おいしい生活のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おいしい生活
 > (レビュー・クチコミ)

おいしい生活

[オイシイセイカツ]
Small Time Crooks
2000年【米】 上映時間:94分
平均点:6.32 / 10(Review 50人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-10-20)
コメディ犯罪ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-08-03)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
助監督リチャード・パトリック〔助監督〕(第1助監督)
キャストウディ・アレン(男優)レイ・ウィンクラー
トレーシー・ウルマン(女優)フレンチー・ウィンクラー
ヒュー・グラント(男優)デビッド
エレイン・メイ(女優)メイ
ジョン・ロヴィッツ(男優)ベニー
マイケル・ラパポート(男優)デニー
エレイン・ストリッチ(女優)チー・チー・ポッター
ダグラス・マクグラス(男優)弁護士
納谷六朗レイ・ウィンクラー(日本語吹き替え版)
安達忍フレンチー・ウィンクラー(日本語吹き替え版)
宮寺智子メイ(日本語吹き替え版)
宮本充デビッド(日本語吹き替え版)
小野健一デニー(日本語吹き替え版)
岡和男トミー(日本語吹き替え版)
後藤哲夫ベニー(日本語吹き替え版)
小島敏彦チャールズ(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子チー・チー・ポッター(日本語吹き替え版)
伊藤和晃ガース(日本語吹き替え版)
脚本ウディ・アレン
撮影チャオ・フェイ
製作ジーン・ドゥーマニアン
ドリームワークス
製作総指揮レッティ・アロンソン(共同製作総指揮)
チャールズ・H・ジョフィ(共同製作総指揮)
ジャック・ロリンズ(共同製作総指揮)
配給ドリームワークス[US]
ギャガ・コミュニケーションズ
美術サント・ロカスト(プロダクション・デザイナー)
トム・ウォーレン[美術](アート・ディレクター)
編集アリサ・レプセルター
字幕翻訳古田由紀子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
あらすじ
さえない亭主のレイ。今の平凡な暮しに耐えられず、何とか一攫千金を得ようと夢見る日々。そして思いついた銀行強盗。自画自賛のアイディアは何とも情けないもの。それでも仲間と強行したところが、カモフラージュに開店した愛妻フレンチーのクッキー屋の方が大成功。あれよあれよとセレブの仲間入り。夢の大金持ちになったその先に待っているのは?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
50.最初の30分で終われば名作コメディになっていたかもしれません。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 2点(2017-07-18 21:17:17)
49.成金の教養コンプレックスを茶化しているようで、実は反知性主義を主張しインテリ批判を展開しているのかな。が、深読みするとその反知性主義を自虐的に茶化しているようにも受け取れるし。と、面倒な事は考えずに、「似た者同士で仲良く暮らせよ」というシンプルなメッセージと思えばいいのかと。
東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 6点(2016-03-09 10:44:09)
48.二度目の鑑賞、成金の最悪のセンスとか(緑のシャツに青いスーツ、など)に腹を抱えて笑ってしまいます。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-01 15:37:53)
47.前半のアレンと強盗仲間達のやりとりはかなり笑えます。偽装のはずのクッキー屋さんが意に反し大繁盛してしまうくだりも可笑しい。しかしクッキーで大成功を収めて以降の後半が失速気味。

うわべだけの知識で取り繕い着飾るインテリもどきや、金だけが繋がりの人間関係を軽いタッチで皮肉るあたりはアレンらしいのですが、いつもよりかなり薄味。

前半の登場人物が後半に活きてこないのも残念。(秘密をすぐにばらしてしまう、店員に雇った親戚とか笑いドコロで使えそうないいキャラだったんですが、後半は普通のおばさんになっちゃいました)

それでもテンポの良さは健在だし、俳優アレンが出ているアレン映画はやはり楽しい。脚本家アレンの台詞を一番面白おかしく喋くってくれるのはやはり俳優アレンなのです。
とらやさん [映画館(字幕)] 6点(2012-08-01 16:06:08)
46.たった一時間半に詰め込まれたお馬鹿夫婦の紆余曲折物語。馬鹿も、真剣にやっている馬鹿と、馬鹿っぽくやっている馬鹿とでは雲泥の差があるわけですが、ウディ氏が演じているクソ真面目な馬鹿は笑って観ていられます。日本の漫画でもありそうな、わかりやすく明解な人物設定であるがゆえ、“偶然的な出来事”をくっつけてゆけば延々2人の物語を続けてゆけそうな構造です。シリーズ化さえ出来てしまいそうです。自分たちの真面目な意思や思惑が真剣になればなるほど、加速度的に真逆に転がっていく様に、人間の愚かさと可笑しさがコミカルに描き出されています。また、終盤に物語が進むほどに、やることなすことすべてが身の丈にあっていないのが、比喩して衣装にも描かれだされ、それもまたすごく滑稽で良い。ただ、おいしいけど灰汁の強い後味の悪さもまたウディ映画の特徴です。
ボビーさん [DVD(吹替)] 7点(2012-03-13 23:28:48)
45.《ネタバレ》 いつもはインテリっぽいキャラが多いアレンが、久々にドジな小悪党を演じているのが楽しいです。トレーシー・ウルマンとの夫婦漫才はこれまたふたりの息がぴたりと合っていて見事なもんですが、今回はアレンの“役者としての芸”を堪能させていただきました。ただ前半クッキー屋が繁盛し出すまで30分で次の展開とはあまりにもテンポが速すぎで、残りの1時間が打って変ってモタモタしてるので余計にバランスが悪いことになってしまった感じです。予定調和がとれた様な終わり方も、この当時の他のアレン作品にも当てはまるけどマンネリ気味でした。アレンはこの後スカーレット・ヨハンソンを起用してヨーロッパで撮るようになり作風が変わってきましたが、自分でもマンネリ化を意識してたんではないでしょうか。
S&Sさん [DVD(字幕)] 4点(2011-10-09 20:26:25)
44.ウッディ・アレンの映画の中でも特に軽い部類に入る。強烈な皮肉が利いていない分、誰にでも観やすい映画だと思うが、観終わった後も特に印象には残らない。人間の幸福にとっては、お金が全てじゃないよね!?というメッセージがあるにはあるが、その場その場のドタバタコメディの要素のほうが強い。ニヤリとクスリの積み重ねでラストまで引っ張っていくタイプの映画だ。上映時間が短いのが奏功している。
もっとアクの強い笑いが好きな僕には少し物足りなかったが、これでも楽しめてしまうのだからアレンの映画は止められない。
枕流さん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-06 11:14:33)
43.好きなストーリー。
りえりえさん [DVD(吹替)] 7点(2010-01-23 23:36:44)
42.アレン映画にはまるきっかけでした。毒を撒き散らしているようで笑えます。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 8点(2008-08-11 07:35:45)
41.成り行きを見守るだけの内容。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 2点(2007-06-26 19:00:27)
40.深く読めばいろいろあるのだろうが、単純に笑えて面白かった。あんなクッキーで大金持ちになれるところからしてアメリカ社会の皮肉に思えた。
HKさん [地上波(字幕)] 8点(2007-02-22 00:03:31)
39.《ネタバレ》 店の名前からこの邦題まで、皮肉たっぷり。笑ってるのになぜか少し腹が立ったり悲しくなったりした。クッキー屋が繁盛する下りが楽しくて幸せなだけに、成金になってからの物悲しさ、空しさがより一層深まる。よく練られた脚本だと思う。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(字幕)] 7点(2006-11-27 02:01:16)
38.《ネタバレ》 設定・キャスティング・ストーリーともに素晴らしく、アレンとトレイシー・ウルマンの掛け合いも非常に息があって面白かったです(銀行強盗を働こうとしている場面は完全にコントでしたね。)。

 見終わった後クッキーが欲しくなりました。
TMさん [DVD(吹替)] 8点(2006-11-04 20:07:55)
37.結構楽しめた。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-09-06 20:42:49)
36.《ネタバレ》 アイディアやテーマなどは面白いけれども、その素材の良さを活かさずに、全く面白く調理されていない作品。
捻りもなく、唸らされる深さもなく、アレン監督作としては物足りなく、彼の作品群の中で悪い部類に入るのではないか。
面白くない理由として、まず、テンポが悪すぎると思う。
動きのある銀行強盗ネタを開始30分ほどで早々に切り上げてしまったため、後半が完全に間延びしてしまっている。
銀行強盗は、本作のテーマとはあまり関係ないただの導入部分に過ぎないのかもしれないが、もう少しクッキー屋が繁盛するのと共に、銀行強盗が上手くいかない様子を対照的にじっくりと描いた方がコメディ作品としては動きが出て面白かっただろう。かなり端折ってしまったために、ようやくトンネルを掘り進めたのに、その先には…という面白さが感じられない。繁盛しているクッキー屋なのに、とんでもない音がしたり(クッキーを焼いている音とか誤魔化しているシーンはあったけど)、泥だらけのアレンが場違いなセリフを言って笑わせたりと、もっと展開を広げられそうだった。
また、中盤部分は、もっと金持ち成金主義を皮肉を込めて、さらに毒気を強めて描いた方が良かったのではないか。おぞましいほどのセンスのなさ、組み合わせの悪さ、教養のなさをもっとコミカルに描いた方が面白い。こういう場面では、甚だしいまでの勘違いっぷりを描かないと引き締まらないだろう。あの程度では全然生ぬるく、手ぬるいと思う。
そして、肝心の「お金ではなく、本当の幸せとは何か」ということにお互いが気づくまでの過程がイマイチすぎないか。
お金では品格もセンスも愛も買えない。でも、お金がなくても幸せな生活というのがあるんだよという強いメッセージが伝わってこなかった。
せっかくいいテーマだけにもったいない。オチは悪くはないとは思うが、そこに至るまでの過程がきちんと描ききれていないので、観客にはあまりピンと来ないと思う。
やはり、アレン作品としては、ストーリーに深みがなく、脇役もあまり活きていない。脚本も含めて、ちょっと手抜き作品に感じる。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 4点(2006-08-17 22:18:33)
35.笑いのセンスが合わないとはこのことらしい。間の悪い、不出来なコントを延々見せられてる感じだった。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 1点(2006-05-26 09:09:30)
34.良くも悪くもウッディ・アレン。相変わらずオシャレだし、相変わらずオシャベリだし。マシンガンの如く台詞がコボレ出るところは、彼の真骨頂?
ただし、万人受けはしないと思うなぁ。毒気が抜けて来たことで気になるのは、新たなファンを増やすのか、それとも昔っからのファンを失うのか?
ぽこた(ぺいぺい)さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-04-26 23:43:40)
33.私の中で特筆すべきはエレイン・メイ! 激キュートです~。
ジマイマさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-08-20 13:20:06)
32.後半が残念。
ゆきむらさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-08-07 17:30:15)
31.素晴らしいダメ亭主だウディ・アレン^^ 薄い頭が風になびいてしまってるよウデ・アレン^^; そこいらにいるジジイとなんら変わりないじゃないかよウディ・アレン^^; しかし、いかにもひ弱なくせして奥様には威張ってらっしゃるウッディじじい(≧∇≦) そして結局ナンダカンダと言いながらも亭主から離れて行かない恋女房。素晴らしいじゃないのさ☆彡 まさに微笑ましいラブコメディーだっただに~。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-08-06 17:16:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 50人
平均点数 6.32点
000.00%
112.00%
224.00%
300.00%
448.00%
5612.00%
61326.00%
7918.00%
81224.00%
924.00%
1012.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2000年 58回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)トレーシー・ウルマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS