Menu
 >
 >
 > 追憶(2017)

追憶(2017)

2017年【日】 上映時間:99分
平均点: / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスミステリー刑事もの
[ツイオク]
新規登録(2017-01-27)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-06-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2017-05-06
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督降旗康男
キャスト岡田准一(男優)四方篤
小栗旬(男優)田所啓太
柄本佑(男優)川端悟
長澤まさみ(女優)四方美那子
木村文乃(女優)田所真理
安藤サクラ(女優)仁科涼子
吉岡秀隆(男優)山形光男
矢島健一(男優)樋口
北見敏之(男優)豊田幸一
安田顕(男優)山崎豊
三浦貴大(男優)佐中隆
高橋努(男優)足立
渋川清彦(男優)貴船誠一
りりィ(女優)四方清美
西田尚美(女優)川端小夜子
太賀(男優)小川尚
中本賢(男優)真理の父
萩尾みどり(女優)真理の母
仁科貴(男優)ラーメン屋店主
田中要次(男優)「ゆきわりそう」の客
遠藤要(男優)幼児虐待致死容疑の父親
菜葉菜(女優)小夜子の妹
原作青島武(原案)
瀧本智行(原案)
脚本青島武
瀧本智行
音楽千住明
撮影木村大作
製作市川南〔製作〕
久保雅一(共同製作)
東宝(映画「追憶」製作委員会)
WOWOW(映画「追憶」製作委員会)
電通(映画「追憶」製作委員会)
小学館(映画「追憶」製作委員会)
ジェイ・ストーム(映画「追憶」製作委員会)
朝日新聞社(映画「追憶」製作委員会)
毎日新聞社(映画「追憶」製作委員会)
キノフィルムズ(映画「追憶」製作委員会)
配給東宝
美術原田満生
照明鈴木秀幸〔照明〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.「ミスティック・リバー」を換骨奪胎したシナリオだと感じました。99分でまとめたのは大正解。必要以上にだらだら語らなかったので、ウンザリしなくて済んだから。タイトルロールで主要スタッフ、キャストをちゃんと見せる作品はひさしぶりでした。しかも縦書きだし、画面の調子からフィルム撮影だと思いますけど、70年代や80年代の作品に特徴的だった「画面の暗さと粒子の粗さ」はスタッフの狙いでしょうね。わたしは安藤サクラ・ウォッチャーなので観たのですが、小栗旬、超もうけ役だったね。そして、りりィの遺作になってしまいました、残念。
shintaxさん [映画館(邦画)] 8点(2017-06-02 18:28:34)
3.《ネタバレ》 どっしりドロドロした2時間20分!みたいなものかと思っていたら、松本清張の短編小説のような99分。でも、ずっしりと身が詰まっていて無駄のない作品でした。
「黒い画集シリーズ」の平成版の新作のような印象と言いましょうか。

『あなたへ』で保険金殺人を見逃した降旗監督が、今回はしっかりと保険金殺人を告発します。
こんさん99さん [映画館(邦画)] 8点(2017-05-14 14:05:35)
2.《ネタバレ》  ある程度推理ドラマ的な展開を期待して観てたので、その分徒労感が残りました。人間ドラマとしても映画という限られた尺の中ではそれほど深く掘り下げられてなかったような。自分にはどうしても刑事の母親や被害者をあまり愛するべき要素が見つけれませんでしたから。あの母親はおそらく今後も同じような生活をおくり、同じようなことを繰り返すでしょう。人間なんてそんなに変わるものじゃありません。
 たとえどんなに屑みたいな人間でも、人一人の命を奪ったことの罪の重さを全く感じさせない流れもちょっと嫌だな。
2時間ドラマで十分なんて失礼なことは申しませんが、まあ新春3時間SPドラマなら十分w あるいは二夜連続または二週連続SPドラマにして多少これより時間をとれば十分以上かな。

ちょっと好きな女優さんが出ているだけでは、映画のつまらなさを乗り越えられないですねえ。ちょっと好きな女優さんが二人出てるんで合わせて行けるかなとも思ったのは間違いでした。ちょっと好きな女優さんは二人出ようが十人出ようがちょっと好きという事実には変わりないわけで。

TOHOのマイルを集めるのに固執するあまり映画を観にくる基準がくるってるんじゃないかと痛感させられた一日でした。
rhforeverさん [映画館(邦画)] 6点(2017-05-09 05:42:01)
1.《ネタバレ》  今の役者さん達で今の時代を描きながら、そこはかとなく昭和。でも、その愚直な作り、嫌いじゃないです。

 殺人事件をめぐる刑事の物語ではありますが、ミステリーとかサスペンスとかではなくて。刑事のドラマが中心で、犯人が誰かはそんなには興味ない作り、ちょっと市川崑監督の『幸福』を思い出しました。

 やや不満の残る部分もあります。尺が短いためにそれぞれのキャラが最初から明確なイメージで登場して、そこから大きく変化する事なく過ぎてゆくとか(ずっとしかめっ面の岡田准一)、あちらこちらに「偶然」が散りばめてあるとか、長澤まさみの扱いが中途半端だとか、殺人事件の当事者達の感情が省略されるとか。
 ですが、役者さん達それぞれの不幸っぷりが上手くハマっていて、それはリアリズムとは別の世界のものではあるのですが、独自の寒色の映画世界が築かれていて。特に安藤サクラは不幸っぷりが画になる人で。

 映画は過去の記憶を留めつつ、今日を、そして未来を生きてゆこうとする姿を描きます。幾つもの不幸と悲劇を描きながら、それでもなお、新しい生命に明るい未来が託されてゆきます。それは、この映画そのものに込められた想いにも重なって。日本の風景、日本の色、日本の空気、そして日本の人を画として残そうとしているようで、その真摯な姿勢を「古臭い」とかで片付けたくはないと思いました。あとは継ぐ者の問題、かな。
あにやんさん [映画館(邦画)] 7点(2017-05-08 21:28:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6125.00%
7125.00%
8250.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS