ピンポンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ピンポン
 > (レビュー・クチコミ)

ピンポン

[ピンポン]
2002年【日】 上映時間:114分
平均点:6.22 / 10(Review 351人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-07-20)
ドラマコメディスポーツものスポコンもの青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-09)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督曽利文彦
キャスト窪塚洋介(男優)星野裕(ペコ)
ARATA(男優)月本誠(スマイル)
中村獅童(男優)風間竜一(ドラゴン)
大倉孝二(男優)佐久間学(アクマ)
サム・リー(男優)孔文革(チャイナ)
夏木マリ(女優)田村(オババ)
竹中直人(男優)小泉丈(バタフライジョー)
荒川良々(男優)キャプテン太田
松尾スズキ(男優)警官
近藤公園(男優)多胡
翁華栄(男優)孔のコーチ
末満健一(男優)真田(海王学園副主将)
三輪明日美(女優)ムー子
山下真司(男優)選手Aの父
石野真子(女優)選手Aの母
佐藤二朗(男優)スタッフ
虎牙光揮(男優)猫田
原田夏希(女優)片瀬高校女子生徒
染谷将太(男優)少年
松本大洋(男優)
津田寛治(男優)ゲームセンターのカップル
馬渕英里何(女優)ゲームセンターのカップル
大浦龍宇一(男優)大学生のカップル
田中千絵(女優)大学生のカップル
原作松本大洋「ピンポン」
脚本宮藤官九郎
主題歌SUPERCAR「YUMEGIWA LAST BOY」
挿入曲SUPERCAR「STROBOLIGHTS」
撮影佐光朗
相馬大輔(撮影助手)
小松高志(撮影助手)
製作亀井修
アスミック・エース(製作/製作プロダクション)
小学館
IMAGICA
TBS
プロデューサー椎名保(エクゼクティブ・プロデューサー)
井上文雄
小川真司〔プロデューサー〕
配給アスミック・エース
特撮曽利文彦(VFX)
荒牧伸志(卓球シーンCG)
作画荒牧伸志(ストーリーボード)
美術金勝浩一
尾関龍生(装飾)
松井祐一(特殊造形)
編集上野聡一
照明渡邊孝一
その他東映(協力 東映東京撮影所)
IMAGICA(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
351.物語は典型的なスポ根で意外性は無かったけど、BGMの使い方がオシャレで、なんだか斬新な作品のような錯覚に陥った。
試合演出にリアルさを求めず、派手なアクションで魅せてくれたのも良かった。
もとやさん [地上波(邦画)] 7点(2019-10-03 17:39:05)
350.《ネタバレ》 登場人物みんなキャラが立っていて見せ場があります。主人公のキャラは個人的には気に入りませんが。最後に優勝したのも気に入りません。けど面白かったです。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2019-05-24 21:36:27)
349.《ネタバレ》 原作未読で前知識も無くて見ましたが面白かったです。
ペコは窪塚氏しか考えられないくらいハマリ役だと思います。
天真爛漫でピュアな時も、挫折を味わってひねくれてからも可愛げがあります。
変な喋り方もヘアスタイルもモノにしてました。

スマイルのARATAも、こんなイケメンだったの?と思ったほどクールでカッコよかったです。
アクマの人もドラゴンの人も、誰一人高校生に見えないけど、皆キャラに合ってて良かったと思います。

ストーリーは良くあるスポコン物ですが、登場人物が皆振り切って演じてるので見てて楽しかったです。
nanapinoさん [インターネット(邦画)] 8点(2018-06-10 13:27:53)
348.実写にする必要があったのか??
登場キャラがもろに漫画。(漫画が原作だけどもう少しなんとかならなかったの)
全然感情移入できない。原作ファンは納得だったんでしょうか。
不快な青春ギャグ作品だった。
へまちさん [インターネット(邦画)] 3点(2017-12-30 21:26:40)
347.俳優、ストーリー、音楽がうまくマッチしていたと思います。
Donatelloさん [DVD(邦画)] 9点(2017-07-22 07:26:11)
346.これは単純にいい!! 

登場人物が実にいい!

そして、ラストの展開の潔さが実にいい!

束の間、少年ジャンプを楽しんでいた”男子”の頃の気持ちにタイプスリップさせてもらいました。

ありがとー!
牛若丸さん [DVD(邦画)] 9点(2017-04-25 22:49:59)
345.《ネタバレ》 ○ARATAや大倉孝二はうまく演じていたが、他に関しては原作のキャラクターに合わせて演技しているような違和感しかなかった。窪塚洋介演じたキャラも漫画だから成立したキャラだったのではないか。窪塚洋介のセリフはほとんど棒読みに聞こえた。○コメディ要素も滑りっぱなしだった。
TOSHIさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-01-04 20:22:23)
344.《ネタバレ》 序盤はペコが嫌悪感のあるキャラだったこともあり、なんだかなあと思って観ていたけど、スマイル対チャイナの試合あたりから急激に面白くなってきた。強いけど真正面から卓球に向き合っていなかったペコとスマイルが、敗戦から一転して真剣に取り組んでいく物語は燃えますね。ペコとスマイルだけでなく、ドラゴン、アクマ、チャイナやバタフライジョー、オババなど、脇役のキャラが物凄く立っていて、それぞれにドラマを感じるのも素晴らしい。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-10-12 14:09:58)
343.リオ五輪の卓球を見ていたら、無性にまた見たくなって久々の鑑賞。

この映画、とても気に入っていてすごく面白い、もう14年も前の映画になっちゃったのか・・・
曽利監督もクドカンも窪塚も獅童も人生最高のパフォーマンスだろう、他の役者は後にも頑張ってる

才能と努力、この比重の対比が物語をドラマチックにする、当然両方が必要だが上限があることへの葛藤
ストイックに磨く刃により女子の不必要なストーリーに緊張感が増してゆく

アクマに負けたペコに、チャイナに負けたスマイルがコーチとの確約により「ペコ、先に行くよ」という
台詞の重みが物語を大きく動かし始める、これより凡人代表アクマ(大倉孝二)が出るたびに涙を誘う

実写のCGも当時としては上手く使えてるし、音楽の入りも秀逸、こういう完成度の高い映画は気持ちいい

今回知ったが、ラスト前スマイルが教えている子供が染谷将太だったなんて、なんか得した気分
カーヴさん [DVD(邦画)] 8点(2016-08-15 15:51:20)(良:1票)
342.《ネタバレ》 連続ドラマでじっくり見たいと思わせるものがあった。
漫画原作だけあって、登場人物みんなに濃いキャラ付けしてあり、それぞれが成長していく。
映画の尺ではもったいない感じがした。
俳優もみな役にハマっていたと思う。(原作通りかは知らない)
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-09-30 23:54:50)
341.《ネタバレ》 見始めた時の感想は窪塚さんの演技が鼻につき集中出来ませんでした。
昔のNHKのアナウンサーが聞いたら発狂しそうな台詞回しの日本語も体が痒くなってしまいましたが、こういうものだと自分に言い聞かせ、それらが慣れてくると徐々に面白くなっていきました。

話は恋愛や誰かの死という様な安直な感傷装置を使わないで『敗北・挫折・努力・勝利』を友情で包んだスポ根の王道の真ん中を行っていますが、原作がマンガという事もあり登場人物のキャラクターがおかしな方向に立ち過ぎていたり、奇抜な演出等も話とギャップがあってかなり楽しめました。
特にドラゴンのバックハンドリターンは金剛力士像みたいで笑ってしまいますし、「24勝……94敗」正直なアクマには好感が持てます。
音楽も良い意味で作品を軽いものにしてくれて見易くなっていました。
それでも青春映画という事で何箇所かは青臭い所は有りましたが、それは私が順調に歳を取れた裏返しという解釈をさせて貰いました。
また、表現方法としては映画と同じビジュアルで見せるマンガが原作なので強調させたいであろうシーンや台詞が主張してしまって作品のリズムが失われている所があったと思います。

見始めた時の感想は前述した通りですが見終わった時のそれは結局窪塚さんで作品が成立していた感じでした。
個性的な登場人物達を彼の極端な演技でバランスを取っていた印象です。
彼の演技を頭ひとつ抜け出た奇抜さにしたおかげで他の役者さん達も伸び伸びと演技が出来て、それぞれのキャラクターにも違和感は生まれず逆にそれぞれが目立つ事が出来て作品全体も纏まったと思います。
窪塚さんは正直好きでは有りません(大嫌いでも有りません)が、本作では役にハマっていて最終的には魅力的に映りました。

この手の作品は内容云々というより、高揚感や爽快感だと思うのでそういう意味ではそれらを感じられた本作は良かったと思います。
しってるねこのちさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-06-30 02:24:41)(良:1票)
340.《ネタバレ》  超久々の鑑賞。感想は昔と変わらないな。大切なのはスペシャルな原作のことは置いておくこと。原作漫画がすごすぎて比べちゃ失礼かなと。

 卓球青春ストーリー。今回も深く考えず登場人物の魅力を感じることに専念!

 ペコポコもいい。スマイルもいい。風間も、風間のチームメイトも、中国人も、(くどい)コーチも。ババアも、キャプテンよしよしも。

 でも今回もアクマにやられる。この映画、何回観てもアクマに持っていかれる。ペコも挫折する。髪の毛を伸ばしポコになりタバコを吸う姿は窪塚本人そのもの。でもなんといっても挫折キャラはアクマ。登場人物の中でもっとも私自身に近いのがアクマだと思うので。風間のトイレシーンもいい。天才の苦悩とでも言おうか。でも私は挫折キャラ(笑)。
 あくまでもアクマ(しゃれじゃない)が私の心を奪っていく。どのシーンもいい。中でもスマイルとの対戦や橋の上、風間とのトイレ後の彼女に今はこっちにくるなっていうシーンかな。
 挫折して知る男の哀愁をこんな映画で味わえるなんて悪くない。脇役の引き立つエンターテイメント。

 「ティンポン」も観てみたいなあ(笑)
JFさん [DVD(邦画)] 7点(2015-06-29 18:01:03)
339.根本的な問題点として、卓球というスポーツそのものに対する制作側の敬意と愛情がまったく感じられない。それっぽいキャラクターをそれっぽく動かしているだけでは、何の描写にも表現にもならないのです。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2015-06-21 21:38:29)
338.随分前に観ましたが、バカバカしいけど結構面白かったという記憶が残っています。前回は気にもとめなかったペコやスマイルやドラゴンたちの非体育会系の華奢な手足に違和感を抱きましたが、相変わらずの面白さに御愛嬌ということで。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-06-15 22:00:25)
337.面白いだろうと思って観て、やはり面白かった。
どんなスポーツでも同じような展開は出来るだろうけど、卓球でやって、ギャグをふんだんに取り入れている感じがいい。時々はこういう青春のスポーツって観たくなる。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-06-13 23:49:04)
336.《ネタバレ》 卓球好きの幼馴染自惚れ屋のペコと無口なスマイル。
どちらも卓球が強かったがスマイルが一歩及ばなかった。
しかし本当に才能があるのはスマイルだった。
才能の違いを知り挫折するペコだったが周囲の協力により猛特訓を受け県大会に出場する。
そして決勝戦で二人がぶつかり合う。
個性的な絵柄と独特な台詞回しが評価の高い松本大洋原作漫画の実写映画化作品。
昔読んだことあるんだけど話はだいぶ忘れてました。
鑑賞中はまぁ悪くは無いんだけど・・・って感じでしたが
見終わってみてなんか琴線に触れる感じがしました。
思うに単純なシナリオや大げさなセリフ回しが鑑賞中どうもスッキリ来ない原因なのかな。
琴線に触れた部分はペコ役の窪塚洋介の演技かなー。
いい作品でした。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 7点(2015-04-10 21:42:54)
335.《ネタバレ》 青春映画。ギャグ映画。クドカン脚本。唯我独尊タイプのアスリートの青春も1コマ。男子高校生時代のアホぶりとトンガリぶりと輝きぶりを、経験者の視点充分に描かれている。爽やかぶりも良し。これで充分。 …そうそう、準決勝でのペコの膝の回復。不思議でもご都合主義でもなく、実際あり得ます。【若干付記】…いつも共演者を食い尽くして自分の世界を作ってしまう夏木マリさん&竹中直人さんコンビの相手にされながら、食われないどころか『もっと高く!』飛んだ久保塚洋介さんとARATAさんの若手コンビは凄い役者だったんだなと思いました。両者とも長続きしなかったけどね。
役者の魂さん [地上波(邦画)] 7点(2015-03-12 16:59:26)
334.みんな上手いね。がっつり作り込んだ窪塚のペコに彼の才能を確信するも良し、ARATAのホレボレするようなプロポーションに涙するも良し。スマッシュ時の美しすぎなフォームに集中していると竹中直人(またかい!)の煩わしさをも忘れます。
妖怪みたいな高校生獅童も、フル活用したCGも、劇画色の強い作風にぴったりでしたが所々聞き取りづらい場面があったのが惜しいなあ。
tottokoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-01-19 00:20:57)
333.とても良かった。この映画に感動できることに・・自分の可能性を感じる。スマイルの自然な演技がとても印象的でした。
cogitoさん [映画館(邦画)] 8点(2014-08-02 10:19:50)
332.いかにも漫画原作らしくキャラが立っていて、演出もオーバーアクション。
リアリティはあまりないけど、個性的なキャラでセリフも生き生きしている。
卓球での勝負を描いているが従来のスポ根ではなく、ポップな群像劇のように仕上がっていてなかなかおもしろい。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 6点(2013-07-18 22:54:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 351人
平均点数 6.22点
010.28%
1133.70%
261.71%
3246.84%
4226.27%
55114.53%
65716.24%
77421.08%
85716.24%
9329.12%
10143.99%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.30点 Review13人
2 ストーリー評価 7.75点 Review20人
3 鑑賞後の後味 8.23点 Review21人
4 音楽評価 7.85点 Review21人
5 感泣評価 5.54点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS