スーサイド・スクワッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スーサイド・スクワッド
 > (レビュー・クチコミ)

スーサイド・スクワッド

[スーサイドスクワッド]
Suicide Squad
2016年【米】 上映時間:123分
平均点:4.52 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-10)
公開終了日(2016-12-21)
アクションSFシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2016-05-17)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・エアー
キャストウィル・スミス(男優)フロイド・ロートン/デッドショット
ジャレッド・レト(男優)ジョーカー
マーゴット・ロビー(女優)ハーリーン・F・クインゼル/ハーレイ・クイン
ジョエル・キナマン(男優)リック・フラッグ
ヴィオラ・デイヴィス(女優)アマンダ・ウォーラー
ジェイ・コートニー(男優)キャプテン・ブーメラン
ジェイ・ヘルナンデス(男優)チャト・サンタナ/エル・ディアブロ
アドウェール・アキノエ=アグバエ(男優)ウェイロン・ジョーンズ/キラー・クロック
アイク・バリンホルツ(男優)グリッグス
カーラ・デルヴィーニュ(女優)エンチャントレス
アダム・ビーチ(男優)クリストファー・ワイス/スリップノット
福原かれん(女優)山城たつ/カタナ
ベン・アフレック(男優)ブルース・ウェイン/バットマン
東地宏樹フロイド・ロートン/デッドショット(日本語吹き替え版)
子安武人ジョーカー(日本語吹き替え版)
東條加那子ハーリーン・F・クインゼル/ハーレイ・クイン(日本語吹き替え版)
宮内敦士リック・フラッグ(日本語吹き替え版)
上村典子アマンダ・ウォーラー(日本語吹き替え版)
江川央生キャプテン・ブーメラン(日本語吹き替え版)
沢城みゆきエンチャントレス(日本語吹き替え版)
志村知幸クリストファー・ワイス/スリップノット(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・エアー
音楽スティーヴン・プライス〔音楽〕
ゲイブ・ヒルファー(音楽監修)
挿入曲ザ・ローリング・ストーンズ"Sympathy For The Devil"
AC/DC"Dirty Deeds Done Dirt Cheap"
ブラック・サバス"Paranoid"
クイーン"Bohemian Rhapsody"
製作チャールズ・ローヴェン
製作総指揮ザック・スナイダー
デボラ・スナイダー
コリン・ウィルソン
配給ワーナー・ブラザース
美術オリヴァー・スコール(プロダクションデザイン)
あらすじ
封印されていた魔女の復活により人類最大の危機が迫る。米国政府は収監中の極悪人による最強部隊「スーサイド・スクワッド」を結成し、この危機を終結させようと決断、「デッドショット」や「ハーレイ・クイン」など6人の超絶極悪人に超小型爆弾を埋め込んで従わせ、怪物相手の遂行不能とも思われる危険任務を与える。向かうところ敵無しで生きてきた極悪人軍団を待ち構えていたのは…。DCコミックスの悪役キャラクター総出演によるバイオレンス・アクション大作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.《ネタバレ》 もうこれはハーレクインことM・ロビーの映画だね。悪役ばかりでチームを組みました、とは言っても引くような極悪人はいなくて「ちょっとクセの強い」程度の人選。しかし戦う相手はほぼ魔法使い、ていうのもバランス悪いなあ。どうやって勝てというの。
なぜジョーカーをメンバーに加えないの。彼はメンバー外だけど、この映画ハーレクインとジャレッド・ジョーカーの二人で画を引っ張っているというのに。
マーゴット・ロビーの仕事の的確さには唸ります。この会心の手ごたえはジャック・ニコルソン版ジョーカーを観た時のと同じで、すなわち原作のコミックテイストを最大限に尊重したキャラ作りにあります。本作は漫画世界の実写化であるので、いかにカリカチュアされた小悪魔像を演じるかが大事。けれんみは最大値に、そしてリアリティは不要。眉毛の上げ方ひとつ取っても、マーゴットの仕事は完璧といえるでしょう。
ひきかえ、他メンバーの印象薄さは否めません。ウィル・スミスはコミックのキャラを演ってもいないし、悪人ですらない。ワニも火吹きもブーメランも中途半端に苦悩を背負っているのが余計です。やっぱりジョーカーとハーレクインのチームで綺麗ごと抜きに、傍若無人にぶっ飛ばせば良かったのにな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-07-27 00:13:10)★《新規》★
43.ハーレークィンが、ひたすら魅力的なだけ。
それなりにお金は掛かっている筈ですが、中身はスッカスカの映画
恐らく1週間も経てば忘れそうです。
まぁ、自宅でヒマつぶしに観るのはいいかも知れないですね。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 2点(2020-06-24 22:45:09)
42.映画としては楽しめました。
ヒーローものが好きな人には面白い映画だと思います。
ただ、スーサイドスクワッドは強者の集まりとして犯罪者を寄せ集めしたはずなのだが、
特にでハーレイクインはなにも強くない・・度胸が座っているというだけで、
戦力としては普通にSWAT隊とかのほうが強いだろ・・
まあ、あのお尻がなければちょっと物足りないという役割なのかもしれませんが。
シネマファン55号さん [インターネット(吹替)] 6点(2020-06-18 15:50:05)
41.ハーレイ・クインが出てなかったらそもそも観てないかもしれないが。
劇場で観た時はアドレナリン出てるしそれなりに楽しめた気はするが、いかんせん相手が悪過ぎる。
この盗賊チームの相手には、次回は是非エクスペンダブルズを推奨したい。
いい勝負だと思うけどなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-06-17 00:03:14)
40.《ネタバレ》 これ企画の段階でハーレイクインが突出して目立つ&人気が出るのは想定内ですよね。
ハミ尻ですよハミ尻。
ローラとか叶恭子とかがコスプレ画像上げてますが、ローラのは短パン長すぎてお話になりません。
そういう意味で叶恭子はえらい。あの尻がちゃんと再現されてます。
…いやそれ映画のレビューじゃなくコスプレのレビューだよ…と自分で突っ込んでおいて、しかしそれら有名人のコスプレが本家に全く及ばないのが本家の魅力のすごさを端的に表してるって事でしょう。

で、映画本編ですが、皆さま書かれている通り「俺たち仲間だよ、一緒に戦うよ」という空気になぜなるのか…そこが全然描かれてないのがまず問題。

さらに、敵とのパワーバランスの悪さがひどい。
相手はほとんど神レベルの能力です。
何しろ一瞬で中東までテレポートして機密書類を奪って戻ってくるような化け物です。
対するこっちは一部を除けばほとんどただの人間です。
相手になるはずがない…のに、なぜかなんとかなります。
何しろそんな化け物能力の敵を相手に普通に格闘できちゃうんですから。
そもそもなんかすごい能力で即死させられるだろ…と思うんですが、なぜか律儀に格闘してくれます。
もう意味がわかりません。

そういう意味で脚本はほんとにボロボロなんですが、何も考えずに観ている分にはわりと普通のこの手の娯楽映画ですし、何よりハーレイクインがいます。
魅力的なキャラの創造も映画の立派な成果ですから、あまり低い点をつけるのもかわいそうかな…なんて思います。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-16 11:19:28)
39.これはだめだね。
DCエクステンデッド・ユニバースとやらのシリーズのスピンオフらしいので、金かけてるし、映像はなかなかだけに、脚本のひどさがよけいに際立つ。映画はやっぱり脚本が基礎中の基礎と思いました。
wooさん [インターネット(吹替)] 3点(2020-06-13 11:44:01)
38.《ネタバレ》 ハーレイのお尻に1点。
ヴィランがチームを組んで戦うっていう企画だけは面白そうなんだけど、集まったキャラクターたちの魅力や背景が描かれてないので、まったくもって盛り上がらない。デッドショットは悪人じゃないし、ディアブロはカっとなって嫁子供を焼いちゃったアホだし、ハーレイ・クインも特に何が強いってわけじゃないし、ジョーカーもヒョロくてショボい。
バラバラの悪人チームが仲間になっていく過程も特に描かれてないのに俺たちは仲間とか言い出すし、失笑しかできない。
最後の戦いも何にも盛り上がらないし、ホントに見る価値のない、しょーもない映画だった。
ブラック武藤さん [インターネット(吹替)] 1点(2020-06-06 02:30:40)
37.《ネタバレ》 一言でいえば荒唐無稽のままに終わってしまう作品。そもそもがDCコミックをベースにしたスピンオフ企画的な作品なので、一人ひとりが強烈過ぎる個性の悪党を一人増やすごとに全体のまとまりは崩れていくわけで、折角の個性が最終的には没個性。それでも2時間程度の尺で見せ場を作るためには、個性を強力に演出しなければならず、ド派手なビジュアルの中での実現は作品中のミッション以上に困難を極めたんじゃないでしょうか?結果、真剣に見たらダメという作品に落ち着いた訳で、粗探しや揚げ足取りをしちゃダメというルールを厳守すれば、そこそこに楽しいです。スーパーマンが不在だとか、作品の背景を承知している必要は…あまりないかな?あと、公式サイトの宣伝の仕方は、若干の違和感を感じます。ハーレイ・クインは主役じゃないんじゃないですか?
ぽこたさん [CS・衛星(吹替)] 4点(2020-03-29 11:46:22)
36.《ネタバレ》 アメコミのヴィランがチームを組んでさらなる脅威と闘う、という面白そうな題材が、キャラクターの使い方を間違っちゃった為ごくごく普通のアクション映画になってしまったという感じでした。私の好きな「ハーレイ・クイン」が主人公&予告編ではもっとポップでブッとんだストーリーを期待していたのですが、後半の展開はコレ別に主人公達がヴィランじゃなくてもいいんじゃない?と。良かった点は、コミックやアニメから飛び出してきたようなジョーカー&ハーレイのビジュアル。あんなカップルなのに、ハーレイが幻覚の中でジョーカーとすっごく普通の結婚生活をおくっていたのはちょっと笑いました。
なな9さん [インターネット(字幕)] 5点(2019-08-10 01:42:06)
35.何というか、各キャラクターの配役を決めて衣装をデザインして着せてみたところで、力尽きてしまったんだろうなあ。いや、最初からそれ以上のことをするつもりはなかったというか、目的はそこにしかなかったというか。大体、元締のはずのヴィオラ・デイヴィスがどこまでいっても人の良さそうな普通の小母さんにしか見えない時点で、すでに失敗です。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2018-12-18 01:42:07)
34.《ネタバレ》 ハーレイクイン登場シーンのBGM(you don't own me)が、サザエさんのエンディング曲と同じに聞こえました。以降は悪役やヒーローの境目なく、ほのぼの一家のイザコザとの認識で鑑賞しました。
SINさん [DVD(吹替)] 6点(2018-05-01 23:26:14)
33.《ネタバレ》 ムショ出身のクレイジーな悪党集団が魔女と戦う。それだけのお話やな。やっぱり生きてたプリンちゃんことジョーさん。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-02-10 18:55:56)
32.《ネタバレ》 オープニングは良かったです。ジョーカーとハーレークインとデッドショット以外知らないキャラだったので、何となくの素性がわかったので。本編はというと、これはもう皆さんのおっしゃる通り、悪役が悪役になってなくて騙されました。悪いことして輝いてたのはジョーカーだけでしたね。
リンさん [映画館(字幕)] 3点(2018-01-23 15:26:59)
31.デッドショットはカッコ良かったし魔女もハーレーもエロ可愛かったし、(ジャスティスリーグより)各々キャラが立っていて言われているほど悪くは無かったです。ジョーカーが出てこない!と聞いていましたが思った以上の大立ち回りで逆に胸焼けを起こしそうでした。
ただ、喧嘩からの急な仲直りはDCの伝統芸なのか相変わらず展開がガバガバ。接続詞の無いマンガを観せられているような、何か色々勿体無さを感じました。
Kの紅茶さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-11-24 12:37:27)
30.《ネタバレ》 キャラクター設定が全然活かされてないです。背景描写も浅いので何が何だか。部隊の構成員が多すぎるのが一つの要因でしょうか。多くても4人くらいに留めておくべきです。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-09-21 03:53:52)
29.バットマンvsスーパーマンとジャスティスリーグの間の話のようですが、まあ別にこれ観なくてもジャスティスリーグ鑑賞には問題なさそうです。キャラ紹介はポップな画面にして、本編はダークファンタジー風。噛み合わないんだよ画面が違いすぎて。お偉いさんの大失敗で特にお咎めもなく、魔女だけポクッと退治。悪党が家族の温かい話してもねえ。この手の映画にそれは期待しないかな。
C・C・バクスターさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-09-02 19:27:11)
28. キャラクターに魅力が無く、話の作りは至って平凡。
ながら鑑賞で十分な凡作だと感じた。
タックスマン4さん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2017-08-16 23:56:47)
27.《ネタバレ》 前半でなんとなくスゴイ悪役というのを理解したが、
中盤以降はそんなにキャラが生かされていなかった。
悪役の規模が大きすぎる割に最後はすごくあっけなかったです。
主人公らを仲間につけなくても十分強いのでは??
1番の見どころはハーレークインのお尻でした。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-22 20:26:17)
26.決死部隊。DCコミックの悪役たちが世界を救う物語だ。アメリカ政府はヒーローだけでは解決できない問題を抱えていた。そんな状況を打破するため、禁断の手段に手を出すことにした。ベール・レイヴ刑務所に収監されている凶悪な犯罪者を召集し、最強部隊に仕立て上げることだった。ん~、期待していた作品だが悪党たちのワルさ加減がイマイチ。悪党はもっと「悪党」として表現して欲しかった。決死部隊の連中が、みんな普通に格好良く、普通にヒーローに見えてしまうのがマイナス。タランティーノのキャラクタ構築を見習え。また、いつの間にか仲間意識が芽生えて簡単に結束してしまったところもマイナス。ドラゴンボールの悪役を見習え。興業的にも、引くくらいの悪党だと問題があるのは分かるが、バランスよく演出するのが見せどころだろう。あと、主要な事件の発端が、部隊の一員であるエンチャントレスの暴走であり、要するに首謀者アマンダ・ウォーラーの管理不行き届きだろう?ってところがマイナス。また、主要なキャラクタが普通の人ってところも、本当にエンチャントレスの暴走を止められるのか?と思わせてしまうのでマイナス。アクションシーンはそれなりに楽しめたんだけどなぁ。でも、ハーレイ・クインの存在感と愛らしさ、心地よい色気は最高。結局、彼女のための映画であり、彼女が居てこその物語なのだろう。でもでも、彼女が最後には普通に「仲間」って言葉を言っちゃうのはマイナス。峰不二子を見習え。全体的に退屈はしないが、それほど心に残らない感じだった。イマイチ...。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 5点(2017-07-14 22:54:22)
25.期待が大きすぎた。ようは、ハーレクインが魅力的かどうかってことだが、残念だがハーレクインのハミ尻のアップもなかったので低評価である。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-05-28 21:07:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 4.52点
000.00%
112.27%
224.55%
31125.00%
4818.18%
5920.45%
6920.45%
724.55%
824.55%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review3人
2 ストーリー評価 3.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.80点 Review5人
4 音楽評価 4.75点 Review4人
5 感泣評価 2.75点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2016年 89回
特殊メイクアップ賞 受賞 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2016年 37回
最低助演男優賞ジャレッド・レト候補(ノミネート) 
最低脚本賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS