ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 シ行
 > ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争

[ジャンリュックゴダールユイゴンキミョウナセンソウ]
FILM ANNONCE DU FILM QUI N'EXISTERA JAMAIS : « DRÔLES DE GUERRES »
2023年スイス上映時間:20分
平均点:3.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2024-02-23)
ショート(短編映画)
新規登録(2024-05-05)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=リュック・ゴダール
出演ジャン=リュック・ゴダール
脚本ジャン=リュック・ゴダール
配給ファインフィルムズ
コムストック・グループ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 ゴダールの遺作。
見に来ていた一人客の中に、とんでもなく綺麗な女性がいた。
ゴダールの遺作には綺麗な女性がよく似合う。

20分の短編ではあるが、本作でも戦争に対する強い執着を感じた。
映画というより静止画の連続で構成されており、紙芝居のような展開をみせる。
ゴダールにしか作れない世界観で実に斬新、実に訳がわからない。
この斬新さ、訳のわからなさこそがゴダールだ。
他の人には決して作ることのできない映画世界。
それはもはや面白いとかつらまないとかの価値観から逸脱している。

最後の最後でゴダールは強烈な作品をのこした。
にじばぶさん [映画館(字幕)] 3点(2024-05-06 02:56:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
31100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS