ナイトメア・アリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > ナイトメア・アリー
 > (レビュー・クチコミ)

ナイトメア・アリー

[ナイトメアアリー]
Nightmare Alley
2021年【米】 上映時間:150分
平均点:6.29 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2022-03-25)
公開終了日(2022-06-22)
ドラマホラーサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2022-03-09)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2022-06-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギレルモ・デル・トロ
キャストブラッドリー・クーパー(男優)スタントン・"スタン"・カーライル
ケイト・ブランシェット(女優)リリス・リッター博士
トニ・コレット(女優)ジーナ・クルンバイン
ウィレム・デフォー(男優)クレメント・"クレム"・ホートリー
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)エズラ・グリンドル
ルーニー・マーラ(女優)メアリー・エリザベス・"モリー"・ケイヒル
ロン・パールマン(男優)ブルーノ
メアリー・スティーンバージェン(女優)フェリシア・キンボール
デヴィッド・ストラザーン(男優)ピーター・"ピート"・クルンバイン
東地宏樹スタントン・"スタン"・カーライル(日本語吹き替え版)
塩田朋子リリス・リッター博士(日本語吹き替え版)
藤貴子ジーナ・クルンバイン(日本語吹き替え版)
内田直哉クレメント・"クレム"・ホートリー(日本語吹き替え版)
安原義人エズラ・グリンドル(日本語吹き替え版)
廣田行生ブルーノ(日本語吹き替え版)
金尾哲夫ピーター・"ピート"・クルンバイン(日本語吹き替え版)
斎藤志郎少佐(日本語吹き替え版)
脚本ギレルモ・デル・トロ
撮影ダン・ローストセン
製作ギレルモ・デル・トロ
ブラッドリー・クーパー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
衣装ルイス・セケイラ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.欲が深いと身を滅ぼし、巡り巡って末路がコレ。
TERUさん [インターネット(字幕)] 5点(2022-07-29 22:27:05)★《新規》★
6.《ネタバレ》 ギレルモ・デル・トロ監督によるサスペンス・スリラー。人の闇をえぐる独特の世界。もう一度観る。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2022-04-24 01:27:11)
5.《ネタバレ》 「因果応報」という言葉を150分かけて丁寧に説明した、ぴのづかさんのご指摘の「まともか!」がぴったりの映画でした。
観る前に事前情報をなるべく入れないようにしていた小生は、前半の見世物小屋の場面では、その始まりからして不条理な感じが続くので、いつもの悪趣味(失礼!)デルトロファンタジーワールドが一体いつ炸裂するのかと、ワクワクしながら見ていたのですが、肩透かしでした。
終わってみれば、前半は、詐欺師がその腕を獲得する経緯の説明でしかなかったわけで、ウィレム・デフォーをはじめとするくせのある役者さんがみんな揃ってここで退場、ってのは残念でした。
全体的には面白い話ではあったんですけどね、ちょっと期待とは違ったかな。

そんなことよりも思ったこと。ルーカスとスピルバーグとパラマウントの重役さんは是非、ブラッドリー・クーパー主演、デルトロ監督で、インディ・ジョーンズを今すぐにリブートして!お願い!!あの帽子と時代背景がここまで似合う俳優さんを、ハリソン・フォード以来、初めて見た気がする。クーパーも、そこまで若くないから、時間はあまりないよ!
Northwoodさん [映画館(字幕)] 7点(2022-04-20 00:21:33)
4.《ネタバレ》 うーん…見世物小屋のアレコレで始まる前半、そして後半もちょいオカルト風なので、確かに多分に怪奇幻想な雰囲気も醸しては居るのですケド、本質的には本作は詐欺師系統のサスペンスで、かつその内容もごくチンケなヤツなのですよね。個人的にもどちらかとゆーと確かに、こーいうごくマジメで(テンポその他諸々)かなり重めの長尺に仕上げるよりは、ブラック・コメディ含みでテンポ好く纏めた方がイイ感じになったのではないかな…と思います。少なくともやはり、150分掛けてやるよーな内容ではなかったかと。

とは言え、ラスト付近の劇的な展開(からのアイロニックなオーラス)とかも率直に好かったと思いましたし、俳優のみっちりした演技もどれも優れたモノだったと思います(今作もやはりケイト・ブランシェットは圧巻でした)。観て損をする、という作品とは間違い無く違いますかね。
Yuki2Invyさん [映画館(字幕)] 6点(2022-04-02 18:47:40)
3.評価が難しい映画ですね。すごく目が惹きつけられる場面が多いものの、退屈してしまう場面も多くあります。退屈なのは2人の会話が長く続いたりする箇所が多いでしょうか。きっと撮影現場では程よい緊張感の中で、役者同士の切磋琢磨している姿が思い浮かべられますが、それが面白さに直結していない。音楽にもありますよね。演奏するのが楽しい曲でも、必ずヒットするわけではない。そんな状態になっていた気がします。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2022-03-30 22:38:02)
2.《ネタバレ》 原作未読。昔からよくある教訓のある寓話って感じですね。強すぎる上昇志向と功名心から身の破滅を招く男のお話。ミゼットと感電ショーをする美女や怪力男やギーク(獣人)の見世物小屋などがある怪しくいかがわしいカーニバル一座。猥雑で禍々しくもありながらノワールでダークな世界観と相まって魅惑的で見ごたえがありました。そこの座長が飾っているホルマリン漬けにされた胎児のコレクションなんかはいかにもデル・トロらしく、随所にらしさはありましたね。その中でインパクト十分な第三の目を持つ「エノク」は全てを見ているような存在でもあり、破滅の象徴のようでもあり、いろいろな解釈が出来るかな。才能がありチャンスに恵まれ、愛してくれるパートナーにも恵まれるも、さらなる栄光を欲した男スタン。相手の力量を見誤り陥れられ転落していく様は憐れでしたがいい落ちでした。その役回りの精神科医リリスを明らかにナニか持ってそうなケイト・ブランシェットが演じていたのもハマっていて良かったです。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 7点(2022-03-30 19:00:03)
1.《ネタバレ》 デル・トロがこんなまともな映画を撮るようになったのが一番の驚きかな?「シェイプ・オブ・ウォーター」に引き続き2度目を狙っているのか?読心術である事は明らかだが、これをスピリチュアルな能力と信じてしまう人が当時はそれなりに偉い人にもいたと言う事か。まぁ今でもいるけど。心理学者との腹の探り合いは結構面白かったが、大満足とまではいかないのは「そう来たか!」と言うような意外さがなかったからかな?一番の驚きが「まともか!」ではねぇ。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2022-03-26 18:43:21)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.29点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5114.29%
6342.86%
7342.86%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2021年 94回
作品賞 候補(ノミネート) 
撮影賞ダン・ローストセン候補(ノミネート) 
美術賞 候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ルイス・セケイラ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS