ヴァレリアン 千の惑星の救世主のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ウ行
 > ヴァレリアン 千の惑星の救世主の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

[ヴァレリアンセンノワクセイノキュウセイシュ]
Valerian and the City of a Thousand Planets
(Valérian et la Cité des mille planètes)
2017年アラブ首長国連邦上映時間:137分
平均点:5.62 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-03-30)
アクションSFアドベンチャーファンタジー漫画の映画化
新規登録(2017-11-25)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2023-03-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ベッソン
キャストデイン・デハーン(男優)
カーラ・デルヴィーニュ(女優)
クライヴ・オーウェン(男優)
イーサン・ホーク(男優)
ルトガー・ハウアー(男優)
アラン・シャバ(男優)
ハービー・ハンコック(男優)
ジョン・グッドマン
エリザベス・デビッキ
日野聡(日本語吹き替え版)
沢城みゆき(日本語吹き替え版)
大塚明夫(日本語吹き替え版)
石川界人(日本語吹き替え版)
関俊彦(日本語吹き替え版)
咲野俊介(日本語吹き替え版)
富田耕生(日本語吹き替え版)
楠見尚己(日本語吹き替え版)
斎賀みつき(日本語吹き替え版)
森なな子(日本語吹き替え版)
脚本リュック・ベッソン
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影ティエリー・アルボガスト
製作リュック・ベッソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.原作コミックはタイトルくらいは聞いたことあるレベルで未見です。
スペースオペラの映像化となるとどう頑張ってもスター・ウォーズの呪縛から逃れることができないことは最初からわかっているようなもので、劇中、既視感しかなくて何の驚きもありませんでした。SF映画でこれは致命的でしょう。
出オチ的な凝ったキャスティングは楽しめましたが、見た次の日には内容をすべて忘れてしまいそうな映画でした。
J.J.フォーラムさん [地上波(吹替)] 4点(2023-05-05 15:46:56)
15.色彩豊かな画面で繰り広げられる少年少女の冒険活劇、こんなコテコテのものを一切手を抜かず本気で作っただけでも大したものだと思います。リュック・ベッソンの仕事で一番感心したかもしれません。アバターに真っ向から勝負を挑んだような作品って他にないでしょう?ハリウッドほどの予算や技術がないからってみんな諦めちゃっている。出来不出来はひとまず置いといて各国でアバターを目指したような作品が生まれてもいいはずなんですよ。アバターと比べるとこっちはコミックの感覚をそのまま映像化したような作風を試みていると思います。まあ原作は読んだことがないので憶測でしかないんですけど、アメリカ映画や日本のコミックへの影響を通して間接的には摂取していると思いますのでなんとなくは理解できると思います。テーマは本当に人を愛するとはどういうことなのか?それもほとんど台詞で説明しちゃってるから映画の構成・演出としてはダメダメなんですけどね。でも大事なことはわかりやすく言葉でちゃんと伝える意義もあると思います。
Сакурай Тосиоさん [インターネット(字幕)] 8点(2023-04-06 23:29:22)
14.《ネタバレ》 スター・ウォーズとかアバターに出て来そうなキャラだらけで、映像的には賑やか。
でも、主人公のキャラが微妙。
ストーリーもつまんない。
途中で出て来たバブルというキャラがちょっと魅力的だったけど、出番が少なくて残念でした。
もとやさん [インターネット(吹替)] 4点(2023-02-22 15:47:10)
13.《ネタバレ》 素直に面白い映画。映像は綺麗で主役2人は美しい。話はシンプルでそれなりに泣かせる。エイリアンの造形や異文化のアイデアもなかなか新鮮だと思った。とはいえあざといし評価基準が西洋中心な臭みはあるんだけど、けっこう頑張ってる。

悪役の唱える自己正当化、ヒロインの完璧さ、主人公の成長物語(?)、一応ちゃんとしてる。複雑なようで明快なストーリー、伏線の回収的なこともやっている。しかしこの映画は興行的に失敗してるんだよね。フランス映画史上最高の制作費で大成功を目論んだのも無理はない。そして失敗した理由も明白だ。

デイン・デハーン演じる主人公は序盤で仲間を見捨てる。単に必死で逃げただけだが、作戦の犠牲者に対してその後何の反応もなくチャラい展開を平然と続ける。ここに引っかかる人は多いはずだ。「ゲスで有能でチャラく見えるが実は本質はわかってる奴」のキャラのはずが、こいつ単に駄目な奴じゃね?に見えてしまう。

序盤の異次元旅行も新鮮だし色々と魅力はある。が、主人公の役名をタイトルにして肝心のその主人公のキャラクターに疑問を抱かせる展開を序盤で見せてしまうのはどう考えても悪手だ。思うに、リュック・ベッソンはいつも何かが欠けている。その欠損が目立たない時は成功するし前面に出れば失敗する。彼にはその理由がわからないだろうね。なぜなら「自分にないものの存在」なんて知覚できないから。

ひとつ擁護したいのは汚し表現。洗ってない髪はベタベタするし顔も服も汚れるし傷はすぐには治らない。これSWやMCUがいつも忘れるところ。これだけで一つ点を上げとく。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-12-12 22:56:42)
12.要するにコレって、「オモシロい」んだろか。
ってなコトを思う気持ちも映画早々に消え失せてしまい、もう明らかに、オハナシそのもので面白がらせようなどという気持ちは作り手の方にはサラサラ無くって。そりゃま、最後まで観ればそれなりに「ほ~」と思わせる要素も無い訳では無いですが(無いに等しいけど)、どっちかというとオハナシなんてそっちのけ、せっかくCG使いまくるんだから何でもデキちゃうんだよね、とばかり、脈略がないと言ってよい程に様々な事象が画面に現れ続け、様々な光や色彩が画面に溢れ、それを(楽しめる人は)楽しむ、というタイプの作品でしょう。そこは『フィフス・エレメント』よりも徹底しています。
なので、理屈抜きに発生する様々な変容(エイリアンのダンサーのコスチュームが変わるとか、風貌が変わるとか、しまいにゃ砂みたいになっちゃうとか)が、どれだけ我々の意表をつけるか、が腕の見せ所なのでしょうが、正直、『アバター』等々の後では既視感の枠から抜け出せておらず、ついでに宇宙船のフォルムがファルコン号のパクリにすら見えてきてしまって(笑)、いやはや、なかなかムツカシイですなあ。
軽いノリの主人公が繰り広げる陳腐な冒険譚を通じ、我々の前にぶちまけられる既視感混じりの映像の数々。これもまあ一種、広義のポップアート、といったところでしょうか。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-03-01 07:15:57)
11.《ネタバレ》 それなりに面白いんですが、争いを好まないパール人は良い人で
地球人は争ってばっかりで悪い人よくあるお話で単純すぎる。
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-09-20 22:43:03)
10.(スターウォーズ + アバター) X リュック・ベッソン = ヴァレリアン
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 5点(2019-09-18 12:43:35)
9.《ネタバレ》 なんか中身のない映画だったなー。肝心の映像の方も色んな映画の寄せ集めみたいで、何から何までダサいですし。正直観る価値はなかったかな。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2019-07-18 23:57:06)
8.《ネタバレ》 リュックベッソンのファンなんで、観ました。

リュックSFの「フィフス~」も後からジワジワ~と来て、結局DVD買っちゃいましたもん♪
多分、この映画も手に入れることになるんじゃないかな?(笑)

バンドデシネが原作なんだね。これは原作もなんとか読んでみたい。
近くの漫画ミュージアムに購入してもらうかな?

映像が派手な割に、話はシンプル。
1人の司令官のミスで、一つの惑星を破壊しちゃったって・・、そりゃあかん!
この二人のコンビがいいよね。話の決め手は相方の女性だった。
この二人なら、SFじゃなくても、結構面白そうなストーリー出来そうな感じもします。
リュックベッソン、手落ちなし。
ユーモアも交え、ラストは愛で締めくくります。い~よね~。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2018-12-01 23:40:41)
7.《ネタバレ》 「見た目に楽しい」映画でしたね。
なんというか、いろんな宇宙人さんたちが出てきて、巨大宇宙船の中もいろんな世界があって。
無国籍・多国籍なヴィジュアルは「フィフス・エレメント」にも通じるものがあり、
リュックベッソンはこういう感じがお好きなんだろうな。
序盤のVR空間と現実世界での戦いみたいなのはちょっとよくわかんなかったですけど(笑)、
謎の機器や生き物オンパレードの世界でもストーリー自体は平易でわかりやすかった。
洋服の衣替えを聞いてきたり王様に昼飯を捧げに行くあの宇宙人たちは結構ツボでした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-09-19 15:41:54)
6.《ネタバレ》 ハービー・ハンコック?! に、リアーナ! という驚きはさておき何を訴えたいのかがわからない映画でした。ヴァレリアンは主人公の名前か、タイトルにする必然性を感じない。ローレリーヌちゃんがただただ可愛くて、それを愛でる映画でしょうかね。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-09-09 02:05:04)
5.《ネタバレ》  特に「いち早く見なくちゃ!」ってほどでもなかったのですが、TOHOシネマズ日比谷のIMAXに、東京ミッドタウン日比谷オープン日よりも2日早く入れるって事で。ミッドタウンの内覧会を招待客と同じ扱いで見学できる(中に入っちゃえば招待客と映画の観客の区別無し)のがポイント。

 リュック・ベッソンのSFときたら、その底抜けっぷりを楽しんでナンボって気がしないでもなく、その点ではかなり純度の高いベッソンっぷりだったのですが、でも思ったよりもフットワークの重い、鈍重な映画って印象を抱いてしまって。日本語タイトルと予告編から、主人公がひたすら千の星々をガシガシ救いまくる映画だと思ってたんですよ。ところが実は「千の惑星の救世主」じゃなくて、「千の惑星の民族が棲みついている宇宙ステーションの中に忍び込んだかつて栄えた1つの惑星の民族の救世主」で、話ほとんど宇宙ステーション内。いや、ステーション自体がとても広くて色んな風景があるんですけどね、ズートピアみたいに。でも、前半延々遭難した主人公の探索、後半延々さらわれたヒロインの救出って、本題から離れたエピソードが続くあたりの脇道が多いRPG感ときたら。そこそこ尺の長い映画ですが、本筋だけ追ったら上映時間半分もかからない程度のハナシ。

 ビジュアル的には色々と可愛らしい?エイリアンが出てくるあたりの楽しさとか、グリグリとめまぐるしい3Dの戦闘シーンとかの見どころはあります。が、どっかで見たようなビジュアルの寄せ集めのようでもあり、美しいキレイキレイな美術は、なんつーかラッセンの絵みたいなモンで、私にはあんまり響くモンはないなぁ、と。

 でも若い頃のディカプリオみたいなデハーンはいいです。彼が映ってる間は画面にキレがあります。キレイなのは美術よりも彼の存在だったかも。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2018-04-10 21:15:12)(良:1票)
4.《ネタバレ》 何も期待していなかった分かなり良かった。冒頭のデイヴィット・ボウイの曲のがすごい残る。ストーリー敵にはパール人がいい奴すぎて最後は失速してしまった感はある。途中の星の任務のほうが盛り上がった。続編があれば観たい。
ぷるとっぷさん [映画館(字幕)] 7点(2018-04-08 22:52:35)
3.《ネタバレ》 『フィフス・エレメント』がお気に入りの映画なので、今回も期待して鑑賞。平凡すぎるストーリーと映像だったが、キュートなヒロイン、個性的な歌姫、コメディ、メッセージ性といった“らしさ”はあった点は良かった。途中、太った種族を殺しまくる大立ち回りシーンがあったが、あそこはトムとジェリー的な追いかけっこ仕立ての方が良かったと思う。交渉する術がない程に排他的とはいえ釣った獲物を食べようとしただけなのに、主人公たちが脱出するからと皇帝から何から一族皆殺しという司令官と同じことをやっては、異人種・異文化に非寛容=パール人虐殺というテーマが霞んでしまう。
リンさん [映画館(字幕)] 5点(2018-04-06 11:18:17)(良:1票)
2.ベッソン✕SFと言えば「フィフス・エレメント」という前例があるので、全く期待してはいなかったが、これは意外と楽しめた。

まず、惑星間を駆け抜けて活躍する男女の捜査官という設定からしてスケールがあって楽しいし、相当金がかかっていると思われるCGが物凄くて、異次元な世界観にひたすら浸る事が出来る。

サイバーパンク的な仮想世界とかもあったりして複雑なんだけど、そういった設定に一切説明が無く、いきなりその世界に放り出される感じは初めてプレイするゲームのようでもある。

ただ、ちょっと残念な点は主役にあまり魅力を感じなかったのと、宇宙の捜査官なのに行動が軽い点。あと服装がダサい点(笑)
ヴレアさん [映画館(吹替)] 7点(2018-04-03 00:13:05)
1.《ネタバレ》 寺沢武一のコミック『コブラ』を彷彿とさせる人間と多惑星人が共存する未来世界を舞台に、ヤング・ジェームズ・ボンド的な連邦エージェント“ヴァレリアン”と相棒“ローレリーヌ”が文字通りスクリーン狭しと駆け回る!スペースアドベンチャー映画。

ボンド映画を例えに出したのは、ストーリー展開がきっちりと型にはまっていて受け入れ易く、適度なユーモアがあり、結末も期待に違(たが)わないからだ。『フィフスエレメント』での反省点を活かしてだろうか、観客に面白さがちゃんと伝わるストレートな物語となっている。
その副作用で既視感と言うか…どこかで見たようなシーンも多いのだが、ヨーロッパの色鮮やかな絵画を見ているようなVFXのビジュアルが素晴らしい為、細かい欠点など帳消しにしてしまった。

見終わって思ったのは、現ハリウッド娯楽大作的な戦闘や破壊をこれでもかと見せる過激な映画ではなく、賑やかではあるが美しい物語を鮮やかにスクリーンに描きたいというベッソン監督の思い。それが伝わってくる映画だった。

良くも悪くもバンド・デシネ。もう一度 今度はIMAXで観たいな。

2018.10.05 追記
制作費のかけ過ぎで、興行的には惨憺たる結果に終わった今作。
名作とは言いませんが、シリーズ人気に甘んじた某SFシリーズEpisodeVIIIより真っ当な映画だと・・昼間、テレビで気楽に見るには最適な楽しい映画です。
墨石亜乱さん [映画館(吹替)] 8点(2018-04-01 18:09:17)(良:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.62点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
4212.50%
5637.50%
6212.50%
7318.75%
8212.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS