大安に仏滅!?のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 大安に仏滅!?
 > (レビュー・クチコミ)

大安に仏滅!?

[タイアンニブツメツ]
1998年【日】 上映時間:107分
平均点:5.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-10-13)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督和泉聖治
助監督佐々部清
キャスト橋爪功(男優)西岡哲夫
吉行和子(女優)西岡由子
酒井美紀(女優)西岡真由
金子賢(男優)西岡雄平
林知花(女優)西岡素子
細川茂樹(男優)沢井明彦
つぶやきシロー(男優)交番の警官
梶原善(男優)細井
清水ミチコ(女優)中年女性の被害者
松尾貴史(男優)披露宴会場の係員
石井正則(男優)井口秀人
ふせえり(女優)ウエイトレス
中村梅雀(男優)倉持新一
京本政樹(男優)上村雄一
伊藤かずえ(女優)石川弁護士
草村礼子(女優)沢井照江
新克利(男優)沢井庄一
左とん平(男優)岡本英二
松村達雄(男優)西岡和太郎
脚本砂本量
布勢博一
音楽大島ミチル
主題歌矢野顕子「Home Sweet Home」
挿入曲矢野顕子「Time Is」
撮影安藤庄平
製作ホリプロ
TBS
プロデューサー濱名一哉
青島武
平野隆(アソシエイト・プロデューサー)
配給東映
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.ごくごく普通の家庭に突然ふりかかった問題=「欠陥住宅」を通して、家族とはなにかを考えさせるっていうプロットは、一見とっても浅い割に意外としっかりしててなんだかよかったわ。それにしても本当に健全な、平凡な家庭よねー。みんなそれぞれに欠点はあるし、完璧な家族ってわけではないけれど、ほのぼのとしていてとっても温かい西岡家が、欠陥はあるけど自分たちで修復していけばどうにか住めなくもない家に象徴されてて…エンドロールで流れる映像なんてほんとに微笑ましかったわ。普通が一番ね。
梅桃さん [地上波(字幕)] 7点(2005-06-15 16:42:37)
5.なんか不思議な感じした。結構最近の映画ってのも意外な感じ。出演者がベテランが多いので安心して見れるのはある。どーでもいいようでよくないこと、欠陥住宅がどこいったって感じがあるのがちょっとと思う。曖昧に締めたって感じ。
バカ王子さん 6点(2004-04-26 00:16:34)
4.「お日柄もよくご愁傷様」の続編。こちらも非常に日本的な映画。橋爪功が、「丸く、波風立てず」という典型的事勿れ主義の父親を好演していてよい。前作と比べて特筆すべきエピソードがなく、ごくごく普通といった印象。一度見たら充分といった感じ。日本人らしさが前面に出た作品なので、西洋人にはとても理解しがたい映画なのだろうと思う。
mhiroさん [映画館(字幕)] 4点(2004-04-21 20:58:24)
3.《ネタバレ》 非常に日本的というか、庶民的というか、古典的でオーソドックスなホームドラマ。個々の家族の騒動を描くと共に、その象徴としてのマイホームにも欠陥があるという設定で物語は進行。家族の騒動といっても非倫理的なドロドロしたものではなく、ありきたりなほのぼのとしたもの。地震によるマイホームの崩壊や放火による消失への布石を置き、ラストに火事の場面がくるが、この辺は山田太一の「岸辺のアルバム」や内館牧子の「想い出に変わるまで」へのオマージュが感じられる。ただし、家庭が崩壊したわけでもないので、マイホームは無くなったりもしない。中々心憎い演出だと思う。全体的に抑えた展開で盛り上がりには欠けるが、よくまとまった作品だと思う。「ブレーンバスター」のコントがだんだん面白くなるところも良い。
東京50km圏道路地図さん 6点(2004-04-18 04:35:43)
2.ひたすら庶民感覚でごく普通の家族に巻き起こるゴタゴタを描いた映画です。おじいちゃんは東京暮しに馴染めず、長男はコメディアン志望で年上バツイチ女性との結婚を宣言し、長女は婚約解消を言い出し、家は欠陥住宅・・・。問題をいっぱい抱えたお父さんが、家族を形だけでなんとか維持しようとするところから、家を守る経験を通して、本当の家族の幸せに目覚めてゆく物語は、可笑しくも感動的。ヤクザも流血もオカルトもない、普通に生きている人々の映画ですが、そういう映画が日本映画には殆どない、という事実はどうなんでしょ? この映画のように、庶民の視点で描かれた映画がもっとあっていいと思うんですけど。
あにやんさん [映画館(邦画)] 7点(2003-12-10 14:49:57)
1.欠陥住宅をテーマにしつつも、家族それぞれの問題が主軸なホームドラマ。橋爪功がサラリーマンの悲哀を感じさせ、そして終盤になるにつれての「家族」というものについての物語にホロっとくるものがある。
kekobestさん 5点(2002-10-13 15:44:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
5116.67%
6233.33%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS