事情を汲まなければならない理由は無いわけで。
 その上、テレビシリーズとはキャラの性格が微妙に異なっていて違和感がつきまといますし(声も英語版は隊長以外、吹替版は隊長と新人以外違います)、グラフィックこそテレビシリーズよりもツヤツヤとキレイになっていますが、肝心のエピソードや敵キャラなどは映画版の方が冴えない感じがします。
 そして、最近のドリームワークスアニメーション作品に対して総じて言えるのが、バジェットに対する中身のギャップが激しいという事。どれも1億ドルを軽く越える製作費に対して、内容は軒並み小品やB級的で、大作然として出てくるとそのギャップに唖然とする状態で。そりゃ劇場公開を憚れてしまうのも判らなくもないです(それでも日本以外の国ではそれなりの数字を上げている訳ですが)。

 そのスタートがアンチディズニーであった側面があるとは言え、今もってその影が見え隠れしているがドリームワークスアニメーションの大きな欠点。王道を外してシニカルに走ったり、一般ウケしなさそうな、特異なキャラばかりで構成したり。
 真正面から勝負できる実力は十分にあるのに自らみすみす逃しているような気がして仕方ありません。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 6点(2017-06-29 21:48:48)
2.いつもTVシリーズでやってることを無駄に引き延ばしただけで、劇場版ならではの特別感はない。
キング・ジュリアンやモートの出番がほぼ皆無で、他のセントラルパーク動物園の仲間たちも登場しないので、寂しいとしか言い様がない。
代わりにノース・ウィンドとかいうスパイチームが登場するけど、いまいちキャラが立ってなかった。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2017-03-03 18:42:40)
1.《ネタバレ》 テンポが良くて単純な話なので、何も考えずに見ることのできる、いわば子供向けのCGアニメ。
恥ずかしいダンスでタコたちを外におびき出すシーンとかペンギンズたちのおとぼけ漫才的なノリとか笑えるシーンもいつくかありました。
ただ、やっぱりピクサーとかのCGアニメと比較すると、内容的にも映像的にも劣ってるなというのが正直なところ。
あろえりーなさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2016-01-14 21:36:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4250.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS