姿三四郎(1943)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 姿三四郎(1943)
 > (レビュー・クチコミ)

姿三四郎(1943)

[スガタサンシロウ]
1943年【日】 上映時間:79分
平均点:6.37 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
アクションドラマシリーズものモノクロ映画スポーツものスポコンもの青春もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-01-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督黒澤明
助監督杉江敏男
キャスト藤田進(男優)姿三四郎
轟夕起子(女優)村井小夜
大河内傳次郎(男優)矢野正五郎
月形龍之介(男優)檜垣源之助
志村喬(男優)村井半助
花井蘭子(女優)お澄
高堂国典(男優)さいづち和尚
菅井一郎(男優)三島総監
清川荘司(男優)戸田雄次郎
河野秋武(男優)壇義麿
小杉義男(男優)門馬三郎
青山杉作(男優)飯沼恒民
瀬川路三郎(男優)八田
中村彰(男優)新関虎之助
津田光男(男優)
原作富田常雄「姿三四郎」
脚本黒澤明
音楽鈴木静一
撮影三村明
企画松崎啓次
配給東宝
編集後藤敏男
その他キヌタ・ラボラトリー(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 活劇的な映像。テンポのあるストーリー。でも、映像・音が悪すぎる。
にけさん [映画館(邦画)] 6点(2019-01-18 07:26:31)
50.肝心の主人公がどこかのチェーン店の店長の風貌で全く強そうに見えない。演技力の問題なのか成長も感じられない。全体的にコメディー的なんだが、笑いがあるわけでもない。「黒澤のデビュー作」という枕詞がなければ歴史に埋もれ、見向きもされない作品に思える。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 3点(2016-06-04 07:34:01)
49.検閲がなければどれだけ面白い映画だったのか。小津安二郎が「100点満点中120点!おめでとう!」と喝采したほどの映画がこのような形でしか残っていないのは本当に残念だ。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 6点(2016-05-24 08:35:12)
48.2015.05/09 鑑賞。なんと映像・音声の悪さ。日本語字幕が欲しい。でもカメラフレーム、台詞の間、脚本(少し甘いが)等、良いし、日本人の本質的な愛(情)のあり方を示しているように感じられた。師弟愛・仲間愛・異性愛・親子愛等々。監督一作目らしいがその後の活躍の一端を感じる。製作年を考え+1点。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-05-09 20:40:34)
47.《ネタバレ》 かなり検閲されカットされてしまっているようで残念ですね。つながりの悪い場面が多く突然文字だけの画面になったり…当時の検閲の厳しさが伺えます。カットされてないオリジナルが観たかったですね~。黒澤監督の監督デビュー作というだけでも感慨深い作品であるとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-04-11 14:01:03)
46.《ネタバレ》 冒頭から闇討を返り討ちにする柔の技、力に溺れた三四郎が池に飛び込み悟りを開く、かつて入門した道場主を倒し、その娘に恨まれて複雑な関係を築く、仲良くなった恋人が実は倒すべき敵の娘、何度投げられても立ち上がり、娘のために降伏という名の生存を選んだ不屈の闘士、その娘を執拗に狙う強敵「檜垣源之助」との最後の決闘などなどデビュー作にしては度肝を抜かれる場面が多い。
しかしそこはやはりデビュー作。ムラ気と作り込みの甘い部分もあることあること。
肝心の柔道場での試合は取材と指導が足りなかったのか、ワルツを踊るような取っ組み合いからのブン投げ合い。
倒れた敵の上に壊れた障子がゆっくり落ちる・・・この素晴らしい演出が無ければただの柔道ごっこである。
志村喬もこの頃は舌足らずだったのか(「鴛鴦歌合戦」で素晴らしい歌声を披露したのを知っていると余計に)、「強い」と言うはずの場面を「つおい」に。
「つおい」
「つおい 」
「お(^ω^)」
「お(^ω^)」と言ってはいるが、年と共に重ねた強者の風格。
そのオーラを体で表しているのだ。
後の「七人の侍」で久蔵に対して「強い・・・強い!」と力強くポツリポツリと言うセリフからも解る通り、志村喬も常に進化を遂げているのだ。
あの志村喬にも、藤田進にも初々しい頃の若い時代があった。
そんな俳優陣の素晴らしい演技とシナリオ、演出などが合わさって、数々の手不足を補ってくれているのだ。
張り詰めた空気がピンッと弾け、動き出す。
互いに相手の襟を掴み、出方を伺う。
正に男の戦い。
柔術の掛け合いも、最後の三四郎と源之助の対決の時には充分すぎる仕上がりになっていた。
自然の猛威そのままに荒れ狂う空、すすき野を切り裂くように吹き荒む風、そんな風を難なく受け止める頑強な男たち。
ラストの恋人たちの切なくも暖かい別れ場面も清々しい。
幾度も生死をくぐり抜けた男が出せる優しさ。
藤田進はそれを見事演じきったと思う。
そう、この映画は正に「人間ドラマ」に重きを置いた作り込みなのである。
冒頭の戦いの前ですら、三四郎が門馬三郎に弟子入りし、その門馬が目の敵にしていた矢野小五郎に門馬が投げられる。
これで三四郎は360度見る世界が一変。
柔道と柔術のせめぎ合いの中に揉まれながら道を歩み始めるのだ。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 8点(2014-12-13 19:22:42)
45.黒澤監督の映画と言っても、戦時期の規制で尺は短くカットされてるわ、検閲はあるわ、作り手も観る方も残念と言うほかはない。
minさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-12-23 20:13:15)
44.黒澤映画ならではの、水彩画の様な美しいモノクロ映像。
華奢な月形龍之介が柔道家というのも、少々ミスキャストにも感じたが、淡いモノクロの映像美を活かしたシンプルなストーリーには、嫌味も感じず、すっきりとした後味が残った。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-04-29 14:56:47)
43.戦時中の混乱期に製作された作品ということもあり、当時の海外の名作と比べると完成度はどうしても見劣りしてしまう。戦前の映画の中のアクションといえばチャンバラと相場は決まっていたと思うので、柔術のシーンを本格的に映像化するは初めてに近い試みだったかもしれません。ダイナミックに見せようとしているのか、柔道一直線のような投げ飛ばされ方が今見るとギャグに見えてしまうのが面白い。
ラストで写る蒸気機関車がすごくレトロなのが個人的には良かった。
きーとんさん [DVD(邦画)] 5点(2010-07-19 00:52:05)
42.紛失したフィルムの間をト書きで繋いでいる。普通じゃ観れたものじゃないけど、黒澤明の監督デビュー作という意義を持つ作品。確かに、すでに黒澤映画らしい空気があります。その黒澤監督の製作姿勢を語るとき、イメージ通りの天気になるまで粘るってのがあるが、本作のラストシーンなどはその典型だろう。山の稜線の向こうを雲が駆け抜けて行く。風雲急を告げる。まさに決闘シーンの為の空模様でした。姿三四郎って「バガボンド」の佐々木小次郎のように、その道で天才的な優男ってイメージを持っていたんだけど、藤田進はドカベンでした。このお方、東宝の怪獣映画や戦争映画に親しんだ自分には軍人以外に見えなくて、終始軍隊に号令しそうな錯覚を覚えておりました。本作は柔道が柔術を駆逐して行く話だけど、今は格闘技として柔術の方が勢いがありますな。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-06-01 00:38:55)
41.《ネタバレ》 投げ飛ばした時のカメラワークが工夫されていて面白かった。
osamuraiさん [DVD(邦画)] 6点(2010-02-18 22:08:13)
40.良いですね。気楽に、楽しく観れます。
所々突っ込みどころ満載ですが(笑)、そこも含めて清々しい作品でした。
おーるさん [DVD(字幕)] 5点(2010-02-03 12:54:31)
39.明治頃の街並みや風景が楽しめた
ホットチョコレートさん [ビデオ(邦画)] 6点(2009-07-09 20:36:08)
38.舞台は明治15年、これは講道館創設の年、まだヤワラの道にはナゾの流儀が横行していた時代。って、ほんまかいな。劇中に出てくる、ダイナミックすぎるほどの投げ技の数々、今なら金メダル間違いなしですね(いやこれが、ホントに遠くまで投げちゃうんだ)。フィルムの一部が失われた短縮版、ということですが、確かに、途中の1エピソードまるまる字幕で説明されたりして、どうもヘン。しかし、黒沢監督のデビュー作ということで、全編に工夫が凝らされた、まさに力作になってます。彼がこだわり、かつ彼が抜け出せなかった“黒澤ワールド”が、ここにあります。要所要所に映される雲が印象的。嵐の中の命懸けの対決のあと、最後に出てくる機関車が、カワイイですね。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-08-23 14:16:05)
37.う~ん..時代が時代だけに仕方ないところですか~..かなりカットされているそうなので、オリジナルであればもっと面白いのかも...
コナンが一番さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-05-22 12:55:28)
36.言葉が聞き取りにくいシーンや抜け落ちたシーンがあり、黒澤監督が本来見せたかったであろう完全な形ではないので少し評価に困りまが。戦時中の映画とは思えない暖かさがあり、一つ一つのシーンに無駄がなくラストまでスムーズに見れた。音楽やテンポの速さで上手く話の盛り上がりを作っている所、下駄を使った面白い時間経過を作っている場面、子供の歌で三四郎の知名度をズバリ表してみたり、蓮の花から何を掴んだかをあえて言わないなど、所々でさすがに黒澤監督と関心させられる所が一作目ですでに現れています。姿三四郎の真っ直ぐで応援したくなる人柄に加え、人間味がある脇役など、戦時中の映画と身構えて見ていた割になかなか楽しく拝見できた。それにしても戦時中にこのような作品が作られていたと言うのは驚きですね。
taka-104さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-05-17 02:27:11)
35.20分ほどのフィルム消失、15%ほどの場面での音声の聞き取れなさを除いてもなかなか面白いです。気楽に見られます。とても戦時中に作ったとも思えないくらい軽い感じです。三四郎は己の壁に何度もぶつかりますが、本当にバカがつくくらい真っ直ぐで好感が持てます。

柔道のシーンはおまけかな?それよりも60年以上前の映画の作り方、黒澤天皇のデビュー作、意外と言っちゃ失礼だが三四郎と小夜のロマンスのシーンの丁寧な演出(緒を替えるシーンが秀逸)、最後の決闘シーンの雰囲気の盛り上げ方(雲の動きと風の轟音がカッコいい)、どれを取っても一級品であり、映画芸術の1つとして保存する価値があるのではないでしょうか?しかしあの花井蘭子さんのきつい睨み・・・、気の強い女性が好きな小生、おもわずぐっときてしまいました。しかし志村喬先生はこの時から既に老け役ですか(^^;
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-05-07 23:41:48)
34.面白いお話というわけでもなく、後の三船敏郎のような圧倒的な俳優がいるわけでもない(志村喬御大除く)、黒澤明のデビュー作という”付加価値”を除けば、別段優れた作品というほどには思えませんでした。柔道の試合のシーンは何というか…モロにマンガです。投げ飛ばされてあんな風に飛んでいくか!
とかげ12号さん [DVD(邦画)] 6点(2008-03-15 21:24:48)
33.《ネタバレ》 どれくらい勝手にカットされたかはわからないが完全版を見られないのは残念。カットされたせいか、映画全体が浅く感じられてしまった。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 4点(2008-02-05 22:49:43)
32.映画そのものよりも、端々に語られる説法が印象強く残った。
 今となっては古臭くも感じられるが、CGを駆使した現在の映画でもそうは変わらないともいえる。黒澤映画がブランドとしてあるがために変な先入観もあったがやはりよいものはよい。 戦いは迫力こそ少ないが、緊迫感はすばらしいものがあった。
Jane.Yさん [DVD(邦画)] 7点(2008-01-05 15:32:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 6.37点
000.00%
100.00%
200.00%
323.92%
4815.69%
5611.76%
61121.57%
7713.73%
81223.53%
947.84%
1011.96%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review4人
2 ストーリー評価 6.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review5人
4 音楽評価 7.00点 Review4人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS