ファースト・ワイフ・クラブのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファースト・ワイフ・クラブ
 > (レビュー・クチコミ)

ファースト・ワイフ・クラブ

[ファーストワイフクラブ]
The First Wives Club
1996年【米】 上映時間:103分
平均点:6.30 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-05-24)
コメディ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-01-14)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヒュー・ウィルソン
ジャック・ギル[スタント](第二班監督)
演出ジャック・ギル[スタント](スタント・コーディネーター)
キャストベット・ミドラー(女優)ブレンダ
ゴールディ・ホーン(女優)エリース
ダイアン・キートン(女優)アニー
マギー・スミス(女優)ガニラ
ダン・ヘダヤ(男優)モーティ
サラ・ジェシカ・パーカー(女優)シェリー
ストッカード・チャニング(女優)シンシア
ヴィクター・ガーバー(男優)ビル
エリザベス・バークレイ(女優)フォーブ
マーシャ・ゲイ・ハーデン(女優)精神科医 レスリー
ブロンソン・ピンチョット(男優)ドゥアルト
ジェニファー・ダンダス(女優)クリス
アイリーン・ヘッカート(女優)キャサリン
フィリップ・ボスコ(男優)カーマイン
ロブ・ライナー(男優)モリス・パックマン
ジェームス・ノートン(男優)ギルバート・グリフィン
ティモシー・オリファント(男優)ブレット
J・K・シモンズ(男優)連邦法執行官
ディナ・スパイビー(女優)若き日のエリース
ヘザー・ロックリア(女優)ギルバート・グリフィンの新しい妻(ノンクレット)
ヒュー・ウィルソン(男優)CMディレクター(ノンクレジット)
スティーヴン・コリンズ〔男優〕(男優)
脚本ロバート・ハーリング
音楽マーク・シェイマン
作曲バート・バカラック"Wives and Lovers"
編曲ジョン・キュール
ブラッド・デクター
ジェフ・アトマジアン
挿入曲ダイアン・キートン"You Don't Own Me"
ゴールディ・ホーン"You Don't Own Me"
ベット・ミドラー"You Don't Own Me"
アレサ・フランクリン"Think"
ディオンヌ・ワーウィック"Wives and Lovers"
撮影ドナルド・E・ソーリン
ロブ・ハーン(カメラ・オペレーター)
製作パラマウント・ピクチャーズ
クレイグ・ペリー[製作](製作補)
スコット・ルーディン
製作総指揮アダム・シュローダー
配給UIP
美術ランドール・バルスマイヤータイトルデザイン
ピーター・S・ラーキンプロダクションデザイン
レスリー・E・ロリンズセット装飾
衣装セオニ・V・アルドレッジ
編集ジョン・ブルーム[編集]
字幕翻訳古田由紀子
その他マーク・サウリアン(スコット・ルーディンのアシスタント)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.大々的なことをやっているはずですが、痛快さに欠けてしまっている。豪華な主演3人がもったいない気がします。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-07-11 15:42:21)★《新規》★
22.ダイアン・キートン、ゴールディ・ホーン、ベット・ミドラーと、
三大女優の各個性が見所のストーリー・コメディー。この三人大好きなんだよね。
まあまあ笑かしてくれるし、ラストのオチも前向きで良かったんだけど、納得できない点も。
冒頭の仲良し四人組の設定が、序盤から終盤にかけてのストーリーにまったく生かされていない。
もう一人の友人の存在が、ずっと忘れられている展開はちょっと寂しかったな。
夫の愛人役で、「セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカーが出演していて、
これは大いに笑えたけどね。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-02 08:42:20)
21.《ネタバレ》 夫に復讐すべく同級生3人組が一致団結するという軽~いタッチの典型的アメリカンコメディ。
演じる3人はパワフルなゴールディ・ホーンとベット・ミドラー、この二人と比較するとダイアン・キートンが奮闘していましたがちょっと線が細かったし、演じる役もゴールディとベットが派手な大ゲンカを始め、ダイアンがオロオロしながら止めに入るといった具合でどうしてもダイアンが一歩引いた感じに見えてしまいました。
まあ、3人の普段のイメージに近いキャラを敢えて用意したのでしょう。特にゴールディ。永遠に若さを保ち続ける女優という役どころで、まさに自分自身を演じているようです。

一人はどうやら夫と和解し、一人はそれを拒絶しもう一人には新しい男が・・・と3人のその後がバラバラになってしまいましたが、これもアメリカらしいところでしょうか。それでもミュージカル調ラストで、その後も3人の友情は変わらずという所を上手く見せてくれたと思います。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2011-05-15 20:01:03)
20.《ネタバレ》 NYが舞台でダイアン・キートンが出ているとなるとウッディ・アレン映画を思い浮かべますが、コメディとしてはアレンの真逆のような展開です。たしかに3人とも芸達者なのは解りますが、他のふたりとは違ってダイアン・キートンはこういうドタバタコメディ的な演技は下手ですねえ。まあG・ホーンとB・ミドラーが相手じゃちょっと分が悪いのは確かですが、歌もあまり上手じゃなかったし。ストーリーについては脚本に切れがないのでテンポが悪いし、悪役である旦那陣の存在感が薄くてご婦人たちに感情移入しにくくなってしまいました。ラストでダン・ヘダヤとB・ミドラーの夫婦だけよりが戻ってしまうのは、脚本としてどうなの?っていう感じです。
S&Sさん [DVD(字幕)] 4点(2009-06-26 01:10:36)
19.この3人は自分の親の年代。優等生ダイアンキートン、永遠に老けないモンスター・ゴールディホーン、サービスとは言い難いおばさんスカート振り乱して歌うベッドミドラー。大大大好きです。映画の話は最高につまらなかったけど、この3人が最後に歌う“you dont own me”これだけは最高!3人が歌いながら朝の街に向かっていく姿は映画史に残る名シーンになると思います。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 4点(2008-07-20 14:19:59)
18.3人のキャラは良かったけど全体的に笑えなかったなぁ。ドタバタしすぎかな。
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-06-17 23:43:10)
17.夫に裏切られた妻たちのリベンジ、というお話なので男性はともかく、女性(特に主婦)が見ると愉快・痛快というのでとても楽しい。コメディセンス抜群の3人が女性の味方とばかり反撃し、夫たちがタジタジ、、という意趣返しのあれこれが笑えます。
キートンが歌はだめなの~、、と言いながら照れてるのは素・でやってるかのようでしたが
3人で歌い踊るラストはホントに楽しそうで、見てるこちらも思わずニッコリ。
キリコさん 7点(2005-02-02 21:45:27)
16.まったく予備知識なしに見たのでキャストが豪華でまずびっくり。ゴールディホーンとベッドミドラーがかなりキャラ立ちしてたので、堅物を演じたダイアンキートンが少し影薄かったような。個人的にはミドラーがホーンをゲイバーから連れ出すとこが好きです。サラジェシカパーカーがバカ女役で出ててかわいかった。
ショウガ焼きさん 7点(2005-01-30 18:37:11)
15.単独でも十分主役が張れる女優3人を従えての贅沢な、いかにもアメリカンな女性像を描いたお手軽コメディ。だが、この作品、“ゴーゴー”ことゴールディ・ホーンの独り勝ちだろう。この女優に必ず着いて回る印象、すなわち20年前と体型、表情がほとんど変わらないという「不老」という特徴を、セルフパロディとして自身で茶化してる。さすがはゴーゴー、そんじょそこらのコメディエンヌとは器が違う。大物だ。自分で自分を笑わせることのできる人間は強い。よほど自信があるのだろう、確かに「サボテンの花」の頃と変わらず愛らしくキュート。スパッツ姿があれほど似合う45歳はハリウッド広しと言えど彼女だけだろう。ベット・ミドラーも自身の「庶民性」を茶化しているが、ゴールディほど吹っ切れてない。逆に、終始「優等生役」だったダイアンは気の毒な役回り。3人全員がハジけてしまっては、キャラにまとまりがつかなくなる為、どうしてもお堅い役割をせざるをえなかったのだろう。2人を、特にゴールディを引き立てた本作の影の功労者といったところ。さて、作品の中身はと言えば、現実にはありえない話の、夢物語をスタンダードに描いただけ。ほんの1,2時間を、気軽につぶすにはもってこいの作風でそこそこ楽しめる。まさか本作で社会的教訓や哲学的思考を読み解いた人はいないだろうから。
給食係さん 5点(2004-05-22 11:51:31)
14.ゴールディ・ホーンとベット・ミドラー、私の大好きな二人が3D映画の如く出っ張っていて嬉しかったんですけど、その分ダイアン・キートンはちょっと目立たずにひっこんじゃってましたか。話が大ゴトになると、フェミニズムが前面に押し出される形になって、ちょっと面白さが失速しちゃった感じがします。最後まで突っ走って、フェミニズムはあくまで影で映画を支えていれば良かったんじゃないかなぁ。3人が再会するきっかけになった、冒頭のシンシアの自殺の件に関しては、ちっとも解決してくれなかったのが残念。でも、嬉々としてコメディに出演しているゴールディやベット見てると幸せになれますわ。
あにやん‍🌈さん 6点(2003-12-21 18:43:59)
13.《ネタバレ》 真っ白ってイイなー! 黒服の再会と対照的でさらに。 ♪YOU DON'T OWN ME~ 歌い踊るのを初めて拝みましたDキートン、貴女を3番キャストに置くお二人⇒歌い出すともはや主婦でなくなるベット。⇒そして50過ぎのGホーン様、愛娘よりナイスバディでは?素晴らしいです。こういう元気出る映画もっと作ってーー!
かーすけさん 8点(2003-08-03 16:46:34)
12.そこそこに面白かった。3人の配役は、ピッタリでしょう。しかし、最後のシーンは私はどうもしっくり来ない・・・。3人揃って、どこ行くんでしょう?内容6点、ベット・ミドラーに+1点、ダイアン・キートンの演技がなんか鼻についてイヤなんで-1点、計6点で。
daddyさん 6点(2002-11-18 04:18:32)
11.私は面白く感じなかった。なんか最後みんなで踊ってませんでした?!しらけてしまいました。
kokoさん 2点(2002-06-17 22:01:16)
10.ゴールディかわいすぎ。こういう映画がもっと増えればよい
nanasiさん 10点(2002-06-10 12:12:22)
9.いや...、どこで笑えば良いのかはわかったんですが...。
あっちゃんさん 5点(2002-04-14 23:25:08)
8.皆さん同様,見終わってすっきりした。ただ,飽くまでも女性の視点の作品なので,そのあたりが私としては?かな。まぁ,楽しめたからいいんだけれど・・。
koshiさん 6点(2002-02-24 10:34:18)
7.ベテラン女優達の演技合戦は、見ごたえ十分!。特にゴールディ・ホーンの役は、皮肉たっぷりで彼女にしかできませんよねぇ~(鼻笑)。ゴールディ大、大、大好きな僕は、彼女が泣くシーンでウルウルしちゃいました。彼女の本物の声を初めて聞いたけど、思っていたよりも低くてセクシーっぽかったです。観終わったあと、しばらくメロディをハミングしてしまうラストシーンも、かなり好き!。
代打、八木!!さん 7点(2001-12-18 22:22:20)
6.あれぐらいエネルギッシュに生きてみたい~(笑)ゴールディの可愛さは何とも言えません。禁酒するまでとしてからの表情の変化が凄い。音楽もめちゃ良し!
麦焼酎さん 10点(2001-08-24 23:15:07)
5.ゴールディの自宅が芸能人ということもあって生活感のない美しさなのに対し、ベット・ミドラーの自宅がすっごい生活感で、その対比が面白かった(ここまで生活感のある家をアメリカ映画では初めて見た。アメリカ映画に出てくる家ってどんな貧乏でも結構小綺麗に描いてる)。女性をスカッとさせるコメディとしては及第点。だから男性の描き方は正にステレオタイプ。「9時から5時まで」や「ワーキング・ガール」のように完全に女性の映画なので、男性の私としては6点献上。
sayzinさん 6点(2001-08-16 23:03:13)
4.ごーるディホーンがかわいい。
のっちさん 10点(2001-05-18 17:29:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 6.30点
000.00%
100.00%
214.35%
300.00%
428.70%
5626.09%
6521.74%
7417.39%
814.35%
914.35%
10313.04%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
作曲賞(コメディ)マーク・シェイマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS