ラリー・フリントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラリー・フリント
 > (レビュー・クチコミ)

ラリー・フリント

[ラリーフリント]
The People vs.Larry Flynt
ビデオタイトル : ラリー・フリント
1996年【米】 上映時間:129分
平均点:6.24 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-08-02)
ドラマ伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-22)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミロス・フォアマン
キャストウディ・ハレルソン(男優)ラリー・フリント
コートニー・ラヴ(女優)アルシア・リージャー・フリント
エドワード・ノートン(男優)弁護士、アラン・アイザックマン
ジェームズ・クロムウェル(男優)チャールズ・キーティング
クリスピン・グローバー(男優)アーロ
ヴィンセント・スキャベリ(男優)チェスター
ノーム・マクドナルド(男優)レポーター
脚本スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
音楽トーマス・ニューマン
撮影フィリップ・ルースロ
製作オリヴァー・ストーン
マイケル・ハウスマン〔製作〕
コロムビア・ピクチャーズ
美術ランドール・バルスマイヤー(タイトルデザイナー:ノンクレジット)
パトリツィア・フォン・ブランデンスタイン(プロダクション・デザイン)
衣装アリアンヌ・フィリップス
テオドール・ピステック
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
字幕翻訳菊地浩司
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》 ○細かいことだが、カットとカットの繋ぎ目の妙が個人的にハマった作品。切り替えが早くもなく遅くもない。言わなくてもわかるところがブツっと切る感じがいい。○弁護士やめる宣言をしたノートンが次の場面で当たり前のようにいるおかしさなどコメディ映画としても楽しめる。○ウディ・ハレルソン、コートニー・ラヴのイッちゃってる演技もなかなか。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-05-17 17:41:55)
40.面白い。キャスティングが絶妙。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-06 23:43:05)
39.良識が眉をひそめるもので表現の自由を語る、という切り口は正しく、最初の裁判で25年の刑が言い渡されたのは、アメリカの怖さを改めて感じさせてくれた。でも映画としては、この“困った男”をもう少し突き離せなかったか。彼が、戦争と猥褻とどっちがいいか、とローローと演説する場など、もっと滑稽味を出してこそ、テーマに切り込めたのではないか。「調子に乗っちゃって」というような。裁判相手になる宗教家も、いかにもからかいたくなるような造形でなく、もっとホントにマジメそうな、からかっちゃ悪いような人物であったほうが、ドラマとしてエグれた。「良識」の怖さが狙撃という形で突出してしまったのも残念、この怖さはもっとジワジワと包囲してくるものだろう。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-02-20 12:11:55)
38.おもろいやっちゃなあ。こうゆう体制に流されない人は大好きだ。でも作品はただラリー・フリントなるおもろい人物が成してきたことをダラダラと流しているだけという感じ。アメリカンドリームを謳ったものでもなく、言論および表現の自由に焦点を当てている部分もあるけどあくまで部分でしかなく、おもろい人物の紆余曲折をドラマチックに見せているようにみえてもいまいち盛り上がりに欠け、アウトローを描いてるようでクライマックスの最高裁は弁護士の一人舞台。全体的にだら~っとしてる。そのなかでコートニー・ラブの純愛にはぐぐっときた。旦那が急激にお金持ちになろうが、刑務所にいようが、下半身不随であっちのほうがダメになろうが、はたまた自分自身が薬に溺れようが、夫に向ける不変の優しい眼差しが印象的。かといって夫婦に焦点が当たっているとも言い難いんだな。
R&Aさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-10-30 11:49:06)
37.いいとこどりだけの伝記なんてちっともおもしろくない。前半の裁判の場面であれが無罪ならこの作品に引きこまれたんだけどあそこで有罪となってしまってからはかなり興味がしぼんだ。そして追い討ちをかけて宗教でしょ。。。この辺で8割がたの観客は、ちょっとついて行けないと思うのでは?エロで莫大な財産を築いて薬中毒が自由や平和を説いても説得力がないね。ある意味撃たれるべき理由があって撃たれたんやないかい?
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-06-28 12:29:21)
36.大して期待はしていませんでしたけど、面白くはありませんでした。それと言うのも、フリント氏を人間としてあまり好きになれなかったことが影響しているのかもしれません。実に個性の強い、ある意味大物と言って然るべき人物だとは思いますが、やっていることは専制君主的な独裁で、万人に好かれるキャラクターではないですね。奥さんのキャラクターもあまり好きじゃないな…。唯一、ノートン演じる弁護士には(と言うよりノートンに)親しみを感じましたが。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 5点(2005-11-04 22:57:06)
35.正直フリント夫妻とはあまり係わりたくないと思った。扱いにくそう。あの弁護士は最後まで面倒見て本当に偉いと思った。あと、コートニーがあまりにハマリ役だったのでなんか笑えた。この映画を見た限りではノートン&コートニーはすごく不似合いなカップルだったような気がする。
およこさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-08-05 16:27:25)
34.イイ!みんな別に役作りに励んでなさそーな所がイイ。
マミゴスチンさん 6点(2005-03-14 05:37:57)
33.よく私書きますが・・濃いです。
濃すぎるのです。見疲れました。
実在のエロ雑誌の編集長のドラマだったかな?
もう二回見ようとは思いません。
何で見たのでしょうか??
たぶんリアリティを求めたくて、ドキュメンタリー映画を
探してたんだと思いますが・・いや濃すぎた。
アルメイダさん 2点(2005-03-01 05:39:04)
32.実話系の話は好きなんだけど話がダラダラしててメチャ眠かった。。しかも、また長いし。
゜。☆゜゜。愛す・ラテ。゜゜。★゜さん 4点(2004-09-23 22:40:58)
31.けっこうおもしろかった。主人公は破天荒だけど筋は通していて好感持てる、ノートンの弁護士役もなかなか、ドキュメンタリーとしてもおもしろい。
ぼぎーさん 7点(2004-09-18 22:14:46)
30.表現の自由、性の解放、まじめなテーマなんだけど、この人の人生が凄すぎるから、前出の通りそれを沿っていくだけの映画になっているなあーという感じ。多少デフォルメされて作られているのでしょうか。コートニーが、はまり役過ぎです。
さん 6点(2004-09-08 18:30:05)
29.意外に真面目な映画で驚きました。表現の自由の大切さ、言わんとしていることは伝わってきたんですが、ちょっとくどいのかな、というか、ストーリーの中に入ってゆけませんでした。コートニーラブはミュージシャンとしてでしか知らなかったのですが、女優として、非常に良かったです。
onthefridayさん 4点(2004-07-31 16:29:22)
28.この映画でコートニー・ラブという人を知った。まさに彼女しかできない役であろう。ウディ・ハレルソンも見事なはまり役。実に見ごたえのある映画だった。
如月CUBEさん 8点(2004-06-28 11:43:30)
27.ここまでくるとこの人の生き方に男気を感じずにはいられません。表現の自由はどこまで許されるのか、おもしろいテーマだと思います。エドワード・ノートンの一見頼りなさそうで、なかなかの手腕を持つ弁護士、けっこういいと思います。
カーマインTypeⅡさん 7点(2004-06-13 21:01:05)
26.俺は意外とおもしろかった。正直、ラリー・フリント?誰それ?って感じで対して期待せずに観たのがよかったのかも。なんか、フリント本人もチョイ役で出演してるそーで、まだ生きてる人の映画ってなんか自慢と金儲けがからんでそーであんまり好きにはなれんけど、言いたい事はなんとなくわかるので、まー許せるかな。映画としては、性の解放について結構考えさせられたし、展開もわりと引き付ける物があって退屈せーへんかった。特にフリントの演説のシーンには、ちょっと感動。エロに関して、「なるほど、そーいう見方もあるんやね」と妙に納得させられたわ。エロ万歳。
なにわ君さん 7点(2004-05-26 18:52:50)
25.何かこう、誰が見ても分かる社会における行動をつぶさに追っただけという感じでつくりが薄い気がした。ポルノ業界にいる息子達に対する親の反応とか色々あるだろうに。映画よりよっぽど面白い人生を送った人って、逆に映画にしづらいんじゃないかと思った。
ラーションさん 5点(2004-05-23 02:01:10)
24.ウディ・ハレルソンとコートニー・ラブの確信犯的な「安さ」が光る。「永遠の二流、三流俳優」的な2人のチープでいて存在感たっぷりな雰囲気がこの作品に説得力を持たせている。そこに来てエドワード・ノートンの堅物キャラ配置。上手い。キャストがいい。そして原題が意外と深い。直訳は「大衆対ラリー・フリント」。「アメリカは自由の国だ」と誇り高く叫びつつも本質は保守的なアメリカ人。そんな人々の自己欺瞞、ひいてはアメリカの欺瞞というものと1人戦う彼。武器は幼稚さと衝動と信念。大衆に対する1人。ある意味のスケープゴート。考えさせられることが多々ある作品ですね。やっぱり、アメリカという国は本質的には決して自由の国ではないんだよ。そういやこのラリー本人、2003年のカリフォルニア知事選に出馬していたね。本当にタフな人だと呆れてしまう。
ひのとさん 7点(2004-02-08 13:37:02)(良:1票)
23.《ネタバレ》 これってフィクションじゃないよね?ラリー・フリントの自伝的な物語で、彼の人生のハイライトとなる部分だけに焦点を当てて作られているので、非常に展開がスムーズで分かりやすかった。しかし一大成金のラリーでも、最高裁で提示された保釈金の額(400万ドルとか?)にはギョッとしてたね。やっぱあそこまでいっちゃうと無理なんだろうかね。周りから卑猥な目で中傷されても最後まで己を貫いたラリーはエライっすよ。彼は自由な愛の形を雑誌で表現してたけど、現実世界では奥さんには最後まで不憫な思いをさせてしまったことを悔いてたんだろうなぁ。アルシア役のコートニー・ラヴは劇中、年を取るごとにどんどん派手になってたね。ヤクとかにハマって最後はエイズで死ぬという悲劇的な人生だけど、一人の男を誠実に純粋に愛した女性だったと思う。獄中の夫を訪れるシーンや、会社ではみごにされて苦悩しているシーンとかすごい切ない胸中を本当にうまく役になり切って演じてたと思うよ。
ブッチ・ハーモンさん 6点(2004-01-29 03:10:27)
22.これをあろうことか大学で観ました。周りの人が気になって、目のやり場に非常に困りました。
ノマドさん 6点(2004-01-07 00:20:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 6.24点
000.00%
100.00%
212.44%
312.44%
4614.63%
5614.63%
6614.63%
71229.27%
8614.63%
912.44%
1024.88%

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
主演男優賞ウディ・ハレルソン候補(ノミネート) 
監督賞ミロス・フォアマン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)コートニー・ラヴ候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ウディ・ハレルソン候補(ノミネート) 
監督賞ミロス・フォアマン受賞 
脚本賞スコット・アレクサンダー受賞 
脚本賞ラリー・カラゼウスキー受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS