スパイダーマン:ホームカミングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スパイダーマン:ホームカミング
 > (レビュー・クチコミ)

スパイダーマン:ホームカミング

[スパイダーマンホームカミング]
Spider-Man: Homecoming
2017年【米】 上映時間:133分
平均点:6.10 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-08-11)
公開終了日(2017-12-20)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2017-05-30)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2020-01-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ワッツ〔監督〕
キャストトム・ホランド〔男優・1996年生〕(男優)ピーター・パーカー/スパイダーマン
マイケル・キートン(男優)エイドリアン・トゥームス/バルチャー
マリサ・トメイ(女優)メイ・パーカー
ロバート・ダウニー・Jr(男優)アンソニー・"トニー"・スターク/アイアンマン
ジョン・ファヴロー(男優)ハッピー・ホーガン
ゼンデイヤ(女優)ミシェル・“MJ”・ジョーンズ
ジェイコブ・バタロン(男優)ネッド
トニー・レヴォロリ(男優)フラッシュ
アンガーリー・ライス(女優)ベティ
ドナルド・グローヴァー(男優)アーロン・デイヴィス
タイン・デイリー(女優)アン・マリー・ホーグ
マーティン・スター(男優)ハリントン先生
ガーセル・ボーヴァイス(女優)ドリス・トーメス
ローガン・マーシャル=グリーン(男優)ジャクソン・ブライス/ショッカー 1
ボキーム・ウッドバイン(男優)ハーマン・シュルツ/ショッカー 2
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)スティーヴ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
グウィネス・パルトロウ(女優)ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ
スタン・リー(男優)ゲイリー
榎木淳弥ピーター・パーカー/スパイダーマン(日本語吹き替え版)
ジェニファー・コネリーカレン
ケリー・コンドンF.R.I.D.A.Y.(フライデー)
大川透エイドリアン・トゥームス/バルチャー(日本語吹き替え版)
安藤麻吹メイ・パーカー(日本語吹き替え版)
藤原啓治アンソニー・"トニー"・スターク/アイアンマン(日本語吹き替え版)
中村悠一スティーヴ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(日本語吹き替え版)
美山加恋リズ(日本語吹き替え版)
大西健晴ハッピー・ホーガン(日本語吹き替え版)
井上喜久子カレン(日本語吹き替え版)
岡寛恵ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ(日本語吹き替え版)
諏訪部順一ハーマン・シュルツ(日本語吹き替え版)
浪川大輔ジャクソン・ブライス(日本語吹き替え版)
水瀬いのりベティ(日本語吹き替え版)
梶裕貴エイブ(日本語吹き替え版)
青山穣ガーガン(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー
脚本クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
音楽マイケル・ジアッキノ
デイヴ・ジョーダン(音楽監修)
作詞安田章大日本語版主題歌「Never Say Never」
作曲安田章大日本語版主題歌「Never Say Never」
撮影サルヴァトーレ・トチノ
製作ケヴィン・ファイギ
エイミー・パスカル
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ルイス・デスポジート
ヴィクトリア・アロンソ
アヴィ・アラッド
スタン・リー
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
美術オリヴァー・スコール(プロダクションデザイン)
衣装ルイーズ・フログリー(衣装デザイン)
編集ダン・レーベンタール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》 サムライミの3部作が傑作過ぎて絶対比較になってしまうだろうしそれは失礼だしで今回はレビューしないでおこうと思ったが、一言だけ言いたかったので来ました。ゼンデイヤ演じるミシェルがヒロインであるべきだ。とてもイカしてる。やたらミシェルをチラチラとクローズアップしていたので何かの伏線かと思ってたら特に何も無いとはどういう事だ。傷心のピーターを励ますくらいの活躍はするのではと期待したのに肩透かしだった。
うん、まあ、前述の通りサムライミのと比較しちゃいけないと思ったのだが、せっかく来たので幾つか思った事を。
ピーターが最後に「ご近所も誰かが守らないと」と庶民派でいる事を宣言したのは良かった。人類の命運を左右する様なスケールの大きい戦いを繰り広げてきた他のMCU作品と比べ、本作は盗みの阻止という少々スケールの小さめなお仕事。それは個性として良いと思う。ただ、幾つか物足りなさがある。
その1。なぜピーターがこの様な能力を持ち得たのか、ちゃんと説明して欲しい。どうせ連作にするつもりなのだろうから、それくらいの手間暇はかけて欲しい。なんだか「どうせみんなサムライミのを見てるんだろうし説明なんか必要ないだろう」と上から目線で言われてる様で気に入らない。いやいや別人ですって。こっちはこっち。初登場となったシビル・ウォーでも唐突に出て来て唐突に参戦し、誰?である。なので力の根源もよく分からず、ピーターの出してる糸が何なのか、なぜか驚異的な身体能力を持ち得たのか、なんでこんなに丈夫なのか、全く分からないまま物語は進行する。ついには瓦礫を持ち上げ脱出し、今回のスパイダーマンはパワーにも特化している事が分かる。なぜ彼がこれだけの超人になったのか気にならないはずがない。コスチュームや糸の使い方は当然原作通りでないといけないだろうから、サムライミとの差別化を図るのであればむしろこの「力の発現」の部分に個性を持たせて描くべきでは。
その2。もっと明確に成長して欲しかった。序盤のピーターはイラつくくらい子供である。という事はきっと、新たな力を得てはしゃぎ、取り返しのつかない様な大失敗をやらかし、学び、成長を遂げ、そして到底敵わないであろうと思われた強大な敵を倒してくれるのだろう…そう想像して見ていた。しかし取り返しのつかないレベルの失敗もせず、やらかしかけてもアイアンマンに助けられ、敵も案外普通のおっちゃんだった。トニーに見捨てられ孤独になったけど一人の力で乗り越えたぞ!は分かる。憧れてたアベンジャーズ入りの申し出を涼しげに断るという心の成長も見せてくれた。でもやはり…なのである。
やはりサムライミ版の「大いなる力には、大いなる責任が伴う」という名文句がチラついてしまう。これはアメリカのヒーロー物に不可欠且つ永遠のテーマとも言える。とんでもなく強いが、その分大きなものを背負わされ、とんでもない悲劇に見舞われるのである。
庶民派と言えどスパイダーマンも等しく超人である。なぜこの様なとんでもない力を手に入れ、いかにして成長し正しく力を使える様になっていくのかが見たかった。そこが希薄なのでイマイチ共感出来ず残念。
そんな訳でプラスマイナス相殺で真ん中の5点。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 5点(2020-12-03 03:28:40)★《新規》★
39.《ネタバレ》 有名な作品でそう期待もせずに観ましたが、予想通りといった感じ

これといって目新しい展開もなく

わけの分からない宇宙素材を使って8年で武器を作り出す偉業(科学者になるべきだったかと)
無駄に強すぎる羽根
小学生みたいな主人公に特に必要ない学校 が感想

主人公の相方やスーツとの兼ね合いはなかなかおもしろかった
戦闘はいまいち
トラック 鳥ボス 飛行機 と 引っ張られるシーン多すぎ
2時間を超える作品の割りに最後まで楽しめたので5.5点
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-09-07 00:39:01)
38.《ネタバレ》  スパイダーマンのアクションはスピード感があって良いですね。
 今までのスパイダーマンと違い、アベンジャーシリーズの1作としてのスパイダーマン。もはやスピンオフ的作品。もちろん期待はできないわけです。ですが、エンターテイメント作品としては抜群に面白い仕上がりでした。
 ただ、サム・ライミ版と比べれば、どうしてもドラマ性は低くなります。
 それもそのはず。彼は最初からスパイダーマン。ベンおじさんだっていない。メイおばさんはきゃぴきゃぴ。『ヒーローとは何か。正義とは何か』そんな深いことでは悩みません。彼の悩みは就職活動。『どうして僕をアベンジャーズに入れてくれないんだよ』、この一点。今までのシリーズでは恋愛が原動力になってましたが、本作ではヒロインの影は限りなく薄いのでした。よって、サム・ライミ版や、アメージング版のようなドラマを期待すると、物足りなさを感じます。
 これ単体でも十分に楽しめますが、アイアンマンがちょいちょい顔を出すことからもわかるように、これはアベンジャーズファンのための作品と言えそうです。
 本作の主人公を演じるトム・ホランドはピーター・パーカーのイメージにぴったりです。
 更にはアントマン同様、コメディテイストの演出が多いのがとても楽しい。やたら『即死モード』を提案するAIが面白すぎます。
 アクション面での見所は、何と言ってもエレベーター。スパイダーマンの真骨頂は『人助け』だと思っているので、このシークエンスはアツい。そこから先は終盤に向け面白さは尻すぼみになっていった印象です。
 フェリーバトルはまだ良いのですが、最後の空中戦なんかつまらないです。
 そういえば、『MJもグウェンもいないなぁ・・・』って思っていたら、MJ!お前いたのかよ!
 
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-05-24 02:35:12)
37.またもスパイダーマンの新シリーズ、大人の事情と言うべきか、それとも子供じみた事情と言うべきか。
また一からやるんなら、何か面白いこと思いついたんならまだしも、マーベル印だというだけで大して新味もなく、結局、「スパイダーマンの糸があわや、切れそう、剥がれそう」というサスペンス以外にこれといって見せ場がない、このマンネリ感。
今世紀に入って三度目のシリーズだから、「ピーター・パーカーがどうやってスパイダーマンになったかなんて、もうどうでもいいよね」とばかりに、適当なストーリー。
マイケル・キートンの特徴の薄い顔立ちも、悪役としてはちと弱い気が。
鱗歌さん [DVD(吹替)] 5点(2019-11-14 21:12:16)
36.《ネタバレ》 これは、トゥームスさん怒りますよ。怒って当然です。
折角、従業員を雇い、トラックまで購入したのに‥‥
「ここは、我々が管理する。お前たちは出ていけ」と言われた日にゃあ、腹を立てても当然です。
という事で、怒りのトゥームスさん、従業員達と力を合わせて、8年の年月を費やしながら殺人兵器を作りました。
‥‥いや、大したものです。
ロクにそちら方面の知識も、大した学歴もなさそうな連中だけで、あれだけの兵器を作るのですから
でも、トニー・スタークに嗅ぎつけられた後でも、まだ兵器売買を続けようとしてたのは、頂けません。
アイアンマンからボコボコにされるのがオチですからね。
第一、奥さんも娘さんもいる事ですし。

それにしても‥‥
おいっ! こらっ! スパイダーマン
お前が出動する度に、街の中やら、ワシントン記念塔やら、船やらが滅茶苦茶になっとるやんけ

などと言わずに高校生のやる事ですから、そこは大目に見てあげましょう。
でも、映画の出来は大目には見れません。
3点です。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 3点(2019-10-09 15:53:29)
35.リメイクよりサム・ライミ版の続編を見たいというのが本音ではあるけど、アベンジャーズ版もそんなに悪くはなかった。
MJと比べるとヒロインの好感度が高いので、青春物語としては盛り上がった。
でも、善人の敵より、MJに殺意が湧くというなんだかよくわからない感情を味わえなくなったのはちょっと残念。
スパイダーマンの能力より高性能過ぎるスーツもどうかと思うけど、AIとの掛け合いは面白かった。
あと、決定的な違いとして、メイ叔母さんがエロいという点が挙げられるけど、それが良いことなのか悪いことなのかはよくわからない。
もとやさん [地上波(吹替)] 6点(2019-10-06 17:40:13)(笑:1票)
34.《ネタバレ》 今までのスパイダーマンと違い、版権問題をクリアしてアベンジャーズと関わったこと、そして未熟で無力なりに一人前になろうともがくピーターの青春物語が強化されたことが大きい。功名心から正義を貫こうとして、結果的に大きな事故を招いてスタークを失望させ、学校とヒーロー業を両立できず、片思いを失ってしまう苦みと切なさが残る。家族のために犯罪に手を染めるマイケル・キートンを配役するセルフパロディが心憎い。貧困と格差の問題をするりと潜り込ませる。ディズニーに買収されたことが大きいのか、異人種間の恋愛と夫婦が珍しくなく時代の流れを感じた。スタークからの再スカウトを断り、地に足をついて"親愛なる隣人"として歩み出したのはスパイダーマンらしい。
Cinecdockeさん [地上波(吹替)] 6点(2019-07-08 21:55:56)
33.アベンジャーズ好きなのでワクワク観ることが出来ました。
シリーズ物の一作としては良く出来ている。

若さゆえの思い込みが初々しいし。
彼女への思いも素直なカンジが好印象です。

ピーターの吹替榎木淳弥さん、とても上手い。
オーバーなんだけど近所の高校生っぽく、フツウに喋ってる〇。
最新作も吹き替えでも良いなと思いました。
(上映時間優先で決めます。)

ファーフロムホームも楽しみになりました♪
たんぽぽさん [地上波(吹替)] 8点(2019-07-08 10:11:45)
32.ちょっと変わったMCUシリーズか。コメディ色が濃い。
学園生活と少年の成長を絡めているので、展開も分かりやすい。でも何だろう、何かちょっと物足りない。そんな気がする映画。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2019-07-05 23:09:41)(良:1票)
31.これはスパイダーマン自体の映画と言うよりは、アベンジャーズに出てくるスパイダーマンはこんなやつですっていう映画だなっと。なので、アベンジャーズシリーズありきの作品と言う感じで、これ単体で見るといろいろ説明不足でいまいちだと思う。ただ、それでも、ピーターが成長していく姿も良いし、アクションシーンもそれなりに見ごたえがあるので楽しめた。
スワローマンさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-06-23 11:06:38)(良:1票)
30.スタークがあまり好きではないのでこうもでしゃばられるとちょっとウザいし、スタークを盲目的に崇めるピーターにもあまり感心しない。スパイダーマンの新作というよりかはアベンジャーズに向けての外伝的作品なのかなぁと思ったり。あと、スーツを着てないとただの少年なのに敵の攻撃に全く怯まないピーターはタフ過ぎだろうと。
ヴレアさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-04-24 20:24:02)
29.大変申し訳ないのですが、アメイジングシリーズの続編を期待していたので、最初から最後までマイナスな状態で鑑賞してました。結果、なぜか主演のトムホランドが鷹の爪団の吉田くんに見えてきました…。
SINさん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2018-09-30 13:36:26)(笑:1票)
28.《ネタバレ》 スパイダーマン新シリーズ第一作にして、アベンジャーズシリーズへの記念すべき?参入作。まあ面白いっちゃ面白いんですけど、自分はアンチ・アベンジャーズ派なんで、「スパイダーマンよ、お前もか……」というがっかり感もけっこう強め。うーん、最近のアメコミものってどうしてこう色んなヒーローをごった煮したがるんでしょうか。なんか、どれもこれもヒーローがいっぱいでごちゃごちゃしてて全然すっきり楽しめないんですけどー。映画自体はそこそこ楽しめたので残念っす!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2018-09-23 21:49:37)
27.《ネタバレ》 二度目のリブートであるにも関わらず、MCU参加に伴っての新作なので、スパイダーマンの新しい魅力をきちんと引き出しているのはさすが。
高校生の若々しい感じも新鮮だし、敵にも敵なりの道理がある点もきちんと見せているのも良かった。
ただ、アイアンマン=スタークとの親子のような上下関係により小物感がすごい。まぁ、高校生だから仕方ないか。
eurekaさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2018-05-03 14:40:53)(笑:1票)
26.いろんな要素盛りすぎて、がっかりしました。もっとシンプルにしてくれていたら・・・
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2018-04-24 14:27:54)(良:1票)
25.《ネタバレ》 まあ別にいいんですけど、今までのスパイダーマンを見てると急にピーターの好きな娘が黒人だったり友人がアジア系だったりといろんな思惑を感じて違和感ありますね。今回の敵って基本作中では盗みと悪者同士の殺しぐらいしかしてないのに、スパイダーマンが首を突っ込んだせいでお店、エレベーター、船、飛行機と甚大な被害になってるのは滑稽。スパイダーマンの行動に正義を感じられないのはちょっと如何なものかと。スパイダーマンというよりアベンジャーズの外伝的な作品として見た方が良いのかなと思いました。これならアメージングスパイダーマンの方が自分は好き。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2018-04-04 09:38:48)(良:1票)
24.《ネタバレ》 これはこれであり…というか、個人的にはこちらの方が好みです。スターク使用のスパイダースーツがかっこいい。ヒロインよりもメイおばさんと、ミスポッツの方が魅力的なのは、私がおじさんだからでしょうか?
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-04-01 12:40:30)
23.《ネタバレ》 約1年8ヶ月ぶり2度目観賞。続編公開に向けての復習。新シリーズ開幕。鉄男を師と仰ぎ、甲高い声でまくし立てる饒舌な蜘蛛男。ドジを踏み、ポカをかます未熟な面も。前2シリーズと異なり、ドタバタ・コメディ基調なのが愛すべきトコロか。パンツ一丁のお着替えシーンはウケる。ラストで悲願のアベンジャーズ入り成るも、ヤギっ面のマリサ・トメイ演じるメイおばさんにバレちゃったショータイ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-01-25 01:55:33)
22.《ネタバレ》 サム・ライミ以降の何か意味ありげな雰囲気から一線を引く。「漫画の実写化」であったことをあらためて思い出させてくれた一作。ピーターの体の頑丈っぷりは、未来少年のそれに似て(コナンです)。遠景でスパイダーマンが活躍していた画が多かったと思いますが、そこは好き。蜘蛛の糸が絡むところがない広々としたところで、とにかく走るスパイダーマンはかわいかった。とはいえ、アイアンマンにしっぽ振ってるスパイダーマンは魅力度が落ちるなあ。
なたねさん [DVD(字幕)] 6点(2018-01-21 13:45:58)
21.《ネタバレ》 なんの予備知識もなしに見たので、序盤からいきなりマイケル・キートンが出てきてびっくり。
昔のバットマンやってた人じゃん!って。そうこうしてるうちに、今度はロバート・ダウニー・Jrが。
え!?どういうこと!?なんでアイアンマンが!?と驚きの連続でありました。
ついにスパイダーマンも、様々なヒーローが一つになる世界観に組み込まれたのですね。
想像してなかっただけに新鮮で面白かった。
船が真っ二つにされた時に蜘蛛の糸で一つに保とうとするもダメで、
アイアンマンがやってきて溶接して帰るのにはやられましたね。
青春ものとしても普通に楽しめたし、あのラストも好感持てるね。
新シリーズとしてこれは成功。また続編も見て見たいですね。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-12-22 21:39:35)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.10点
000.00%
100.00%
200.00%
312.50%
412.50%
51230.00%
6922.50%
71332.50%
8410.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS