誘惑のアフロディーテのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 誘惑のアフロディーテ
 > (レビュー・クチコミ)

誘惑のアフロディーテ

[ユウワクノアフロディーナ]
Mighty Aphrodite
1995年【米】 上映時間:95分
平均点:5.93 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-12-14)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-13)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
キャストウディ・アレン(男優)
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)
ミラ・ソルヴィーノ(女優)
マイケル・ラパポート(男優)
ピーター・ウェラー(男優)
クレア・ブルーム(女優)
オリンピア・デュカキス(女優)
ジャック・ウォーデン(男優)
F・マーレイ・エイブラハム(男優)
ポール・ジアマッティ(男優)
ジェフリー・カーランド(男優)
脚本ウディ・アレン
編曲ディック・ハイマン
撮影カルロ・ディ・パルマ
製作ロバート・グリーンハット
製作総指揮ジーン・ドゥーマニアン
ジャック・ロリンズ
美術サント・ロカスト
トム・ウォーレン[美術]
衣装ジェフリー・カーランド
編集スーザン・E・モース
字幕翻訳古田由紀子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
ディック・ハイマン(指揮)
あらすじ
レニー(W・アレン)と妻のアマンダ(ヘレナ・B・C)の間には、養子で、生まれて間もない頃から大事に育てていたマックスと いう男の子がいるのだが。そのマックスが、とても賢く、素直でハンサムで、何も言う事なしに育ってしまったおかげで、ある日、 レニーは急にマックスの実の母親が知りたくなり、そして、苦労の末とはいえ、よせばいいのに、彼女を探し出して会うことに・・。  ところがだ。その母親・リンダ・アッシュとは・・・・・・? 
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.声質って大切な要素だな~と思い知らされました。ヒロインの声のことです。このキャラクターにばっちりハマッてました。もちろん顔もいいですけど。ウッディ・アレンって、脚本がうまい、映像が美しいとか褒められますけど、配役のうまさもありますよね。「それでも恋するバルセロナ」とか「ギター弾きの恋」とか「おいしい生活」とか、いつも「いい人選ぶなあ」と感心します。人をよく見てるってことなんでしょうね。
バーグマンの瞳さん [地上波(字幕)] 7点(2013-08-10 00:17:02)
29.アフロディーテとは、「愛と美と性を司るギリシャ神話の女神」であり最高の美神であるとのこと。つまり本作はアレン流のギリシャ神話の現代風リメイク?といったところでしょうか。

挿入される作品の語り部のような存在であるギリシャ神話の神々はアレン以外の登場人物とほとんど絡むことは無く、作品の中では微妙な存在のような気もしますが、彼らの存在が作品を分かりやすくしてくれたのでしょう。

いつもの自虐的で神経質な皮肉屋アレンは抑え気味で物足りなさも感じますが、アレンの優しさが感じられる作品でした。それでも、互いの実の子と対面するラストと、「人生とは皮肉なもの。奇想天外で悲しくて素晴らしい。」という本作の最後の台詞にはやはりアレンらしさが出ていましたね。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2013-03-03 15:12:12)
28.ウディ・アレン監督主演のハートウォーミング・コメディ。
アレンは相変わらずの早口おしゃべりで、役者としてはどうかと思うが、ストーリーは題材も内容も面白い。
古代ギリシャ劇のコロスたちを舞台演劇風に織り込んだ演出には、最初ギョッとしたけど、アイデアとしては悪くない。鑑賞していくなかで、不思議と味が出てくる。
ラストは決しておしつけがましくなく、ちょっと感動、ちょっとハッピーになれるそんな映画。アレンの才能を再確認+ヒロインの女性がやたらかわいかった。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 7点(2013-01-27 06:20:31)
27.《ネタバレ》 アレン作品にしては見やすい方だと思ったが、それは、再三登場するインチキ神々のインパクトが、そのアクの強さを薄めているからだろう。ただ、この人のほかの作品でもよく感じる、見終わってからの「だから何なんだ」感は、やはり否定できない。
Oliasさん [地上波(字幕)] 4点(2012-11-06 23:38:13)
26.ウディ・アレン自身は苦手です。しかし、どういう訳か?ウディ・アレンの映画は嫌いではない。特別好きというほどのものでもないけれど、ここでもまた女優陣、二人の女優の魅力的なこと!話そのもののちょっした面白さよりも女優陣の魅力だけで最後まで観てしまうぐらいである。どちらかというとウディ・アレン映画の中では評価も低めぽいけど私は楽しむことも出来たし、低い点数は付けられない。欲を言えば話の面白さがもっとあればとは思うけど、普通に楽しめたので7点ぐらいは付けても良い。 それにしても毎度感じるのだが、この監督は監督だけしていればもっと良いのに。そして、いつもながら女優陣を魅力的に描くことが本当に上手い。
青観さん [ビデオ(字幕)] 7点(2011-07-17 19:12:32)
25.《ネタバレ》 ウディ・アレンもの鑑賞2作目です。確かに変なカッコで、かつミュージカル調で説明してくれる人たち(神…なんですか?)にびっくりしましたが、後半は慣れてきたせいか(笑)楽しく鑑賞致しました。まあ、しかし、ミラ・ソルヴィーノはカワイイですねーー 結構ドギツイお下品台詞も連発ではありましたが、個人的には好きな内容でアリマシタ。
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-09-04 19:17:33)
24.《ネタバレ》 神話劇について行けなかったです。
そのため、ウッディ・アレンさんの作品の中では評価の低いほうです。
ミラ・ソルビーノさんがとっても可愛い♪
高い声がとってもキュートでした。
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-08-30 21:30:36)
23.《ネタバレ》 まあ失敗作だと思います。でも彼はほかにも失敗とかイマイチが山のようにありますから、そんなにおどろきません。私の中ではいまだに「アニー・ホール」が最高傑作なので、あれを超える作品はもう生きているうちに作らない可能性が高いです彼は。
そう思いつつやっぱり見てしまうアレン作品ですが、すでに裏切られる確率がかるく半分を超えている。でもいちおう見てしまうので本当に悪い男です。
ミラ・ソルヴィーノはこの後ガタイの良さで売ることはなく、もっともっと痩せて神経質お嬢さん系の役などが多くなります。そいう意味でここでの役は稀少価値がある。
コロッセウムのボロボロ衣装をまとった人々は、これだけの回数出すのならボロボロ衣装ではイカんかった。そのボロさに飽きる。見て楽しいということがない。「また出たか」で終わってしまう。
アレンは彼らを自分の引き立て役と考えていたようですが、本作では引き立てるほど彼自身が光っていない。お互いにボロい感じになっているというトホホ。
あとなあ、性根の優しい娼婦幻想は私はいただけないんだよなあ。こないだ「リービングラスベガス」を見たばかりでうんざりだし。
自分が出るならとことん自分が光らないとコケてしまうというのがウッディ・アレン作品の特徴でしょうか。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-05-06 15:12:37)
22.《ネタバレ》 こういうシチュエーションコメディ好きです(オチはちょっと強引でしたが)。子供が養子、倦怠期の夫婦で妻が事業を始めたがっている等他のアレン映画に共通する設定ですが、今作はそこを巧みに脚本に織り込んでいて楽しい仕上がりになっています。ギリシャ演劇のコロスを狂言回しに使うアイデアが楽しかったです。心優しい娼婦兼AV女優を演じるミラ・ソルヴィーノは可愛かったなあ。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-04-20 23:36:23)
21.オチのためだけの内容。
カラバ侯爵さん [地上波(字幕)] 1点(2007-08-11 11:13:34)
20.《ネタバレ》 コメディタッチで非常に面白い作品なんですが、テーマは中々重いですね。まあ、世の中普通に見える事でも実はいろいろあったりするし、知らないほうが幸せな事もあるということなんでしょうね。
 ただ、時間が短い作品のため最後の方の話の展開が駆け足になっていたのが少し残念でした。
TMさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-08-13 12:11:09)
19.おいしい生活でも感じましたが、彼の人生観が以前と比べてとてもやさしくなっていると思います。登場人物の描き方も愛が感じられるし、自虐表現も息を潜めています。映画の結論である人生は皮肉だということにも、以前の作品であればそれを悲観的にとらえていましたが(しぶしぶ、最後にはあきらめますが)最近の作品にはそれを許容できるやさしさがあると思います。
スー・ミー,スー・ユー・ブルースさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-01-14 08:09:17)
18.いきなりのギリシャ神話のシーンには、アレ?たしかウッディ・アレンの映画だったよなぁ、とちょっと目を凝らしましたが、例によってアレンのお遊び。今回のこのお遊びはどうも面白く感じない(個人的に)。でも色々なことに挑戦するからこそ、見た事もないような面白さを作り出せるのがアレンの映画でもある。話の筋はなかなか面白く、アレンらしく人生の、そして恋愛の悲喜こもごもをやさしく描く。そして相変わらずアレンの映画の出演者たちは(今回は新顔がいっぱい)すごく自然な演技でアレンの映画の世界に住んでいる。
R&Aさん 6点(2004-08-10 13:07:25)
17.何ですかこの映画.意味わかりません.ミラさんが綺麗でなかったら,途中で挫折したかも.
マー君さん 3点(2004-06-06 16:43:52)
16.《ネタバレ》 一番印象に残っているのは、ギリシャだかどっかの神々(預言者?予言者?)の復唱。初っぱなから登場してきたときには、目が点になってしまいましたです。はい。彼らはまったくもって謎の存在。まっ、ウディ・アレンの想像(妄想)の産物なんでしょうがね(笑)。「破滅だからやめておけ」とかブツブツ言っているんだけれど、なぜか次第にあの復唱が楽しみになってしまいました。彼らの中で特に忘れられない存在が、盲目の預言者なんたらかんたら(←名前忘れた)。盲目のくせに、妻の浮気現場を見たといい詳細に渡って告げ口をしている。夫のウディ・アレンは盲目だってわかっているくせに、浮浪者(これが預言者ね)の言葉を信じる。万事にわたって、こんな小毒のエッセンスが散りばめられています。まっ、ウディ・アレンものだから(笑)。多少の毒はしょうがないでしょう。そこそこの愛とそこそこの笑いがあればそれでいいんです。ただ、深く考えるとかなりヤバイ。ほがらかに終わるラスト、お互い子どもを連れている、ウディ・アレンとミラ・ソルヴィーノ。お互いに連れているのは自分の血をひいた子どもなのにそれを知らずに褒め合う……。ぞっとしますね。だってあなた、いわゆる不倫の末に生まれた子どもを連れているわけなんですよ。「あら?久しぶり」ってな感覚で世間話ができる神経に私は着いていけません(苦笑)。
元みかんさん 7点(2004-03-24 23:10:32)
15.アパートのドアから顔を覗かせた時のミラ・ソルヴィーノには“ハッ”とさせられた。“キュート”という形容詞がピッタリと当てはまるように感じました。
ウディ・アレン独特の表現法(特にギリシャ神の踊り?)を用いた、味の濃いヒューマンコメディーです。
ミラ・ソルヴィーノだったら、「ロミーとミッシェルの場合」も面白いですよ。
おはようジングルさん 5点(2004-03-22 17:10:31)
14.ストーリーは面白い方だと思うけど、ミラ・ソルビノは可愛いな~。あの高い声も合ってる!ミラの映画は始めて見たけど、これからちょくちょくと見て行こうかなと思った。
アンナさん 5点(2004-03-21 16:23:23)(良:1票)
13.おもしれ~~~~え! って同時に、リンダ、でけーけども、かわいらしい~~い! そして、ウディだって最高に滑稽で~~~
  何だカンダとあって、どのシーンだって好きだわさ。 そして何で みんながみんなハッピーエンドで終わるんだ?終わり方綺麗過
ぎ~!  いやいやいやいや、とにかくとにかくおもろかったです。また何べんだって見たいです。どなかかお一人くらいは同感を。プリーズ・ミー。
3737さん 9点(2004-02-17 23:55:53)
12.才女ソルビノの娼婦役、よかったです。確かオスカー受賞にお父様が涙で喜んでおられたのじゃなかったかな? カランカランと高い声もバッチリで。秘宝インテリア、笑かさんといて~。ハッピーエンドのためにも、何年後の彼ら、再会しませんように。 そうなのですか・・私が英語堪能だったら8点9点!と感動なんでしょうね、きっと、残念。
かーすけさん 5点(2003-11-08 07:51:12)
11.そうなのか・・・英語がわからないからウディの映画が楽しめないのか・・・。ことごとく期待を裏切られ続けてる私。でもミラはほんとにキレイ!かわいい!はじめからそれだけが目的だったから、映画自体はまぁこんなもんかなって感じ。
桃子さん 5点(2003-09-17 15:15:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 5.93点
000.00%
126.67%
200.00%
313.33%
413.33%
5723.33%
6413.33%
71136.67%
8310.00%
913.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1995年 68回
助演女優賞ミラ・ソルヴィーノ受賞 
脚本賞ウディ・アレン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1995年 53回
助演女優賞ミラ・ソルヴィーノ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS